日本×オマーンサッカー動画無料視聴!放送時間や日程!メンバー!

地上波放送がないワールドカップサッカー日本×オマーン戦。「日本×オマーン」の放送時間と「日本×オマーン」戦を無料で見れる動画サービスを紹介します。

日本×オマーン戦放送日、放送時間を知りたい

日本×オマーン戦の動画を無料で見たい

\初回無料/

お試しDAZN

目次

日本×オマーン戦公式情報

公式サイト 公式サイト/
ウィキペディア ウィキペディア/

日本×オマーン放送日情報

日本×オマーン戦の放送日は以下になります。

11月17日水 日本時間深夜1時 日本VSオマーン

日本×オマーン放送は?

日本×オマーン戦ですが地上波放送はなく動画配信サービスDAZN独占配信となっています。

テレビ放送
放送(ライブ配信) DAZN独占

日本×オマーン戦を無料で見れる動画配信サービス

動画サービス 見逃し配信状況
DAZN 〇独占配信
Tver

DAZN

日本×オマーン戦ですが、スポーツ特化の見逃し配信サービスDAZNで独占見逃し配信しています!

DAZNではワールドカップ全試合を配信しています!

初回無料!お試期間中の解約なら料金はかかりません。

\初回無料/

お試しDAZN

\初回無料/

お試しDAZN

\初回無料/

お試しDAZN

日本×オマーン戦メンバー一覧

GK 川島永嗣 権田修一 谷晃生
DF 長友佑都 吉田麻也 酒井宏樹
DF 谷口彰悟 山根視来 室屋成
DF 板倉滉 中山雄太 旗手怜央
DF 冨安健洋
MK/FW 大迫勇也 原口元気 柴崎岳
MK/FW 遠藤航 伊東純也 浅野拓磨
MK/FW 南野拓実 古橋亨梧 守田英正
MK/FW 鎌田大地 三笘薫 前田大然
MK/FW 上田綺世 田中碧 堂安律

日本×オマーン戦動画感想

2021年11月17日W杯アジア最終予選日本×オマーン戦への感想をまとめました。

結果オーライ!完成度は低く見直しは必要!

結果については勝てたのでシンプルに合格だし良かったんじゃないのかなあと感じられました。一方で試合内容に関してはまだまだ完成度は低く、より精度を高めるべきなんじゃと考えたくなる場面が多々ありました。特に交代するメンツとタイミングが果たして良かったのかと疑問に思えたのとサイドだけでなく内部からのビルドアップが今は代表レベルとしては以前より落ちている感覚がありました。スタメンについても代わり映えがなくせっかくなら新戦力を試して欲しかったです。

日本代表デビューの三笘薫選手に救われた

結果的には、日本代表デビューの三笘薫選手に救われたような形だったので、今後の最終予選の展開はまだまだ不安が残ると思います。三笘薫選手のパスを伊東純也選手が押し込んで決勝点になりましたが、こういう流れを前半に作れなかった事でも象徴するように、最終予選では苦戦しているように感じました。新しい戦力の投入でチームの展開力が活性化されるなら、今後も良い選手を出して欲しいです。最終予選以上になってくると、対戦相手の守備力が大幅に上がってくるので、攻撃の際に相手の守備を如何に崩すのかが課題になってきそうです。

前半は低調!後半は三苫選手を投入、一気に流れが変わった

前回のホームのオマーン戦は敗れていますしワールドカップ本大会へのストレートインを狙う日本代表としては絶対に負けられない試合でした。ベトナム戦も格下相手なのに辛勝だったのでスタメンを変更してくるかと思いましたが結局、出場停止の守田選手に変わって柴崎選手が入ったのみでした。前半は相変わらずの低調な内容でチャンスらしいチャンスも作れませんでしたが後半開始から三苫選手を投入して一気に流れが変わりなんとか勝利出来たので良かったです。

相変わらずひどい内容だった

あいも変わらずひどい内容であった。現在のスタメンは果たしてこの先本大会に勝ち進んだ事を想定して選ばれた布陣なのだろうか? 改めて疑問が湧いてくる。
森保監督はいつまで長友という過去の遺物に拘りつづけるつもりなのだろう?ファンの方々には大変申し訳ないが自分はこのサイドバックが台頭した10年余り前から、日本サッカーは衰退の一途を辿っている気がしてならない。日本がかつて持ち合わせていたはずのボールタッチの技術やプレーにおける創造性は今や完全に失われてしまった。

とりあえず勝利して一安心

とりあえず勝利して一安心というところです。前半はいくつかのチャンスはあるものの生かしきれないところに、サッカーの難しさがあるのですが、これを乗り越えられないと勝利することはできません。後半は、メンバーを入れ替えたりしましたが。私はこの状況を打開するには、ワールドカップに対するプレッシャーが少ない若者を投入すべきだと思っていましたが、やっと三笘薫選手を投入し戦況を変え、試合の雰囲気を変えたことで、1点差で勝利しました。サッカーは実力があるチームが必ず勝つとは言い切れない戦いです。次の試合も勝利を

序盤からオマーンの攻撃!三苫がリード

オマーンは前回アウェーで勝利して自信をつけたのか、序盤から日本相手にまったくひるまず押し込んできていたし、日本も硬直したメンバーで相変わらずこれといった打開策もないまま推移していたのでとてもイヤな予感がしていましたが、三苫が入ってからようやくリズムが出てきました。後半もヒヤリとする場面はありましたが、三苫伊東ラインが機能して何とか1点もぎ取ったという感じですね。正直内容に満足してるファンはほぼいないと思いますが、予選は結果がすべてなので勝ち点3取れたのは素直に良かったと思います。

伊東と三苫がチームをリードしていった

伊東と三苫がチームをリードしていったような感じで、特にドリブルとスピードが大きく相手を上回っていたと思いました。逆にゴールを決める能力がもう少し日本側にあるとさらに良くなるのかなと感じる試合でした。アウェーゲームの中で勝利できたということでチーム全体の士気は高まったのではないかと思います。三笘と古橋を途中で参加させてからあきらかに攻めの雰囲気に変わったので、次の試合からは三笘と古橋を最初から参加させてほしいです。

日本×オマーン戦動画見どころ

2021年11月17日W杯アジア最終予選日本×オマーン戦への見どころをまとめました。

まずは結果にこだわってほしい

先のベトナム戦で。辛勝とはいえ結果としては合格の勝ち点3を得ることが出来た森保ジャパン。グループ3位まで上がることはできたが、内容だけを見るとまだまだ安心はできない。
アウェイ連戦の初戦を勝てた勢いを持ち、次節オマーン戦もまずは結果にこだわってほしい。
また、一部報道でもあったようにここ数回のw杯予選を見ても最も酷い内容を続けている監督に対し、進退問題が三度浮上してきている。
監督の座もかかっている一戦、内容も圧倒して勝ち点と得失点差を大きく伸ばしてほしい。

どのようなシステムを組んでいくのか森保監督の采配が見どころ

日本と同組の上位チームである、サウジアラビアとオーストラリアを追う中で、絶対に落としてはならないゲームです。オマーンとは前回、日本はホームで破れているだけに、何としても借りを返す必要があり、日本選手の闘志あふれるプレーに期待したいです。先日のベトナム戦で警告を受け、オマーン戦で出場停止となった守田英正が欠場するという状況で、代役は誰なのか、どのようなシステムを組んでいくのか、森保監督の采配が見どころだと思います。

伊東や古橋に南野や大迫あたりがどう絡んでいけるか

今回の日本代表のつまずきの発端となった相手ですが、リベンジと言うよりは絶対に勝たなければいけない相手ですね。現実的にはさらにその上、サウジやオーストラリアと争ってるわけですからアウェイであっても勝利がマストです。最近はどの試合を見てもいい時の日本代表の躍動感がなく、監督含め全員が浮き足立ってますね。なので内容を求めるというよりは今回はとにかく結果です。幸いなことに前線の伊東や古橋は所属クラブでも活躍しており状態が良いです。彼らに南野や大迫あたりがどう絡んでいけるかが最大のみどころです。

前戦は負けたが今回はどうなる?

私は、サッカーが大好きで、特に代表戦は欠かさず観戦しています。前戦では日本対オマーン戦は非常に残念な結果に終わりました。格下のオマーンに対し、いつもの楽観的な観測でビールを用意し余裕で勝利を予想していました。ところが、一進一退の攻防で、いつもの決定力不足を露呈。チャンスを掴めず、時間が経過するとオマーンのディフェンス陣の高いポストプレー、サイドバックの飛び出しに苦しめられました。オマーンの鋭いクロスが日本のゴール前に入ると、見事に合わせられ、そのまま失点してしまいます。最悪の結果となってしましました。今回はどうなるのか、見逃せません。

今回はアウェー戦で厳しい戦いになる

日本×オマーンは前戦日本のホームで引き分け狙いのオマーンにまさかの敗北を喫して、しかも今回はアウェーという事でより厳しい戦いになる事でしょう。日本は現在3位で2位のオーストラリアとは僅か勝ち点1差ですが直接対決の前にこれ以上取りこぼしをしてしまうと戦局はより一層厳しくなるので何が何でも勝つ必要があるのですが主力の久保建英選手が怪我で離脱するなど日本代表を取り巻く状況はとても厳しいですがこれを乗り越えてW杯に出場してもらいたいです。

大迫勇也のゴールに期待したい

ここ最近の試合でゴールを奪えていない大迫勇也のゴールに期待したいです。また、ボランチやディフェンスは安定した守備を見せられているので、オマーン戦も無失点で試合を終わらせられるかどうかも見所です。前回オフサイドにはなってしまったが、伊藤純也のドリブル突破からのシュートにも再び注目して見たいと思います。あとは、前回ミスの多かった浅野や南野らをスタメンで起用してくるのかどうかも見どころのひとつだと思います。

前回負けてる!絶対に勝ち3が必要な試合!

前回敗れている相手に続けて負けるわけにはいきません、絶対に勝ち点3が必要な試合です。その為に必要なのはまずは得点。現状、中々攻撃を組み立てられていない中、どうやってゴールを奪うかが見どころです。キーマンはずばり伊東純也。ベトナム戦でもゴールを奪ったようにそのスピードを生かし、カウンターで1人で点を取ってくれることに期待大です。また前回ワンチャンスでカウンターを決められ負けているので、デフェンス陣は同じ過ちをしないことが重要です。注目は長友。批判も多い今、ベテランの真価が問われるでしょう。

日本がしっかり勝ちきれるかどうか

2022W杯アジア最終予選『日本×オマーン』の見どころは、日本がしっかり勝ちきれるかどうかという点です。前回はホームのアドバンテージがありながら、ランキング上は格下のオマーンに敗れてしまっているので、アウェイで戦う今回の一戦はより難しい試合になります。また、直近の試合でオマーンはホームにもかかわらず中国と引き分けていますので、今回は移動なしで日本を迎え撃つことができる有利な立場で勝ちにくるはずです。移動距離的にも不利な日本は苦戦は免れない状況ですが、どうにか勝ち点3を取ることを期待しています。

日本3位VSオマーン4位のこのギリギリの戦い

なんといっても、日本3位対オマーン4位のこのギリギリの戦いです。ベトナム戦で出場停止となってしまった守田英正の代役は誰になるのか。守田含めた遠藤航と田中碧との3人での連携のとれたプレーをリカバリーできる選手はいるのか。この辺が見どころだと思います。オマーンとは負けは絶対なしで、引き分けも避けて、出来れば1点でも多くとってもらいたいです。選手の疲れもあるでしょうが、なかなか期待しているようなプレーが出来ていないように思えるので、オマーン戦は期待しています。

オマーン戦は外せない戦い!スタメンがカギ握る

オマーン戦も絶対に落とせない試合。中5日での疲労が気になるが、スタメンがどのように選定されるかが鍵を握る。前回対戦ではオマーンの思い通りにやられた為、日本は全体的に連動した攻撃、守備が出来るか。そして、ベトナム戦では出場機会がなかった堂安、三苫、そして旗手に期待する。田中、山根も出場すると考えられ、川崎Fで一緒にプレーした選手たちはパスの呼吸がわかると思うので、このメンバーで崩していきたい。勝ち点3が必須の試合の為、何が何でも先制点を奪って勝利して、上位に近づきたい。

絶対に勝利したい!激しい試合展開になりそう

日本もオマーンも絶対に勝利したい試合であり、激しい試合展開が見どころである。前回のオマーン戦は、日本が中盤へのプレッシングに中々対応できず、良い攻撃を展開できなかった。今回のオマーン戦では日本の攻撃陣の崩し方にどのようなアクセントを加えてくるか注目である。選手起用の変化かシステム変更をするのか、森保監督の思い切った采配に期待したい。そして出番があるとするなら、今調子の良い三苫選手や前田選手の代表チームへの交わり方にも注目したい。

日本代表がしっかり『勝ち点3』を積みあげられるかどうか

まず注目はスタメン発表。辛勝とはいえベトナムから勝点3を取ったため、おそらくベースは変えないと思うが、ベンチメンバーを含めて新たに誰を入れてくるのか。ベトナム戦で出場のなかった三笘薫選手、ベンチ外だった前田大然・上田綺世選手が出るなら彼らの得点力に期待したい。フロンターレ組を多く出せば、パスワークによる崩しからの得点も見どころになると思うが、ロングパスで足の早いFWを走らせる戦術になるかも。引き分け以上で確実に勝点をゲットできるか、とにかく結果が重要になる試合です。

リベンジマッチ!この試合は通過点!

日本代表は初戦のオマーン戦で負けているのでリベンジマッチになります。日本代表はワールドカップに出場する事が目的ではなく、ワールドカップで結果を残す為に戦っています。この試合がゴールではなく通過点であるべきです。先を見据えた戦いにする為に長友選手や大迫選手などのベテラン選手ではなく、中山選手や古橋選手をはじめとする若手選手を試しながら結果を求めていくべきだと思います。森保監督がどのような選手を起用していくのかも見所になっていくと思います。

森保JAPANの最後の試合になるか

FIFAワールドカップカタール大会、アジア最終予選の6節の日本vs.オマーン戦はアウェイで開催されます。前回のホームでは大迫頼みの戦術を攻略されて0-1の敗北を喫した以上勝利が求められるこの試合ですが、先日のベトナム戦もその時調子のいい選手ではなく怪我をしない限りいつものメンバーで臨み、伊東の個の力で辛勝しましたが、その消極的采配は何も変わらずこの試合を迎えます。初召集の三苫、前田を使う気はあるのかどうか、この試合が森保JAPANの最後の試合になるかどうかが見どころです。

日本×オマーン戦サッカー放送まとめ

日本×オマーン戦は動画配信サービスDAZNで独占ライブ配信となっています。

初回に限り1か月無料でお試しできます!

\初回無料/

お試しDAZN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA