【公式見逃し動画】HEROドラマ動画 1話から無料フル視聴!再放送情報も!

木村拓哉主演話題になったドラマ「HERO」。見逃してしまったという方にドラマ「HERO」1話から見逃し配信している動画サービスを紹介します。

・ドラマ「HERO」を1話から見逃したので動画配信サービスを探してる

・ドラマ「HERO」の1話から見逃し配信してる民放無料放送を探してる

ドラマ「HERO」の再放送最新情報を探してる

\2週間無料/

無料でお試FOD

ドラマHERO公式情報

公式サイト 2001HERO公式サイト/特別編HERO/2014HERO
ウィキペディア ウィキペディア
公式Twitter
キャスト情報 木村拓哉/松たか子/北川 景子/八嶋 智人/小日向 文世/大塚 寧々/阿部 寛/勝村 政信/松重 豊/杉本 哲太/濱田 岳/吉田 羊

ドラマHERO動画配信状況

動画サービス 見逃し配信状況
Tver 期間限定配信

 

FODプレミアム

ドラマ「HERO」の見逃し配信は動画配信サービスFODプレミアムで配信しています!

FODプレミアムは月額976円ですが初回2週間無料!!

無料期間に解約すればお金は一切かかりません!

\2週間無料/

無料でお試FOD

以下作品も見放題できます!!

\2週間無料/

無料でお試FOD

さらにキャストの作品もすべて見放題です!

\2週間無料/

無料でお試FOD

TSUTAYATVディスカス

ドラマ「HERO」ですが、動画配信サービスTSUTAYATVディスカスで1話から見放題できます!

月額2659円ですが初回30日間無料となっています!

\30日間無料/

無料でお試し

キャストの過去作も見放題!!

木村拓哉主演作品

・プライド

・協奏曲

・マスカレードホテル

空から降る一億の星

プライスレス

華麗なる一族

・人生は上々だ

・エンジン

CHANGE

・教場

・君を忘れない

・2046

松たか子出演作品

・告白

・夢売るふたり

・THE有頂天ホテル

・打ち上げ花火、下から見るか横から見るか

小日向文世出演作品

マスカレードホテル

・サバイバルファミリー

・アウトレイジ

・ダブルフェイス

\30日間無料/

無料でお試し

以下作品も見放題!

\30日間無料/

無料でお試し

Tver

Tverで期間限定配信しています。

ドラマHERO2001再放送情報

ドラマHEROですが一部の地域で1話から再放送がされています。

北海道

8月16日月 午後14時25分から 第4話

8月17日火 午後14時25分から 第5話

8月18日水 午後14時25分から 第6話

8月19日木 午後14時25分から 第7話

関東

8月17日火 午後14時25分から 第5話

8月18日水 午後14時25分から 第6話

8月19日木 午後14時25分から 第7話

8月20日金 午後14時25分から 第8話

8月21日土 午後14時25分から 第9話

東海

8月16日月 午後15時45分から 第1話

8月17日火 午後15時45分から 第2話

8月18日水 午後15時45分から 第3話

8月19日木 午後15時45分から 第4話

8月20日金 午後15時45分から 第5話

高知

8月15日月 午後0時から 第1話

ドラマHERO2014再放送情報

長野

8月26日木 午後15時48分から 第1話

8月27日金 午後15時48分から 第1話

関西

8月16日月 午後15時45分から 第1話

8月17日火 午後15時45分から 第1話

8月18日水 午後15時45分から 第2話

8月19日木 午後15時45分から 第3話

8月20日金 午後15時45分から 第4話

8月23日月 午後15時45分から 第5話

8月24日火 午後15時45分から 第6話

8月25日水 午後15時45分から 第7話

8月26日木 午後15時45分から 第8話

8月27日金 午後15時45分から 第9話

8月30日月 午後15時45分から 第10話

8月31日火 午後15時45分から 第11話

9月1日水 午後15時45分から 第11話

西日本

8月24日火 午後14時45分から

8月25日水 午後14時45分から

8月26日木 午後14時45分から

8月27日金 午後14時45分から

ドラマHERO主題歌

ドラマHERO動画あらすじ

1話ドラマあらすじ

東京地検城西支部は、代議士と大手建設会社の癒着にメスを入れ、強制捜査に着手した。その日、青森地検から若手検事・久利生公平(木村拓哉)が転勤してきた。定期異動の時期でないときだけに、同支部の検事や事務官たちは「どんな奴が来るのか」と噂する。
雨宮舞子(松たか子)は自分のステップアップになるかもしれないと、自ら久利生公平の担当事務官に立候補するが、その久利生がダークスーツではなくラフな格好で初登庁し、中村美鈴(大塚寧々)、芝山豊(阿部寛)、江上達夫(勝村政信)ら検事達、末次隆之(小日向文世)、遠藤賢司(八嶋智人)ら事務官達はア然。
当然、雨宮舞子も彼が中卒、大検を受け、司法試験を受け検事になったという異色の経歴に驚く。そして彼の仕事のやり方が、あまりにも変わっているので、雨宮は刑事部部長・牛丸豊(角野卓造)に、担当を外してくれと頼むが、聞き入れてもらえない。
型破りな捜査、しかし的確な洞察力をもった久利生。事件の大小を問わず次々真実を突き止め、事件を解決していく。そんな彼を次席検事の鍋島利光(児玉清)だけは期待を寄せているようだ。久利生公平が現れたことによって、エリート意識ばかり強い支部の面々が時には反発し、時には感化されていく・・・。

2話ドラマあらすじ

検事は悪人で、弁護士は正義の味方なのか。本当に被害者の立場に立っているのはどちらなのか。
久利生(木村拓哉)の前に、顔じゅうアザだらけの青年が拘引されてきた。青年は高井戸謙介(大柴邦彦)、21歳。謙介は友人と帰宅途中、すれ違った菓子職人にいきなり十発、顔などを殴られ、身をかわしたはずみに菓子職人は階段から落ち死亡したと「正当防衛」を主張していた。
ところが、久利生の前に座った謙介は完全黙秘。一緒にいた友人の調書は、謙介の正当防衛という主張を裏付けていた。代議士の息子でもある謙介には大物弁護士が付いていた。あまりに揃いすぎている。作為を直感した久利生は、処理しなければならない仕事を放り出し、自ら捜査を始めるのだった。
おかげで、久利生に随行する舞子(松たか子)はK1の試合を見に行けなくなり、久利生がやり残している仕事を、替わって処理するハメになった美鈴(大塚寧々)や芝山(阿部寛)、遠藤(八嶋智人)らはカンカン。
勝手な行動をとる久利生に牛丸(角野卓造)もハラハラ。

3話ドラマあらすじ

行きつけのバーで、久利生(木村拓哉)は、別れ話を持ち出した女性に、男性がステーキナイフで切りつけるトラブルに巻き込まれた。翌日、久利生公平の前に被疑者として現れた男、宮川雅史(宮迫博之)は気落ちしている。久利生の取り調べに、その女、島野紗江子(森口瑤子)と結婚しようと思っていたこと、おいしい料理を作ってくれ「生まれ変わっても一緒になろうね」と言ってくれたことなどを切々と訴える。料理研究家の紗江子の周辺を調べると、過去にも結婚詐欺で、複数の男性から訴えられた過去があった。どの男も「生まれ変わっても一緒になろうね」の言葉にコロリで、金を渡していた。ピンとくる久利生だが、結婚詐欺の立件は難しい。「リングに上がる前に逃げるK1選手のよう」と舞子(松たか子)に言われてしまった久利生は、捜査を始めるが・・・・・・。

4話ドラマネタバレ

ストーカー殺人の容疑者が入院先の病院から逃げ出した。江上(勝村政信)と舞子(松たか子)が取り調べ中の容疑者で、腰を強打して動けない様子であり、また凶器も発見されていなかったことから、江上の判断で逮捕を見送っていたのだった。「早く逮捕しておけば」と捜査にあたる刑事たちはカンカン。検察の判断ミスとマスコミも騒ぎ出し、牛丸部長(角野卓造)は「私も責任を取らされるかもしれない」とハラハラ。ほかの検事たちは逃げた男が本当に犯人なのか、他に犯人が居るとしたら、どうやって現場から逃げたのか、捜査に乗り出す。
犯行現場はマンションの三階で、犯人がベランダから飛び降りて逃げるには高すぎる。他に逃げ場所はない。どこからか?と久利生が考えているとエンジン音が聞こえてきて、現場の部屋の真下にトラックが止まった。

5話ドラマあらすじ

副検事を目指し勉強一本槍だと思われていた舞子(松たか子)が、美鈴(大塚寧々)の挑発にのり、つい「大人の恋愛してます。相手には奥さんがいて」と不倫宣言。「だれ?」と、舞子に思いを寄せる江上(勝村政信)はショックを受け、事務官たちは「まさか~」とびっくり。牛丸(角野卓造)は、他の検事が不倫問題で飛ばされたこともあり「責任を取らされる」とハラハラ。
その舞子が久利生(木村拓哉)と担当することになったのは、不倫の清算で、妻と愛人の三人で話しているうち、激昂した夫、矢口徹(小原雅人)が妻に包丁で切りつけた傷害事件。愛人の川原朝美(桜井幸子)も矢口が妻を切りつけたと証言していたが、矢口は「俺じゃない」と言い張っていた。
久利生と舞子は、千葉の実家に戻っている朝美に会いに行く。相手に対する気持ちが冷めたという朝美。朝美の話に納得できない久利生は、一晩泊まり、もう一度確かめたいと言い出す。

6話ドラマあらすじ

久利生(木村拓哉)が、通販にハマっているのを小馬鹿にしていた舞子(松たか子)が、テレビを見てある通販商品を買ってしまう。誰にも分からないように内緒で。ところがクラブで、それを落としてしまう。その店が賭博容疑で摘発される。
牛丸(角野卓造)は、摘発された店に舞子がいたことにカンカン。一方、舞子は内緒で買った通販商品を何とか取り戻そうと必死。そんな舞子の尋常では無い様子に、他の検事たちは「何かヤバイことに?」と騒ぎ出す。ますます不安になる牛丸だった。
久利生は、非番の警察官を殺害した事件を調べていた。被疑者の太田川晋平(升毅)は、貸した金を盾に、自分の身代わりを立てるほどのしたたか者。しかも、鉄壁のアリバイを主張していた。
無くした通販商品を、誰にも知られずに探そうとする舞子の執念が、太田川のアリバイ崩しのヒントとなるのだが・・・。

7話ドラマあらすじ

検事に、こき使われる事務官たち。末次(小日向文世)や遠藤(八嶋智人)らも、そんな事務官生活に嫌気が差し始めていた。そこへ、一見、事務官然とした正木(金田昭夫)が転勤してきた。しかし、正木は、「一生こき使われるなんて」と、事務官に見切りをつけ、クレープ屋を開く計画を持っていた。芝山(阿部寛)や江上(勝村政信)から、厳しい仕事を申しつけられる末次や遠藤は、正木の話に共鳴。
舞子(松たか子)は、副検事の任用試験が近くあるというので「是非にも」と燃えるが、事務官経験十年以上が受験資格。牛丸(角野卓造)に頼み込み、なんとか試験を受けられるよう頼み込む。
久利生(木村拓哉)は、電車内での痴漢事件を調べていた。被疑者は、大手貿易会社の専務の綿貫(寺田農)。弁護士に教わったとおり、綿貫は容疑を否認。専務の運転手、秘書らも口裏を合わせていたが、久利生は地道な捜査で専務を追いつめていく。

8話ドラマあらすじ

久利生(木村拓哉)は立件が難しい医療過誤事件を担当することになった。病院・医師側には名うての辣腕女性弁護士・巽江里子(飯島直子)。被疑者に同行して颯爽と現れた江里子は久利生に親しげに声をかけ、二人は何やら親しそう。舞子(松たか子)ほか、芝山(阿部寛)、美鈴(大塚寧々)ら事務官、検事たちは詮索し出すのだった。
久利生は、早速、舞子と捜査を始め、事件直後、病院を辞めた准看護婦がいることを突き止める。必死に説得し、ついに医療過誤があったという証言を得て医師を起訴する。ところが第1回公判で、その准看護婦は証言を一転させた。「エッ!」。久利生の目が一瞬点になった。

9話ドラマあらすじ

東京地検城西支部にピザ配達を装って男が侵入。発煙筒をたいて暴れ回る事件が発生した。犯人は逃げてしまったが、その際に久利生(木村拓哉)は、「カチカチ」という不審な音を耳にした。一方、舞子(松たか子)は犯人の手袋の指先に緑の塗料がついているのを目撃した。「検察を狙った法秩序への挑戦だ」と牛丸(角野卓造)は怒る。
城西支部のメンバーは自分が狙われているのではないかと疑心暗鬼。そんな時、舞子の鞄から爆発物が見つかる。久利生の機転で舞子は難を逃れるが、怯えてしまう。一人で家に帰すのは危険と、久利生は舞子を自宅に誘うのだった。不安で眠れない様子の舞子を励ます久利生。同時に彼は、今回の犯人像を推理し、ハタと思いつく。
翌朝、久利生が推測した通りに、無事犯人は捕まるが・・・。

10話ドラマあらすじ

久利生公平(木村拓哉)は、人気女性テレビキャスターを襲ったとして、傷害罪で送検されてきた青年を、証拠不十分を理由に不起訴にした。この処分を不服として被害者の女性キャスター榎本由起(羽田美智子)は検察審査会に審査の申し立てた。
正しい判断と、舞子(松たか子)は、久利生をかばうが、審査会の空気は冷たい。人気キャスター絡みの事件とあってマスコミは大騒ぎ。そんな中、今度は脅迫状が女性キャスターのもとに届く。久利生が不起訴にしたことに、由起は抗議の記者会見。その夜再び、由起は、帰宅途中襲われ、担当の刑事 矢口(梅沢富美男)は古田の犯行だと久利生への反発を強める。しかし・・・・・・。
気が気でない舞子に牛丸(角野卓造)たち。さらに久利生に逮捕歴があることが暴かれ、久利生は窮地に・・・・・・。

ドラマHERO動画見どころ

型破りな検察官久利が真実を追い続ける

型破りな検察官・久利生公平が真実を追い続けるところが最高にかっこいい作品です。
証拠が揃っていてなんの不自然さもないような事件でも、気になったことを自分の目で検証する、被疑者に対しても被害者に対しても真剣に向き合う姿に心を打たれます。
また、所属する城西支部の他の検察官・事務官たちもその久利生の姿勢を見て、呆れつつも最後には一緒に新たな証拠探しを徹夜でしてしまうような、人間味の溢れる関係性も見所です。
そして、被害者に寄り添い最後まで闘う彼らの姿には何度見てもうるっときます…!

仲間との繋がり!仕事への姿勢!見どころ満載

木村拓哉さん演じる久利生検事と事務官を中心に事件を解決していくドラマです。久利生検事の周りにいる検事や事務官がとても個性的。最初はマイペースに仕事をしていく久利生検事に戸惑っていた仲間も、一緒に仕事をしていくうちに久利生検事を認めるようになります。そして、被害者や被害者の関係者にも寄り添い、犯人の事情も考えながら事件を解決していきます。久利生検事だけではなく、周りの仲間、仕事に向かう姿勢、人を思いやる姿、見どころがたくさんあるドラマです。

主人公は少し変わり者だけど一生懸命!

型破りな検事像である主人公に惹き込まれる作品でした。茶髪にジーパンというチャラついた第一印象に反するように見せる検事としての姿には驚かされます。事件調書を元に自らの足で現場に赴き、妥協しない事件との向き合い方は見どころで、またその行動力に振り回される周りの人たちがコミカルに描かれており、そこもまた見どころでした。事件早期解決のために被疑者の証言だけで終わらそうとする事件を一から洗い直すことで冤罪を食い止める展開や被害者第一の考え方を忘れない主人公の姿から検事のあるべき理想を感じさせた作品でした。

主人公は少し変わり者だけど目の前の仕事にとても真摯に向き合っており、事件が解決して行く所がスッキリして爽快感がありおもしろい。また主人公の同僚達もとても個性豊かで、最初は変人の様な目で見ていたが、話が進むにつれてだんだん感化され味方が1人ずつ増えて行く所も見どころの一つだと思う。木村拓哉と松たか子はこれまでのドラマの中でもトップに入るぐらいお似合いの2人で息ぴったり。そんな2人の恋愛模様も見て欲しい!

久利生公平と天宮舞子との発展しそうでしない関係

木村拓哉が演じる久利生公平と松たか子が演じる天宮舞子とのなかなか発展しそうでしない関係というのが1番の見どころだと思います。舞子の方がかなり久利生を意識してるんですが素直になれないのが印象的でした。このドラマに関しては視聴率が圧倒的な高さだったのが頷ける内容でした。会話もユーモアがあり起こる事件、出来事というのもクオリティが高い仕上がりになっていました。久利生、舞子以外の登場人物も独特な存在ばかりでキャラクターが出来ていて覚えやすかったです。

実際はあり得ないけど面白い

実際にこんな事件、捜査はあり得へんって言ったらそこまでやと思うけど、色んな要素が混ざってて、心に刺さる所から、笑える所(城西支部のメンバーのキャラがそれぞれ個性的でほんまに笑える)までたくさんある。ヒーロー映画版もとても面白かった。個性的なメンバーと豪華キャストでした。
治外法権の壁というなかなかわかりづらい題材をわかりやすく解決してくれたかな。まつたか子も国仲涼子も大塚寧々も美人で眼福。いいね!!

コメディとシリアスのバランスが絶妙

人間の弱さに寄り添う変わり者検事・久利生公平、そしてその仲間たちが活躍する、現時点でのフジテレビドラマ最高峰。コメディとシリアスのバランスが絶妙で、かつ木村拓哉=久利生公平という特異なキャラクターを生かすべく奮戦する、周りの俳優陣の達者な演技にはいつも感心させられます。特に児玉清の演技はたまりません。やや音楽に引っ張られて、感動を引き摺り出されている感もありますが、いつ観ても、何度観ても面白い、大衆向けドラマのお手本のような作品。

久利生公平のセリフがかっこいい!

木村拓哉演じる検察官の「久利生公平」の担当事件の真相をとことん追及する姿勢が格好良いですね。特に印象的であったシーンの1つが「検察官の権力の大きさ」について久利生公平がコメントしているところですね。久利生公平いわく「検察官は被疑者を起訴できる権限を持っている唯一の存在である。これはものすごいことだ」とのことです。だからこそミスがあれば被疑者の人生を狂わせてしまうから慎重に捜査しなければならないとのことです。カッコいいセリフだなあと思いましたね。

メンバーたちの独特の掛け合いと雰囲気

HEROの面白さは、あのメンバーたちの独特の掛け合いと雰囲気でした。なかなか個性的なメンバーがあの事務所にはそろっていて、皆それぞれに色んな事件・問題に取り組みながらも、いざとなれば良いチームワークだったりして、あのバランス感がなんとも言えない魅力ポイントでした。あと、キムタクと松たか子の二人の空気感がとにかく好きで、事件解決も気になる一方で、二人の恋の行方もかなり気になって応援しながら見ていました。何度みても飽きないドラマです。

検事という仕事に就きたい人にはおススメ

このドラマでは、木村拓哉、松たか子さんの活躍があり、とても面白いドラマでした。正義感の強い検事たちが活躍している姿が見どころだと思いました。久利生がさまざまな事件を担当していて、検事として活躍している姿は見どころだと感じられました。事件に対してどのように取り調べているのかチェックして見ると良いと思いました。検事という仕事の魅力を伝えることができていたので、検事という仕事に就きたいと思う人は関心を持ってドラマを観ることができると考えられました。

お堅いイメージを覆した服装と髪型!

検察官という、公務員でしかも法律を扱う領域にいる人で、しかもエリートとは、お堅い真面目な人物ではないかというイメージをくつがえすには十分な服装と髪型のもたらす大きなインパクト。そして、久利生の人柄がエリートらしくなくて親近感すら覚えてしまいそうなキャラクターなのも印象的でした。最初に見た瞬間から、なんだこの人物は、と釘付けになりました。そして余計な説明を加えずに久利生の行動だけでストーリーを展開させていくような構成もインパクト大でした。

このような検察官は本当にいるのか、と思えるほど服装を含めた風貌や言動や行動がとても個性的で型に嵌らない木村拓哉さんが演じる久利生と、正反対のとても真面目なタイプの検察事務官の松たか子さんが演じる天宮の対照的な2人がコンビを組んでいるのが見ものですし、その他のどの同僚もこの2人に負けないほどの大変個性的な集団で、一人一人の言動や行動を見聞しているだけでもかなり楽しむ事ができます。久利生は型破りと言えど、担当事件の事、その関係者には大変真摯に向き合っているので、真摯に向き合っている姿も見どころです。

ドラマHERO動画まとめ

ドラマHEROを見逃し配信しているのはFODプレミアムとTSUTAYAディスカス!

初回無料なのでぜひお試しください!

\2週間無料/

無料でお試FOD

\30日間無料/

無料でお試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です