22年目の告白映画動画無料フルできる方法は3つ!

藤原竜也さんの狂気の演技が話題の映画「22年目の告白」を無料フル視聴できる方法を紹介します!映画「22年目の告白」を無料フルできる動画配信サービスは全部で〇つあります。早速紹介します。

 

22年目の告白映画公式情報

映画「22年目の告白」の公式情報をまとめました。

公式サイト 金曜ロードショー/公式サイト
ウィキペディア ウィキペディア
キャスト 藤原竜也

22年目の告白映画無料フル視聴できるサイト

映画「22年目の告白」を無料フルできる動画配信サービスは以下になります。

配信動画サイト 見逃し配信状況
△レンタル
music.jp △レンタル
△レンタル
Tver

U-NEXT

映画「22年目の告白」ですが動画配信サービスU-NEXTで見放題となっています!

現在U-NEXTでは23万本以上の作品を配信しています!

月額2189円ですが初回31日間無料でお試しできます!

\31日間無料/

無料でU-NEXT

さらに以下作品もすべて見放題できます!

藤原竜也出演作品

・新しい王様season1

・新しい王様season2

・リバース

・藁の楯

・青のSP

・億男

・人間失格

・ダイナー

・カイジ

・ぼくだけがいない街

・デスノート

・バトルロワイアル

・新しい王様

・インシテミル

 伊藤英明出演作品

・麒麟がくる

・3月のライオン

・僕のヤバい妻

・悪の教典

・病院で念仏を唱えないでください

夏帆出演作品

・RED

・海街ダイアリー

・世界の中心で愛を叫ぶ

・箱入り息子の恋

・監獄のお姫様

\31日間無料/

無料でU-NEXT

TSUTAYATVディスカス

映画「22年目の告白」は動画配信サービスTSUTAYAディスカスで借り放題できます!

初回30日間無料でお試しできます!!

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

無料お試しプランの特徴!

・旧作は動画見放題!

・CDやDVDは新作以外借り放題!

・ネットで注文後、自宅に届き、返却はポストでOK!

・延滞金はかかりません

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

さらに以下のキャスト作品もすべて見放題です!

藤原竜也作品

・赤と白の捜査ファイル

・太陽は動かない

カイジ

・デスノート

・モンスターズ

・罪人の嘘

・ダイナー

・ぼくだけがいない街

・インシテミル

・パレード

・借りぐらしのアリエッティ

リバース

・そして誰もいなくなった

・カメレオン

・るろうに剣心

・人間失格

・億男

・ブルータスの心臓

・いねむり先生

・赤い疑惑

・バトルロワイアル

・おかえりはやぶさ

・ムーンライトジェリーフィッシュ

・神様のカルテ

・青のSP

・精霊の守り人

・愛なんていらねぇよ夏

・藤原竜也の一回道

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

さらにTSUTAYAディスカスでは「22年目の告白」がリメイクした元作品韓国映画殺人の告白も借り放題できます!

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

Amazonプライムビデオ

映画「22年目の告白」は動画配信サービスAmazonプライムビデオでも見逃し無料フル視聴できます!

Amazonプライムビデオは初回30日間無料でお試しできます!

\30日間無料/

Amazonプライムビデオ

さらにこちらはレンタル作品ですが映画「22年目の告白」のリメイク元になった韓国映画「殺人の告白」はレンタルで視聴可能です。

\30日間無料/

Amazonプライムビデオ

さらにアマプラでは以下の作品も見放題できます!

藤原竜也作品

・太陽は動かない

・ダイナー

・カイジ2

・カイジファイナルゲーム

・人間失格

・億男

・新しい王様season1

・新しい王様season2

・ジェネラルルージュの凱旋

\30日間無料/

Amazonプライムビデオ

 

映画22年目の告白あらすじ

22年目の告白あらすじ

1995年、時効が撤廃されるまえに起こった東京での5件連続殺人事件。被害者を関係者と向い合せ殺害の一部始終を目撃させる残忍な手口を重ねたこの凶悪な事件は警察の捜査もむなしく迷宮入りとなってしまう。

