日本vsサウジアラビア放送と見逃し配信情報!

日本vsサウジアラビア放送ですが、結論から申し上げますと地上波放送はありません。ですが日本vsサウジアラビア放送を見逃してしまったという方に見逃し配信している動画サービスがありますのでそちらを紹介します。放送開始直前はアクセスが集中しますので早めに見ることをおススメします。

\独占見放題/

DAZN

日本vsサウジアラビア戦公式情報

「日本vsサウジアラビア」の公式情報をまとめました。

公式サイト JFA公式サイト/DAZN公式サイト
日時 2022年6月6日(木)22時00分にキックオフ
会場 パフタコールスタジアム

日本vsサウジアラビア地上波放送ある?

「日本vsサウジアラビア戦」の地上波放送はありません。地上波、BS放送は一切ありません。

地上波放送
BS放送
Yahoo!番組表

日本vsサウジアラビアを見逃した場合の視聴方法!

「日本vsサウジアラビア戦」を見逃してしまった場合の見逃し配信している動画サービスを紹介します。

動画配信 ライブ配信
DAZN BoxedLogo 01 RGB.png 〇独占配信
Tver

DAZN

「日本vsサウジアラビア戦」は動画配信サービスDAZNで独占見放題配信になっています!

DAZINは月間プランだと月額3000円ですが、年間プランなら月額2600円!

日本vsサウジアラビア戦を見るなら年間プランがお得!!

\独占見放題/

DAZN

日本vsサウジアラビアをテレビで見る方法!

日本vsサウジアラビア戦は地上波放送されていないのでテレビで見ることはできませんが、DAZNをテレビで見ることは可能です。

FireTV

Amazonで販売されているFireTVStickFireTVcubeなどをHDMI入力端子付きテレビに接続してAmazon App StoreからDAZNアプリをダウンロードすると視聴できます。

Googlechromeキャスト

Googleから販売されているGooglechromeキャストはテレビのHDMI入力端子に接続することで利用中のテレビをスマートテレビに素早く変えることが出来ます。

DAZNに対応しているデバイスは以下になります。

日本vsサウジアラビア戦メンバー

「日本vsサウジアラビア」戦のメンバーは以下になります。

サウジアラビア戦GK招集メンバー

「日本vsサウジアラビア」GKメンバー

選手名 所属クラブ 公式Twitter
小久保 玲央 ブライアン 柏エフォートFC Twitter
佐々木 雅士 柏レイソル Twitter
鈴木 彩艶 浦和レッズ Twitter

サウジアラビア戦DF招集メンバー

「日本vsサウジアラビア」DFメンバー

選手名 所属クラブ 公式Twitter
内野貴史 フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ なし
西尾 隆矢 セレッソ大阪 Twitter
加藤 聖 ヴィッセル神戸 Twitter
馬場 晴也 東京ヴェルディ Twitter
半田 陸 モンテディオ山形 なし
畑 大雅 湘南ベルマーレ Twitter
鈴木 海音 栃木SC なし
チェイス アンリ VfBシュツットガルト/ドイツ なし

サウジアラビア戦MF・FW招集メンバー

「日本vsサウジアラビア」MF、FWメンバー

選手名 所属クラブ 公式Twitter
松岡 大起 清水エスパルス Twitter
斉藤 光毅 ロンメルSK Twitter
小田 裕太郎 ヴィッセル神戸
山本 理仁 東京ヴェルディ
藤田 譲瑠チマ 横浜F・マリノス
三戸 舜介 アルビレックス新潟
松木 玖生 FC東京
藤尾 翔太 徳島ヴォルティス
細谷 真大 柏レイソル
鈴木 唯人 清水エスパルス

日本vsサウジアラビア戦視聴者感想!

まず、満席の応援席を見て「やっと日常が戻ってきた!」と嬉しい気持ちでいっぱいでした。試合に関して感じたことは、やはりブラジルは強い。あれだけフォーメーションを崩さない強い守備で、ネイマールという天才がいたら日本はまだまだ及ばないなと感じました。PK時、あんなにもフワッとした柔らかい球に見えたのに、優雅に決めてくるのは圧巻の一言です。一方で日本はここぞという時に決め込む力がないなと感じました。スタミナ、体格、技術、あらゆる面で劣勢だったと感じます。(30代女性)

初戦のUAE戦から藤尾、山本、半田の3人が新たに起用される。この日も鈴木唯、細谷、斉藤ら実績のある攻撃陣を中心にサウジアラビアを攻めるが、この日は最後のフィニッシュ精度を欠き得点が奪えない。試合は膠着状態が続くが後半35分藤尾がレッドカードで退場すると1-4-4-1の陣形で残り10分を耐えようとする。後半終了間際アルアンマールに強烈なミドルシュートを放たれるがGK鈴木彩艶のスーパーセーブで見事防ぐ。そのまま試合は終了し、スコアレスドローの痛み分けとなった。(50代男性)

日本はU-21だが、サウジアラビアはU-23。なので、フィジカル的にはサウジアラビアに分があったがペースは日本が握っていた。
サウジアラビアの時折見せるカウンターこそ怖かったが、決定機を作り出した数で言えば日本。全体的に見れば日本の優勢だった、後半に藤尾がレッドカードを貰うまでは。それからは数的不利の日本が押される展開になるのだが、なんとか引き分けに持ち込めた。予選リーグだし退場もあったので引き分けでも問題はないのだが、内容的に見ればもったいなかったなぁ。まあ、次に生かしていきましょう。(40代男性)

友人の自宅で、仲の良い友達5人でスマートテレビで視聴しました。普段はサッカーの試合を見ないのですが、友人の誘いだったので見ることになりました。学生の頃にサッカーの経験があったのと友人と一緒に見たことで楽しく見ることができましたが、サウジアラビアの猛攻と途中のレッドカードでハラハラする展開に思わず見入ってしまいました。相手に攻められる展開の試合はゴールキーパーの活躍が目立ち、超反応的反射神経に興奮しました。今後もサッカー観戦してしまいそうです。(20代男性)

前の試合のUAE戦があまり良くない内容だったので、特にビルドアップの部分。相手はA代表経験者が半数以上でかなり厳しい試合になると予想しましたが、勝ち点2を失ったとも言える内容でしたね。ただ鈴木彩艶が1番目立ってしまうのはピンチが多かった裏返しとも言えるので少し気になりました。攻撃に関しては斎藤、鈴木の個人技が要所で光ってましたが同時に決定力不足も露呈した結果になりましたね。ただセットプレーなどデザインされたプレーも見られてセットプレーから1点決まると武器になってくるかなと感じました。(40代男性)

日本vsサウジアラビア戦の見どころ!

「日本vsサウジアラビア戦」見どころをまとめました。

守れるか!攻撃はサイドからチャンスを作れるか

前回のUAE戦を観た限り日本は良い所もありますが、まだ粗削りで不安定なところがあります。対するサウジアラビアは成熟度では日本の上を行っている気がします。
まずは守備ですね。UAE戦とは何人か人を入れ替えると思いますが、ちゃんと守り切れるか。攻撃に関してはサイドからどれだけチャンスを作れるかでしょうか。畑大雅がサイドバックで出場すると思うので、そこに期待。FWは細谷が前回出ているので、藤尾翔太あたりが出てくるかなと。この試合は点を取って勝てればいいですが、引き分けでも良いのかなと思います。

守備陣の奮起!中島大嘉選手の爆発に期待したい

日本のU-21代表が、ひとつ上の世代のU-23サウジアラビア代表にいかに立ち向かうか注目の一戦です。2018年アジア年間最優秀ユース選手であるアル=アンマール選手をいかに止めるか、松岡大起選手、チェイス・アンリ選手、鈴木彩艶選手ら、守備陣の奮起が求められます。また前節から中2日という日程であるため、大岩剛監督の選手起用も注目ポイントです。前節では出場時間の短かった「和製ハーランド」中島大嘉選手の爆発にも期待したいところです。

監督にアピール出来るかが注目点

カタールワールドカップに向けて今の日本代表がどこまで通用するかというところがまず注目。あとは熾烈なワールドカップ本戦メンバーへの生き残りサバイバルマッチが始まっているので、監督にアピール出来るかが注目点である。また、相手のブラジル代表はネイマールをはじめとする世界でもビッグクラブで活躍するメンバーを招集していることから本気度が伺える。先日の韓国対ブラジルでは5-1とブラジルが勝利。日本代表が今の力でどこまでやれるかが注目であります。

技術面で上回る組織的なパスからの攻撃で勝利してほしい

U-23アジアカップの注目の一戦です。相手はサウジアラビアでアジアではトップクラスの強敵です。3月に対戦しており、その時は日本が勝利したものの1-0と接戦で実力は互角です。サウジアラビアは中東らしくフィジカルが強いので、攻め込まれてゴール前の高さで勝負やロングボールの蹴り合いになると日本は苦しいところです。初戦がタイジキスタン戦で5-0と余力残しのサウジアラビアに対して、日本は接戦のUAE戦から中2日と日程も楽ではないですが、技術面で上回る日本の組織的なパスからの攻撃で勝利してもらいたいです。

日本が勝利?苦戦になるのではと予想

見どころとしてはまずはどうやって入っていくかですかね。サウジアラビアとかのサッカーの仕方が日本とは違うのでどうやって攻略していくかが鍵になるとは思います。過去の試合を見てもロングボールからの失点とかがあったので隙を見せないようにしてパスを回していって相手にボールを取られない事と守備から流れを変えていく事もいいかもしれません。日本が勝利するとは思いますがおそらくは苦戦はするかもしれないかと思います。(50代男性)

W杯本選に向けてどのように戦っていくか

この試合の見どころは、W杯本選に向けてどのように戦っていくのかと言う所だと思います。特に相手と戦うと言うよりも自分達との戦いでポジション争いなどが注目されるべき所です。今まで出れなかった選手が、アピールするチャンスを見ていくのが見どころだと思います。そして監督の采配にも注目するべき所だと思います。特にこの試合に勝つだけでは無くて、色んな戦術を試しながらW杯本選に向けての試合になると思われるので、試合結果よりも試合内容に注目するべき所が見どころだと思います。

守備陣をいかに立て直すかが勝敗の分かれ目

初戦のUAE戦を辛くも勝った大岩ジャパンだが内容的にはかなり厳しいものであった。特にこの世代の守備の要である西尾をケガで欠いているのが大きく響いている。サウジアラビア戦は守備陣をいかに立て直すかが勝敗の分かれ目になる。逆に攻撃陣に関してはすでにJリーグでレギュラーとして結果を残している細谷や鈴木唯らが躍動し決定力の高さを見せつけた。この試合でも攻撃陣には期待できる。相手は2歳年上だが3月にも勝ちを収めており、日本らしいコンパクトな守備と実績のある攻撃陣がかみ合えば決勝トーナメントが見えてくる。(50代男性)

ワールドカップに向けて立て直す時期

日本はワールドカップに向けて全体的な体制をきちんと立て直す時期に来ていると思います。強敵サウジアラビアとの対戦の中で、そのテストケースとして何かの手ごたえをつかんでもらうゲームになるかどうかがみどころだと感じています。フォワードは決定力が不足していて、バックの体制もどうしても脆弱で、よくここまで勝ってきたと思わせるような日本が、監督の采配も込みで力強い日本チームになれるかです。個人的には田中碧がもっと活躍してくれると信じています。(40代男性)

実力は同レベル!代表だというプレイを見たい

お互いに、ワールドカップ出場予定選手の実力を、フルに見せてほしいです。サッカー日本代表と、サウジアラビア代表は、実力が同レベルです。そのため、ワールドカップで使用予定の選手の連携など、様々なことを試すことができそうな試合です。これまで、代表の試合に、出すことができなかった代表予定選手も、この試合なら出しやすいかもしれません。ワールドカップ開催が、迫るなかで、代表予定選手の、レギュラー争いも激しくなっています。この試合で、俺が代表だというプレイを、見せてほしいです。(20代男性)

どちらが勝つかの問題ではなくワールドカップで闘えるか

今日の見どころは、どちらのチームが勝つとか日本チームが初めてブラジルに勝利するとかを見るのではなく、日本チームが今年のワールドカップに出場して、十分に戦えるチームなのかどうかを見極める戦いであると思っています。もちろんブラジルの有名選手の活躍も見たいと思うが、逆にどのようにして日本チームが防御できる術を持ち合わせているのかに注目したい(相手を怖がって、デフェンス一辺倒になった場合は1回戦の予選突破は見込めない)。個人的には三苫、南田、久保を注目したい。(60代男性)

鈴木選手と細谷選手の活躍

AFC U23アジアカップ ウズベキスタン2022は、23歳以下のアジアNo.1を決める大会となっている。日本はパリ2024出場を目指すU-21日本代表が参加。オリンピックの男子サッカーは原則23歳以下の選手に出場資格があるため、この年代の強化を優先することになった。グループステージ初戦でアラブとの試合では鈴木選手と細谷選手の活躍が目をひいたが、相手も初戦勝利で勢いがあり、日本が有利と思われるのは、3月に開催のドバイカップU-23で同じ対戦があり、勝利していることは非常に大きいと思われる。(50代男性)

いかに守りきれるか?!

ワールドカップアジア最終予選の第8戦として、さいたま市の埼玉スタジアムでサウジアラビアと対戦し2対0で、前回は勝ちました。今回のみどころは、いかに守りきれるかで、ゴールキーパー権田修一さんにかかっているのは言うまでもありません。11番の久保建英さんに21番の堂安律さん、7番の柴崎岳さん/8番の原口元気さんなど相当たる、若手メンバーがベンチ入りになっているため、どの辺で交代して、メンバーを出すかみどころです。ブラジルには惜しくも、1-0で負けてしまったので、今回はせめて1点は入れて欲しいです。(30代女性)

山本理仁選手の動きを要チェックしたい

強豪国であり優勝候補でもあるサウジアラビアとの決戦であることから、日本としても勝ちを取りたい試合であることは当然ながらもそう容易いものではないの一戦。前回の対戦時は勝ちを収めたものの、一点の先取点で決まったことにも選手たちが留意している様子。今回も先取点は必ず取りに行くこと、そして点差を少しでも広げて勝てるように、攻撃的にいくのではないかという所にも注目しています。前回の対戦でフル出場した山本理仁選手の動きを要チェックしたいですね!(30代女性)

1つ上の世代を相手にどこまで通用するか

グループ最大のライバルとの一戦、内容より結果が重視されるとはいえ、1つ上の世代を相手にどこまで通用するかが見どころです。特に1戦目で不安定さを示したチェイスアンリをはじめとしたディフェンス陣の立て直しに期待します。若い選手は国際舞台で一気に跳ねることも往々にしてあるので、成長に立ち会えることを期待します。選手個人では、1戦目で自分がチームの核であることを示したチマ選手のリーダーシップに要注目です。(20代男性)

日本vsサウジアラビア戦見逃し配信まとめ

2022年6月6日月22時キックオフの「日本vsサウジアラビア戦」ですが地上波放送はありません。見逃し配信は動画配信サービスDAZNで独占見放題配信となっています!

\独占見放題/

DAZN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA