保育園の先生のように。
心を込めてたっぷりの愛情で育てる
"食べられるバラ"

生産者インタビュー

バラが好き過ぎて、若くして農業の道に進むことを決意。埼玉県深谷市で農薬を使わず食べられるバラを栽培している田中綾華さんにお話を伺いました。

埼玉県深谷市 | ROSE LABO株式会社
代表 田中綾華(たなかあやか)さん

取り扱い商品:バラ、エディブルフラワー、CONFITURE ROSE

花は毎年咲くものだから

飲食店の自粛に伴って、発注がほぼすべてキャンセルになってしまったんです。また、春は母の日のイベントなどでマルシェに出店予定でしたが、そういったイベントも全てなくなってしまいました。
野菜と似ていて、私たちの花き(観賞用の植物全般)産業は毎年収穫できるもの。冬の間から育ててきて、やっと収穫というタイミングで新型コロナウイルスが流行してしまって。正直、かなりダメージはありました。ですが、私たちは収穫したバラを全て冷凍して、コンフィチュール(ジャム)などの食品などに加工できるので、まだ良い方なのかもしれないですが。

バラは自分の映し鏡

お客様に喜んでもらうこと、お客様の立場で考えることを常に意識して栽培しています。元々バラは観賞用として長年親しまれてきたもの。だからこそ、食用と言っても本当に大丈夫なのかなと普通は思いますよね。安心して食べていただけるよう、ビニールハウスの中で土を使わず、かつ農薬不使用で栽培をすることにしました。

また、ビニールハウスが清潔であればあるほどより良いですね。バラは葉で光合成して花を咲かせるため、どうしても毎日落ち葉が出てしまいます。口に入れるものを育てる場所は清潔であるべきだと思うので、こまめに掃除をするようにしています。もし自分が保育園の先生だったら、埃まみれなところで大切な子どもたちを育てたくないじゃないですか。バラをひとつの命として扱っているからこそ、そういう感覚がすごくあって。だから、栽培環境を整えることを心がけています。

バラを育てるうえで難しいのが病気や虫との戦いです。農薬不使用栽培は特にリスクが高くて。ビニールハウスは露地とは違い密閉空間なので、1回病気が発生するとすぐに広がってしまいます。虫がいないか、病気になる予兆は出てないかなど毎日の細かいチェックは欠かせません。
バラは自分の映し鏡なんです。自分の知識や経験、農家としてスキルアップをすればするほど、いいバラがどんどん咲いてくれます。でも、自分がちょっとでも気を抜いたりとか、知識が足りなかったりすると、バラの調子も悪くなってしまう。バラは私たちが頑張れば頑張った分、100%で返してくれるので、とてもやりがいがあり、楽しくてたまらないです。

田中さんおすすめ、
バラのコンフィチュールのおいしい食べ方

紅茶にティースプーン1杯ほどのコンフィチュールを入れて、ロシアンティーとして飲むのがおすすめです。バラの香りでリラックスしますし、見た目も美しくて女子心をくすぐられますよ。また、バゲットにクリームチーズをのせ、コンフィチュールをかけるとワインにとても合うひと品になります。あと、無糖ヨーグルトやライチのアイスクリームにかけてもおいしいです。

バラに囲まれて1日を過ごせたら
すごい幸せだろうなって。

農業という職種についている親族は1人もいませんでした。昔からバラが好きで、好きなことを仕事にしたいなと思って。20歳で当時通っていた大学を中退して農家に弟子入りをしたんです。2年間泊まり込みで修行した後、独立することを決意。
私はバラ好きとしてお花屋さんで単にバラを売るだけではなく、自分でイチから育てるところにとても魅力を感じました。あと本当に単純ですが、1日の始まりに、朝起きて会社行くのが農園で、バラに囲まれて1日を過ごせたらすごい幸せだろうなって(笑)。
今後の目標は、農家でも売る力をつけることです。こだわりを持って日々栽培している私たち農家だからこそ、誰よりも農作物の魅力を伝えて売るのが得意なはず。私たちは売る力をつけて、農業の可能性を広げていきたいです。

みなさまへメッセージ

現代社会でSNSの普及が進み、昔に比べたら一見自由に見えるけど実は不自由で、ストレスとかも無駄にかかるというか。さらに新型コロナウイルスの影響で、より心の負担が増えていると思います。そんな中でも、やっぱり食べることって幸せなことだなって。
私たちは、みなさまの日常が少しでもバラ色っぽく、華やかになるようにお手伝いをしたいと思っています。ぜひ、私たちのバラを食べて応援していただいたり、バラの香りで幸せな気持ちになってもらえたりしたらうれしいです。

生産者情報

商品名:CONFITURE ROSE
生産地:埼玉県深谷市
生産者:ROSE LABO株式会社 代表 田中綾華(たなかあやか)