【公式見逃し】スナックキズツキ見逃し1話動画無料フル!再放送情報も!

原田知世さん主演のドラマ「スナックキズツキ」。見逃してしまったという方に1話から最終回まで見逃し配信している動画サービスを紹介します。

\今なら4週間無料/

無料でお試paravi

 

スナックキズツキ公式情報

公式サイト 公式サイト
ウィキペディア ウィキペディア
キャスト情報 原田知世/浜野謙太/成海璃子/平岩紙/塚地武雅/小関裕太
関連 Twitter/インスタグラム

スナックキズツキ見逃し配信サービス

動画サービス 見逃し配信状況
Tver

paravi

ドラマ「スナックキズツキ」はparaviで見逃し配信されています!

月額1017円ですが初回2週間無料でお試しできます!

\今なら4週間無料/

無料でお試paravi

\今なら4週間無料/

無料でお試paravi

さらに以下作品もすべて見放題です!

原田知世出演

・三つの月

・不発弾~ブラックマネーを操る男~

・海に降る

\今なら4週間無料/

無料でお試paravi

Tver

ドラマ「スナックキズツキ」はTverで期間限定見逃し配信されています。

・Tverは期間限定で見逃し配信しています。

無料でお試Tver

さらに以下作品も見逃し配信中

無料でお試Tver

スナックキズツキ再放送情報

スナックキズツキ」は、現在再放送の予定はありません。

Yahoo!番組表
テレビ東京番組表

スナックキズツキ動画あらすじ

1話動画ネタバレ

疲れた。帰りたくない。中田優美(成海璃子)が路地裏にひっそりたたずむ「スナックキズツキ」を見つける。ここにはお酒がおいてない。

ドアを開けるとそこには店主トウコ(原田知世)が出迎えてくれた。トウコは「うちにはお酒はないよ。私が飲めないから」というのだった。

中田優美はソイラテのホットを頼んだ。ぐるりと店内を見るとスナックというよりは落ち着くレトロな喫茶店という感じだ。

中田のキズツキ。今日はクレームの電話を受けたことで傷ついていた。安達よしみ(平岩紙)からテーブルががたつくというクレームだ。

早速中田は返品交換の手続きをするがその商品はなんと在庫が切れていた。それを聞いた安達はブチ切れ上司を出せという。

そしてもういい!と電話口で切られてしまった。しかし今日は金曜日、彼氏・瀧井潤(小関裕太)に会える日。と気持ちは晴れるが潤は上司から仕事を頼まれてしまった。

居酒屋で待ち合わせをしていた中田、先についたのでお腹が減り皿うどんを頼む。遅れてきた潤はあんまり空いてないというのだった。

トウコがおまたせといい、ソイラテを出してくれた。美味しかった。実は5年経営してるという。さらにドライカレーも美味しいとトウコ。

中田がカレーを食べ終わるとトウコはマイクを渡した。そしてトウコはギター。「適当に歌って。いまのあんたの気持ち」

戸惑う中田だがマイクを手にしてうたった。

2話動画ネタバレ

スナックキズツキ、2話のお客さんは、クレーム電話をした安達(平岩紙)さんです。

安達は総菜屋で働いていたが同僚に言いたいことを言えずストレスが溜まっていた。

溜まったストレスをコールセンターに電話して発散していた。

今日も通販で買ったテーブルがガタガタしていてイライラする安達。

そのクレーム電話を受けたのはこないだスナックキズツキにやってきた中田さんだった。

今日も安達は総菜屋で働くがそこに総菜を買いに来るお客中島(西田尚美)がやってくる。

鯖の唐揚げについてクレームを言う彼女。

他のお客さんからもクレームを受けてて安達は疲れていた。

そしてクレーム電話をしてしまう、そういう自分にまた傷ついていた。

そんな安達がやってきたのはスナックキズツキ。

トウコはラッシーとミネストローネを出した。

トウコはその後潰れかけたお店でピアノを弾くというフレーズの曲を歌いながらピアノを弾く。

そんな彼女を見て安達は自分も愚痴を歌にする。

気持ちを吐き出し楽になった安達、実は一番自分が傷ついていたことに気づく。

トウコに癒された安達は自分らしさを取り戻していく。

3話動画あらすじ

4話動画ネタバレ

友人に誘われた潤は
彼女の中田(成海璃子)にはそっけなく、上司の佐藤(塚地武雅)にもちょっと生意気で、リア充男子と思われている瀧井潤(小関裕太)もまた、傷ついていた。
ある日、潤は高校の同級生の誘いで、BBQに行くことになった。同級生が通うダイビングスクールの社長が主催するその会場は、広々としたテラスに高級な料理やお酒がならぶ様子に潤は驚いてしまう。紹介される人たちはお金持ちばかりで、その場にいることを場違いだと感じた潤。そんな時、潤の兄・和也(八嶋智人)から連絡をもらい、自宅の食卓風景を懐かしむように思い返していた。
疲れた潤を迎えたのは
疲れながら帰路に着く潤は、小石を蹴り飛ばし看板を壊してしまう。壊れた看板のお店は「スナック キズツキ」。潤は謝罪するため店内に入るも、店主・トウコ(原田知世)は話を遮り店内の電球を交換するようお願いする。交換を終えた潤が店内のメニューを目にすると、「BBQに行ったのに食べた気がしない」と疲れた様子をトウコに見せる。そんな潤にコーヒーを提供し、「お金持ちでいることの最大の利点とはなんだと思う?」と唐突に質問するトウコ。村上春樹の小説「ノルウェイの森」の一節から引用したその問いに、「お金がないって言えることなのよ」と続けてトウコは説明する。
潤は高校時代に美大を目指していたが、お金がないため普通の大学に入ることを選択していた。そんなことを思い出していると、トウコは朗読を始めようと潤に一冊の本を渡す。その本には何も書いてなく、創作で朗読するよう潤に勧める。
詩の朗読をはじめる2人
トウコは思いつきから“ウミウシ“を物語の主人公にし、「ウミウシは思った…」と朗読を始める。最初は戸惑いながらも、潤は“ウミウシ”を自身の状況に置き換え、その日の出来事や感じたことを読み上げていった。2人が読み上げる詩の一つひとつが、潤の思い出と繋がっており、何が選択できたのかを知らなかった高校時代を、後悔するように振り返っていた。
朗読を終え、何か食べるかと聞くトウコに、だし巻き玉子が食べたいという潤。だし巻き玉子を一口食べた潤は、高校時代に食べた母のお弁当と当時の温かい雰囲気を思い出し、心を解きほぐしていく。
お店を出ようとする潤に、「ホタテは言った」と発したトウコ。「逃げることもできたのに、あんたは店に入ってきた」と、謝罪することを“選択”していた潤に、笑顔を送るトウコであった。

5話動画あらすじ

今回スナックキズツキを訪れるのはコンビニ店員富田(徳永えり)。転職活動もプライベートも上手く行かない。

6話動画あらすじ

今回スナックキズツキに訪れたのは主婦の中島(西田尚美)、タワーマンションに住み、息子は京大に合格と誰もがうらやむ生活だった。しかし彼女は傷ついていた。

7話動画あらすじ

8話動画ネタバレ

もやもやが溜まる裕子

香保(西田尚美)は偶然、同級生の南裕子(堀内敬子)と久しぶりに再会する。そんな彼女も傷ついている。

言うことを聞かない子供たちは勉強にもやる気がない。つい香保の出来のいい子供と自分の子供を比べてしまう。

ヘルパーの仕事でも利用者から洗剤を使いすぎるななど細かいことを言われ、モヤモヤが溜まってしまう。

そんな時、裕子はスナック・キズツキを初めて訪れる。店主・トウコ(原田知世)に丁寧にアイスコーヒーを淹れてもらいながらつい愚痴を漏らしてしまう。トウコの作ったシュークリームを食べて今日は良い一日だったと言いながら裕子は涙を流してしまった。

 

今回のおもてなしはタップダンス

食後、急にトウコに靴のサイズを聞かれる裕子。突然、タップシューズを差し出されトウコと一緒にタップダンスをすることになってしまった。

初めてのタップダンスに裕子は感動する。音楽がかかり見よう見まねで裕子は踊る。「感謝の言葉が欲しくてやってるわけじゃないけど、誰かわかってくれてもいいのに」と地団駄を踏みたくなる気持ちがタップダンスをすることでストレス解消になったのだった。

 

モヤモヤが晴れて…

すっきりした顔で帰ってきた裕子は、お腹空いたという芽衣の話も聞かず「疲れたので寝る」と言って部屋に戻っていった。

タップダンスで吹っ切れた裕子は自分の気持ちを素直にぶつけられるようになっていた。

そして、裕子の長女・芽衣17歳もまた傷ついているのだった。

9話動画ネタバレ

芽衣のキズツキ

裕子の娘で芽衣(吉柳咲良)、彼女もまた傷付いていた。17歳の芽衣は、みんなと同じように大学に進学するべきか悩んでいた。しかし、芽衣にはパティシエになるという夢があった。ケーキ屋の前で中をのぞいていると偶然、片想い中の佐伯(島村龍乃介)にばったり出会う。佐伯は芽衣にケーキを選んでほしいと二人でケーキ屋に入る。その帰り道、佐伯と将来のことを語りあう芽衣は佐伯の夢が美容師だと知る。髪を切ってもらう約束をして二人の距離が少しだけ近くなったと思ったとき、佐伯の携帯に彼女から連絡が入る。先ほど選んだケーキも彼女への誕生日プレゼントだったと知り、傷つく芽衣。

 

キズツキを訪れ…

その帰り、雨宿りでキズツキを訪れる。トウコ(原田知世)からスマホの使い方を聞かれ、お礼にとホットサンドを出された。

佐伯のことを考えながらホットサンドを食べると涙がこぼれてきた。

食べ終わると、トウコから携帯の高速入力が見たいと言われ、今の自分の正直な気持ちを打ってほしいと言われる。芽衣の入力した文章は「あたしってなに?」だった。

将来のことばかり大人に言われ、今を大切にしたい芽衣は「今ここにいる私って、価値がないってことなのかな」とトウコに相談する。

トウコから叶った夢も離れないようにする努力をしないといけないと経験談を言われ、大人になっても傷つくことは必要だと芽衣は気づくか、今の自分を将来もずっと忘れたくないと言う気持ちをトウコは肯定してくれた。

その方法として、トウコは高校の制服のまま土砂降りの中に出てみれば?と提案する。

思い切って飛び出した芽衣はびしょ濡れになりながら学校での出来事や片思いのこと、将来のことなどを考えていた。

 

為せば成る

芽衣は家でパティシエの専門学校について調べていた。そんな時、帰ってきた裕子が疲れたので寝る宣言をして部屋に戻っていた。晩御飯は冷蔵庫にある食材を使えば「為せば成る」とだけ言っていなくなった裕子の言葉がなぜかしっくりくる芽衣。

さっそく、冷蔵庫にある食材を使ってチョコとバナナのホットサンドを作ってみた。裕子に食べてもらいながら、裕子にパティシエの夢を打ち明ける。裕子もその夢を聞いて応援してくれるのだった。

10話動画ネタバレ

11話ネタバレ

こぐま屋のキズツキ

お酒の配達にいつも来ているこぐま屋・上田(浜野謙太)。お調子者で明るい彼はキズツキとは無縁のように見えるが、彼もまた傷付いていた。

 

お笑い芸人志望の上田

お笑い芸人を目指している彼は相方からコンビ解消を突然告げられる。ショックのあまり配達のバイトもミスしてしまい仕事に身が入らない。実家からやってきた母親にいいところを見せようとするが逆に仕送りをもらってしまう。

芸人の養成学校でもコンビが解消になり突然することになったピンネタは全くウケず、ショックを受けた上田はスナック・キズツキに客として訪れる。

注文したクリームソーダを待ちながら、上田はネタ見せでの出来事を思い出していた。

ピンでやると言っていた元相方が新しい相方と一緒にコンビでネタをやっているのを見てしまい、さらにそのネタが自分たちより受けていたことにショックを受けたのだった。

クリームソーダができて、久しぶりに飲んだおいしさに感動しながらトウコ(原田知世)に自分の夢について語る上田。

ネタ見せ後、元相方を呼び出した上田は前々から気を使われていたことを知る。

さらに、面白くないとも言われてしまう。

夢を見続けるのはしんどいな、と上田は愚痴をもらす。すると、トウコが「やってみる?漫才」と言いマイクを出してきたのだった。

本物の舞台マイクを出してきたトウコに驚きながらも即興で漫才をはじめるトウコの姿を見て、上田も漫才に参加する。上田のコンビ結成までについて漫才で話しながら今までのことを吐き出し、上田はすっきりして帰っていく。

帰り際、トウコにコンビを組まないかと提案するが、「なんでやねん」と返されるが、さらに「いいネタ出来たらね」と乗り気の回答に笑顔で上田は帰っていった。

 

トウコのキズツキ

トウコは昔の夢・漫画家について思い出していた。様々な人の傷に向き合っていたトウコも昔、傷付いていたのだった。

ある日、珍しくキズツキはお休みを取る。

12話ネタバレ

実家に帰るトウコ

スナックキズツキには珍しく「本日休みます。」の張り紙があった。店主トウコ(原田知世)は法事で実家に帰っていた。実家の「キッチンまかべ」には亡き父との思い出と漫画家を志していた自分の思い出が詰まっていた。

 

最後のお客さんはトウコ自身

母から郵便物を受け取る。送り主は漫画家時代にお世話になった編集担当から退職のお知らせだった。漫画家を辞めてからも担当が自分を気にかけてくれていたこと知るトウコ。

そこに、ミチルという少女が現れる。親の帰りが遅いミチルは小学校が終わると「キッチンまかべ」に現れ、トウコの漫画を読んでいるトウコの漫画のファンのようだった。

他にも漫画はないのかとせがまれ、トウコは困る。

その夜、トウコは母に謝る。漫画家を辞め、父が亡くなってから実家に帰るつもりだったトウコは突然スナックを始めたのだった。

偶然、空き店舗になっているスナックを見つけて突発的に借りることにしたトウコ。

実家から帰ってきたトウコはスナックキズツキを眺めながら昔を思い出しているとこぐま屋(浜野謙太)が現れる。こぐま屋にオムライスを振舞いながら、東京に出る自分をオムライスを作って応援してくれた父を思い出すトウコ。

こぐま屋は駅から離れたこのスナックになぜこんなに客が入るのかがなんとなくわかった気がした。満たされた気分になり、突然歌いたいとトウコを誘う。こぐま屋のギターに合わせてトウコはマイクを持って歌う。即興の歌詞は傷ついた人を癒すスナックキヅツキのテーマソングだった。

 

スナックキズツキは今日も営業中

トウコは一人、スナックを見回していた。実家の「キッチンまかべ」に似ていると気付いたトウコは久しぶりに漫画セットを取り出す。原稿用紙に書いていたのはスナックキヅツキの看板だった。トウコはまた漫画を描き始める決意ができたのだった。

スナックキズツキキャスト情報

トウコ(原田知世)

「スナック キズツキ」のママ。

原田知世

1967年11月28日、長崎県出身。

映画デビュー作の『時をかける少女』では日本アカデミー賞ほか各映画賞の新人賞を受賞(1983年)。歌手としても『時をかける少女』などの映画主題歌を歌う。

出演作品

時をかける少女

私をスキーに連れてって

彼女が水着にきがえたら

結婚

傷だらけの天使

スペインからの手紙

紙屋悦子の青春

大停電の夜に

ペコロスの母に会いに行く

しあわせのパン

あいあい傘

となり町戦争

あなたの番です

セーラー服と機関銃

末っ子長男姉三人

デッサン

演技者。

おひさま

半分、青い

三つの月

海に降る

運命に、似た恋

星の子

不発弾〜ブラックマネーを操る男〜

スナックキズツキ動画期待する見どころ

ドラマ「スナックキズツキ」見どころをまとめました。

原田知世がスナックのママをどう演じるか

原田知世さんがスナックのママを演じるということですごく期待しています。見た目もスナックのママという役がハマると思うのでどれだけ役にハマるかに注目しています。普通のスナックと違ってお酒の提供などがないスナックとして傷ついた人たちの話を聞いて心を癒すスナックという設定もいいですね。あくまでそういう設定なのでしょうが、お酒がないって聞いただけで穏やかな雰囲気でドラマが進んでいくと思うので穏やかな気持ちで見れると思います。

温かいヒューマンドラマに期待!

益田ミリさんの漫画が原作なので、温かいヒューマンドラマに期待します。スナック「キズツキ」のママは原田知世さんが演じるトウコです。アルコールを置いていないこの店では、温かい飲み物と美味しい料理が出されます。お客は、歌ったり、ママに話を聞いてもらって、ため込んだキズを癒すのです。原田さんは、人を温かい気持ちにさせる役がとても合うと思います。きっと、お客のような気持ちになって、トウコに癒されぐっする眠ることができると期待します。

毎回訪れるお客の傷に共感を感じられる

現代のストレス社会で様々に傷を抱えた人がたどり着くスナックが舞台のようで、毎回訪れるお客の傷に共感を感じられると感じました。また、お酒を置いていないということから、お酒で忘れるという一時的なものでなく、立ち直れる助言をくれる場所なのだと感じ、どんな助言から希望を与えられるのか期待が高まりました。主人公である店主・トウコの思いもよらぬ方法で傷を吹き飛ばしてくれるという不思議な魅力を演じる原田知世さんがどう表現してくれるのかという点も見どころだと感じ、期待している作品です。

小さなスナックに集まる色々な人の人生模様、悩み、悲しみ、喜び、怒りなど、人には見えない部分に色んな想いをもっていてそういった人間臭いものを見れるのを期待しています。そしてその色々な人の人生にどんな風に、寄り添っていくのか、日々小さな世界で生きている自分に、新たな刺激、考え、世の中にはもっと、大なり小なり、色々な世界があることを、ドラマを通して見れて、自分の日々の人生に何らかのヒントがもらえたらいいなと、期待しています。

現実に生きる視聴者の心にしっくりとくるドラマ

このところお気に入りになるドラマは、ほぼテレ東の作品です。キー局では避けてしまいがちなダークな内容や、リアルな物語が描かれることが多いので、現実に生きる視聴者の心にしっくりとくるのではないかと感じています。いつも次のクールはどんな作品だろうと楽しみにしていますが、なんと満を持して原田知世さんが主演とのこと!スナックのママいう、今までの知世さんのイメージとはちょっと違う役どころもワクワクさせられますね。「本当にこんなお店があったらいいな」と、思わせてくれるスナックが登場するのではないでしょうか。

益田ミリさん原作の「スナックキヅツキ」が実写化されるのが嬉しい!

傷ついた人しか辿りつけない「スナックキヅツキ」にどんな傷を負った人がやって来るのか気になります。そんなスナックのママのトウコをどんなふうに原田知世さんが演じてくれるのかが1番の見どころです。読んだらクスっと笑えて、疲れた心が元気になる益田ミリさん原作の「スナックキヅツキ」が、まさか実写化されるのが嬉しくてたまりません。日常の生活で普段は中々吐き出せない不満を「スナックキヅツキ」で吐き出して晴れやかに店を出る姿に、きっと自分の心も晴れやかになりそうで楽しみです。

益田ミリの漫画が原作ということで、もう期待しかない。スナックなのにアルコールはメニューになく、傷ついた人を美味しい料理や温かい飲み物でおもてなしする、というところに、喫茶点ではなくスナックなのだなと思った。ママのトウコさんの優しい雰囲気と原田知世のほんわかとした雰囲気がマッチして、他人の傷ついたエピソードを聞きながら、自分の心の傷も癒やされる、そんな時間になるのではないかと思う。未来にキラキラした希望は持てなくても、とりあえず明日頑張って生きようと思えるために観たいドラマ。

原作は益田ミリさんで、「僕の姉ちゃん」もドラマ化されていた漫画家さん。登場人物の感情や、人柄の良さが充分に引き出されるようなストーリーが多いので、今回のこのドラマも期待をしています。スナックのママを演じられる原田知世さんは雰囲気から穏やかで、周りの人たちを優しさで包み込んでくれるような温かい印象があります。スナックのママとして、スナックに訪れる人々の悩みをどのようにアドバイスし解決していくのか、とても気になります。

テレビ東京で初主演の原田知世さんに注目!

今までと一味違う癒しのドラマに注目です。テレビ東京で初出演、初主演ということで、原田知世の久しぶりのお目見えに期待が高まります。確かに人は傷ついたり、傷つけたりして生きています。そんな傷ついた人がホッとする”スナックキズツキ“で原田がどんな対応をしてくれるか見ものです。昔からスナックのママというのはサラリーマンにとっては癒しの存在でした。疲れた体と頭を原田はどんな風にしてスッキリさわやかにするのでしょう。

原作の絵柄の温かみ、アルコール以外はだいたいあるもののアルコールは出さないというスナックという特殊な設定、その風変わりさをどのように演出するのか楽しみです。原田知世さんはテレビ東京初出演かつ初主演ということで、テレ東ではよく見られる少し変わったドラマの中でどのように演じられるかわくわくしますし、共演の方々がどのような方で、どのような雰囲気を更に加えてくださるか、放送まで楽しみに待っていたいと思います。

ほっと一息つかせてくれる主人公に原田知世さんがぴったり!

心の傷を癒してくれてほっと一息つかせてくれる、そんなスナックのママ・トウコを原田知世が演じるというのはピッタリだなと感じました。如何にもおだやかで人の話を丁寧に聞いてくれそうな原田知世をキャスティングしたのはセンスがあるよなと評価しました。スナックなのにお酒を出さないというのも斬新です。トウコの人柄、温かい飲み物、美味しい料理、そして歌ったりすることで日頃のストレスを発散させるお客さんの心の満たし具合に注目しながら見るドラマなんだなと感じました。

このドラマでは、原田知世さんの活躍があり、演技力が見どころだと考えています。多くの人が傷つきながら、傷つけながら生きていることは、生活を送っていてよく気づくことなのではないかと思いました。なるべくお互いに傷つかない方が良いと考えられました。仕事や人間関係などで疲れてしまった夜に一息つく為に立ち寄れるお店があると良いなあと思いました。ドラマ自体が癒しのドラマであるので、最後まで飽きずに観ることができるドラマになることを期待しています。

トウコの過去についても気になる!

このドラマでは心に傷をおった人たちが訪れるスナックが舞台になっているので、人によって全然違うジャンルの悩みがあるんだと知れることが一番の見どころになるんじゃないかなと思います。そしてそんな彼らに対してママのトウコがどんなアドバイスをするのか気になりますし、相談した人のそのあとの姿が描かれるのかも気になります。おそらくトウコは人の相談にのれるくらい人生経験豊富だと思うので、トウコの過去について描かれることも期待できます。

アルコールがないスナックという設定が気になる

この作品の期待する見どころは、まず原田知世さんがスナックのママを演じる姿です。さらに、この作品では、舞台はスナックだけれど、そのスナックにはアルコールが置いてないというところに興味がわきますし、アルコールがないスナックとは一体どのような雰囲気なのか、店内の装飾など、出会ったことのないスナックに出会えそうで楽しみです。そして、このスナックではママが楽器を演奏されるので、原田さんの楽器を演奏する姿にも注目しながら観たいです。

スナックキズツキ動画まとめ

「スナックキズツキ」はparaviで配信中です!

初回2週間無料でお試しできます!

ぜひお試しください!

\今なら4週間無料/

無料でお試paravi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA