あな番映画考察!気になる6つの謎!なぜ船が舞台に?

ドラマ「あな番」ですが最終回まで考察が止まりませんでしたが、いよいよ今年12月に「あな番」映画化されますね!そこで気になるのがどんな展開になるのか?早速映画「あな番」を考察してみました。

あな番映画考察!気になる6つの謎!

早速映画「あな番」を考察していきたいのですが、気になる3つの謎があります。一つ一つ見ていきましょう。

考察①ドラマとは違う新しい結末!

映画「あな番」ですが、予告動画を見るとそこにはドラマ「あな番」で死んだはずの菜奈ちゃんが生きています。ということは映画「あな番」はドラマ「あな番」とは違う展開になるようです。一体どんな結末なのか?

・予告を見る限り映画「あな番」では結婚式のシーンが!

・舞台は船?そして火災シーン!

考察②菜奈ちゃんは死ぬの?

さらに映画「あな番」の予告動画を見ると、新婦手塚菜奈の文字の上に血が落ちています。これは菜奈ちゃんの死を暗示しているのでしょうか?ドラマ「あな番」ではオープニングで名前のところに赤丸がある人が話題になったりしました。またさらに口紅の女は西野七瀬なのか?ということも話題になりました。ということでこの血もなんらかの意味がありそうですね。

https://twitter.com/anabansawa/status/1414756381232558097

考察③翔太くんが死ぬの?

さらに映画「あな番」のチラシが全国の映画館に設置されましたが、このチラシが何やら意味深なのです。

翔太さんが横たわってるチラシの文字。

ANATA NO BAN DEATH

一方で横浜流星さんが横たわってるのが

ANATA NO BAN DESU

翔太さんの方が最後がDEATH=死になっていますね。

なぜわざわざこのように違いを出したのでしょうか。

考察④赤と緑!クリスマスカラーの意味は?

さらにこのチラシですが色がなぜか赤と緑。赤と緑と言えばクリスマスカラー。あな番が公開される日は12月10日。クリスマスの日ではないですがなぜこの色になっているのか。ちなみに赤はキリストが流した血とされていて犠牲的な愛を示しています。一方で緑はクリスマスツリーに使われるもみの木の緑。小さな葉が十字架に見えることからクリスマスには特別な緑とされています。ちなみにこのクリスマスカラーの赤はキリストがすべての人の罪を被って流した血とされています。それゆえ愛と寛大の血とも言われています。意味深ですね。まさか映画「あな番」で翔太さんがみんなの犠牲になるという展開になるのでしょうか?

考察⑤ハエが気になる!

さらに映画「あな番」のチラシですがよく見るとハエが止まっています。

翔太さんの方はDEATHの方にハエが。横浜流星さんの方がNOの方にハエが止まっています。ということは翔太さんが死ぬってことなんでしょうか?もしくはHの方にハエ。Nの方にハエ。誰かのイニシャル?もしくはNOとDEATHを合わせて誰も死なないという結末でしょうか?

考察⑥なぜ船?航海は後悔?

さて最後に気になるのが映画「あな番」の舞台。今回は地上ではなく船です。さらにいうと航海。まさに船旅。なぜ航海にしたのでしょうか?もしかして何かを暗示してる?航海は後悔?ダジャレじゃないですが、見たら後悔するという暗示も?色々不穏すぎるビジュというハッシュタグ気になりますね。

あな番映画考察まとめ

いろいろ考察が止まらない映画「あな番」ですがすでに怪しいですね。菜奈ちゃんが死ぬのか?今度は翔太が死ぬのか?はたまた誰も死なないのか?なぜ船なのか?航海の意味とは?

今後も考察していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です