それから22年、ある男性が名乗り出た。その男は曾根崎雅人。彼の書いた告白手記はベストセラーになり、日本中話題になる。

殺人鬼が時効を迎え自白本を出すと言うダークな世界観に引きこまれた

殺人鬼が時効を迎え自白本を出すと言うダークな世界観に引き込まれる。藤原竜也が演じる曾根崎雅人は狂気的な殺人犯であるにも関わらずハンサムで自分の魅せ方が上手く、世論を味方に付けていく。世間に容認されていく彼に対し、過去の被害者家族達の殺したいほどの憎悪との対比が明確だ。殺人現場をビデオに撮るというサイコパスな設定で、そのシーンも映し出されるのだが思わず目を背けたくなるほどの残虐ぶりである。物語中盤から後半に掛けての番狂わせで最後までハラハラした気持ちで見ることになり目が離せない。

主人公曽根崎が告白するシーンから面白い

「22年目の告白」では、未解決のまま時効を迎えてしまった連続殺人事件の犯人であることを、曽根崎が告白するシーンから面白くなっていきます。曽根崎は、どうして22年経過してから事件の犯人であるのか名乗り出たのか注目して観ることができました。「22年目の告白」本が出版されたり、SNSにて拡散されていく中で、曽根崎がどんな行動を取っていくのか見どころであると考えられました。どうして、曽根崎と名乗る男が自分のことを告白していたのか、最後の場面で理解できるところがとても良かったです。

犯人が簡単に予想できないところ!サスペンス映画として百点満点

良い意味で予想を裏切ってくれるような展開が何度もあって、それが最後まで続くのがこの作品の魅力だと思いました。知能犯でありカリスマ性のある犯人と、それに負けないくらい知能の高い主人公による心理戦は手に汗握る緊張感があって、なかなか決着が着かないところもドキドキしました。最初に犯人だと思っていたキャラクターが実は意外な正体をしていたり、正義側だと思っていたキャラクターに実は裏があったり、犯人が簡単に予想できないところもサスペンス映画として百点満点だと思います。

グロい映像もあったけど、大満足

題名から面白そうだったので見たのですが、2時間があっという間で、目が離せませんでした。何も考えずに藤原竜也が犯人だと思っていたので、狂気に満ちた演技が上手いなと思って見ていました。犯人がわかっているので、ラストは誰かに殺されて終わるのかなぁと思ってました。話が進むにつれて、犯人が変わったり、新たな被害者がいたりで、どんでん返しにつぐ、どんでん返しだらけで、とても楽しめました。グロい映像もあったけど、大満足でした。

藤原竜也の告白の記者会見の衝撃的シーンが印象的

公開当時観た記憶があったのですが、出だしの藤原竜也の告白の記者会見の衝撃的シーンが印象的過ぎて内容を忘れていました。改めて今回観たのですがやっぱり面白い作品でした。22年前の連続殺人事件の犯人が藤原竜也だというは違和感が最初からありました。というのは藤原竜也が若すぎたからです。役者の年齢で物語を見てはいけない、先入観だなと思ったのですが設定的にどうしてもそこは違和感のまま見てしまいました。中村トオルが犯人だという最後のシーンが3人しかいなかったのは残念で、テレビで生放送してほしかったです。

藤原竜也のことが嫌いになると思うほどの演技力

時効が成立した後、殺人犯がメディアに登場し当時の暴露本を出版し、社会を騒がせるという、ショッキングな内容です。藤原竜也が演じる主人公の殺人犯を見ていると、本当に腹が立ってしまいます。役がハマっているので、藤原竜也のことが嫌いになると思うほどの演技力です。現在の日本では殺人罪は時効がありますが、これからデジタル化が進み警察の操作の技術が進んでいくと思うので、時効という制度について考えていかなければならないと思います。

全体的に見ていてとても面白かった

前から見てみたいと思っていてなかなか見る機会がなく今日初めて見た感想としては、CMや予告では藤原竜也がめちゃくちゃ悪そうなイメージででしたが、実際に見てみたら思っていたよりも悪い人ではなかった。また中盤から終盤にかけてどんでん返しがあり見ている方はハラハラドキドキ、けどちょっと頭が混乱しました。
犯人の動機も確かに目の前で友人ってやはり精神的におかしくなっちゃうのかなとも思いました。そして更に最後にまた驚きが。
人間の心の闇に少し落ち込みましたけど全体的に見ていてとても面白かったです。

2度3度と観たくなる映画

中盤で「そうだったのか!」と驚き、終盤で「そうだったのか!!!」とさらに驚かされました。
どんでん返し映画好きには堪らない映画ですね。
内容的には少し残虐な部分があるので好き嫌いが分かれそうだなと思いましたが、とにかくどんでん返しが秀逸なのでこの手の映画好きは必ず気にいることでしょう。
藤原竜也、伊藤英明、仲村トオル、夏帆、岩城滉一などキャストもとても豪華で見応え抜群でした。2度3度と観たくなる映画ですね。

名俳優二人の演技とまさかの展開が見られるストーリー

22年前の連続殺人事件の犯人として、時効後に突如公の場に姿を現した藤原竜也演じる曾根崎雅人。その時間を追いかけていた伊藤英明演じる刑事の牧村航。この二人を中心に物語は進んでいきます。話が進むにつれて、物語の中盤で実は真犯人は他にいて、曾根崎は真犯人ではなく、しかも、事件に巻き込まれて行方不明の牧村の妹の婚約者であると判明。一連の行動は、牧村と曾根崎が真犯人を誘き出すための作戦だった。その後、真犯人が明らかになっていく。名俳優二人の演技と、まさかの展開が見られるストーリー。面白かったです。

日本の映画の中ではクオリティの高い作品

総合評価で言うと、日本の映画の中ではクオリティの高い作品だと感じました。最初は藤原達也のビッグな告白シーンから入り、この先どのようにストーリーを展開するのだろうというドキドキ感がありました。しかし、自身の予想が中盤で覆されて内容は二転三転し、思いもしなかった人物が真犯人だったと知ったときは、ベタなミステリー映画とは一味違うスリルを味わうことができました。伏線もしっかりと回収でき、疑問が残らない綺麗な終わり方をするいい映画だったと思います。

大どんでん返し、劇場なら拍手したくなる展開

劇場公開されたときに一度観ていましたが、地上波で放送されるということで久しぶりに観ました。やっぱり面白かったです! 韓国の作品のリメイクとのことでしたが、日本ならではの「1995年以降の時効廃止」もギミックとして取り込んだ終盤の展開が凝っていてとても見ごたえありました。また、DEATH NOTEやカイジ以来の藤原竜也さんの「クズ役」イメージまでも逆手に取った上手いキャスティングだなと思います。あの大どんでん返し、劇場なら拍手したくなる展開だと思います。こうした硬派な作品を定期的に放送してほしい。

映画22年目の告白キャスト

曾根崎雅人(藤原竜也)

主人公。謎の男性。22年前に起きた連続殺人事件の犯人だと名乗る。その後告白本を出版。

1982年埼玉県秩父市出身。1997年蜷川幸雄の舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリ。映画バトルロワイアル主役に抜擢される。

ウィキペディア

藤原竜也出演作品

映画

デスノート

蛇にピアス

カイジ

パレード

インシテミル

藁の楯

るろうに剣心

ぼくだけがいない街

億男

ドラマ

それが答えだ!

八つ墓村

赤い疑惑

古畑任三郎

そして誰もいなくなった

リバース

世にも奇妙な物語

青のSP

牧村航(伊藤英明)

もう一人の主人公。連続殺人事件の担当刑事の一人。

1975年。岐阜県岐阜市生まれ。ジュノンスーパーボーイで準グランプリを受賞する。

ウィキペディア

伊藤英明出演作品

映画

秘密

クロスファイア

海猿シリーズ

カムイ外伝

アンダルシア女神の報復

悪の教典

3月のライオン

ドラマ

デッサン

踊る大捜査線

OUT~妻たちの犯罪

救命病棟24時

ブザービート

昼顔

罪人の嘘

僕のヤバい妻

病院で念仏を唱えないでください

女系家族

岸美晴(夏帆)

2件目の事件の遺族。

1991年東京生まれ。三井不動産販売の「三井のリハウス」11代目リハウスガールに選ばれる。趣味は読書、買い物、雑貨集め。いろんなメガネを付けること。

ウィキペディア

夏帆出演作品

映画

箱入り息子の恋

パズル

海街ダイアリー

伊藤くんAtoE

ブルーアワーにぶっ飛ばす

ドラマ

世界の中心で愛を叫ぶ

ホームレス中学生

カレ、夫、男友達

信長協奏曲

監獄のお姫様

白い巨塔

アフロ田中

ムチャブリ!私が社長になるなんて

小野寺拓巳(野村周平)

里香の婚約者。連続刺殺事件の時効当日、自殺を図る。

1993年。兵庫県神戸市出身。

ウィキペディア

野村周平出演作品

恋仲

世にも奇妙な物語

ドクターx

DIVER

ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○

牧村里香(石橋杏奈)

航の妹

1992年。福岡県出身。2006年綾瀬はるかが載ってるホリプロタレントのポスターを見て応募。

ウイキペディア

石橋杏奈出演作品

受験の神様

斎藤さん

大切なことはすべて君が教えてくれた

ダンダリン

学校のカイダン

春日部信司(竜星 涼)

牧村航の後輩刑事

1993年東京都出身。

ウィキペディア

出演作品

素直になれなくて

小さな巨人

オトナ高校

アンナチュラル

同期のサクラ

テセウスの船

川北未南子(松本まりか)

『私が殺人犯です』編集者兼曾根崎のマネージャー。

1984年東京都出身。SMAPの大ファン。

ウィキペディア

松本まりか出演作品

ホタルノヒカリ

カルテット

教場

それでも愛を誓いますか?

奪い愛、高校教師

東京、愛だの、恋だの

仙堂俊雄(仲村トオル)

フリーのジャーナリスト。しかしテロに巻き込まれ、その後生還。

1965年生まれ。東京都大田区生まれ。

ウィキペディア

出演作品

あぶない刑事

29歳のクリスマス

恋を何年休んでますか

黒革の手帖

けものみち

華麗なる一族

日本沈没

映画22年目の告白見どころ

映画「22年目の告白」見どころまとめました。

前代未聞の展開!ラストに衝撃展開が待っている!

この映画は、殺人犯が時効を迎えた途端に緊急記者会見を行うという前代未聞の展開から始まります。
おおよそ犯人しか知らないような内容の自伝を出版し、警察及び事件の関係者から驚きのあまり本当に犯人なのかと思われたのですが
話が進むにつれて事件の全貌やなぜ批判をくらう・命の危険を冒してまであんなに目立つようなことをしたのかその全ての謎が明らかになります。
ラストに衝撃展開が待ち構えているこの映画はある意味でスッキリした気持ちで映画を見終わることができます。

藤原竜也さんの存在感が素晴らしい

まず、殺人犯でありながら、圧倒的なカリスマ性を見せつける藤原竜也さんの存在感が素晴らしいです。そして、本来なら非難されるべき犯罪者の手記がベストセラーになってしまうという理不尽な世間の反応が、いかに事件を他人事として捉えているかをよく現していると思います。
それと対照的に、被害者遺族に向けられる好奇の目もかなりリアリティを感じていたたまれない気持ちにさせられます。
ですが、そういうネガティブな思いを一気にひっくり返してしまう最高のどんでん返しが、この作品の一番の醍醐味です。

藤原竜也さんの演技力!ため息しか出ない

この作品のみどころは藤原竜也さんの演技力です。センセーショナルに私が犯人ですと22年後にマスコミの前に現れるという難しい役柄なんですが、見事にそのカリスマ性を持ったキャラクターを演じています。殺人犯という普通だったら叩かれるはずの人物なのに、皆ひきつけられていきます。物語は2転3転していくんですが、やられたぜ!まさかそうだったのかとびっくりしてしまいました。この役柄を演じることができるのは藤原竜也さんだからだと思います。演技力に見事にひきつけられてため息しか出ないです。

真犯人は誰か?演技派俳優の演技!スピード感ある作品!

見どころはズバリ、真犯人は誰か?です。
演技派の俳優が揃い、スピード感もあり展開も、途中色々と急展開もあり目が離せません。
1番驚いたのは、やはり顔を変えてまで!という驚きの真相でしたね。愛って、恨みって、深いものですね。
私としての終盤の展開は、ネタバレ含みますが真犯人の動機としては、あまり共感は出来ませんでした。
まあ、あのような究極の死に対する場面に遭遇した事無い人ばかりでしょうから「ありえない」とは言えませんが。

誰が本当の連続殺人事件の犯人か?

最近、アマゾンプライムでこの映画を視聴しました。見所としては誰が本当の連続殺人事件の犯人なのか、ここが一番大きいところだと思います。長年この事件の犯人を追っていた刑事、突如現れた連続殺人事件の犯人を名乗る男、その事件について調べていたジャーナリスト、この3人がキーパーソンです。映画のあるシーンで、このジャーナリストが連続殺人事件の犯人と刑事、そして新たに新犯人を名乗る男をテレビに呼び、議論をすることになります。ここから先が面白いところです。

予想がつかないどんでん返しが見どころ!

時効など日本の法律を巧みに利用したストーリー作りがすごいです。役者も豪華ですが、藤原竜也が叫ぶだけではなく落ち着いた犯罪者を演じているのが珍しくて、面白かったです。その反対に伊藤英明が妹を殺害された刑事役として、犯罪者を絶対に許さない!という信念に真っ直ぐに生きている人を演じています。最初はお互いの役を何も気になしに見ていましたが、やがて見えてくる少しの違和感に気付いた時の衝撃がすごいです。予想のつかない大どんでん返し映画です。

22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男に注目!

このドラマでは、22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男に注目していくとドラマが面白くなってくると思いました。藤原竜也、伊藤英明さんが活躍しているシーンが見どころだと考えられました。捜査を担当する刑事である牧村が、殺人犯である曾根崎を追っていくシーンが見どころであると思いました。事件は未解決のまま時効を迎えてしまう中で、どのように対処していくのか注目して観ることができました。曾根崎が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版されるシーンから映画が面白くなってきます。

犯人役の藤原竜也の演技力はさすが!

演技派俳優揃いのキャストが見どころです。犯人役の藤原竜也の演技力はさすがです。
残虐な殺人犯の狂気とカリスマ性が、上手く表現されています。また、被害者遺族を演じる夏帆の演技も素晴らしいです。
時効により、犯人を罰する事が出来ない苦悩を丁寧に演じているので、気持ちが伝わってきて苦しくなります。後半に進むに連れて、予想外の展開になるので最後まで見逃せません。ストーリーの鍵である時効制度についても丁寧に描けれていて、深く考えさせられる作品です。

「巧みなストーリー展開」と「役者たちの熱演」

今作の見どころは「巧みなストーリー展開」と「役者たちの熱演」にあります。主人公の曾根崎、彼を追い詰める刑事・牧村、そして、キャスターの仙堂というメインキャラの一体誰が悪なのか、何が真実なのか、全く先の読めないどんでん返しの展開に終始圧倒されます。また、藤原竜也、伊藤英明といった演技派キャストの熱演も見物で特に仲村トオルの演技は凄まじく、爽やかなイメージの強い役者さんでしたが今作では狂気を感じさせる二面性を持ったキャラクターを見事に演じておりその演技力の高さに驚かされます。

真実と犯人の目的!本当のラストが辛い!

この映画の見どころは、真実と犯人の目的を知ることです。時効のために犯人を捕まえることのできなかった刑事の葛藤なのか?と思いながら伊藤英明をみているとかなりの違和感を感じる場所があったのですが、すべて見た後「なるほど!」とすべて納得できます。目の前で大切な人物を殺されてしまって被害者たちの葛藤などを考えながら見ると犯人と名乗り出た藤原達也に腹が立ってしょうがないのですが最後まで見たとき。本当のラストまで見たとき被害者の気持ちがわかり苦しくなります。

ありきたりな内容だが一度は見るべき作品

殺人犯が時効を迎え、自分が犯人として名乗り出るという物語はありきたり言ってしまえば、そうかもしれません。その人物を守るというのは考えられないかもしれません。しかし先入観を持たず、エンターテインメントととして鑑賞すれば、どんでん返しを見ること間違いなし。入念に作られた脚本、物語を感じることができます。執念を持っていればそこまでできてしまうのかとも思いますが、自分がその立場になれば考えられないことではない。一度は見るべき作品です。

主人公は何を言いたかったのか?心理戦が見どころ

私はこの作品をみていて途中で話の筋がなんとなく読めてしまって、予想通りの結末だったなぁと感じてしまいましたが、途中まではしっかりと騙されながらみることができました。話の筋を知っていても出ているキャストがいいので、また見たい作品だと感じています。見どころは、22年前の事件の真相が一体何なのか、誰が本当のことを言っているのか、今回の告白で藤原竜也は何を言いたかったのか、そういった心理戦なところを読み取りながらみすすめていくのが面白いです。

22年目の告白映画無料フルまとめ

「22年目の告白」は動画配信サービスU-NEXTで見放題できます!

初回31日間無料でお試しできます!

\31日間無料/

無料でU-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA