千と千尋の神隠し映画動画フル無料視聴!

謎が多い映画「千と千尋の神隠し」を無料フル視聴できる動画サービスを紹介します。

・映画「千と千尋の神隠し」を無料フル視聴できる動画配信サービスを知りたい

・映画「千と千尋の神隠し」を再放送している情報を知りたい

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

目次

千と千尋の神隠し映画動画公式情報

映画「千と千尋の神隠し」の公式情報まとめました。

スタジオジブリ/
ウィキペディア ウィキペディア/
キャスト情報 柊瑠美/入野自由/内藤剛志/沢口靖子/夏木マリ/神木隆之介/菅原文太/玉井夕海/
「千と千尋の神隠し」舞台情報 詳細はこちら
千と千尋の神隠し 再放送情報

千と千尋の神隠し映画動画見逃し配信無料フル

映画「千と千尋の神隠し」を見逃した場合の無料フル視聴できる動画配信サイトまとめました。

動画配信サービス フル無料視聴状況
Tver

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

TSUTAYATVディスカス

ジブリ作品映画「千と千尋の神隠し」ですが動画配信TSUTAYAディスカスで見逃し配信しています。

月額2659円ですが初回30日間無料となっています!

この無料期間には以下の作品も借り放題!!

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

無料お試し期間のメリット

・旧作は動画見放題プランで見放題!

・新作以外の作品はDVDレンタル借り放題!

・レンタルDVDはネットで注文後自宅にDVDが翌日届きます!

・返却は近所のポストに投函でOK

・延滞金はかかりません!

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

千と千尋の神隠し動画ネタバレ

映画「千と千尋の神隠し」のネタバレです。

10歳の少女千尋はある日両親と引っ越し先の家に向かっていました。そこで道を間違えてしまい、不思議な世界に迷い込んでしまいます。その世界で千尋の両親は姿を豚に変えられてしまいます。そんな世界で千尋は少年のハクに出会い、元の世界にもどるために湯屋で働くことになります。千尋は豚になってしまった両親を助け、元の世界に戻るために一生懸命働くことを決意します。

湯屋で働くことになった千尋は湯婆婆に名前を千に変えられてしまします。しかし千となっても人間の世界に戻るために懸命に働きます。リンという先輩に指導してもらいながら、仕事を覚えていきます。そんななか千はお客と間違えてかおなしを湯屋に入れてしまいます。かおなしは千に構ってほしい様子ですが、千は他のお客様の接客に夢中でなかなか相手ができません。そのお客様はのちに河の神だということがわかり、千はお礼に団子を受け取りました。

かおなしが湯屋で砂金をばらまき豪遊しているなか、千は竜の姿になったハクに出会います。キズだらけになったハクを助けるために湯婆婆の部屋に向かった千はそこで湯婆婆にそっくりの姉、銭婆と出会います。千は銭婆からハクが湯屋の大切なハンコを盗んだこと、そして湯婆婆と契約して魔法を手に入れたことを知らされます。千尋とハクは銭婆からなんとか逃げました。しかしハクはとても苦しんでいます。ハンコには盗んだ者が死ぬ魔法がかかっていると思い、千は団子の一部をハクに食べさせます。すると、ハクはハンコと共に謎の黒い生物を吐き出しました。しかし千がそれを踏んだことで一命をとりとめました。

千尋は銭婆のところにハンコを返しに行くことにしました。しかし千尋が構ってくれないことに激怒したカオナシが追いかけてきます。そこで千尋は余っていた団子をかおなしに食べさせると、あまりの苦さにカオナシは疲弊してしまい、襲ってくることはありませんでした。それでもついて来ようとするカオナシを千尋は受け入れ一緒に銭婆のところに向かうことになりました。

無事にハンコを銭婆に返した千尋は湯屋へと帰ります。湯屋では何匹もいる豚のなかから両親をあてるという試練が待っていましたが、ここに両親はいないと千尋は答えます。見事正解した千尋はもとの世界に戻ることを許されました。別れ際、千尋はハクとまた会おうと約束をします。元の世界に戻るときにトンネルの前で人間に戻った両親と再会しましたが、両親は不思議な世界で起こったことはなにも覚えていませんでした。

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

千と千尋の神隠し動画視聴者感想

映画「千と千尋の神隠し」、視聴者感想まとめました。

人によって受け取り方や感じ方が異なる作品だが考えさせられた

怖がりで鈍臭い千尋が神様の世界で成長していく姿をついつい応援して見入ってしまう。湯婆婆やハク、釜爺と魅力的なキャラクターが多くてあっという間に時間が過ぎていく。不思議な世界の冒険物かと思いきや宮崎アニメらしく川の神様のシーンでは自然を大切にというテーマも絡めている。ジブリアニメは子供向きに思えるが本作品は少し難しく分かりにくい部分も多く、人によって受け取り方や感じ方が異なると思う。私にとっては名前や言葉の大切さや強さについて考えさせられる作品。

10歳の少女の冒険!頑張れば願いが叶うと思わせてくれる

めんどくさがり屋で甘えん坊の千尋が迷い込んだ世界は、魔法を使う湯婆婆が仕切っていました。名前を取ったり余計なことを言うと動物にされたり恐ろしい世界ですが、働かせてと言う人を雇わなければならないのは、とても良いです。現世界でもそうありたいです。千尋は豚になった両親を助けるために懸命に働き、勇気を出します。そして、ハクや坊も助けることになります。10歳の少女も自分ができることを見つけて頑張れば、きっと願いが叶うのだと思いました。映像も音楽も素敵でした。

いつ見てもワクワク!絶望の中諦めない主人公好き

何度も見ていますが、いつ見ても変わらずわくわくさせてくれます。不思議な気持ちにもなり、夢があると思います。トンネルの向こうに違う世界があるという、誰もがわくわくするような始まり方から、絶望にが訪れます。絶望の中、一生懸命頑張っている千尋を見て、あきらめずに頑張ろうという向上心を高めてくれる部分もあり、ひたむきさに人として惹かれる部分があります。面白く、感動などがある中に、生き物の欲深さが上手く描かれており、考えさせられる部分もありました。

ハクがとてもイケメン!かっこいい

もう何度見たかも分からない作品なのですが今回も集中が途切れることなく楽しんで観れました。改めてよくよくちゃんと見るとおかっぱなのにハクがとてもイケメンで、見た目だけではなく仕草や行動もカッコ良かったのでより好きだなと感じました。千尋も最初はあんなにおどおどビクビクしていたのにリンさんに言われたからなのか感謝の言葉をちゃんと口にする様になっていたり大胆な行動ばかりする様に成長していて感慨深いです。あとなんだかんだみんな千尋に優しくて大好きなキャラクターばかりです。

地上波で放送される時は毎回観てしまう位この作品が大好き

私は千と千尋の神隠しが地上波でテレビ放送される時は毎回、観てしまう位、この作品が大好きです。好きな所は色々ありますが、まず、一つ目はストーリーです。湯屋と神様のお話というのは中々、他のアニメにはなく、さすが宮崎駿さんだと思いました。そして、二つ目はキャラクターです。荻野千尋とハクという魅力的なキャラクターもいますが、私はカオナシは現代日本の影みたいな物があるキャラクターだと思っていて、そういうキャラクターを描ける宮崎駿さんは凄いと思いました。そして、最後に何度観ても、この作品が大好きです。

何度見たか分からない!何度見ても見たくなる作品だ

もう何度見たか分からない。何度見ても知ってる結末でも見たくなる魅力のあるジブリアニメの一つだと思う。私が一番好きなシーンはハクが千尋に壁ドンする所。正直最初にハクを見た時に何だこの髪型明菜かよと思ったけどあの壁ドンのシーンで初めてハクのかっこよさに気づく。あとお花の壁を歩くハクと追いかける千尋のシーンは綺麗で鮮やかでとても惹き込まれる。まっ黒くろすけが出ていて他のジブリと繋がっている所も可愛い。千尋の様に嘘を付かず素直で一生懸命に生きてると必ず誰かが見ていて助けて守ってくれるんだなと思うアニメ。

子供の時はわからなかったこと!大人になって見直すと奥深い作品

まだ中学生の時に初めて見ましたが、その時には細かいことが分からず何を言っているのか、ハクが一体何者なのかよくわからないまま終わってしまいました。ただ、坊ネズミがとても可愛く、千と一緒に旅に出た時の様子がお気に入りでした。改めて大人になって見てみると、物語の詳細がわかるようになり、どういう結末だったのかの理解はできましたが、昔のジブリ作品の方が端的でわかりやすく、少しずつ難しい内容になってきたなと感じ始めた作品でした。

様々な謎が解けた!後半印象的だった

全然知らない場所へと迷い込んだのに、自身の好奇心と美味しそうな匂いに誘われて1人進む父親と、不安だからそばにいたいと近寄る千尋に対して、あんまりそばに寄らないでと言い放つ母親の姿に、何故両親がブタの姿にされたのかようやく理解出来たように思えて、今まで何度も観ているはずなのに、千尋が湯屋で働き出した以降が強く印象に残っていたのは、ハクと千尋の過去からの深い繋がりであったり、両親を人間に戻そうと必死に働く千尋の姿に、心打たれていたからでもあるんだろうなと自分の中でも腑に落ちました。

開始数分で惹きこまれた!成長する主人公が胸打たれる

主人公の千尋が引っ越す場面から始まり、そこであるトンネルをくぐってから始まるストーリーで開始数分で引き込まれました。神様達が集う温泉で働きながら成長する主人公が、親を助けるために日々頑張る姿に心を打たれます。また、映画開始から主人公の母親が主人公に対して冷たい態度だと思いましたが、ストーリーが展開していくとなぜ冷たいのか自分なりに考察できました。そしてなぜ湯バァバとゼニーバの性格がこんなにも違うのか、そこも面白いポイントだと思いました。

何度見ても飽きないまた見たい!そう思える大好きな作品

大人になって子どもの頃の自分をすっかり忘れていたのだと気づかされました。ものを言わないカオナシが何とも言えない雰囲気を出していて大好きです。一人っ子でワガママな女の子の千尋が、千として湯屋で働き成長していくところがよかったです。個性的なキャラクターが続々と登場して、異界に迷い込んだ千尋と一緒になって自分も異界で過ごしているような気分にどんどんなりました。何度見ても飽きないし、また見たい!そう思える大好きな作品です。

少女の成長がとても丁寧に描かれていて心温まる作品

少女の成長がとても丁寧に描かれていて心温まる作品だと思います。最初幼かった千尋の顔が最後には一人の女性としての凛とした顔立ちに変わる表現力、描写力はさすがジブリのアニメーションと脱帽です。ストーリーもとても緻密で、一人では決して大きなことはできないし成長できない。色々なコミュニケーションを通じて成長していく人の道を教えてくれているような気がします。キャラクターでは個人的にカマ爺が好きです。口は悪いけどとても世話焼きで優しい雰囲気にとても好感が持てます。

子供の頃から好きな作品!カオナシが印象的だった

子ども時代から大好きな作品です!子供の頃に見た時は心細いながらもワクワクするお話だと感じていましたが、大人になって見返したいま、相手に構って欲しくてお金を渡してしまう「カオナシ」のことがすごく印象的に見えるようになりました。相手の顔色を窺って、不安で仕方なくてそのような手段をとっていると考えるととても人間らしさ溢れるキャラクターに見えました。最終的にカオナシには「自分の仕事と居場所を見つける」というエンディングにたどり着く点もとても素敵だと思います。裏主人公のようですね。

不思議な世界観惹きこまれた!千尋の決意に感動

あの不思議な世界観に引き込まれました。特に最後に列車に乗るシーンは幻想的で、千尋の幼いながらも何かを決意する表情には感動しました。また一人一人の個性あるキャラクターも魅力だと思います。キャラクターの中でもカオナシに限っては個性や表情のない生き物で、そんなキャラをいれたことはそこに何らかのメッセージが込められているんだろうなと思った。見るたびに新しい発見があって、濃い話だなと思った。生きにくい世の中だけれど頑張ってやっていこうという勇気をもらったように思う。

ファンタジーと少しの感動!思わず涙出たシーンも

ファンタジーと少しの感動が入り交じった気持ちになりました。とくに釜じいがいる、玄関口でのやり取りは、すすあたりやハクとのやり取りが多くあり、この物語のさまざまな要素がつまった場所のように感じました。顔なしの正体は何なのか、ハクが現実世界に戻る手立てはあるのか、いろいろな疑問、まさに不思議(ファンタジー)を残して映画が終わりました。一番お気に入りのシーンは、千尋がハクにおにぎりをもらって泣くシーンです。ジブリらしい涙の描写や、気丈にしていた千尋が本音をもらすシーンに、思わず涙が出ました。

千と千尋の神隠し動画見どころ

千と千尋の神隠しでは謎がいくつかあります。見どころをいくつかまとめてみました。

弱虫の女の子の成長物語!個性豊かなキャラクターも魅力

弱虫の女の子が困難を乗り越えて成長していくという分かりやすい設定ながら、背景にある世界観や登場人物の感情などとても複雑に構成されていて見応えがあります。
主人公の千尋が迷いこんでしまった世界が、見たことはないはずなのに自分も訪れたことがあるような不思議な感覚にとらわれます。異世界なのに何だか懐かしく感じて、作品の世界観にスッと入り込めてしまいまうんです。沢山の個性豊かなキャラクターも魅力で、声優陣には大御所俳優の方が目白押しなのでそれぞれの味のある演技や迫力にも魅了される作品です。

世界観がとても奥深く何度観ても違った見方が出来る作品

世界観がとても奥深く、何度観てもその時々で違った見方が出来る作品です。大人になってから観ると感動が増しました。
何も出来ない普通の女の子だった千尋が、両親を取り戻そうと必死に頑張る姿に惹かれました。
油屋で働く人達と関わる内に、千尋の世界がどんどん広がり、強くなっていきます。ビクビクしていた子どもだったのに、最後に堂々とした姿で挨拶し去って行く千尋を見ると、その成長に感動します。声優陣も豪華で、特に坊の声を担当した神木くんの少ないセリフでの表現力が素晴らしかったです。

美形少年ハクの存在は物語の鍵

日本に暮らしていた少女が、この世のどこにもない謎の空間、謎の世界に迷いこみます。ヒロインが迷い込んだ世界のファンタジック性には評価できる点があります。和風な旅館が舞台になりますが、それでも施設の仕掛け、登場人物はファンタジー世界らしい住人ばかりです。この独特の世界感には、大人子供を問わず夢中にさせる良さがあります。ミステリアスにして美形な少年ハクの存在は物語の鍵になります。この少年の魅力も作品の質を底上げする良きものになっています。

不思議な存在感を放つキャラクター

この作品の見どころは、カオナシや釜爺、おしら様などストーリーのメインキャラクターではないけれど不思議な存在感を放つキャラクターが大量にいるということです。そのためストーリーのなかで重要な部分ではなくても、千尋と個性豊かなキャラクターたちのやり取りを見ているだけでも面白くて全く飽きることなく見ることができます。そして人間ではないのに温泉にはいったり電車に乗ったりするなど、妖怪たちの妙に人間くさい生活ぶりも見ていて和みます。

両親が豚!落ち込んだ千尋が泣きながらおにぎりを食べる

千尋が父親と母親が豚の姿をしてるのを見て、落ち込むんだけど、ハクがおにぎりを渡して千尋が食べながら泣くところは1番好きです。あとはくが龍のまま千尋を迎えにきて、背中に乗って帰ると千尋の中ではくと会ったことを思い出すところはよかったです。父親と母親が豚に変えられて、千尋が当てれば元の世界に戻れるってことになって当てられるのかすごくドキドキハラハラでした。解放されてはくと別れることになるけど、いつか会えると言って別れたけど会えたのか気になりました。

両親が豚になったのはなぜ?

人間が立ち入ってはいけない場所で食べてしまった両親は豚になってしまいます。これは実は「千と千尋の神隠し」のテーマとも関連しています。この物語のテーマは現代の子供が自分で生きる力をつけていくテーマ。そんな千尋とは反対に両親は豚のように欲望のままに食べる、食べつくされる側になってしまったという象徴なのです。それはおろかな人間の象徴と宮崎駿監督は伝えています。

カオナシは誰?モデルは?

「千と千尋の神隠し」ではカオナシという言葉にならない言葉を発する生き物が登場します。「あぁ」「いやだな」実際誰の声なのか?見てると気になってしまいますが、中村彰男さんという俳優さんであり声優さんが演じています。「千と千尋の神隠し」ではいろんなキャラクターが登場しますがなかでも独特なのがカオナシ。黒の形で顔だけ白く不気味。そんなカオナシですが実は砂金と引き換えに相手の気を引こうとしているところがあり欲の塊とも言われています。さらにこのカオナシのモデルですが、実は「借りぐらしのアリエッティ」の監督だとも言われています。またこのカオナシについて宮崎駿監督は「誰の心の中にも存在する」と伝えています。カオナシのつぶやきはまさに人間が成長する過程の思春期の象徴ともいえるのです。

坊の正体は?誰?

湯婆婆の部屋の奥にいる巨大な幼児の坊は湯婆婆の息子です。歳の差からどう見ても孫ではないかと思いますが、この世界では息子なのです。またこの声の担当はあの神木隆之介さんです。なんと当時8歳。君の名はでも登場していますね!

湯婆婆の正体は?湯屋のモデルは?

強力な権力で湯屋を支配してる魔女。湯婆婆。さらに湯婆婆が経営する湯屋のモデルは実は台湾の人気茶芸館と言われています。さらに湯婆婆の名前の由来ですが実は湯たんぽだと言われています。湯たんぽは中国で発明されましたが、湯婆婆が坊に見せる愛情が温かいですね。

千と千尋の神隠し動画フル無料まとめ

千と千尋の神隠しは動画配信サービスTSUTAYAディスカスで借り放題できます!

初回30日間無料!

他のジブリ作品も見放題なのでおススメ!

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA