ラストシンデレラ見逃し動画1話フル無料視聴方法!

篠原涼子さんと三浦春馬さんのラブシーンが話題になったドラマ「ラストシンデレラ」。見逃してしまったという方に見逃し配信している動画サービスを紹介します。

\2週間無料/

無料でお試FOD

ドラマラストシンデレラ公式情報

公式サイト 公式サイト
ウィキペディア ウィキペディア
キャスト情報 篠原涼子/三浦春馬/藤木直人/大塚寧々/飯島直子/

ドラマラストシンデレラ見逃し配信状況

動画サービス 見逃し配信状況

 

FODプレミアム

ドラマ「ラストシンデレラ」の見逃し配信は動画配信サービスFODプレミアムで配信しています!

FODプレミアムは月額976円ですが初回2週間無料!!

無料期間に解約すればお金は一切かかりません!

\2週間無料/

無料でお試FOD

以下作品も見放題できます!!

\2週間無料/

無料でお試FOD

さらにキャストの作品もすべて見放題です!

篠原涼子主演

オトナ女子

・アンフェア

\2週間無料/

無料でお試FOD

ドラマラストシンデレラ再放送情報

「ラストシンデレラ」ですが一部の地域で再放送しています。

その他の地域も再放送の可能性があるので、それぞれ番組表を確認してください。

関東

フジテレビ

2月1日火 深夜24時30分から 再放送4話

北海道文化放送 岩手めんこいテレビ 仙台放送 秋田テレビ
さくらんぼテレビジョン 福島テレビ フジテレビ NST新潟総合テレビ
長野放送 テレビ静岡 富山テレビ 石川テレビ
福井テレビジョン 東海テレビ 関西テレビ 山陰中央テレビジョン
岡山放送 テレビ新広島 テレビ愛媛 高知さんさんテレビ
テレビ西日本 サガテレビ テレビ長崎 テレビ熊本
テレビ大分 テレビ宮崎 鹿児島テレビ 沖縄テレビ

ラストシンデレラ主題歌

ラストシンデレラ見逃しあらすじ

ドラマ「ラストシンデレラ」あらすじまとめました。

1話見逃しネタバレ

美容院の副店長として働く遠山桜(篠原涼子)は、勤務先の美容室「HAPPY-GO-LUCKY」へ出勤すると新店長として同期の立花凜太郎(藤木直人)が現れ驚きます。

あっという間に店長にまで出世した凛太郎のことを認められない桜。

桜はCEO(風間トオル)へ、抗議しますがあえなく却下されてしまいました。

しかも、店に戻ると店員たちが桜のことを「客の立場に立ち過ぎ…。店長の器じゃない。」と言っているのを聞いてしまいます。

落ち込んだ桜は家で号泣しながら一人寂しくカップラーメンをすすります。

ある日、親友の長谷川志麻(飯島直子)と武内美樹(大塚寧々)と出かけた桜は「ひげが生えてきた。」と自身のオジサン化を嘆いていました。

女性らしさを取り戻すべく頑張ろうと決意した桜は、志麻と共にSOBARへと向かいます。

そこには先客として凛太郎がいました。

そこでもけんかを始めた桜と凛太郎。

ケーキをぶつけられた凛太郎は先に帰っていきました。

はたから見たらいい男の凛太郎を見た志麻から「凛太郎はどうか」と勧められますが、桜は断固拒否の姿勢でした。

一方、美樹も張り切って夕飯の支度をして夫の帰宅を待っていましたが姑がやってきてくたくたになっていました。

さらに夫に夜の生活を断られ、がっかりしてしまいます。

SOBARで酔いつぶれていた桜は、おじさんになる夢を見て大慌て。

「私、男を作る!」と宣言します。

とある日、美容室「HAPPY-GO-LUCKY」に凛太郎を慕う大神千代子(菜々緒)がやってきました。

桜と凛太郎がじゃれ合う姿に嫉妬した千代子は、桜を合コンパーティに誘い、佐伯広斗(三浦春馬)に桜を誘惑するように仕向けました。

合コンには志麻や美樹も参加し、美樹の夫を巡ってとんでもない展開に陥ってしまいます。

一方、お酒が進んだ桜は酔ってホテルの中を彷徨っていました。

彷徨っている途中、片方の靴を無くしていた桜に向かって「忘れものですよ。僕のシンデレラ」と無くした靴を手にとり、声をかけたのは広斗でした。

翌朝、ホテルの一室で目が覚めた桜の横には裸の広斗の姿が。

驚いた桜ですが、昨日の記憶があいまいです。

昨日のやり取りを聞いて徐々に記憶が戻る桜に広斗は「好きになったんで、付き合ってください。」と告げたのでした。

公式サイト YouTube Tver

2話見逃しネタバレ

朝帰りをしてしまった遠山桜(篠原涼子)は、となりに引っ越してきたばかりの立花凜太郎(藤木直人)とはちあわせてしまいます。

朝帰りであることを悟られ「これだから飢えた40女は…」と言われてしまいました。

引っ越しの作業を手伝っていた桜は、凛太郎とSOBARへと引っ越しそばを食べに出かけます。

そこで昨夜の相手・佐伯広斗(三浦春馬)が24歳であったことを相談しますが、「詐欺だろう」という凛太郎。

翌朝、美容院に出勤すると店の前には広斗の姿が。

大人の女性がいいという広斗ですが、頑なな桜の態度に部屋へと戻ると「めんどくせー女」とつぶやくのでした。

一方、昨晩のことを思い出しているのは武内美樹(大塚寧々)の夫・公平(遠藤章造)もでした。

ホテルであった長谷川志麻(飯島直子)のことを考えていました。

志麻がインストラクターを務めているジムで桜と美樹は、志麻がホテルで会った彼からの連絡を待っているという話を聞かされます。

美樹の夫とは知らず、連絡を取り合った二人。

ホテルで会うことになりますが、一線を越えることをはありませんでした。

志麻を自宅に招待した美樹。

そこで公平と志麻はお互いの立場を理解し、志麻は連絡先を消すように言って帰っていきます。

大神千代子(菜々緒)が再び美容室「HAPPY-GO-LUCKY」にやってきて、桜と凛太郎の様子をうかがっていました。

凛太郎が桜の隣の部屋へと引っ越したことを聞いた千代子の表情はくもって行きます。

そして広斗からの連絡が桜のもとに頻繁に届くようになりました。

千代子の家では、広斗が桜にてこずっていることを伝えています。

凛太郎が前の彼女のせいで傷ついたことを知っている千代子は、何としてでも桜から遠ざけないといけないと思っていたのでした。

桜が仕事を終えると、広斗が再び店の前で待っていました。

一杯だけという約束で、飲みに行った桜は「姉?」と言われ落ち込んでしまいます。

帰りに寄ったバッティングセンターで会った凛太郎に「ビビるな」と言われ、桜は広斗とデートに出かけることにしました。

ボーリングやバスケ、楽しかったデートの帰り道。

バスの中で他の客ともめてしまう桜。

そんな桜をバスから降り広斗は優しく抱きしめキスをしたのでした。

公式サイト YouTube Tver

3話見逃しネタバレ

スタイリング・ライブの全店対抗のヘアショーに自分が出場すると報告する立花凜太郎(藤木直人)は、ついでに遠山桜(篠原涼子)に10年ぶりに男ができたとみんなに報告します。

仕事が終わったら会おうというメールを見て、にやける桜をキモがる凛太郎。

料理教室に行った桜は、長谷川志麻(飯島直子)や武内美樹(大塚寧々)に佐伯広斗(三浦春馬)のことを聞かれます。

実は広斗が何をしているのか知らなかった桜ですが、広斗はBMX(自転車競技)ライダーで黙々と練習をしていました。

そこへ大神千代子(菜々緒)が差し入れを持ってやってきました。

広斗「ところでもうすぐ落ちそうだけど、その後どうしたらいいの?どこまで行ったらゴールですか??あの人もういい歳だから、結婚とかせまられたら、本当のこと言っちゃうかもしんね~。」

そう言われた千代子は慌てますが、自分から凛太郎に思いを伝えることはできないと言います。

デートに出かけた桜は広斗がBMXライダーだということを初めて知ります。

そして、次のデートは桜の家がいいと言われ、早速引っ越しレベルの模様替えをしようとする桜。

それを知って凛太郎もあきれ顔です。

さらにSOBARの店長も巻き込んで料理も頑張ろうとしますが、料理音痴の桜はあきらめてワインに手を伸ばしました。

翌日、桜の横で目が覚めた凛太郎は急いでショーへと向かっていきました。

そして、桜は広斗の練習場へと向かいます。

そこで、練習場に付く前に歩きたばこを注意したところ逆ギレされた若い女の子・桃(市川由衣)が広斗に抱きつきキスをするのを見てしまいました。

呆然としながら買い物袋を手に歩いていると、来れなくなったモデルの代わりを急いで見つけようとしている凛太郎を見かけます。

広斗との約束を忘れ、凛太郎のためにモデル探しに奔走する桜。

桜の頭に思い浮かんだのは広斗に抱きついていた女の子のことでした。

しかし、広斗が連れてきた桃は桜の顔を見るなり不機嫌になってしまいます。

桜は土下座をして謝り、桃はモデルとしてショーへと向かってくれることになりました。

そして、桜と広斗は部屋へと戻りますが、用意していた食材は使えるような状態ではありません。

広斗「俺がなんか作ろう!」

手際よくチャーハンを作る広斗に桜が目を丸くしていると、なぜ練習場の中まで入ってこなかったのかと聞かれます。

本当のことを言えない桜は、適当にごまかしてしまいました。

ショーの帰り道。

優勝賞品の温泉旅行の目録を手に千代子と歩く凛太郎に、千代子は「好きな人はいないんですか?」と問いかけます。

凛太郎「いるよ。でも、もう手の届かないところに行っちゃったけど。」

千代子は凛太郎を追いかけてキスをしました。

一方、凛太郎の優勝を知らされた桜と広斗。

広斗は凛太郎のために土下座までしたことにヤキモチを妬いたと言い、桜は桃にヤキモチを妬いたことを白状しました。

広斗は桃とは体だけの関係で気持ちはないと明かし、桃との関係を清算するまでは桜とのキスも我慢すると言います。

そんな広斗に桜はキスをしますが、歯が当たってしまい二人とも笑ってしまうのでした。

公式サイト YouTube Tver

4話見逃しネタバレ

薬局で妊娠検査薬を買っていた遠山桜(篠原涼子)は、そのことを立花凜太郎(藤木直人)に偶然知られてしまいました。

もし、妊娠していたら一人で産むつもりだと話す桜。

佐伯広斗(三浦春馬)とデートに出かけた桜は、子供は好きか?と遠回しに妊娠を匂わせますが、検査薬は怖くて使えていないのでした。

そして、凛太郎が獲得した優勝賞品の社員旅行の日。

桜は、当日の高熱を出してしまいました。

病院に桜を連れて行った凛太郎は、広斗に看病をしてもらえと言い残して出かけますが、桜は素直に広斗に甘えることができません。

寝込んでいた桜の元に広斗から温泉の様子を尋ねるメールが届きますが、返信もできない桜はさらに自分が寝込むための備蓄がないことに気が付き自力で買いに行こうとしていました。

