日本×サウジアラビアサッカー放送と無料視聴情報!

サッカーワールドカップ日本×サウジアラビア戦。「日本×サウジアラビア」の放送と見逃し配信している動画サービスを紹介します。この記事は以下の方におすすめ。

日本×サウジアラビア戦を無料で見たい

日本×サウジアラビア戦放送を見逃してしまった

\初回無料/

お試しDAZN

日本×オーストラリア戦放送はこちら

日本×サウジアラビア公式情報

公式サイト 公式サイト/
ウィキペディア ウィキペディア/

日本×サウジアラビア放送日は?

日本がサウジアラビアのジッダで臨むW杯アジア最終予選ですが放送時間は以下になりました。

10月8日金 深夜2時 日本VSサウジアラビア

日本×サウジアラビア放送は?

日本×サウジアラビア戦ですが放送はどこで放送なのか調べたところ地上波テレビ放送はありませんでした。

テレビ放送
放送(ライブ配信) DAZN独占

日本×サウジアラビア見逃し配信している動画配信サービス

動画サービス 見逃し配信状況
DAZN 〇独占配信
Tver

DAZN

日本×サウジアラビア戦を見逃してしまった場合、スポーツ特化の見逃し配信サービスDAZNで独占見逃し配信となっています。

通常月額1925円ですが初回1か月無料でお試しできます!

お試期間中の解約なら料金はかかりません。

\初回無料/

お試しDAZN

\初回無料/

お試しDAZN

もっとお得に無料視聴する方法!

日本×サウジアラビア戦放送ですが実はもっとお得に見逃し配信を視聴する方法があります。

dazn for docomo限定のキャンペーンなのですが、通常月額1925円→月額980円キャンペーンを行っています!!

このキャンペーンですがドコモ会員でなくても申し込めます!

10月17日日23時59分までの期間限定キャンペーンとなっています!!

\初回無料!月額980円/

お試しキャンペーン

①DAZNこちらからまずは登録。本日から初回31日間無料となります。

②dアカウントがある方はそのままログインします。dアカウントがない方はアカウントを発行します。

③支払い情報を入力します。

④利用規約に同意します。

⑤dアカウント発行完了です。

\初回無料!月額980円/

お試しキャンペーン

dazn for docomoキャンペーンメリット

・ドコモ携帯以外でも申し込める!

・dアカウントがあれば申し込み可能!

キャンペーン価格の提供方法

キャンペーンエントリー後、「DAZN for docomo」の月額料金1,750円(税込 1,925円)を支払った翌月の
請求から最大6か月間※1 770 円(税込 847 円)※2 を還元することで、実質980円(税込1,078円)で提供。

 

※1 月額料金 1,750 円(税込 1,925 円)を支払った翌月から還元開始となり、「DAZN for docomo」の契約がある方は
最大6か月間還元。新規でご契約の場合はご契約月の3か月後、再契約の場合はご契約月の2か月後から還元。
月額料金をお支払いただいた翌月の月初にドコモの回線を解約された場合、還元されない場合があります。

※2 「dTV」または「ひかり TV for docomo」とのセット割引200 円(税込 220 円)で利用すると、セット割に加えて月額570 円(税込 627 円)を還元。

Tver

日本×サウジアラビアですがTverの見逃し配信は現在ありません。

日本×サウジアラビア視聴者の声

2021年10月8日W杯アジア最終予選日本×サウジアラビア戦への見どころをまとめました。

日本代表の「現在地」が分かる重要な一戦

初戦のオマーン戦で惨敗し、中国に辛くも勝利を収めた日本代表の「現在地」が分かる重要な一戦です。サウジアラビアは二戦目までの相手よりもワンランク上の強敵で、組織の未熟さを個で凌駕するというアジア予選での定説も通用しないほど、現状の日本代表は厳しい立ち位置にいます。森保一監督の采配や意図、力量には大きな疑問が残り、選手からの信頼や訴求力が乏しくなっているのは明らかです。そんな中アグレッシブで攻守ともに連動したインテンシティの強い・推進力のあるサッカーを見せられるかが勝敗の鍵を握るでしょう。(30代男性)

「長友選手」の招集が一番楽しみ!

長年にわたり、数多くワールドカップ、各種代表戦の経験をつんできた大ベテラン、そしてベテランだけでなく、今でもその運動量は衰えをしらない「長友選手」の招集が一番たのしみでもあり、左サイドバックの職人技をみたいとおもっています。近況での日本代表戦では、左サイドからの攻撃は皆無といってよいほど、攻撃性にかけていました。今回の長友選手招集により、日本代表チームがどこまで確変するのかをぜひみてみたいと思っております。(50代男性)

日本にとっては早くも正念場の一戦

最終予選初戦、かつホーム初戦を落としている日本にとっては早くも正念場の一戦。今回も前回同様、まともな合宿は組めず出たとこ勝負でコンディションや連携面に不安があるけど、欧州組はシーズンも始まったのでもしかしたら状態は前回より良くなってるかも知れない。そういう意味でも裏抜けの技術とスピードに長ける伊東や、追加招集された古橋が要注目だし、彼らに絡んでくるであろう両サイドバックも含めたサイドからの切り崩しが見ものだ。このエリアにダイナミズムが生まれると流れはグッと日本に呼び込めると思う。(40代男性)

内容よりも結果を重視しての戦い方を見せてほしい

最終予選初戦にホームでオマーンに敗北を喫し続く二戦目をアウェイ中国に勝利したものの、今ひとつ勝ち切ることができた印象が薄く、森保体制となって未だに戦い方に迷いがあるようにも思える。そんな中アジアの雄サウジアラビアとのアウェイ戦を迎え、同グループの三強同士の戦いを是が非でも勝ちたいところ。
今後オーストラリアとの戦いも控えており、少しでも予選の早い段階で勝ち点を伸ばす必要がある。
日程的にもベストメンバーを呼ぶことは難しい中で、どのように勝ちに繋がるか、内容よりも結果を重視しての戦い方を見せてほしい。(30代男性)

アウェイの中でどこまで日本が踏ん張れるのか

見どころはアウェイの中でどこまで日本が踏ん張れるのかというところです。相手はサウジアラビアですが、どのような戦術に出るのか予想がつきません。オリンピックで活躍を見せてくれた選手たちがどのくらいその経験を生かして勝負に出て来るのかというところも気になります。注目しているのは吉田麻也選手です。主将として、日本を引っ張る姿を楽しみにしています。また東京に戻ってきた長友佑都選手がどんな活躍を見せてくれるのかも注目したいと思います。

どれだけ辛抱強くゼロに抑えることができるか

ディフェンス面ではアーセナル加入後鮮烈な活躍を見せている富安を中心に、どれだけ辛抱強くゼロに抑えることができるかが見どころです。
最終予選の初戦でまさかの敗退を喫したオマーン戦同様、サウジアラビアは数少ないチャンスのカウンターでも質の高い攻撃を展開してくることが予想され、そういうった時にデフェンス陣の真価が問われる。
オフェンス面では怪我から復帰したばかりの古橋に注目。
久保を怪我で欠く中、攻撃の中心として期待がかかり、直近のリーグ戦でもゴールを決めるなど期待は大きい。

主力選手である久保選手がケガ、他の選手がカバーできるか

日本代表のメンバーは海外組を招集しているが主力選手である久保選手がケガで招集を見送ったので、他の選手がどれだけカバーできるか注目したい。
また前回招集されたものの試合に出場できなかったオナイウ阿道選手が再び選出。所属チームで活躍をしているので是非ともゴールを決めてほしい。
一方、サウジアラビア代表メンバーは国内組で固めているチームであるがACLでクラブチームが上位に残るほど強豪国である。さらに中東の笛と呼ばれる不利なジャッジをされることがあるので注意して戦わなければならない。

波乱から始まったW杯アジア最終予選!右サイドの攻め

初戦で格下のオマーンに1-0で負けるという波乱から始まったワールドカップアジア最終予選の第3戦目です。第2戦目は中国相手に1-0で勝ったものの攻撃のリズムが作れず中盤のパス回しの間に相手に守備を固められ、それを突破する打開策なく出合頭の事故のようなゴールで運良く勝ったような試合でした。遠藤、伊東、大迫、久保といった右サイドからの攻めがどれだけ機能するかが決め手になると思います。右サイド中心に攻めてお家芸の左サイドを使う流れでサイドからどれだけ崩していけるかがキーになると思います。(30代男性)

日本がどのような戦術を取るか

日本VSサウジアラビア戦の見どころは、日本がどのような戦術を取るかというところです。サウジアラビアは現在2連勝しており手強い相手といえます。そして今回はアウェーでの戦いであり、スタジアムには最大3万7000人ほどのサウジアラビアのサポーターが入ると言われています。そのような状況の中で、日本が攻めるのか、戦況を見ながら勝ち点1を取りに行くのかが見どころだと思います。また、オマーン戦、中国戦ともにあまりプレー内容が良くなかった選手を続けて起用するのかも注目です。

アウェイ開催の上、久保建英の負傷欠場ということが非常に気になる

アウェイ開催の上、久保建英の負傷欠場ということが非常に気になるところです。
次戦がオーストラリアということからも、本試合の結果が非常に重要なのは間違いありません、
それ以外のメンバーは常連といえる人たちがそろっているようなので、連携などは安心できると思います。
試合展開としては、いかに先取点をとれるか、あるいは取られてしまった際の対処などがポイントになると思います。
そして、やはり中東での試合のため、いかに笛をもらわずにプレイを続けられるかが大切になります。

アウェーでの絶対に負けられない一戦

アウェーでの絶対に負けられない一戦で、日本代表がいかに点を取るのかが見どころです。おそらく森保監督は大きくスタメンを変えることはしないだろうし、作戦も特別奇策は打ってこないと思うので、試合の局面局面で、いかに選手が個人技で頑張るかが鍵です。注目の選手はやはり大迫選手。前回の2試合では、ハッキリ言ってコンディションは最悪だったとも思います。Jリーグ復帰後、徐々に調子を取り戻してきているように見えますが、いかに大迫選手が前線でボールをキープして、起点を作れるかが得点のカギとなるでしょう。

戦い方や内容によって最終予選の残り試合の進め方が変わってくる

最終予選なので、どの試合も重要である事は間違いないと思います。ただ、このサウジアラビア戦の戦い方や内容によっては、最終予選の残り試合の進め方が変わってくると思います。今までの試合は先日の中国戦では多少の変化合ったものの、従来のメンバーで従来の戦い方を続けて来ている日本。まわりに研究されてきている以上に、選手の高年齢化による衰えも見始めています。これを払しょくする意味でも、新しいメンバーで新しい戦術にするかどうかの試金石となるでしょう。

暑いサウジアラビア!後半は体力勝負!戦略必要!

サウジアラビア戦は60%の観客を動員して行われるため完全アウェーの雰囲気になるようです。
そんな中、日本代表はディフェンス面はプレミア/セリエAのリーグ戦でレギュラー出場している好調な吉田と富安を中心とした盤石な体制ですが、一方でオフェンス面ではエースの久保がけがのため代表離脱となるため、トップの大迫と二列目(堂安、南野、鎌田等)の連携がカギを握ると考えます。暑いサウジアラビアであるため、体力が消耗する後半にスピードのある伊藤、浅野、ドリブラの三好の投入がキーになると推測します。

日本×サウジアラビア以外の試合日程

試合日時 試合 放送予定
10月8日金2時から 中国VSベトナム DAZN
10月8日金3時30分から オーストラリアVSオマーン DAZN
10月12日火19時14分 日本VSオーストラリア DAZN/テレビ朝日
10月13日水1時14分 オマーンVSベトナム DAZN
10月13日水1時14分 サウジアラビアVS中国 DAZN
11月11日木 ベトナムVS日本 DAZN

 

日本×サウジアラビアサッカー放送まとめ

日本×サウジアラビア、W杯アジア最終予選の見逃し配信動画配信サービスはDAZN独占ライブ配信となっています。

初回に限り1か月無料でお試しできます!

\初回無料/

お試しDAZN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です