ひと粒ひと粒、おいしく食べてほしい。
人気のシャインマスカットを
はじめとしたフルーツ作り

生産者インタビュー

山梨県笛吹市で人気のシャインマスカットをはじめとしたぶどうや桃を生産し、それらのフルーツを使い1年を通して子どもも安心して食べられる、無添加のドライフルーツを製造している向山香織さんにお話を伺いました。

山梨県笛吹市 | 株式会社アミナチュール
向山香織(むこうやまかおり)さん

取り扱い商品:桃、ぶどう(シャインマスカット、ピオーネ、巨峰、マイハート、クイーンニーナ)、甲州果実のドライフルーツなど

危機感を持ち、できる手を先に打つ

私たちは山梨県笛吹市で約70年続く果物の生産農家で、主にギフト用の桃やぶどうを育てています。生育した果実の中でも特に良いものをギフト用に厳選するのですが、以前は弾かれた果物は砂糖などを加え、ジュース用として扱われていました。少し傷があるだけでおいしさに変わりはないのに「もったいない」と思ったんです。そのままのおいしさを生かしながら食べてもらいたいと試行錯誤した結果、ドライフルーツ作りにたどり着きました。
そのドライフルーツセットに入れている、いちごの農園さんが新型コロナウイルスの影響を受けていることを知りました。普段なら1日に何十組と大勢の人が来園される人気の観光農園なのに、たった数組しか来ないと。鮮度が大事な果物ですから、卸し先がなくて大量に処分せざるを得ないと聞き、ショックと同時に危機感を抱きました。私たちとしては、例年よりもいちごのドライフルーツの製造量を多くすることで仕入れの量を増やし、農園さんとともに打開を図りました。

こうした厳しい状況もあり、私たちとしても桃やぶどうをどれぐらいの数量で販売できるのか事前に把握しなければなりません。そこでクラウドファンディングをはじめ、さまざまな販売先の開拓を試みました。
コロナ禍におけるおうち時間の増加の影響もあったかもしれませんが、早々にネットでの販売を強化したことで、どうにか最悪の事態を回避できているのかな、と思います。

マニュアル通りにいかない、ぶどう作り

シャインマスカットの理想の房はラグビーボール型。ひと房で考えると約40粒の実がぎっしりと詰まっているのが理想です。濃い緑色の粒は酸っぱいため、全体的に鮮やかな緑から少し黄緑がかった粒が甘いシャインマスカットの目安です。

ぶどう作りで難しいのは、実際に収穫時期に近づかないと玉張り(粒の張り具合)や甘さがわからないこと。例えば昨年は雨が多く、木が水を吸い上げられないほど土に水が溜まっていたので、玉張りがあまり良くなかったものの、粒自体は甘かったんです。今年も昨年同様に雨が多かったのですが、木が水を多く吸ってくれていたんです。おかげで玉張りも良かったのですが、濃い緑色の粒がところどころにできていました。原因は不明なのですが、70年ぶどう作りを続けていてもマニュアル通りにいかないことを実感しています。

ここで育てている桃やぶどうは種類にもよりますが、6月下旬から10月初旬までに収穫を終えます。もちろん、旬の果物をそのまま食べるのもおいしいですが、好きなものは季節を問わず食べたいですよね。私たちが作るドライフルーツは低温でじっくりと乾燥させるため、果物の酵素が活きたうえに凝縮された旨みを引き出すことができます。以前、桃のドライフルーツを食べた方が「噛めば噛むほど生の桃よりも桃を食べている気分になった」と褒めていただけたのはうれしかったです。

向山さんおすすめの簡単料理や
ドライフルーツの楽しみ方

シャインマスカットは、ワインビネガー・オリーブオイル・はちみつ・塩・こしょうで和えたキャロット・ラペに入れるのがおいしいです。レーズンを入れて作る方もいますが、それのシャインマスカット版。みずみずしくさっぱりとした味わいのラペになります。

こちらは秋口に発売を予定している新商品「ノンカフェインフルーツティー」。ティーバッグに入れた商品はすでに販売していますが、ティーポットやカップにお湯と一緒に入れて少し蒸らして飲むと、フルーツのさわやかな味わいと香りが楽しめます。もちろん、飲み終わった後のフルーツも食べられますよ!

ドライフルーツ作りで自分の居場所を確保

私は元々、農業とは縁のない生活をしていたんです。都内で建築系の会社に8年ほど働いていた間に、夫と出会いました。結婚後も都内で暮らすと思いきや、夫が実家の農業を継ぐと言い出したのには驚きました(笑)。私も転職した矢先だったので2年間は別々に暮らし、繁忙期には休みを取ってお手伝いに行く日々。手伝いをするうちに山梨で私にしか出来ない事にチャレンジしてみたい、と思えるようになり移住してこの仕事を始めることに決めました。これまでの経験から販促やリサーチには長けていたので、ドライフルーツや新商品の開発など私の得意分野を生かすことで、自分の居場所を見つけられたのは大きかったと思います。

みなさまへメッセージ

先の見えない状況の中ですが、私たちはみなさんに「おいしい」と笑顔になってもらえる商品をご用意します!果物は旬の時期にしかお届けすることができませんが、ドライフルーツは1年を通して販売していますので、ぜひ食べて応援していただけたらうれしいです。

生産者情報

商品名:桃、ぶどう(シャインマスカット、ピオーネ、巨峰、
マイハート、クイーンニーナ)、甲州果実のドライフルーツ
生産地:山梨県笛吹市
生産者:株式会社アミナチュール
向山香織(むこうやまかおり)さん