しかし、家のドアノブに凛太郎からの差し入れがぶら下がっていることに気が付きます。

その頃、長谷川志麻(飯島直子)のジムでは武内美樹(大塚寧々)の夫・公平(遠藤章造)が志麻の動向に一喜一憂していました。

思い切ってEDの相談をした志麻と、再びホテルに向かいますが今日は足つぼマッサージをされていました。

帰りの遅い公平のことを怪しむ美樹。

そして、すっかり熱の下がった桜はあの妊娠検査薬が目に留まりました。

温泉から帰ってきた凛太郎を部屋へと引きずりこむと、不安なので凛太郎に一緒に結果を見てほしいと頼みます。

結果は陰性で安心したような残念なような気持ちになる桜。

そして、そんな桜をやはり複雑な表情で見る凛太郎がいました。

桜の美容院で夫の愚痴をこぼす美樹に、凛太郎は結婚はゴールじゃないと諭しますが、美樹は「浮気してたら絶対許さない!」と息巻きます。

一方、広斗は温泉の時に自分が頼りにされなかったことを知って落ち込み(フリかもしれないけれど)、凛太郎と仲良くしないでほしいと伝えます。

志麻と美樹と会うためにSOBARに向かっていた広斗のもとに大神千代子(菜々緒)から、いつもとは様子の違う声で連絡が入ります。

心配した広斗は店へは顔を出さず千代子の元へと急いで向かいます。

凛太郎と桜が楽しそうに野球少年の輪に交じっているところを見た千代子が荒れていたのです。

そして露わになった背中の大きな傷。

千代子「誰のせいで恋愛ができないと思ってるの?!全部あんたのせいよ!」

広斗「ごめん。千代子」

そして広斗は千代子の背中にキスをしました。

公式サイト YouTube Tver

5話見逃しネタバレ

遠山桜(篠原涼子)の元にキャバクラで出会った彼女(小松彩夏)と交際二か月で結婚を決めたことを反対された弟・サトシ(大林健二)が転がり込んできました。

そこへやってきた佐伯広斗(三浦春馬)に、サトシは姉には幸せになってほしいので結婚する気がないのなら早く別れてやってくれと頼みます。

一方、長谷川志麻(飯島直子)の軽いストーカーになっていた公平(遠藤章造)は、志麻とホテルに入っていくところを桜に見られていました。

そのことをSOBARで凛太郎とマスターに相談する桜でしたが、凛太郎に判断するのは本人に聞いてからにしろと言われます。

志麻のジムで、美樹(大塚寧々)のいない間に事実を聞こうとしますが、何もないと言われます。

公平にEDの外来を紹介した志麻は、今後一切の接触を断つと宣言しました。

SOBARでご飯を食べている桜と広斗は、サトシたち夫婦の喧嘩に巻き込まれてしまいます。

怒って出て行ってしまった嫁を追いかけた桜は、嫁から自分がサトシの人生を狂わせてしまったのではないかと悩んでいることを聞かされます。

しかし、桜は「それは違う。今でも好きでいてくれたなら見守っていてあげてほしい。」と伝えました。

その頃、大神千代子(菜々緒)から野球のチケットを渡されていた立花凜太郎(藤木直人)が試合を観戦しに行くと千代子が現れました。

野球観戦後、SOBARに向かった千代子と凛太郎ですが、凛太郎が自分のことを妹のようにしか思っていないことを知り傷ついて帰っていきました。

BMXの大会の日。

応援に訪れていた桜たち。

しかし広斗は桃(市川由衣)の兄たちに因縁を付けられ取り囲まれていました。

その様子を見つけ助けに入った桜が殴られそうなになる瞬間、スタッフが見つけてくれて事なきを得ました。

桜が無事だったことに安心する広斗。

競技の結果、見事な優勝を手にした広斗は、優勝にホッとして気を失いそうになる桜を抱き留めます。

そして、SOBARで広斗の優勝の記事を目にする凛太郎は、広斗の本名が大神で大神コーポレーションの長男だということを知りました。

明らかに他人のふりをしている広斗と千代子が兄弟であることを怪しむのでした。

公式サイト YouTube Tver

6話見逃しネタバレ

今朝は立花凜太郎(藤木直人)が遠山桜(篠原涼子)の部屋のピンポンを連打しています。

母から見合いの話を持ち掛けられた凛太郎は桜を使って母親に納得してもらおうとしていたのです。

普段から助けてもらっていることもあり、承諾した桜。

そのために洋服や靴からマナー講習の映像まで用意する凛太郎。

しかし桜は途中で眠たくなって眠りこけてしまいました。

その頃、凛太郎にフラれた大神千代子(菜々緒)が兄である佐伯広斗(三浦春馬)に慰められていました。

いつものSOBARで桜のことを待つ広斗に、凛太郎は千代子との関係を尋ねます。

言う必要がなかったが、機会を見て話すことにすると言われ真相を追求しきれませんでした。

大神家での久しぶりの朝食の席に着いた広斗の優勝の報告を千代子がしますが、父は渋い顔のままです。

しかし、そろそろ会社に入ったらどうだという提案に「考えておく。」と返事をした広斗に皆驚きの表情を浮かべたのでした。

一方、凛太郎の母(前田美波里)と会う日。

歯医者で麻酔を受けた桜は、飲み物もうまく飲むことができず失敗ばかりですが、豪快な母は桜のことをとても気に入りました。

食事会の後に、さらにカラオケに向かうことになりました。

カラオケに向かう途中、カフェから飛び出してきた千代子と母がぶつかりました。

カフェにいた千代子は広斗から、桜に近づいたきっかけのことは黙っていてほしいとお願いされていたのです。

千代子「なんで、みんなあの人なのよ!」

カラオケでは桜が嘘をつきとおせなくなり、本当のことを母に打ち明けていました。

しかし、最初から気がついていたという母はさらに桜のことを気に入ったのでした。

専業主婦の武内美樹(大塚寧々)はパートに出ようと決心しますが、全敗で落ち込んでいました。

美樹を元気づけるために長谷川志麻(飯島直子)は美樹をホストクラブに連れていきますが、美樹はその中のホストに株取引の手伝いに誘われてしまいます。

そして、仕事が終わった凛太郎が偶然会った広斗に桜との出会いの真相を聞かされます。

広斗「桜さんのこと守りたいんだったら…千代子のことよろしくお願いします。」

桜の部屋を訪れた広斗。

二人は何か言いたげです。

桜は、凛太郎の母とニセの恋人として会っていたことを謝り、広斗は嘘をついていたことがあると話し始めました。

公式サイト YouTube Tver

7話見逃しネタバレ

立花凜太郎(藤木直人)の部屋のピンポンを連打する遠山桜(篠原涼子)。

佐伯広斗(三浦春馬)がついていたという嘘は、最初にあった日の夜には何もなかったということでした。

凛太郎は改めて広斗と二人で温泉旅行に行くことになったと報告されます。

SOBARでどこに行こうか決めている桜と広斗。

桜はその中で合鍵が欲しいと言われたことに有頂天になります。

凛太郎は大神千代子(菜々緒)を呼び出し、カフェの前で桜と母親といたことを弁明しました。

千代子は自分ではだめですか?と聞きますが、凛太郎は広斗との会話を思い出し、自分がどうすべきなのか迷い苦しくなっていました。

なかなか有給休暇を出してやれない凛太郎。

凛太郎の心配を薄々感じている桜です。

温泉の勉強にとAVのサイトを教えてもらった桜は、事務所で見ていますがふとした拍子に凛太郎とキスをしてしまいました。

その頃、武内美樹(大塚寧々)はホストから提案された怪しいバイトを始めていました。

いつもの女子会で仕事を始めたことを報告する美樹は、ようやく二人と肩を並べられたような気がすると話していました。

志麻は帰りに寄ったお土産店で、再婚し子供も持った元旦那と再会してしまいます。

平然を装ってはいましたが、ショックを受けているようでした。

志麻は、もう連絡は取らないと決めていた公平(遠藤章造)と再び連絡を取ってしまいます。

いつものように話をしていただけですが、二人が自分の知らないところで会っているのを見てしまった美樹は、疑いの目を持ちました。

美樹が帰ってこないことを知った桜は、美樹を捜すためにSOBARに一緒にやってきた志麻と公平の姿を見て怒りをぶつけます。

凛太郎と一緒にSOBARで食事をしていた千代子は桜に対して怒りを覚えていました。

行くところもなくホストを頼っていた美樹は、慰めてくれるホストから200万円もの大金を求められようやく目が覚め、桜の元へ向かっていました。

騒動のこともあり、広斗は温泉旅行を延期することにしました。

そして千代子のことを考えて食事誘ってくれた凛太郎にお礼を言いました。

美容室「HAPPY-GO-LUCKY」で凛太郎に事の顛末を報告した桜。

そこへ千代子が内なる戦いは秘めたまま笑顔で店へと入ってきましたが、次に入ってきた客の顔を見て凛太郎と千代子の顔は固まってしまったのでした。

公式サイト YouTube Tver

8話見逃しネタバレ

美容室「HAPPY-GO-LUCKY」に立花凜太郎(藤木直人)の元恋人・かすみ(三浦理恵子)が来店します。

現在、離婚調停中で行くところがないというかすみを部屋で待たせることにした凛太郎。

中学の先輩で、長年付き合っていたのに他の男と突然結婚を決めて出て行ってしまったかすみに、今でも心が残っている凛太郎はかすみにキスをします。

かすみも今でも凛太郎のことが忘れられないと言います。

仕事中も手に付かない様子で、ミスを連発してしまいます。

そこへやってきた大神千代子(菜々緒)は、凛太郎を食事に誘いますが元気のない凛太郎に気が付きました。

かすみの存在が凛太郎の心を乱している。

階段で電話をするかすみの後ろから手を伸ばそうとする千代子を止めたのは遠山桜(篠原涼子)でした。

いつも正論ばかり言う桜とは分かり合えないという千代子は帰っていきました。

桜は佐伯広斗(三浦春馬)と、初めて会ったホテルでデートをしていました。

ワインを飲みながら広斗は自分の生い立ちを話し始めました。

両親が離婚した時に母親に引き取られ、その母が亡くなってから父に引き取られたこと。

そして、再婚相手との間に生まれた妹に秘かに嫉妬し、事故とはいえ背中に大きな傷を作ってしまったこと。

これからもずっと懺悔の日々を過ごしていくんだということ。

涙を流した広斗を桜は一晩中膝枕で寝かせてあげます。

その後、父の会社の面接に向かう広斗は桃(市川由衣)から「おなかの子と一緒に天国に行きます」というメッセージを見て、面接を放り出して桃の元へと向かいました。

広斗を引き止めようとする桃のついた嘘でしたが、広斗は今までのことを謝罪しきちんと別れてほしいと伝えました。

一方、凛太郎の元にいるかすみに気持ちの変化を感じていた凛太郎。

千代子がハッキリとかすみに意見をいう姿を見て、自分はかすみに未練があったのではなく、捨てられた恨みを忘れられなかっただけだったのだと気が付いたのでした。

かすみは凛太郎のことはあきらめると言い、桜と幸せになるようにと告げます。

かすみはずっと桜に嫉妬していたと言います。

その言葉を聞いた凛太郎はさらに強く桜のことを意識するようになっていったのでした。

公平(遠藤章造)のことで、関係がこじれてしまった長谷川志麻(飯島直子)と武内美樹(大塚寧々)を仲直りさせたい桜ですが、美樹の心は閉ざされたままで桜の家に居候中でした。

桜は志麻を家に呼び話をさせようとしていましたが、そこへ公平が倒れたという知らせが届きました。

 

公式サイト YouTube Tver

9話見逃しネタバレ

倒れたという公平(遠藤章造)のいる病院へ到着した遠山桜(篠原涼子)たち。

武内美樹(大塚寧々)は病院に残り、桜と長谷川志麻(飯島直子)はSOBARへ。

立花凜太郎(藤木直人)という男友達がいる桜をうらやましがる志麻。

その後、全てを知った美樹は、志麻との関係を取り戻していきました。

一方、凛太郎はSOBARで店長に桜のことを相談していました。

凛太郎は桜に傷ついてほしくないと思っているんだと言われます。

店を出ると大神千代子(菜々緒)が待っていました。

凛太郎の部屋で自分の背中の傷を見せ「抱いてください」という千代子に、凛太郎はそれを断り心の傷の方が心配だと伝えました。

面接をドタキャンしたことを父から激しく罵倒されていた佐伯広斗(三浦春馬)はBMXの仲間からアメリカへの挑戦を持ち掛けられていました。

練習場に来ていた桜に向かい、次の大会に優勝したら結婚してほしいと伝えます。

桜は嬉しいながらも、自分のために夢を犠牲にしてほしくないと答えますが、広斗が自分との子供のことを考えてくれていたことに素直に喜びを表したのでした。

凛太郎に桜と結婚することになったと宣言する広斗。

その話を千代子も聞いてしまいます。

桜の誕生日をSOBARでサプライズパーティで祝おうと目論んでいる広斗や美樹や志麻、美容院のスタッフたち。

凛太郎も桜に残業を言い渡しパーティの準備に追われていました。

ようやく仕事が終わりSOBARに向かおうとする桜を呼び止めた千代子。

SOBARに着いた桜は、千代子からすべてを聞かされたと言います。

桜「あの日。チョコちゃんに言われて私に近づいたの?チョコちゃんのために好きなふりしてホテルに行ったの?」

何も答えない広斗を見て、店を飛び出していった桜。

凛太郎「あれほどばれないようにしろって言っただろ!」

桜を追いかけ出て行った凛太郎。

広斗は店で呆然とするばかりでした。

公式サイト YouTube Tver

10話見逃しネタバレ

マンションの屋上にいた遠山桜(篠原涼子)のもとに立花凜太郎(藤木直人)がやってきました。

初めてもらった指輪を返さないといけないなという桜「魔法が解けた時のシンデレラも、こんな感じだったんだろうね。」

部屋でお祝いをやり直そうとした桜と凛太郎ですが、そこへ佐伯広斗(三浦春馬)がやってきました。

広斗が部屋も飾り付けをしていましたが、凛太郎がすべてを外し広斗も追い返しました。

最初は嘘だったかもしれないが、全部が嘘だとは思えない。

武内美樹(大塚寧々)からかけられた言葉にかすかに心が動く桜ですが、美容院にやってきた広斗の弁明を素直に聞き入れることができませんでした。

失意の広斗に凛太郎も、俺の方が桜を幸せにできると宣戦布告しました。

それから、桜のポストに一輪のバラが毎日届くようになりました。

BMXの練習をしている広斗の元に桜から連絡が入りました。

桜「もう花瓶がいっぱいになったので、これ以上は困ります。会えますか?」

部屋で広斗からの返事を待つ桜ですが、桜の元に出かけようとする広斗の前には大神千代子(菜々緒)が。

千代子「あんただけ幸せになるなんて許せない。睡眠薬を多量に飲んでやる。」

翌日。

美容院では凛太郎のニューヨーク支店店長任命の辞令が発表されていました。

全く知らなかった桜は驚きと怒りを爆発させます。

凛太郎「好きな女が他の男と結婚するのを、ぼーっと見てればよかったのかよ!」

改めて凛太郎という存在の意味を見直した桜は、SOBARに向かいました。

その帰り、広斗の元カノ・桃(市川由衣)の兄に再び絡まれた桜を凛太郎が助け出してくれます。

帰宅し傷の手当てをする桜は、「関係ないのに巻き込んでごめん。」と謝罪します。

桜のことを好きなのに関係ないと言われ続けてきたことに腹が立った凛太郎は、「もう我慢することはやめる。お前は俺が幸せにする。一緒にニューヨークに行かないか?」と伝えます。

翌日、プロポーズの時にもらった指輪を持ち、桜は広斗と話をすることにしました。

なかなか話し出さない広斗。

桜「なんかあった?広斗くん?」

広斗「だから、全部嘘なんだよ。プロポーズしたのも全部嘘。もう飽きちゃったから終わり。」

そう言って立ち去って行った広斗。

取り残された桜の手からは指輪が零れ落ちました。

桜の帰りを待っていた凛太郎ですが、雨の中ずぶ濡れになりながら歩く桜を見つけます。

泣き崩れる桜と同じように、広斗もまた雨の中涙を流していたのでした。

公式サイト YouTube Tver

11話見逃しネタバレ

遠山桜(篠原涼子)は立花凜太郎(藤木直人)についてニューヨークに行くことを決められずにいました。

凛太郎から家で飲もうと誘われた桜は、凛太郎が実は前から大神千代子(菜々緒)と佐伯広斗(三浦春馬)の関係を知っていたこと、そして、広斗が本当は桜のことが心から好きなことを知っていると教えます。

しかし桜はあの兄妹の全てを理解したうえで、もういいのだと言って話を聞きません。

その頃、広斗は桃(市川由衣)の兄に、桜は自分とはもう関係のない人間だから手を出すなとくぎを刺していました。

もうすぐ大会を控えていた広斗の元へ訪れた凛太郎は、広斗の決意を知ります。

千代子のために自分が身を引き、千代子を無条件で愛してくれる人が現れるまでそばにいてやる。

広斗のそんな思いを感じていたのは、凛太郎だけではありませんでした。

桜もその思いを理解し、千代子にもう広斗を自由にしてあげてほしいと伝えます。

桜は、凛太郎が英語が苦手な自分のために単語帳を自作していてくれたことを知り、その優しさに触れニューヨークに一緒に行くことを決めました。

武内美樹(大塚寧々)と公平(遠藤章造)の結婚式の準備をしていた桜。

その日は式の後にニューヨークへと出発する日でもあり、広斗の大会の日でもありました。

千代子が広斗は面接をちゃんと受けようとしていたことを父に伝え、大会に父も応援に来てくれました。

順調にプレーをしていた広斗ですが、途中でバイクから手が離れてしまいます。

結婚式中に凛太郎から広斗が大けがをしたと聞いた桜は、凛太郎に後を押され大会会場へと向かいます。

しかし、大けがをしたというのは凛太郎の嘘で、広斗は決勝へと勝ち上がっていました。

広斗「もう優勝とかどうでもいいんだよ。」

その言葉に怒りを覚えた桜は指輪を投げつけ「夢なんでしょ!最後までちゃんと追いかけなさいよ!」と帰ってしまいます。

喝を入れられた広斗は拾った指輪を握りしめ、決勝の舞台へと向かっていきました。

そして、桜は空港へ向かい凛太郎にニューヨークへはいけないと伝えます。

「向こうに着いたからと言って付き合うなんて言ってない」と優しい返事をくれる凛太郎。

そしてBMXの会場に戻った桜を見つけた広斗は驚きます。

大会に優勝した広斗は再び桜にプロポーズ。

広斗「もう二度と嘘つかないから。プロポーズもこれで最後にする。結婚してください。」

桜「はい。もう絶対離れないよ。」

ひざまずいた広斗に指輪をはめてもらう桜がいました。

公式サイト YouTube Tver

ドラマラストシンデレラ動画視聴者感想

放送していた頃私は学生だったのですが、大人になってからの恋愛は年下男性に惹かれるんだと思ったりその年まで恋愛ができなくてもこんなにいい出会いがあったりするんだなとすごく大人になるのが楽しみになったドラマでした。その頃のわたしは彼氏もおらず年上の男性に憧れを持っていたので私の中では年上だった彼がかっこいいしかわいいで最高でした。すごく幸せな女性だなと思ったしハッピーエンドでとても印象的なドラマでした。

主演の篠原涼子さんも好きですが、相手役の三浦春馬さん、藤木直人さんと、メインのキャストが全員好きなドラマです。篠原さんが演じておられたさくらの、仕事はできるけど抜けている。恋愛から遠ざかっていて、小さなこと一つ一つにドキドキしているところが可愛かったです。時間を重ねていく中で、さくらがどんどん女性らしさを取り戻し、素直になって、三浦さん演じるヒロトと付き合い、一歩ずつ恋愛していくところが見所でした。ヒロトの家族関係の葛藤なども引き込まれました。ドラマの後ノベライズを買うほど大好きなドラマです。(30代女性)

15歳の年の差がある男女(女性が年上)の恋物語でしたが、生き生きとしている桜と年齢よりは落ち着いた雰囲気の広斗はとてもお似合いで、年齢差はあまり感じられませんでした。むしろ2人の恋がうまくいけばいいなと応援したくなったものです。桜の人柄のよさとそれを演じた篠原さんが持つ明るいキャラクターが、そう思わせてくれたのかもしれません。特に桜のコミカルな存在が、おそらく同年代の女性の心を鷲掴みにしたと思います。(40代女性)

篠原涼子さんがとてもキュートで可愛かったです。でもあの年齢でモテモテなんて現実ではあり得ないと思いました。それよりなんと言っても三浦春馬さんが素敵すぎてしぐさや振る舞いに毎回ドキドキしていました。篠原涼子さんと自分を置き換えて想像するのが楽しくて、最終的にはストーリーよりも三浦春馬さんを見たい一心で見ていた気がします。ラストは年下イケメンを選びハッピーエンドなのですが、やっぱりこの結末はドラマの世界だけだなぁと思ってしまいました。(40代女性)

篠原涼子さん演じる桜が女性を忘れてしまい、おっさん化してしまう、という役柄でしたが、ちょっとずぼらにしていてもやはり篠原さんはきれいでした。桜に迫っていく三浦春馬さん演じる広斗くんがめちゃくちゃセクシーでかっこよかったです。お店の店長である凛太郎さんとの三角関係になるところは王道の恋愛ドラマと言う感じで面白かったです。桜の友人の美樹と志麻さんも交えた女子トークもリアルで、女性特有のめんどくささも感じさせて共感ができました。恋愛だけではなく、仕事の悩みなども取り入れているところもよかったです。(40代女性)

大人になればなるほど恋愛って意外と難しいなと思いました。
近くにいるのに実らない恋や嘘で近づいてきた恋なのにそれがいつの間にか本当に好きになっていたり、不倫だったりと空回りしている恋が多くて学生のときとは違うハラハラ感が面白かったです。年上でも年下でも恋愛に年の差が関係ないっていうのを実感しました。
偽りでさくらに近づいてきたのに、いつの間にさくらのことが好きになっていて、必死になっている姿とかを見ていたら最初は全然応援できない恋だったのに、いつの間にか応援するようになってはまってしまいました。(20代女性)

何歳になっても恋はできると夢を持てるドラマ。ちょっとコメディ要素も入っていて面白かったです。毎週毎週ほんと楽しみで篠原涼子が三浦春馬と結ばれるのか、藤木直人と結ばれるのかハラハラドキドキ、キュンキュンしながら見ていました。三浦春馬のかっこいいセリフ、しぐさにもう毎回心臓がバクバクでした。私みたいなトキメキが足りなくてドキドキした人にはもってこいのドラマです。最後の結末が私にとってハッピーエンドで終わってくれて、すぐにもう1サイクル見直しました。(30代女性)

とても面白くて次が見たくなるドラマでした。おやじ女子の遠山桜(篠原涼子)さんが前向きに頑張ってる姿が可愛く微笑ましく、楽しく見れました。年をとって仕事や,恋に迷いや不安をかかえながらも前向きに奮闘する所も応援したくなりました。若くてイケメン年下男子、佐伯広斗役(三浦春馬)さんにも、キュンとしました。最初は遊びでも段々本気になっていくのも良かったです。その他藤木直人さんや飯島直子さんなど豪華なメンバーが取り巻きまだ見た事ない方でも、飽きずに最後まで見れると思います。(30代女性)

「ラストシンデレラ」では、篠原涼子さん演じる桜の活躍があり、とても面白いドラマでした。39歳オス化女子を演じていて、演技力が素晴らしかったです。39歳となると、「出産」「転職」などいろんなことにタイムリミットを感じてしまうと思いました。年齢を気にしないでバリバリと頑張ってほしいと思いながらドラマを観ることができました。桜が広斗に惹かれていくシーンが見どころだと思いました。笑えたり、楽しめるシーンがあるラブコメディドラマ好きの方にはおすすめできるドラマだと考えられました。(30代男性)

このドラマはとてもキュンとするところが良かったです。桜が恋愛に不器用なところが印象的です。どこかおじさんのようなところは、見ていて面白かったです。桜の飾らないところがいいなと感じました。そして佐伯の優しくて男前なところはかっこよかったです。桜にとても優しく接するところはドキドキしました。また佐伯の存在によって桜は女性らしくなっていくのが素敵です。見た目から話し方など、自分なりに意識していたのが伝わってきました。(20代女性)

篠原涼子さんはハケンの品格やアンフェアなどのドラマでかっこいい役を演じることが多かったですが、このドラマではちょっと違った篠原涼子さんの演技が見れます。他の出演者の三浦春馬さんや藤木直人さんの演技も素敵でした。篠原涼子がふたりのどっちとくっつくのかなどわくわくしながら見ていました。ギャグシーンなども入っていて笑えるところもポイントです。王道のラブストーリーなので、キュンキュンしたい人にはおすすめです。(20代女性)

再放送がされてたら今でも食いついて見てしまう、大好きなドラマ「ラストシンデレラ」。
篠原涼子さんに三浦春馬さん、藤木直人さんの3人のビジュアルが良い3人がメインで、そういう目の保養的にも楽しめるドラマです。
中でも三浦春馬さんの王子感にときめいた女性は多いと思いますが私もその一人です。当時は三浦春馬さんの設定年齢より自分の年齢が低くてドキドキしながら見てましたが、今ではだいぶ年上に…笑 それでも今度は年下のかわいさを感じて更にトキメキながら見ることができるという本当に素晴らしいドラマです笑(30代女性)

篠原涼子さんの作品の中でも、おっちょこちょいでおてんばな様子が見られてとても気に入っている作品です。自分のことを好きだと言ってくれる人のところに行くか、それとも自分とは年齢も離れていながら、何だか気になってしまう人のところに行くのか、2人のうちのどちらを選ぶのか、とてもドキドキしながら見られます。その2人を演じるのも、三浦春馬さんと藤木直人さんというイケメンなので、どちらとの絡みを見てもキュンキュンしてしまいます。(30代女性)

最初は義理の妹の千代子ちゃんに頼まれて、桜さんに近づいた広斗くん。なんて最低なんだろうと思っていたけれど、千代子ちゃんは凛太郎さんと桜さんがいい感じにならないように広斗くんを送り込んだと知って若い子あるあるだなと思いました。広斗くんは遊びで終わるのかと思ったら本気になってしまって、同時に凛太郎さんからもアプローチされる桜さんが羨ましかったです。でも、最後は広斗くんを選んだ桜さん。最後の抱き合うシーンは今でも忘れられません。(30代女性)

とにかくこのドラマの三浦春馬さんの年下彼氏としての存在感は抜群でした。家族、父親との確執、妹の問題などいろんな問題をかなえる苦悩した青年、先の見えない部分など影と明るさをうまく演じられていて最高でした。また、同僚の藤木直人さんと三浦春馬さんの間で悩んでいる篠原涼子さんも素敵でした。また、女友達の大塚寧々さん、飯島直子さん、篠原涼子さんの3人が飲みながらいろんな話をする雰囲気がすごく好きでした。最終回の三浦春馬さんと篠原涼子さんの抱き合うシーンは、最高に輝いていて素敵でした。(40代女性)

ドラマラストシンデレラ動画見どころ

年下男性役の三浦春馬にドキドキ!

このドラマは年下男性にとにかくキュンキュンするドラマです!特に三浦春馬さんがかっこいいし、年下ならではの母性本能をくすぐる感じでくしゃっと笑って女性を虜にする感じがたまらないです。笑 あと、大人の男性として藤木直人さんもすごくドラマにいい味を出していてこの二人の違うコントラストが素敵だし、どっちにも好かれている主人公がとにかく羨ましいです。年下、年上の男性のそれぞれのいいところがあって結婚を考えて安定したいけど、若い男性にもちょっとやんちゃな男性にも惹かれる女性っていうのがリアルで面白いです!

篠原涼子さん演じるおやじ系の女性が同僚のイケメン美容師を選ぶのか、年下イケメン自転車競技選手を選ぶのかで揺れているところは共感しかなかったし、毎度ドキドキしていました。最終回までどっちを選ぶのかわからなかったし、年齢的なことを考えて迷うのもわかるなと思いました。でも結局、三浦春馬さん演じる年下イケメンのひろとを選んで幸せそうなのを見たら涙が出ました。自分もあんなにかっこいい人と付き合いたいなと思いました。(20代女性)

主人公が綺麗に変身する姿!

このドラマは桜がどんどん綺麗になっていくところが見どころです。恋をすると人は本当に変わるんだと改めて痛感しました。
佐伯の存在が桜に、輝きと彩りを与えてくれたような気がします。いままでおしゃれとかしない桜が、少しでも頑張って可愛くいようとしていたのが印象的です。恋しているのが体から溢れていました。佐伯と会えるだけでるんるん気分なところが可愛かったです。桜の純粋でいつも自然体な姿が見ていて癒されました。

年下の男の人を好きになり、そのことによりどんどん主人公の女性がキレイに変身していくドラマです。その年下の男の人は初めはゲーム感覚で、主人公女性に自分のことを好きにさせる目的で近づきます。しかしどんどん主人公女性のピュアな部分や仕事に対する姿勢や人に対する態度をみて、惹かれて行きます。最終的に両想いになる2人ですが、付き合ってからも順風満帆にはいかず、年の差もあるということで、色々と2人の間を引き裂くような困難に見舞われます。今後2人がどのように愛し合っていくかというところも見どころです。

篠原涼子さんと三浦春馬さんラブシーン

おやじ女を演じる篠原涼子さん、桜とイケメン年下王子を演じた三浦春馬さん、ヒロトが惹かれていくシーンが見どころ!2人の年齢差は15歳!仕事が趣味、家ではおやじの桜が徐々にイケメンひろとといい雰囲気になります。

4角関係にドキドキ

凛太郎さんから桜さんを遠ざけるために千代子ちゃんが送り込んだ広斗くん。最初は広斗くんも嘘の恋愛だったのかもしれないけれど、どんどん桜さんにのめり込んでいきますが、近づいたことがの経緯がバレてしまいます。自分から別れを告げるも広斗くんのことが忘れられない桜さんとそんな桜さんをずっと近くで見守っていて、自分の気持ちに気づいてもらえない、そしてそんな凛太郎さんに想いを寄せている千代子ちゃんの気持ちに気づかない凛太郎さん。この4人の4角関係にドキドキします。

桜と凛太郎もいい雰囲気に!

美容室の店長の凛太朗と副店長の桜。いつも喧嘩してしまいます。しかし10話でなんと凛太朗からプロポーズ。一緒にNYにいかないかと誘われます。

イケメン男性2人のアピールにキュン死

いわゆるおばさんと言われる世代の女性を演じられた篠原涼子さんをめぐった、イケメン男性2人のアピールのし合いに、キュンキュンすること間違いなしです。おっちょこちょいな篠原涼子さんの演技は可愛らしく、おばさんとは思えません。年下ながらアピールしてくる三浦春馬さんは大人女子の心を鷲掴みにします。不器用な役の藤木直人さんにはもっと押せ!とついつい応援してしまいます。最後にはどちらと結ばれるのか、最後まで目が離せない作品です。

アラフォー女子の苦悩に共感

アラフォー独身女の桜が、年下のイケメン男子の広斗と出会い恋に落ちていく恋愛模様が、とてもコミカルに描かれています。現代女性の等身大の葛藤もリアリティがありました。39歳になると、「出産」「離婚」「介護」「転職」など様々な選択と悩みとタイムリミットが押し寄せてきます。そこに恋愛となれば、同世代の視聴者は毎週目を輝かせていたに違いないと思います。菜々緒が女優として初めて出演したのが、このドラマかとおもいます。

飾らない主役!何度も観たくなる作品

このドラマの見どころは、なんといっても篠原涼子さん演じる遠山さくらの年齢を超えた飾らない美しさに尽きます。ドラマの中でも立花凛太郎の元妻が言っていますが、着飾っているわけでもなく濃いメイクをしているわけでもないのに女性にとっては驚異の美しさです。気取らない言葉遣いで男性に過剰に媚びない、自分の仕事を一生懸命にする、女友達のことも真剣に考える、そんな姿が健気でとても可愛らしく、最初は本気でなかった広斗が次第にさくらに惹かれていくのも納得です。何度観ても繰り返しまた観たくなる永遠の傑作です。

ドラマラストシンデレラ動画まとめ

ドラマラストシンデレラを見逃し配信しているのはFODプレミアムだけ!

初回無料なのでぜひお試しください!

\2週間無料/

無料でお試FOD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA