ドラマモンテクリスト伯見逃し配信と再放送情報!

ディーン・フジオカさんの演技が話題のドラマ「モンテクリスト伯 」。見逃してしまったという方に1話から最終回まで見逃し配信している動画サービスを紹介します。

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

モンテクリスト伯公式情報

目次

ドラマ「モンテクリスト伯 」の公式情報まとめました。

公式サイト 公式サイト
ウィキペディア ウィキペディア
キャスト情報 ディーン・フジオカ/大倉忠義/山本美月/稲森いずみ/高橋克典
関連 Twitter/インスタグラム

モンテクリスト伯見逃し配信動画サービス

ドラマ「モンテクリスト伯 」を見逃し配信している動画サービスを紹介します。

動画サービス 見逃し配信状況
〇借り放題

TSUTAYAディスカス

ドラマ「モンテクリスト伯 」ですが、動画配信サービスTSUTAYATVディスカスで1話から見逃し配信しています!

月額2052円ですが初回30日間無料となっています!

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

以下キャストの過去作品も借り放題できます!

ディーン・フジオカ出演

・ダメな私に恋してください

危険なビーナス

・空飛ぶタイヤ

・鋼の錬金術師

・記憶にございません!

・IQ246~華麗なる事件簿~

・結婚

・今からあなたを脅迫します

 

大倉忠義出演

・知ってるワイフ

・ドS刑事

・100回泣くこと

・クローバー

・疾風ロンド

・窮鼠はチーズの夢を見る

・お天気お姉さん

・生まれる。

・エイトレンジャー

 

山本美月出演

パーフェクトワールド

恋仲

・ピーチガール

・貞子vs伽椰子

・去年の冬、きみと別れ

・ザ・ファブル 殺さない殺し屋

・新解釈・三國志

・糸

・桐島、部活やめるってよ

・女子ーズ

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

モンテクリスト伯再放送情報

「モンテクリスト伯」ですが再放送は現在ありません。

Yahoo!番組表
フジテレビ番組表

モンテクリスト伯動画主題歌

ドラマ「モンテクリスト伯」の主題歌はこちらになります。

モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-動画あらすじ

ドラマ「モンテクリスト伯」のあらすじは以下になります。

1話動画あらすじ

2003年春。小さな漁師町で漁業を営む柴門暖(ディーン・フジオカ)は同じ町で喫茶店『シンドバッド』を経営する目黒すみれ(山本美月)にプロポーズ。想いは受け入れられ、2人は結婚式に向けて幸せの絶頂にいた。
しかし、その矢先、暖の乗る遠洋漁船『海進丸』が遭難してしまう。暖の後輩、南条幸男(大倉忠義)は心配して『シンドバッド』へ。すみれは暖の帰還を信じ、努めて明るく振舞っている。
『海進丸』が所属する守尾漁業でも社長の守尾英一朗(木下ほうか)、船員だが今回の航海には怪我で出られなかった神楽清(新井浩文)たちが憔悴しながらも暖たちの無事を願う。そんな守尾の事務所を漁協の組合長、遠藤勝也(仁科貴)が訪ねて来る。遠藤はもう2週間にも及ぶ遭難で捜索費がかさんでいることを守尾に告げた。守尾は船長のバラジ・イスワラン(ベヘナム)が優秀なので、みんな生きて帰ると譲らない。だが、遠藤はバラジを不安に思っている。バラジはテロ組織のメンバーではないかと疑われていたからだ。それでも、守尾は船員たちを信じていた。
暖の実家では、母親の恵(風吹ジュン)が地上げ屋の寺角類(渋川清彦)と対峙していた。と、そこに『海進丸』帰港の連絡が入る。迎えに来たすみれと港に急ぐ恵。船員たちが上陸する中、暖も怪我はしたが生還を果たす。亡くなったのは船長のバラジだけ。すると、バラジの遺体を調べる男たちが…刑事の入間公平(高橋克典)の姿もあった。

公式サイト YouTube

2話動画あらすじ

無実の罪を着せられ異国の地に投獄されてしまった柴門暖(ディーン・フジオカ)。テロリストとのつながりを白状するよう激しく拷問されるが、暖は身に覚えがあるはずもなく答えようがなかった。しかし、暖は潔白を証明することも出来ず、そのまま地下の独房に幽閉されてしまう。与えられるわずかな水と食料で、暖は殺されもせずにただただ孤独と戦う8年の月日が流れる。だが、暖にも限界ついに生命の限界が訪れようとしていた…。
そんな時、地下牢の床から1人の男が顔を出す。暖を脅し、看守への告げ口を封じる闖入者は日本語を話した。男が床の穴に戻ると、暖は意を決して後を追う。穴は男の独房に通じていた。暖が出会った男の名は、ファリア真海(田中泯)。投獄されている国の元大統領だった。暖は自分が投獄された理由をファリアに尋ね、入間公平(高橋克典)や神楽清(新井浩文)たちにハメられたことを知る。手製の道具で脱獄用の穴掘りを手伝う暖は永遠とも感じられる作業の中、ファリアから様々な知識と教養を得る。生かされているだけでなく、目的を持った暖の精神と肉体は輝きを取り戻し始めた。暖の目的とは日本に帰ること、そして何より自分を陥れた人間たちへの復讐だった。
暖がファリアとトンネル堀を続けて数年後。ついに脱獄可能な場所にたどり着く。だが、暖よりも年長で長い年月を戦い続けたファリアは力尽きようとしていた。暖はファリアからあるものを託される。

公式サイト YouTube

3話動画あらすじ

柴門暖(ディーン・フジオカ)はファリア真海(田中泯)の莫大な隠し資産を譲り受けた。素性を知られぬため暖はモンテ・クリスト・真海と改名し、世界屈指の投資家となる。しかし、大金持ちとなった暖=真海の心は満たされることはなく、かつて自分を陥れた者たちへの復讐心に支配されていた。
ある日、江田愛梨(桜井ユキ)と南条明日花(鎌田恵怜奈)が2人乗りのシーカヤックで遊んでいると誤ってパドルを落としてしまう。手で漕いで浜に帰ろうとするのだが、潮の流れが悪くなかなか戻れない。その時、クルーザーが近くを通り過ぎた。愛梨と明日花が助けを求めると、クルーザーが戻ってくる。クルーザーに乗っていた真海と秘書の土屋慈(三浦誠己)は愛梨たちを助けた。

港に戻ると、愛梨は明日花の両親が真海に挨拶がしたいと言うので家に寄って欲しいと頼む。真海は愛梨たちと明日花の家へ行くと幸男(大倉忠義)が帰って来た。明日花は幸男とすみれ(山本美月)の娘。愛梨は幸男のマネージャーだった。ほどなくすみれも帰宅。幸男は有名な俳優、すみれはやはり著名な料理研究家になっている。帰り際、真海は自分の別荘でホームパーティーをしたいと、幸男とすみれを招待した。
真海が別荘に戻ると神楽清(新井浩文)が秘書とともに現れる。真海はこの別荘を神楽から買っていた。神楽にも夫婦でパーティーに来て欲しいと招待状を渡す真海。さらに、真海は入間公平(高橋克典)にも接近する。
公式サイト YouTube

4話動画あらすじ

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は、復讐のターゲットとなる者たちとの面通しを済ませる。これは、ターゲットたちの大切なものを全て壊すことが目的である真海の序章に過ぎない。
とある土地開発プロジェクトの地鎮祭に、神楽清(新井浩文)が留美(稲森いずみ)とともに出席。政治家の木島義国(嶋田久作)とつながりを持つ神楽は次の国有地の取引を有利に運ぼうとしている。木島は神楽に国有地取引に他の建設業者も動いていると神楽に釘を刺した。神楽は留美を残して先に会場を出る。そこに真海が現れた。入間公平(高橋克典)から真海には近づくなと言われていた留美は驚く。真海は神楽にテナントの相談に来たと言う。そして、店を出すのは自らのアパレルブランドを立ち上げようとしている安堂完治(葉山奨之)だと、連れてきた青年を留美に紹介。そして、安堂の相談を聞いて欲しいと真海は留美を別荘でのランチに誘った。帰り道、素直で明るい安堂を気に入った様子の留美は、神楽に頼んでテナントなどの件は力になりたいと告げる。
一方、入間は娘の未蘭(岸井ゆきの)の結婚式の日取りを決めた。戸惑う未蘭は貞吉(伊武雅刀)に相談したいと言う。入間は未蘭、妻の瑛理奈(山口紗弥加)と貞吉の部屋へ。貞吉は会話もままならず、介護が必要な状態になっていた。まだ結婚には早いと言って欲しいと頼む未蘭に貞吉は…。言葉を話せない貞吉をバカにするかのように、入間は結婚準備を進め始める。

公式サイト YouTube

5話動画あらすじ

実の母子に肉体関係を持たせる…。モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の魔手は神楽清(新井浩文)の妻、留美(稲森いずみ)を彼女が不倫の果てに産んだ安堂完治(葉山奨之)と結びつけた。
真海の次なる一手は、入間公平(高橋克典)に向けられる。真海は外務省勤務でマレーシアに駐在していた出口文矢(尾上寛之)を日本に呼び戻して自身の別荘に招待。出口は入間が自ら選んだ、娘、未蘭(岸井ゆきの)の婚約者だ。日本に帰れたことを喜ぶ出口に、真海は頼みがあると持ちかける。それは入間の父、貞吉(伊武雅刀)を殺して欲しいというものだった。驚く出口に真海は冗談だと告げるが、入間家は貞吉の莫大な遺産相続で揉めていることを吹き込む。

一方、未蘭は『富永水産』に頼んでおいたダボハゼを取りに行く。守尾信一朗(高杉真宙)からダボハゼを渡された未蘭の顔が輝いた。ランチに出ると未蘭は貞吉の反対で結婚がなくなったことを信一朗に話す。信一朗と未蘭の未来に明るい陽が差し込んだかに思えたが…。
未蘭が帰宅すると出口が来ていた。入間は出口に貞吉の遺言書の件を話す。未蘭が出口と結婚したら遺産は全て寄付するというものだ。入間はそれでも未蘭と結婚して欲しいと出口に頼む。
出口は真海に成り行きを報告。すると真海は、未蘭との結婚前に貞吉を殺して遺産を相続してしまえば良いと、出口に囁く。逡巡する出口に真海は、貞吉はかつて人を殺していると話し出した。
公式サイト YouTube

6話動画あらすじ

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は、ついに死者を出すまでに至った。その犠牲は入間公平(高橋克典)家族の崩壊を意味している。真海が放つ復讐の火種は南条幸男(大倉忠義)と 神楽清(新井浩文)の関係も絶ち、大炎上を招こうとしていた。
香港のタブロイド紙が十数年前に失踪した有名俳優、ショーン・リー(ジョー ナカムラ)家族が裏組織ヴァンパに殺害されたという新証言を掲載。記事は真海が裏で手を回したものだが、幸男の弱点を探る神楽も食いつく。ショーン家族失踪当時の付き人が幸男だったからだ。もちろん幸男、そしてヴァンパも…。バーで1人飲んでいた幸男は“あの時”を思い起こす。ヴァンパに多額の借金をしていた幸男はショーン家族の留守宅に組織を招き入る。宝飾品などを盗み出すことで借金をチャラにしようとしたのだ。だが、そこにショーンたちが帰宅。組織のメンバーは、夫婦を殴り倒す。
幸男が気づくと両隣に男が座っていた。ヴァンパのボス、ダニー・ウォン(葉山ヒロ)たちだ。裏切り者を始末しに来たのだが、幸男は自宅に脅し文句が書かれたファックスが送られたことを男たちに話す。すると最近、香港で過去の幸男のことを嗅ぎ回る人間がいたと教えられる。神楽の秘書、牛山直紀(久保田悠来)だ。男たちは牛山の動きを止めるよう幸男に命令する。
だが、事件の真相を知っている人間は幸男とヴァンパのメンバーだけではなかった。それは、両親を目の前で殺害されたショーンの娘で…。

公式サイト YouTube

7話動画あらすじ

 モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は自分を貶めた寺角 類(渋川 清彦)をこの世から抹殺する。そして、真海が復讐のために放った南条幸男(大倉忠義)に向けた矢も、ついに的を射ようとしていた。
幸男の家に、裏組織のダニー・ウォン(葉山ヒロ)とサム・ユンロン(ジョン・リ)が押し入り、何も知らないすみれ(山本美月)と明日花(鎌田英怜奈)を人質にとられる。かつて幸男も片棒を担いだショーン・リー(ジョー ナカムラ)事件の目撃者が香港警察と接触することになったとダニー。目撃者はショーン夫婦の娘、エデルヴァ。エデルヴァはダニーたちが人身売買で売り飛ばしたのだが、日本語を話す男が買い取った。ダニーは幸男が誰かに狙われているのだろうと、その男を探し出すよう命令する。家を飛び出した幸男は江田 愛梨(桜井 ユキ)に予定のキャンセルを連絡、さらに神楽清(新井浩文)に電話するのだがつかまらない。その頃、神楽は訪ねてきた真海と会っていた。真海は留美(稲森いずみ)に引き合わせた安堂完治(葉山奨之)が詐欺師だったと神楽に謝る。そして、間もなく幸男がショーンの事件に関与していたことを香港警察が知ることになるとも教えた。
寺角の遺体は匿名の通報で警察が発見される。寺角が浜浦町の出身で、15年前に暖が捕まった時の関係者だと国見悠馬(森岡龍)は入間公平(高橋克典)に報告。入間は、ラデル共和国から死亡報告が届いている暖を調べ始めた。

公式サイト YouTube

8話動画あらすじ

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は予定通り南条家を崩壊に導き、幸男(大倉忠義)が自ら命を絶とうとするまでに至る。だが、幸男の娘、明日花(鎌田英怜奈)の存在が江田愛梨(桜井ユキ)を惑わせてしまった。真海が暖だと気づいたすみれ(山本美月)の存在も大きなものとなる。
自分の中にある揺れに呆然としながら真海が釣りをしていると、守尾信一朗(高杉真宙)が現れた。信一朗と話すことで気分転換になった真海の心は、すぐに曇ることとなる。信一朗の交際相手が入間未蘭(岸井ゆきの)と知ったからだ。

その頃、未蘭は父の入間公平(高橋克典)に信一朗と会ってくれと頼んでいた。しかし、入間は頑なに拒絶。瑛理奈(山口紗弥加)は時間をかけて説得しようと未蘭を慰め、貞吉(伊武雅刀)の部屋に連れて行く。瑛理奈の殺害計画を知る貞吉は必死に未蘭に危険を伝えようとする。しかし、会話用のタッチパッドが瑛理奈に操作されていたため、未蘭に伝えることは出来なかった。と、そこに真海が貞吉に会いに来たと現れる。
入間は神楽清(新井浩文)と会う。神楽は幸男の自殺、そして寺角類(渋川清彦)殺害は真海の仕業だと話す。さらに、神楽は真海が自分と入間もターゲットにしていると告げた。真海は何者だと思うと問う入間。もちろん、入間と神楽の脳裏には共通の人物が浮かぶ。入間は真海を呼び出す。真海と話すために使う取調室は15年前に柴門暖を陥れた部屋で…。
公式サイト YouTube

9話動画あらすじ

 南条幸男(大倉忠義)、神楽清(新井浩文)、入間公平(高橋克典)へのモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は、彼らの家族たちも巻き込みながら結末を迎えようとしていた。
真海が守尾信一朗(高杉真宙)に渡した薬を飲んだ未蘭(岸井ゆきの)は未だに昏睡したままで面会謝絶。信一朗は入間からも促され、真海の別荘を訪ねる。詰め寄る信一朗に、真海はもうすぐ死んで償うと詫びた。
未蘭を排除した瑛理奈(山口紗弥加)は、いよいよ貞吉(伊武雅刀)を殺害しようとする。だが、そこに入間が帰ってきてしまう。すると貞吉は眼で話があると入間に合図。入間と2人きりになった貞吉は、真海が残していったボードを使って会話を始める。

倉庫に閉じ込められた神楽は、国有地売却の件で議員と自分に闇献金疑惑がかけられ東京地検特捜部が捜査に動いたことを知る。そこに天野満(栁俊太郎)が手下を連れて現れた。天野は神楽に拷問を始めるが、それはかつて柴門暖が受けたような過酷なものだった。
幸男とすみれ(山本美月)は真海に会いに行こうとしていた。だが、その途中、愛梨(桜井ユキ)から明日花(鎌田英怜奈)と一緒にいると連絡が入る。自分に恨みを持つ愛梨と娘が一緒だと知った幸男は、すみれを帰して独りで真海に会いに行くことに。
その頃、真海は入間と会っていた。真海は入間に留美(稲森いずみ)と安堂完治(葉山奨之)が一緒に逃げていると教える。
公式サイト YouTube

モンテクリスト伯キャスト情報

ドラマ「モンテクリスト伯」のキャスト情報は以下になります。

柴門暖(ディーン・フジオカ)

本作の主人公で、原作におけるエドモン・ダンテス(モンテ・クリスト伯)に相当するキャラクター。

ディーン・フジオカ

本名:藤岡 竜雄(ふじおか たつお)、1980年〈昭和55年〉8月19日 – )は、俳優、シンガーソングライター、映画監督、モデル。福島県須賀川市生まれ。所属芸能事務所はアミューズ。所属レコード会社およびレーベルはA-Sketch。公式ファンクラブは「FamBam」。

ウィキペディア

出演作品

推しの王子様

危険なビーナス

今からあなたを脅迫します

IQ246〜華麗なる事件簿〜

ダメな私に恋してください

連続テレビ小説 あさが来た

探偵の探偵

王子様をオトせ!

笑うハナに恋きたる

ホントの恋の見つけかた

南条幸男(大倉忠義)

すみれの幼馴染で俳優。原作におけるフェルナンに相当するキャラクター

大倉忠義

1985年〈昭和60年〉5月16日は日本の歌手、ドラマー、俳優、タレント。大阪府東大阪市出身。ジャニーズ事務所所属。関ジャニ∞のメンバーであり、主にドラムを担当している。有料公式モバイルサイト『Johnny’s web』の連載は「Oclub」。

ウィキペディア

出演作品

知ってるワイフ

ドS刑事

はなちゃんのみそ汁

Dr.DMAT

お天気お姉さん

パパドル!

三毛猫ホームズの推理

生まれる。

ヤスコとケンジ

歌姫

目黒すみれ (山本美月)

暖の婚約者。原作におけるメルセデスに相当するキャラクター。

山本美月

1991年(平成3年)7月18日 日本の女優、ファッションモデル。

福岡県福岡市出身。インセント所属。夫は俳優の瀬戸康史。

ウィキペディア

出演作品

女系家族

ランチ合コン探偵〜恋とグルメと謎解きと〜

パーフェクトワールド

孤高のメス

大河ドラマ いだてん〜東京オリムピック噺〜

嘘の戦争

HOPE〜期待ゼロの新入社員〜

臨床犯罪学者・火村英生の推理

恋仲

地獄先生ぬ〜べ〜

神楽留美(稲森いずみ)

清の妻。原作におけるエルミーヌに相当するキャラクター。

稲森いずみ

1972年3月19日 は、日本の女優。鹿児島県出身。バーニングプロダクション所属

ウィキペディア

出演作品

ファイトソング

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜

まだ結婚できない男

ドロ刑 -警視庁捜査三課-

刑事ゆがみ

戦う!書店ガール

医龍-Team Medical Dragon-4

大河ドラマ 八重の桜

私が恋愛できない理由

怪物くん

アイシテル〜海容〜

入間公平 (高橋克典)

警視庁公安部外事第三課参事官(2003年) → 警視庁刑事部長(2017年 – )。原作におけるヴィルフォールに相当するキャラクター。

高橋克典

1964年〈昭和39年〉12月15日 – )は、日本の歌手、俳優、司会者。所属事務所はケイダッシュ。身長175cm、体重68kg。趣味はツーリング。神奈川県横浜市出身。

ウィキペディア

出演作品

ひきこもり先生

M 愛すべき人がいて

ガチバカ!

特命係長 只野仁シリーズ

不惑のスクラム

トットちゃん!

ホテルコンシェルジュ

匿名探偵

課長島耕作

サラリーマン金太郎シリーズ

モンテクリスト伯動画期待する見どころ

ドラマ「モンテクリスト伯」見どころをまとめました。

ディーンフジオカさんの堪能な英語を聴けるのも見どころ!

ディーンフジオカ演じる暖が幸せの絶頂から絶望へと落とされ、身分をいつわりながら過去の、自分をはめた人間たちに復讐を実行していく面白いドラマです。
ディーンフジオカが収監されている刑務所での会話は英語でかわされており、堪能な英語を聴けるのも見どころの1つです。過去に結婚式直前まで一緒にいた山本美月に以前愛し合った暖であることがばれるまで時間がかかりますが、気持ちをおさえて冷酷な態度をとりつづけるディーンフジオカの葛藤も見どころです。

ディーンフジオカさんの華麗な変貌が圧巻!

なんと言ってもディーンフジオカの文字通り、華麗な変貌が圧巻です。素朴で純真で垢抜けない「柴門暖」から知的で優雅なシンガポールの大富豪の「モンテクリスト・真海」への変身が1番の見どころです。生き地獄の監獄島でファリナ・真海を師父として知性と教養を身に付けた結果、表情、物腰、言葉遣いから細やかな仕草まで別人になった彼を旧知の誰一人気が付かない。特殊メイクも整形もしていないのに、誰一人気が付いてくれない事実に更なる絶望を抱える真海の表現が秀逸でした。

復讐劇へと転換していくストーリーが魅力的!

スタートから暫くはのどかな漁港町でのどかに暮らす人達を描くごくありふれた日常のシーンながらもその後は同じドラマかと思うほど変わり、復讐劇が繰り広げられるストーリーが急転換した事と、ディーンフジオカさんが最初のキャラクターと復讐を開始する時からはキャラクターを変えて自分を追い詰めていった人間達を一人一人じわりじわりとまるで真綿で締め付けるような苦しみや恐怖を与えながら復讐をしていき、一視聴者でありながらもまるで自分が復讐をされる対象になっていると感じるほどの怖さを感じる点が見どころです。

出演者の演技力の高さが魅力的な作品です

19世紀のフランス小説を現代の日本を舞台にリメイクするという離れ業を実現する出演者の演技力の高さが魅力的な作品です。単なる復讐劇でなく、ディーンフジオカ演じる柴門暖の逮捕をきっかけに目まぐるしく変化し、複雑に絡み合う人間模様を豪華な出演者が見事に表現しています。登場人物達が「人間のエゴ」を剥き出しにしてぶつかりあう姿にゾクゾクする恐さとともにどこかスッキリとする爽快感を感じ、ストーリーにのめり込んでしまいます。

どうなるかわからない結末を予想できる楽しさが見どころ!

原作小説の雰囲気を損なわず、うまく現代風にアレンジされているドラマです。ストーリー展開のおもしろさもさることながら、とにかく出演者のみなさんの演技が抜群です。特に、主演のディーン・フジオカさんはあんなに甘いマスクなのに、みごとに復讐に命を賭ける主人公を演じています。ディーン・フジオカさんの渾身の演技を見るだけでも、楽しめるのですが、どうなるかわからない結末を予想できる楽しさも見どころかと思います。

日本のドラマのスケールを超えた壮大なストーリー

アレクサンドル・デュマの古典的名作である同名小説を現代風にアレンジした「モンテクリスト伯~華麗なる復讐」ですが、とにかく主演のディーン・フジオカの魅力が詰まった作品になっています。無実の罪を着せられ愛する人を奪われた主人公を描いた本作は日本のドラマのスケールを超えた壮大なストーリーになっていて、英語を使うシーンも多いのですが元々海外でインターナショナルな活動をしていたディーンなので、内に熱い気持ちを抱えながらも冷静に復讐を果たしていく演技は他の日本の俳優では表現できないかっこよさがあります。

ディーンフジオカさんが役柄にとてもはまっている

ディーンフジオカが役柄にとてもはまっている。普通の男性役だとどこか浮いてしまうところがあるが、スマートな資産家の日系人という役がとても合っている。少し日本語の活舌が良くないところもむしろ役にリアリティを持たせている。彼のはまり役の一つだと思う。
主人公が自分を陥れたあくどい人間たちに復讐をしていく様に胸のすく思いがする。やりすぎかなと思うくらいの残酷さもあるが、ひどい目に合った人たちや本当に幸せになって貰いたい人は救われているのも見ていて救いがある。もう一度見たいと思うドラマの一つ。

黒幕が誰なのか推測しながら見る楽しみがあります!

このドラマの見どころは,なんと言っても自分を陥れたディーンフジオカさんが復習する怖さです。紳士に見せかけて実は裏で色んな人を調べ上げて自分を陥れた黒幕は誰なのかを知り,その人たちを陥れる姿が圧巻でした。また、昔の恋人が大倉さんと結婚してその姿を見ながら苦悩するところも良かったです。そして、黒幕が誰なのかを回を追うごとに明確になっていき、誰だろうと推測しながら見る楽しみもあります。第一話のディーンフジオカさんが洞窟で拷問を受けている姿もすごい迫力の演技で見応えがありました。

ディーンフジオカさんの端正な顔立ちが魅力的

異国の地で無実の罪なのにもかかわらず、何年もの月日も、投獄されてしまった柴門暖が耐えて生き続け、幽閉されていた場所から、元に自分が生きていた場所へ戻り、そこから華麗な復習劇が始まるところが見どころです。また、投獄される前、投獄されている間、投獄された後では柴門暖のビジュアルが違うのだけれど、どの柴門暖も演じるディーン・フジオカさんの端正な顔立ちが活かされていて、とても魅力的であるところも必見です。

ヒロイン役の山本美月さんに注目して観ると、ドラマがまた面白くなってきます。

このドラマでは、ディーン・フジオカさんが、自分を陥れた3人の人物に対して復讐をしていくシーンに見どころがあります。主人公である柴門暖が、愛する女性と未来の家族を奪われてしまい、復讐をしたいという気持ちが伝わってきました。投獄生活を送ってきた廃人から別人のように変わることができたことで復讐が始まると思いました。ヒロイン役の山本美月さんに注目して観ると、ドラマが面白くなってきます。ディーン・フジオカの演技力は、とても素晴らしく感じられました。

濡れ衣を着せられ、婚約者も奪われ、地獄へと落ちた紫門暖の復讐劇が見どころ

濡れ衣を着せられ、婚約者も奪われ、地獄へと落ちる紫門暖。そんな暖さんが地下で老人と運命の出会いをして地獄から抜け出し、紫門暖としてではなく、モンテ・クリスト真海として生きていく。多額の資金を手にし、地獄へ陥れた人たちに復讐し、今度はその人たちを地獄へと陥れる。かつての婚約者だったすみれは真海との時間を過ごしていく中で、「もしかして、暖さんなのでは?」と疑い始める。暖さんは復讐を成し遂げることができるのか見どころです。

後半に起こる予想外の復讐の展開で一気に引き込まれてしまいます

正直言って、最初の3話くらいはドラマ全体のトーンが暗く、外国の作品が原作の作品特有のごちゃっとした話の展開で、ディーンフジオカさんの演技だけを見るためだけに見ていたのですが、後半の目まぐるしく動く予想外の復讐の展開で一気に引き込まれてしまい、後半の2~3話はとにかく続きが気になって楽しみになりました。
特に大倉忠義さんの演技に引き込まれてしまい、ジャニーズのアイドルだと思っている方はぜひ見てほしいです。彼の思い詰めている表情がとても素敵でした。

日本では巌窟王として知られている有名な作品の実写化

日本では巌窟王として知られている有名な作品が実写化されました。ディーンフジオカさんが主人公である復讐をする男を演じます。主人公は地獄のような人生を辿っており、その中で自分を陥れた人たちへ復讐していくストーリーになっており、爽快感を感じられます。主人公の怒りや孤独感、妬み、苦しみがディーンさんの演技からひしひしと伝わってくるので、感情移入しやすい作品です。主人公が復讐する相手は、警視庁や会社社長、俳優などVIPが多く、想像以上の復讐が繰り広げられます。

暖の復讐のビフォーアフターのギャップが一番注目すべき点

とにかく、暖の復讐のビフォーアフターのギャップが一番注目すべき点だと思います。特に身に覚えのない冤罪で拘束され、拷問され、投獄され、絶望の中でどんどん生きる気力を奪われていく表情の変化には、胸が苦しくなるほどのショックを与えられてしまいます。
そして、それ以上に、人を平気で陥れる人間は意外と冷静沈着であるという描写も、この作品ならではの特徴です。殺人を犯す人間は激情に駆られて行動しがちですが、復讐を実行する暖はそういう隙を一切見せないので、殺人と復讐の違いがよくわかるのが一番の醍醐味だと思います。

モンテクリスト伯動画まとめ

ドラマ「モンテクリスト伯」は、動画配信サービスTSUTAYATVディスカスで配信してます!

月額2052円ですが初回30日間無料となっています!

ぜひお試しください!

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA