【公式見逃し配信】ラストシンデレラ動画1話フル無料視聴方法!

篠原涼子さんと三浦春馬さんのラブシーンが話題になったドラマ「ラストシンデレラ」。見逃してしまったという方に見逃し配信している動画サービスを紹介します。

\2週間無料/

無料でお試FOD

ドラマラストシンデレラ公式情報

公式サイト 公式サイト
ウィキペディア ウィキペディア
キャスト情報 篠原涼子/三浦春馬/藤木直人/大塚寧々/飯島直子/

ドラマラストシンデレラ見逃し配信状況

動画サービス 見逃し配信状況

 

FODプレミアム

ドラマ「ラストシンデレラ」の見逃し配信は動画配信サービスFODプレミアムで配信しています!

FODプレミアムは月額976円ですが初回2週間無料!!

無料期間に解約すればお金は一切かかりません!

\2週間無料/

無料でお試FOD

以下作品も見放題できます!!

\2週間無料/

無料でお試FOD

さらにキャストの作品もすべて見放題です!

篠原涼子主演

オトナ女子

・アンフェア

\2週間無料/

無料でお試FOD

ドラマラストシンデレラ再放送情報

ラストシンデレラですが再放送は現在行われていません。

ラストシンデレラ主題歌

ラストシンデレラ見逃しあらすじ

1話見逃しあらすじ

遠山桜(篠原涼子)は、美容室『HAPPY-GO-LUCKY』吉祥寺店の副店長を務める39歳の独身女性。スタイリストとしての腕は確かだが、自分のことになると無頓着な桜は、ある朝、あごにヒゲが生えているのを発見し、ショックを受ける。同じ日、銀座本店の店長で、桜とは同期入社の立花凛太郎(藤木直人)が吉祥寺店の新店長に就任する。毒舌のマイペース男・凛太郎とはウマが合わない桜は、本社社長の萩原寿男(風間トオル)に直談判した。が、不満があるなら辞めろと言われてしまう。そんなある日、桜はふたりの親友、専業主婦で夫・公平(遠藤章造)とのセックスレスに悩んでいる武内美樹(大塚寧々)、バツイチのスポーツジムインストラクターで肉食系の長谷川志麻(飯島直子)と健康ランドへ行く。3人がエステルームに入ると、担当者が、桜のあごの絆創膏に気づく。桜がヒゲを抜いたときにできた傷だと明かすと、その担当者は、過労やストレスなどから体が男性化する“オス化女子”がいると説明する。別の日、凛太郎の顧客で、桜とも知り合いの大神千代子(菜々緒)が来店する。千代子の紹介で、合コンパーティーに参加することになった桜は、美樹、志麻を誘ってパーティーに参加する。が、誰にも相手にされず、ひとりで浴びるように酒を飲んだ桜は、酔いが回りロビーへと出てくる。そこで桜は、プロのBMXライダー・佐伯広斗(三浦春馬)に出会い・・・。

2話見逃しあらすじ

合コンパーティーに参加した桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)とホテルに泊る。が、泥酔していた桜は、その夜のことを何も覚えていなかった。
あくる朝、帰宅した桜は、隣室で引っ越し作業が行われていることを知る。何と、引っ越してきたのは凛太郎(藤木直人)だった。そんな桜のもとに、広斗から連絡が入った。交際を申し込む広斗に、嬉しいが年齢も違うから無理だ、と答える桜。
別の日、桜は美樹(大塚寧々)とともに志麻(飯島直子)が勤めるスポーツジムで汗を流す。3人で、桜がホテルに泊まった話で盛り上がっていると、志麻の携帯が鳴った。相手は、美樹の夫・公平(遠藤章造)だった。
広斗は、桜から交際を断られてもめげずにメールを送り続けていた。少しずつ気持ちを動かされていた桜は、勤務中もついメールが気になってしまう。それに気づいていた凛太郎は、仕事に集中しろ、と桜に活を入れる。
仕事を終えた桜と凛太郎が店を出ると、そこに広斗が立っていた。会いたくて来た、と言う広斗に、桜は一杯だけという約束でバーに付き合う。が、桜は、広斗の友人から姉に間違われ、居心地が悪くなる。それを察した広斗は、桜を外へ連れ出した。桜はそんな広斗にいきなり頭を下げ、自分はもうすぐ40歳だと明かし、母親に間違われたら立ち直れないところだった、と言ってその場から走り去ってしまう・・・。

3話見逃しあらすじ

桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)からキスをされたことですっかり恋愛モードに。志麻(飯島直子)、美樹(大塚寧々)とともにパン教室に参加した際も、2人の会話が耳に入らないほど広斗のことで頭がいっぱいの桜。志麻や美樹は、そんな桜の様子に呆れる。
一方、全店対抗のカットショー・イベントの開催が決まる。桜が勤める吉祥寺店からは、店長の凛太郎(藤木直人)が自ら出場するという。ある日、桜は広斗に仕事のことについて尋ねる。広斗は、BMXのプロライダーだと明かすと、今度練習を見に来て、と誘った。その際、広斗から、次のデートは桜の家で手料理が食べたい、とリクエストされた桜は、さっそく部屋の大掃除を開始。隣室の凛太郎にも掃除を手伝わせると『SOBARエンドウ』の店長・健一(橋本さとし)から料理を習い始める。美樹の夫・公平(遠藤章造)は、志麻が働くジムを訪れる。美樹から、5キロ痩せるまで通うよう命じられたのだという。困惑する志麻に、公平は、ある悩みを打ち明ける。イベント当日、凛太郎から会場には来るなと言われていた桜は、デートの前に広斗の練習を見に行こうと家を出る。その途中、保育園児たちの近くでタバコを吸う若い女・桃(市川由衣)を目撃した桜は、火を消すよう注意し、言い合いになる。同じころ、凛太郎に、あるトラブルが・・・。

4話見逃しあらすじ

生理が遅れていた桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)の子を妊娠しているかもしれないと思い、妊娠検査薬を買いに行く。その帰り、マンションの近くで凛太郎(藤木直人)に出会った桜は、妊娠検査薬を見られてしまい、事情を打ち明ける。しかし桜は、結果を受け止める覚悟ができず、検査薬を使えずにいた。『HAPPY-GO-LUCKY』吉祥寺店のスタッフたちは、温泉旅行に行くことに。凛太郎がカットショーで優勝して得た副賞だった。が、旅行当日、熱を出した桜は、凛太郎から参加を止められる。凛太郎は、桜を病院へ送り届けてから現地へと向かったものの、桜のことが気になって仕方ない。一方、志麻(飯島直子)のスポーツクラブに通い始めた公平(遠藤章造)は、レッスン終了後、志麻と会っていた。公平の妻・美樹(大塚寧々)は、帰宅した公平の靴下が裏返しになっていることに気づく。

それを指摘されると慌てふためく公平に、美樹は疑いのまなざしを向けていた。旅行から戻った凛太郎は、桜の部屋を訪ねる。すっかり元気になった桜は、凛太郎を部屋へ引っ張り込み、妊娠検査をするのを見届けてほしい、と頼む。そんな折、久しぶりに広斗に会った桜は、熱を出して温泉旅行に行けなかったことを報告する。凛太郎が桜を病院に連れて行ったことを知った広斗は、自分は本気なのだから凛太郎と仲良くするのは止めてほしい、と怒りをあらわにし・・・。

5話見逃しあらすじ

桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)が待ち合わせに来なかったことに落ち込み、失意のまま自宅へ戻る。すると、マンション前に人影があった。広斗かと思いきや、博多に暮らす弟の聡(大林健二)と彼女の理恵(小松彩夏)だった。2人は桜の母親に結婚を反対されたため駆け落ちしてきたという。桜があきれながら聡の話を聞いていると、広斗が訪ねてくる。どうしても抜けられない用事があった、と謝る広斗に年はいくつか、桜のどこに惚れたのか、などと聡が質問攻めにする。姉思いの聡は、苦労してきた桜には誰よりも幸せになって欲しいと願っているのだ。そんな聡は、博多に戻らない覚悟で仕事を探すが、30歳という年齢がネックなのか、なかなか見つからない。同じ頃、志麻(飯島直子)はジムの男性会員と約束したホテルへやってくる。が、部屋へ入ろうとしたところで、公平(遠藤章造)に出くわす。公平はそのまま志麻をホテルの外まで連れ出し、好きでもない相手と体だけの関係を続けるのは止めたほうがいいと忠告する。そんなふたりの様子を偶然通りかかった桜が目撃。ただならぬ雰囲気にショックを受けた桜は、凛太郎(藤木直人)に遠回しに話してしまう。
広斗が出場するBMXの大会が開かれることになり、桜は広斗のために神社にお守りをもらいに行く。そして数日後、桜は志麻、美樹(大塚寧々)らとともに大会会場へ。トイレへ行こうとした桜が、選手控室の近くを通ると、数人の男が1人を囲み殴る蹴るの暴行を加えていた。桜が駆け寄ってみると・・・。

6話見逃しあらすじ

桜(篠原涼子)は、凛太郎(藤木直人)に頼まれ、恋人として凛太郎の母・光子(前田美波里)に会うことになった。一夜漬けでマナーを学び、凛太郎が用意した女性らしい服や靴を試着し、準備を整える桜だったが・・・。
同じ頃、パートを始めようと考えた美樹(大塚寧々)は、面接に臨むが、なかなか仕事が決まらない。美樹は公平(遠藤章造)にグチを言うが、公平は考えが甘いと取り合わない。そんな美樹を元気づけようと、志麻(飯島直子)の案内で、桜と美樹はホストクラブへ行く。楽しむ志麻を尻目に、桜と美樹は落ち着かない。テーブルに将臣(山本裕典)というホストがやってくるが、居心地の悪くなった美樹は帰ろうと席を立ってしまう。将臣は、美樹が気づかずに落としていった履歴書を手に取った。その夜、凛太郎が「SOBAR」にいると、広斗(三浦春馬)が来てカウンターに座った。そこで凛太郎が、大神という広斗の本名について話を振った。さらに、大神千代子(菜々緒)との関係を聞き、広斗が答えると、そのことを桜は知っているのかと迫る。そこへホストクラブ帰りの桜がやってくる。広斗と合流し仲よさげに楽しむふたり。凛太郎はその様子を気にしつつ店を出る。
後日、桜が凛太郎と母・光子との待ち合わせ場所にやってくる。ファッションもヘアメイクも決まり、さっそうと振る舞う桜に凛太郎は思わず見とれる。が、いきなりストッキングが伝線していることを凛太郎の母・光子に指摘されてしまう。

7話見逃しあらすじ

桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)から衝撃の告白を受ける。一方の凛太郎(藤木直人)は、千代子(菜々緒)から自分では恋愛対象にはならないのかと迫られていた。
それぞれ、恋の悩みを抱えた桜と凛太郎。美容室のスタッフルームで話をするうちに思わずキスをしてしまう!?
同じ頃、美樹(大塚寧々)は、公平(遠藤章造)ら家族にパートが決まったと報告。しかし、ホストの将臣(山本裕典)の下で働くとはいえず、不動産会社の事務職だとウソをつく。勤務日初日、将臣の自宅マンションを訪ねた美樹は、パソコン上の将臣が持っている株式の値動きを見守っていてくれ、と頼まれる。
別の日、桜、志麻(飯島直子)、美樹はホテルで女子会を楽しんでいた。そこで美樹は、仕事が決まったことを報告し、2人はそれを祝福。すると、美樹は、実はこれまで自立している桜と志麻をうらやんでいたのだ、と告白した。やがて、女子会も終わり3人が帰ろうとしたとき、1人の男性が志麻に声をかけた。男性は、志麻の元夫だった。
そんなある日、桜が部屋で過ごしていると、公平から美樹が買い物に出たきり戻らないと連絡が入った。心配になった桜は、心当たりを探すが美樹の消息は知れず・・・。

 閉じる

8話見逃しあらすじ

桜(篠原涼子)は、元恋人・かすみが現れたことで動揺する凛太郎(藤木直人)を意外に思う。そんな夜「SOBAR」にいた桜と美樹(大塚寧々)は、健一(橋本さとし)から凛太郎とかすみの過去の話を聞いていた。するとそこへ、志麻(飯島直子)がやってくる。志麻に気づいた美樹は、席を立ってしまう。凛太郎の自宅で過ごしていたかすみは、仕事から戻った凛太郎を妻のように迎え入れる。別の男性と結婚したものの凛太郎が忘れられなかったと明かしたかすみは、凛太郎の背中を抱きしめ・・・。
翌日、広斗(三浦春馬)が客として「HAPPY-GO-LUCKY」にやってくる。桜がカットを担当し、楽しげにやりとりをするふたり。一方、凛太郎は集中力を欠き、スタッフからも不審がられる。同じ頃、公平(遠藤章造)と会った志麻は、美樹が未だ自宅に戻っていないことを知り責任を痛感する。そんな公平は腹部に違和感を覚え・・・。
カットを終えた広斗は、千代子(菜々緒)に就職活動用の服を選んでもらっていた。そんななか千代子は、かすみが現れて以降、凛太郎の様子がおかしいのだと言い、自分と凛太郎の邪魔をしたら許さないと怒りをあらわにする。
別の日、「HAPPY-GO-LUCKY」に差し入れを届けに来たかすみが店の外階段を降りていると、かすみを突き落とすかのように背後からスッと手が伸びる。そこに居合わせた桜は・・・。

9話見逃しあらすじ

桜(篠原涼子)は、志麻(飯島直子)や美樹(大塚寧々)とともに公平(遠藤章造)が運び込まれた病院へ駆けつけた。待合室では、節子(野川由美子)らが手術が終わるのを待っていた。自宅へ戻った桜は、手つかずのまま残されたピザを持って凛太郎(藤木直人)の部屋を訪ねる。ところが凛太郎は、一緒に食べようという桜の誘いを断りドアを閉めてしまう。
同じ頃、大神家では広斗(三浦春馬)、千代子(菜々緒)、瑠璃(筒井真理子)が重苦しい雰囲気のなか、隆志(名高達男)の帰宅を待っていた。やがて帰ってきた隆志は、広斗がいるのを見ると表情を一変させ、家から出ていけと命じる。
桜が自宅でひとりピザを食べていると広斗がやってきた。いつもと様子が違う広斗は、いきなり桜にキスをした。桜は戸惑うが、広斗はキスを止めようとせず、そのまま桜を抱きかかえベッドへ連れていく。その真剣な表情に、桜は広斗を受け入れる覚悟を決め・・・。
別の日の夜、凛太郎が帰宅すると、マンションの入口に千代子が立っていた。仕方なく千代子を部屋に招いた凛太郎がキッチンにいると、千代子は下着姿になっていた。慌てた凛太郎に背中の大きなやけどの痕を見せた千代子は、自分を抱いてくれと凛太郎に懇願する。
後日、桜は広斗のBMXの練習を見守っていた。やがて休憩時間になり、桜のところへ来た広斗は全国大会で優勝したら自分と結婚してほしいとプロポーズした。指輪まで差し出された桜は・・・。

10話見逃しあらすじ

桜(篠原涼子)は、志麻(飯島直子)や美樹(大塚寧々)とともに公平(遠藤章造)が運び込まれた病院へ駆けつけた。待合室では、節子(野川由美子)らが手術が終わるのを待っていた。自宅へ戻った桜は、手つかずのまま残されたピザを持って凛太郎(藤木直人)の部屋を訪ねる。ところが凛太郎は、一緒に食べようという桜の誘いを断りドアを閉めてしまう。
同じ頃、大神家では広斗(三浦春馬)、千代子(菜々緒)、瑠璃(筒井真理子)が重苦しい雰囲気のなか、隆志(名高達男)の帰宅を待っていた。やがて帰ってきた隆志は、広斗がいるのを見ると表情を一変させ、家から出ていけと命じる。
桜が自宅でひとりピザを食べていると広斗がやってきた。いつもと様子が違う広斗は、いきなり桜にキスをした。桜は戸惑うが、広斗はキスを止めようとせず、そのまま桜を抱きかかえベッドへ連れていく。その真剣な表情に、桜は広斗を受け入れる覚悟を決め・・・。
別の日の夜、凛太郎が帰宅すると、マンションの入口に千代子が立っていた。仕方なく千代子を部屋に招いた凛太郎がキッチンにいると、千代子は下着姿になっていた。慌てた凛太郎に背中の大きなやけどの痕を見せた千代子は、自分を抱いてくれと凛太郎に懇願する。
後日、桜は広斗のBMXの練習を見守っていた。やがて休憩時間になり、桜のところへ来た広斗は全国大会で優勝したら自分と結婚してほしいとプロポーズした。指輪まで差し出された桜は・・・。

11話見逃しあらすじ

美容室「HAPPY-GO-LUCKY」の支店をオープンさせるため、ニューヨークに行くことになった凛太郎(藤木直人)は、桜(篠原涼子)に一緒にニューヨークに来ないか?と誘う。その頃、広斗(三浦春馬)は、いよいよBMXの全国大会の日を迎えていた。一方、妻・美樹(大塚寧々)に改めてプロポーズした公平(遠藤章造)。2人は、本当に仲直りできるのか?志麻(飯島直子)は、お見合いで出会った公務員・卓(KEIJI)と幸せな結末を迎えることができるのか?千代子(菜々緒)の凛太郎への思いはどうなるのか?そして、広斗と凛太郎、2人の間で心が揺れる桜・・・。果たして、桜が最終的に選ぶのは、広斗なのか?凛太郎なのか?

ドラマラストシンデレラ動画視聴者感想

放送していた頃私は学生だったのですが、大人になってからの恋愛は年下男性に惹かれるんだと思ったりその年まで恋愛ができなくてもこんなにいい出会いがあったりするんだなとすごく大人になるのが楽しみになったドラマでした。その頃のわたしは彼氏もおらず年上の男性に憧れを持っていたので私の中では年上だった彼がかっこいいしかわいいで最高でした。すごく幸せな女性だなと思ったしハッピーエンドでとても印象的なドラマでした。

主演の篠原涼子さんも好きですが、相手役の三浦春馬さん、藤木直人さんと、メインのキャストが全員好きなドラマです。篠原さんが演じておられたさくらの、仕事はできるけど抜けている。恋愛から遠ざかっていて、小さなこと一つ一つにドキドキしているところが可愛かったです。時間を重ねていく中で、さくらがどんどん女性らしさを取り戻し、素直になって、三浦さん演じるヒロトと付き合い、一歩ずつ恋愛していくところが見所でした。ヒロトの家族関係の葛藤なども引き込まれました。ドラマの後ノベライズを買うほど大好きなドラマです。(30代女性)

15歳の年の差がある男女(女性が年上)の恋物語でしたが、生き生きとしている桜と年齢よりは落ち着いた雰囲気の広斗はとてもお似合いで、年齢差はあまり感じられませんでした。むしろ2人の恋がうまくいけばいいなと応援したくなったものです。桜の人柄のよさとそれを演じた篠原さんが持つ明るいキャラクターが、そう思わせてくれたのかもしれません。特に桜のコミカルな存在が、おそらく同年代の女性の心を鷲掴みにしたと思います。(40代女性)

篠原涼子さんがとてもキュートで可愛かったです。でもあの年齢でモテモテなんて現実ではあり得ないと思いました。それよりなんと言っても三浦春馬さんが素敵すぎてしぐさや振る舞いに毎回ドキドキしていました。篠原涼子さんと自分を置き換えて想像するのが楽しくて、最終的にはストーリーよりも三浦春馬さんを見たい一心で見ていた気がします。ラストは年下イケメンを選びハッピーエンドなのですが、やっぱりこの結末はドラマの世界だけだなぁと思ってしまいました。(40代女性)

篠原涼子さん演じる桜が女性を忘れてしまい、おっさん化してしまう、という役柄でしたが、ちょっとずぼらにしていてもやはり篠原さんはきれいでした。桜に迫っていく三浦春馬さん演じる広斗くんがめちゃくちゃセクシーでかっこよかったです。お店の店長である凛太郎さんとの三角関係になるところは王道の恋愛ドラマと言う感じで面白かったです。桜の友人の美樹と志麻さんも交えた女子トークもリアルで、女性特有のめんどくささも感じさせて共感ができました。恋愛だけではなく、仕事の悩みなども取り入れているところもよかったです。(40代女性)

大人になればなるほど恋愛って意外と難しいなと思いました。
近くにいるのに実らない恋や嘘で近づいてきた恋なのにそれがいつの間にか本当に好きになっていたり、不倫だったりと空回りしている恋が多くて学生のときとは違うハラハラ感が面白かったです。年上でも年下でも恋愛に年の差が関係ないっていうのを実感しました。
偽りでさくらに近づいてきたのに、いつの間にさくらのことが好きになっていて、必死になっている姿とかを見ていたら最初は全然応援できない恋だったのに、いつの間にか応援するようになってはまってしまいました。(20代女性)

何歳になっても恋はできると夢を持てるドラマ。ちょっとコメディ要素も入っていて面白かったです。毎週毎週ほんと楽しみで篠原涼子が三浦春馬と結ばれるのか、藤木直人と結ばれるのかハラハラドキドキ、キュンキュンしながら見ていました。三浦春馬のかっこいいセリフ、しぐさにもう毎回心臓がバクバクでした。私みたいなトキメキが足りなくてドキドキした人にはもってこいのドラマです。最後の結末が私にとってハッピーエンドで終わってくれて、すぐにもう1サイクル見直しました。(30代女性)

とても面白くて次が見たくなるドラマでした。おやじ女子の遠山桜(篠原涼子)さんが前向きに頑張ってる姿が可愛く微笑ましく、楽しく見れました。年をとって仕事や,恋に迷いや不安をかかえながらも前向きに奮闘する所も応援したくなりました。若くてイケメン年下男子、佐伯広斗役(三浦春馬)さんにも、キュンとしました。最初は遊びでも段々本気になっていくのも良かったです。その他藤木直人さんや飯島直子さんなど豪華なメンバーが取り巻きまだ見た事ない方でも、飽きずに最後まで見れると思います。(30代女性)

「ラストシンデレラ」では、篠原涼子さん演じる桜の活躍があり、とても面白いドラマでした。39歳オス化女子を演じていて、演技力が素晴らしかったです。39歳となると、「出産」「転職」などいろんなことにタイムリミットを感じてしまうと思いました。年齢を気にしないでバリバリと頑張ってほしいと思いながらドラマを観ることができました。桜が広斗に惹かれていくシーンが見どころだと思いました。笑えたり、楽しめるシーンがあるラブコメディドラマ好きの方にはおすすめできるドラマだと考えられました。(30代男性)

このドラマはとてもキュンとするところが良かったです。桜が恋愛に不器用なところが印象的です。どこかおじさんのようなところは、見ていて面白かったです。桜の飾らないところがいいなと感じました。そして佐伯の優しくて男前なところはかっこよかったです。桜にとても優しく接するところはドキドキしました。また佐伯の存在によって桜は女性らしくなっていくのが素敵です。見た目から話し方など、自分なりに意識していたのが伝わってきました。(20代女性)

篠原涼子さんはハケンの品格やアンフェアなどのドラマでかっこいい役を演じることが多かったですが、このドラマではちょっと違った篠原涼子さんの演技が見れます。他の出演者の三浦春馬さんや藤木直人さんの演技も素敵でした。篠原涼子がふたりのどっちとくっつくのかなどわくわくしながら見ていました。ギャグシーンなども入っていて笑えるところもポイントです。王道のラブストーリーなので、キュンキュンしたい人にはおすすめです。(20代女性)

再放送がされてたら今でも食いついて見てしまう、大好きなドラマ「ラストシンデレラ」。
篠原涼子さんに三浦春馬さん、藤木直人さんの3人のビジュアルが良い3人がメインで、そういう目の保養的にも楽しめるドラマです。
中でも三浦春馬さんの王子感にときめいた女性は多いと思いますが私もその一人です。当時は三浦春馬さんの設定年齢より自分の年齢が低くてドキドキしながら見てましたが、今ではだいぶ年上に…笑 それでも今度は年下のかわいさを感じて更にトキメキながら見ることができるという本当に素晴らしいドラマです笑(30代女性)

篠原涼子さんの作品の中でも、おっちょこちょいでおてんばな様子が見られてとても気に入っている作品です。自分のことを好きだと言ってくれる人のところに行くか、それとも自分とは年齢も離れていながら、何だか気になってしまう人のところに行くのか、2人のうちのどちらを選ぶのか、とてもドキドキしながら見られます。その2人を演じるのも、三浦春馬さんと藤木直人さんというイケメンなので、どちらとの絡みを見てもキュンキュンしてしまいます。(30代女性)

最初は義理の妹の千代子ちゃんに頼まれて、桜さんに近づいた広斗くん。なんて最低なんだろうと思っていたけれど、千代子ちゃんは凛太郎さんと桜さんがいい感じにならないように広斗くんを送り込んだと知って若い子あるあるだなと思いました。広斗くんは遊びで終わるのかと思ったら本気になってしまって、同時に凛太郎さんからもアプローチされる桜さんが羨ましかったです。でも、最後は広斗くんを選んだ桜さん。最後の抱き合うシーンは今でも忘れられません。(30代女性)

とにかくこのドラマの三浦春馬さんの年下彼氏としての存在感は抜群でした。家族、父親との確執、妹の問題などいろんな問題をかなえる苦悩した青年、先の見えない部分など影と明るさをうまく演じられていて最高でした。また、同僚の藤木直人さんと三浦春馬さんの間で悩んでいる篠原涼子さんも素敵でした。また、女友達の大塚寧々さん、飯島直子さん、篠原涼子さんの3人が飲みながらいろんな話をする雰囲気がすごく好きでした。最終回の三浦春馬さんと篠原涼子さんの抱き合うシーンは、最高に輝いていて素敵でした。(40代女性)

ドラマラストシンデレラ動画見どころ

年下男性役の三浦春馬にドキドキ!

このドラマは年下男性にとにかくキュンキュンするドラマです!特に三浦春馬さんがかっこいいし、年下ならではの母性本能をくすぐる感じでくしゃっと笑って女性を虜にする感じがたまらないです。笑 あと、大人の男性として藤木直人さんもすごくドラマにいい味を出していてこの二人の違うコントラストが素敵だし、どっちにも好かれている主人公がとにかく羨ましいです。年下、年上の男性のそれぞれのいいところがあって結婚を考えて安定したいけど、若い男性にもちょっとやんちゃな男性にも惹かれる女性っていうのがリアルで面白いです!

篠原涼子さん演じるおやじ系の女性が同僚のイケメン美容師を選ぶのか、年下イケメン自転車競技選手を選ぶのかで揺れているところは共感しかなかったし、毎度ドキドキしていました。最終回までどっちを選ぶのかわからなかったし、年齢的なことを考えて迷うのもわかるなと思いました。でも結局、三浦春馬さん演じる年下イケメンのひろとを選んで幸せそうなのを見たら涙が出ました。自分もあんなにかっこいい人と付き合いたいなと思いました。(20代女性)

主人公が綺麗に変身する姿!

このドラマは桜がどんどん綺麗になっていくところが見どころです。恋をすると人は本当に変わるんだと改めて痛感しました。
佐伯の存在が桜に、輝きと彩りを与えてくれたような気がします。いままでおしゃれとかしない桜が、少しでも頑張って可愛くいようとしていたのが印象的です。恋しているのが体から溢れていました。佐伯と会えるだけでるんるん気分なところが可愛かったです。桜の純粋でいつも自然体な姿が見ていて癒されました。

年下の男の人を好きになり、そのことによりどんどん主人公の女性がキレイに変身していくドラマです。その年下の男の人は初めはゲーム感覚で、主人公女性に自分のことを好きにさせる目的で近づきます。しかしどんどん主人公女性のピュアな部分や仕事に対する姿勢や人に対する態度をみて、惹かれて行きます。最終的に両想いになる2人ですが、付き合ってからも順風満帆にはいかず、年の差もあるということで、色々と2人の間を引き裂くような困難に見舞われます。今後2人がどのように愛し合っていくかというところも見どころです。

篠原涼子さんと三浦春馬さんラブシーン

おやじ女を演じる篠原涼子さん、桜とイケメン年下王子を演じた三浦春馬さん、ヒロトが惹かれていくシーンが見どころ!2人の年齢差は15歳!仕事が趣味、家ではおやじの桜が徐々にイケメンひろとといい雰囲気になります。

4角関係にドキドキ

凛太郎さんから桜さんを遠ざけるために千代子ちゃんが送り込んだ広斗くん。最初は広斗くんも嘘の恋愛だったのかもしれないけれど、どんどん桜さんにのめり込んでいきますが、近づいたことがの経緯がバレてしまいます。自分から別れを告げるも広斗くんのことが忘れられない桜さんとそんな桜さんをずっと近くで見守っていて、自分の気持ちに気づいてもらえない、そしてそんな凛太郎さんに想いを寄せている千代子ちゃんの気持ちに気づかない凛太郎さん。この4人の4角関係にドキドキします。

桜と凛太郎もいい雰囲気に!

美容室の店長の凛太朗と副店長の桜。いつも喧嘩してしまいます。しかし10話でなんと凛太朗からプロポーズ。一緒にNYにいかないかと誘われます。

イケメン男性2人のアピールにキュン死

いわゆるおばさんと言われる世代の女性を演じられた篠原涼子さんをめぐった、イケメン男性2人のアピールのし合いに、キュンキュンすること間違いなしです。おっちょこちょいな篠原涼子さんの演技は可愛らしく、おばさんとは思えません。年下ながらアピールしてくる三浦春馬さんは大人女子の心を鷲掴みにします。不器用な役の藤木直人さんにはもっと押せ!とついつい応援してしまいます。最後にはどちらと結ばれるのか、最後まで目が離せない作品です。

アラフォー女子の苦悩に共感

アラフォー独身女の桜が、年下のイケメン男子の広斗と出会い恋に落ちていく恋愛模様が、とてもコミカルに描かれています。現代女性の等身大の葛藤もリアリティがありました。39歳になると、「出産」「離婚」「介護」「転職」など様々な選択と悩みとタイムリミットが押し寄せてきます。そこに恋愛となれば、同世代の視聴者は毎週目を輝かせていたに違いないと思います。菜々緒が女優として初めて出演したのが、このドラマかとおもいます。

飾らない主役!何度も観たくなる作品

このドラマの見どころは、なんといっても篠原涼子さん演じる遠山さくらの年齢を超えた飾らない美しさに尽きます。ドラマの中でも立花凛太郎の元妻が言っていますが、着飾っているわけでもなく濃いメイクをしているわけでもないのに女性にとっては驚異の美しさです。気取らない言葉遣いで男性に過剰に媚びない、自分の仕事を一生懸命にする、女友達のことも真剣に考える、そんな姿が健気でとても可愛らしく、最初は本気でなかった広斗が次第にさくらに惹かれていくのも納得です。何度観ても繰り返しまた観たくなる永遠の傑作です。

ドラマラストシンデレラ動画まとめ

ドラマラストシンデレラを見逃し配信しているのはFODプレミアムだけ!

初回無料なのでぜひお試しください!

\2週間無料/

無料でお試FOD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です