【公式見逃し配信】エール朝ドラ見逃し配信情報と再放送情報!

門脇麦さん森山直太朗主演ドラマ「うきわ」を見逃してしまったという方に1話から見逃し配信している動画サービスを紹介します。

\31日間無料/

無料でお試U-NEXT

エール朝ドラ公式情報

公式サイト 公式サイト
関連サイト ウィキペディア
公式Twitter 公式Twitter・公式インスタグラム
キャスト情報 窪田 正孝/二階堂 ふみ/唐沢 寿明/菊池 桃子/森山 直太朗/山崎 育三郎/

エール朝ドラ見逃し配信状況

動画サービス 見逃し配信状況

U-NEXT

朝ドラ「エール」の見逃し配信ですが、動画サービスU-NEXTで見逃し配信しています!

初回31日間無料でお試しできます!!!

無料期間に解約すればお金は一切かかりません!

\31日間無料/

無料でお試U-NEXT

話題の朝ドラも見逃し配信中!!

・おかえりモネ

・青天を衝け

・麒麟がくる

・スカーレット

・半分青い

・なつそら

\31日間無料/

無料でお試U-NEXT

エール朝ドラ再放送情報

朝ドラ「エール」ですが再放送は現在行われていません。

再放送回 再放送地域 再放送時間
1話
2話
3話
4話
5話
6話
7話
8話
9話
10話

エール主題歌

エール朝ドラ見逃しあらすじ

第1週あらすじ

日本が生糸輸出量世界一となった明治42年(1909年)、のちに数々の名曲を生み出す作曲家の古山裕一が三郎とまさの間に生まれる。跡取り息子として育てられる裕一はちょっとぼんやりしてて取柄がない子供と思われていました。しかし両親から愛情をたっぷりもらった裕一は優しい少年に育ちます。

そんなある日裕一は悪ガキの鉄男が客ともめているところを目撃します。

第2週あらすじ

家が貧しく、学校があるものの学校に行かずに働いている鉄男。鉄男はいつか詩人になるという夢がありました。裕一はそんな彼に自分は曲をつけるといいます。しかし鉄男は家族と夜逃げしてしまいます。そんな中教会で歌を歌っていた少女音は11歳になりました。

第3週あらすじ

大正15年。古山裕一は17歳になり商業高校に通いハーモニカクラブに所属。学校を卒業した裕一は「川俣銀行」で住み込みで働くことになります。そんなある日ダンスホールで美人の踊り子志津を目撃します。魅了されてしまった裕一。志津はそんな裕一にダンスを申し込みます。2人を見た銀行の同僚たちは2人にある企画をしますが失敗に終わります。

第4週あらすじ

 1年前の失恋を引きずって、黙々と仕事を続ける日々を過ごす裕一。銀行の仲間たちは、そんな裕一の様子に気を揉んでいたが、叔父の茂兵衛(風間杜夫)は裕一が心を入れ替えて仕事に身を入れ始めたと聞き、やっと養子としてみんなに紹介できると安堵していた。将来の目標が見えない日々を送っている裕一だが、ある日、訪ねてきた幼なじみで新聞社に勤める鉄男(中村蒼)から「国際作曲コンクール」の話を聞く。一方、豊橋の関内家では音が幼少の頃に出会った双浦環(柴咲コウ)のような歌手になることを夢見て、御手洗清太郎先生(古川雄大)から声楽のレッスンを受けていた。音の姉の吟(松井玲奈)はお見合いを重ね、妹の梅(森七菜)は作家を目指していた。そんな関内家のもとに、ある知らせが届く。

第5週あらすじ

イギリスへの留学が決まってから音からの返事が来なくなり、気を揉む裕一。そんななか裕一はいてもたってもいられず、音の真意を確かめようと豊橋に向かう。そして訪れた関内家で、手紙のやりとりだけだった音と初めて顔を合わせる。突然の来訪を喜ぶ音に、母の光子(薬師丸ひろ子)は、裕一との関係を断ち切るように言う。一方、福島では裕一の姿が見えなくなったことで騒ぎが起こっていた。伯父の茂兵衛(風間杜夫)は、行き先を知っているはずと三郎(唐沢寿明)を問い詰める。茂兵衛はすぐにでも裕一を養子として正式に権藤家を継がせたいと考えていて……。

第6週あらすじ

豊橋のホールでの演奏会を無事に終え、三郎(唐沢寿明)からの電報を受けて福島に帰る裕一。諦めかけていた英国への留学が決まり、音との結婚も決まり、幸せいっぱいだった。だが、福島の喜多一では三郎、まさ(菊池桃子)、浩二(佐久本宝)、そして茂兵衛(風間杜夫)が裕一の帰りを待っていた。音との結婚を認めないまさや浩二たちの気持ちを初めて知り、裕一は将来の選択について心が揺れる。そんなときイギリスからの国際郵便が届き、裕一の海外留学についての衝撃の知らせが飛び込んでくる。音楽の道から離れようとする裕一に対し、夢を諦めてほしくない音は、東京でレコード会社に裕一の売り込みを始める。

第7週あらすじ

家族に反対されながらも東京に出てきた裕一は、喫茶店「バンブー」で紹介してもらった家で、音との新婚生活をスタートさせる。同時にコロンブスレコードの専属作曲家としての仕事も始まった。ディレクターの廿日市誉(古田新太)に、同期の作曲家・木枯正人(野田洋次郎)とともに職場を案内された裕一は、さっそく作曲を依頼される。自分の曲が一向に採用されないなか、木枯の曲が先にレコードになり、焦りを募らせる裕一。一方、音は歌手を目指して音楽学校に入学し、裕一の幼なじみで上級生の佐藤久志(山崎育三郎)と急接近する。久志と裕一は思いがけず運命の再会を果たすことに……。

第8週あらすじ

 久志(山崎育三郎)の入れ知恵で、古山家に早稲田大学の応援部の団員たちが押しかけてくる。早慶戦で慶応義塾大学に11連敗を喫した早稲田の応援団員たちは、慶応の新しい応援歌「若き血」が歌われだしたことが連敗の原因と考え、自分たちにも新しい応援歌が必要だと考えたのだった。公募ですでに決定している「紺碧の空」の詩に曲をつけるという依頼を引き受けたものの、なかなか曲が書けずに煮詰まる裕一。周囲からもあれこれ言われて苛立ちも。音は書き置きを残して豊橋に帰ってしまう。早慶戦の試合が迫るなか、音は裕一が作曲するためのヒントを求めて団長の田中隆(三浦貴大)を訪ねる。

第9週あらすじ

早稲田の応援歌「紺碧の空」の作曲を完成させ、少し自信を取り戻した裕一。福島で記者をしている鉄男(中村蒼)を呼び出す。久志(山崎育三郎)もやってきて、久しぶりに顔を合わせる3人。裕一は自分が曲を作って久志が歌うので、鉄男にいつか詞を書いてくれと頼む。一方、音楽学校の記念公演のヒロイン役を決める最終選考に向けて、音は男女の機微を学ぶために男女の社交場のカフェーで働くことに。心配した裕一に頼まれて店に様子を見に来た鉄男は、そこで店員の希穂子(入山法子)を目にして驚く。

第10週あらすじ

ヒット曲に恵まれない裕一は、同期の木枯(野田洋次郎)から売れっ子作詞家の高梨一太郎(ノゾエ征爾)を紹介される。高梨に見込まれ裕一が作曲した「船頭可愛いや」は藤丸(井上希美)の歌でレコードに。しかし、廿日市(古田新太)の期待もむなしく、売り上げは芳しくない。そこで起死回生のために取られた手段は……。一方、音楽学校ではオペラ公演に向けて、環(柴咲コウ)のもとで「椿姫」の稽古が行われていた。千鶴子(小南満佑子)との主役争いを制した音も、足りない技術を死ぬ気で磨くように環から激励され、練習に励む。

第11週あらすじ

学生時代の恩師である藤堂先生(森山直太朗)の依頼で、福島の小学校の校歌を作曲することになった裕一。その完成披露会をきっかけに、裕一は音を連れて福島へ帰郷する。故郷を飛び出したきりだった裕一のために、父の三郎(唐沢寿明)と母のまさ(菊池桃子)は懐かしい仲間を呼んで歓待する。だが、弟の浩二(佐久本宝)だけは裕一に冷たく、苛立ちを覚えていた。そんななか、音は三郎のある異変に気がつく……。

第12週あらすじ

「父、帰る」(第56・57回)では、音の亡き父・安隆(光石研)があの世の宝くじに当たり、1泊2日で地上に帰る権利をもらえることに。10年ぶりに地上に戻った安隆は、与えられた2日間で東京の古山家と豊橋の関内家を訪れる。「古本屋の恋」(第58回)では、裕一たちが通う「バンブー」の店主・梶取保(野間口徹)と妻の恵(仲里依紗)のなれ初めが描かれる。10年ほど前、保は亡き両親の跡を継いで、神田で古本屋を営んでいた。人付き合いが苦手だった保だが、客として店を訪れた恵と話をしてから、彼女がやって来る木曜日を心待ちにするようになる。「環のパリの物語」(第59・60回)は、音の憧れの存在である双浦環(柴咲コウ)がまだ駆け出しだったころの夢と恋の物語。オペラ歌手になることを目指してパリに留学した環に運命的な出会いが訪れ、恋に落ちる。そんなある日、環は世界的舞台に立てる最大のチャンスのオペラ「蝶々夫人」の話を耳にする。

第13週あらすじ

コロンブスレコードと契約して5年が過ぎ、裕一はご当地ソングや「大阪タイガース」の球団歌など数多くの楽曲を手掛け、安定した作曲家生活を送るようになっていた。ある日、廿日市(古田新太)からオーディションで発掘する新人歌手のデビュー曲の作曲を依頼される。裕一は、4年前に音楽学校を卒業して以来、いまだ歌手デビューできていない久志(山崎育三郎)にオーディションへの応募を勧める。一方、かつて音に歌を教えていた御手洗清太郎(古川雄大)も豊橋から上京。二人は、一つの合格枠をめぐってライバル心を燃やす。そしていよいよオーディション当日を迎える……。

エール朝ドラ見どころ

久志「栄冠は君に輝く」歌うシーン

栄冠は君に輝く」素晴らしかった。魂をふるわせる歌唱だった。 「エール」の佐藤久志役と山崎育三郎さんとの素敵な巡り会わせに感謝。

育三郎さんによる『栄冠は君に輝く』の独唱、本当に素晴らしかった! 2人きりで甲子園シーンが何度見ても泣けます。育三郎さんはミュージカル界のプリンスとも言われていますが確かに歌が上手いなと思います。

夏の甲子園、開会式で山崎育三郎さんの独唱。 朝ドラ「エール」にハマっていたので、佐藤久志にしか見えず胸が熱くなる!同じ思いの人、たくさんいると思う。もう一度このドラマを見たくなった。

栄冠は君に輝く」を歌う姿を見ると エール久志を思い出す。 苦しい辛い時期があって 自暴自棄な時期があって それでも仲間に支えられて グラウンドというステージ立った久志 それは 多くの困難を仲間と乗り越えた 球児達の背中を押し 甲子園 に立てた栄冠を讃えているのかもしれない。

窪田さんの演技が良い!

エール18週「戦場の歌」 裕一の目を通して戦場を見た気がした。そしてまた記憶に忘れられない窪田くんの表情が増えました。この18週は絶対に見るべき。

朝ドラの「エール窪田正孝さん、本当に良い役をもらえたと思う。真摯な彼、可愛い彼、深刻な彼、微妙な表情の彼と、いろいろな演技が引き出されていて、いい俳優さんだと知った。

台本のこなれかたにまだしっくりしないところはあるが、今週に入って明らかに変わった。窪田正孝の演技に、やはり際立った求心力がある。散らかりかけた現場が引き締まった感じさえある。序盤の現場に混乱があったことは明らかにされてるから、逆にこれからどう纏まるか、楽しみになってきた。

窪田正孝さんと森山直太朗さんの演技が凄すぎて録画したものも消せません。感動できるドラマでした。

価値ある凄いドラマになった。 正直ここまで戦場を見せつけるとは思わなかったし、見たい訳ではない。ただ先週からの賛成反対の是非や昨日今日の音楽から一変するコントラストをみても関係者の相当の覚悟を感じる。声なき声が込み上げる。古山裕一役の窪田正孝さんの演技に心が震え、魂を持っていかれたような気分になった。特にラスト3分は息が詰まり、観ている自分も同じ空間を共有しているかのような錯覚さえした。 五郎に怒鳴り付けた裕一の信念を無惨も粉々に砕き壊した映像が88話にある。

戦場シーンが凄かった

エール』は凄かった。タイトルバックもGReeeeNの主題歌もなくひたすら戦場だけを短編映画のように綴る。やっと生きようとした若者が目の前で撃たれ、自分を銃撃から隠してくれた恩師の藤堂先生が倒れ、子どものように泣きじゃくる裕一

NHK連ドラの再放送「エール戦場の歌 観てました。 戦場は残酷ですね! リアルに描かれて感動してました。

エール』88話「戦場の歌」は、朝ドラ史上で記憶されるべき回だった。「戦場で頑張っている人を励ますために歌を作る」という裕一の想念を吹き飛ばす、戦場の凄惨さが突きつける。

エール朝ドラ見逃し動画まとめ

朝ドラ「エール」の見逃し配信しているのはU-NEXTだけ!

見逃してしまった方はぜひお楽しみ下さい。

\31日間無料/

無料でお試U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です