元彼の遺言状つまらない10つの理由!

2022年春ドラマ「元彼の遺言状」がつまらないとの声がありましたが、何故なのか気になりますね。こちらの記事では、ドラマ「元彼の遺言状」がつまらない理由をまとめてみました。

元彼の遺言状無料で見る

元彼の遺言状つまらない理由

ドラマ「元彼の遺言状」がつまらない理由をまとめてみました。

理由①セリフと情報量が多すぎて理解に疲れる

原作を書かれた新川帆立さんは弁護士としても活躍されており、ドラマ「元彼の遺言状」においても法律家ならではの視点から詳しく相続のことが描かれています。そのため、セリフの量や説明が多くなってしまったり、専門用語が出てきたりするのかもしれませんね。

1話、2話共に観ましたがセリフが多すぎて理解するのにとても疲れる程の情報量が続くのでつまらなく感じました。弁護士だからなのか説明が固すぎると感じるのでセリフが全て説明に聴こえてきて楽しみポイントがわからないまま次々話が進み置いてきぼりを感じました。二話で1つの話が終わったのでこれからもこんな感じで進むのかなぁと思いますが続けて見るかは検討中です。

個人的に本作をつまらないと興ざめしてしまう一つの理由として、必要以上に話を複雑化させているところにあると思っています。もっとも、剣持麗子さんが弁護士である以上、幼稚な発言が飛び交っても問題になるのは目に見えているけれど、専門性の高さを追求されても、視聴者たちはポカンと口をあんぐり開ける他ありません。逐一噛み砕いた説明がある訳でもないため、各々で理解せねばならないのが結構な骨折りとなっています。

理由②豪華な出演者なのに配役がもったいない!

フジテレビの”月9”枠のドラマにふさわしい豪華なキャストで放送開始前から話題になっていましたが、キャストと配役が合っていないと感じる声が多くありました。登場人物が多いドラマなので、ひとりひとりの役が際立つのはこれからなのかもしれません。

ドラマが始まる前に予告で見ていた「私があなたを殺人犯にしてあげる」というセリフが印象に強く残り、弁護士でありながら殺人に手を染めていくというストーリーを予測していました。しかし実際に視聴すると、遠回りしながらも弁護士の職を全うしている姿に期待を上回らない展開だったなと少し残念に感じました。また出演者は豪華なのに、突飛しない役柄ばかりで勿体ない配役だと感じさせた点も残念に感じました。

全体的にあまりパッとしないなと感じます。出演されている俳優さんたちはとても豪華だけど、うまく役にハマっていないような気もします。全体的にまとまりを感じないです。
ミステリアスな世界観と、どこかコミカルさが入っているのがあまり上手くいってないように感じます。物語のスピード感もゆったりな感じで、メリハリに欠けているように思います。

理由③キャストのイメージが原作と違う

ドラマ「元彼の遺言状」は原作があるため、人によっては「キャストが原作のイメージと違う」と感じる方もいるようですね。やはり、絵のある漫画よりも小説の方が頭の中でイメージしている人物像が個々で差が出るところだと思いますので、このような感想を持った方が多くなってしまったのではないでしょうか。

私は原作を読んでドラマを見たんですが、本の印象のキャストとドラマのキャストが合わないと思います。原作では20代後半の弁護士なんですが綾瀬はるかさんは30代後半ですし大泉洋さんに至っては50ですよね。そこからして違和感があります。後は期待値が高かったのもつまらない理由でしょうか。もう一つ言えるのはフジテレビなのも理由だと思います。TBSなら面白いものが作れたと思います。

理由④主人公・剣持麗子のキャラクターを活かしきれていない

主人公、剣持麗子のキャラクターは、強引に物事を進め、”勝ち”にこだわるという強烈なインパクトがあるはずなのに、周りの登場人物が個性的で強欲さが目立っていたため、麗子のキャラクターが薄れてしまったと感じた方が多くいたようです。ドラマでは、栄治の元カノが多く登場しているため、麗子以外の人物の個性を印象付けたいという作り手側の意図があったようにも思えます。綾瀬さんをはじめ、皆さん演技派が揃っているので麗子のキャラクターが薄れてしまったとしても仕方ないかもしれませんね!

遺産相続、多彩で癖のあるキャラクターたちという設定はよくあるもので、それ自体は言わば定番でもあるのでそこまでマイナスではありませんが、その中で立ち回っていく主人公・剣持麗子のキャラクターがイマイチ弱いように思います。設定上はかなり個性を持たされていますが、その個性が行動として描き切れていない。綾瀬はるかさんの演技は悪くないと思うので、脚本でキャラクターを生かし切れていないのではないかと思います。

強欲な弁護士である麗子よりも、元カレだった栄治が付き合っていた元カノだった女性陣の強欲さが溢れかえっているために、主人公の麗子が人物設定が薄れたのが原因に思われて、また強引に物事を進める麗子なのに意外と段取りがちゃんとしていないと動かない慎重さから真面目である性格と感じられるために面白さが減っている気がします。
また、謎の存在である篠田を怪しまずに相棒となる麗子というアッサリさも極端に感じています。

理由⑤登場人物誰に対しても感情移入できない

1話2話では、栄治の遺産を狙う者たちの強欲さが際立っていたこともあり、登場人物に人間味を感じられず、結果として感情移入できなくなってしまったとの声が多くありました。2話で解決したため、そこまで登場人物のキャラクターを掘り下げる必要がなかったというのもありそうです。

自分を殺した犯人に財産を譲る遺言状には、最期まで見たら英治が本当に伝えたいメッセージが隠されているのかもしれませんが、何故元カノ全員にまで財産分与をするのかは理解し難くて、篠田は頼朝に見えてしまうし、紗英は誰に対しても喚いてひたすら煩くて、登場人物誰に対しても感情移入出来ないから結果的にストーリーへ没入することが難しくなってしまいました。

 

 

理由⑥登場人物が多すぎて覚えられない

ドラマ「元彼の遺言状」では、とにかく登場人物が多く、ドラマを観ながら誰が誰なのかを把握しなければならず、ストーリーがすんなり入ってこなかったのでつまらないと感じた方が多かったようですね。登場人物が多いため、ひとりひとりの人物像を把握しにくいのも原因ではないかと思われます。

私が感じたのは、登場人物が多すぎて誰が誰なのか理解するのに一苦労だなと感じました。頭を使ってみないといけないので面白くないかなと感じました。原作を読んでいたので、原作と内容が違う点も少し残念だなと感じながら見ています。また、物語もあまり進んで行かずストーリーもありきたりなのですこしつまらないなと感じます。これからどうなっていくのかもわかってしまうからです。

理由⑦2話で事件が解決してしまったから

原作の小説が最終回まで描かれると思っていたところ、2話であっさり解決してしまったので驚いた方が多かったようです。1話で犯人予想や考察を始めた方にとっては拍子抜けだったのではないでしょうか。しかし、ドラマでは、3話からオリジナルストーリーや短編集「剣持麗子のワンナイト推理」を基にしたエピソードが描かれるので、そちらも楽しみですね!

元彼の遺言状というタイトルなので、栄治さんが亡くなった事件をもっと複雑で、誰が犯人か最後まで分からない展開だったと思っていたのですが、2話であっさりと解決してしまい、もっと複雑な展開を期待していたので、がっかりでした。殺害した内容も妻との不倫と、子供が栄治さんの子だったという内容で、遺産を貰えるならもっと家族間のドロドロな内容で、解決して楽しませて欲しかったです。

このドラマをつまらない部分は話が早く飛躍し過ぎた所だと思います。特に栄治が亡くなった結論を終わらすには早すぎた印象を感じました。もうちょっと話を伸ばしても良かったような気がしました。栄治の事件の真相をもっと違う視点から見たかった所もありますが、それと富治のキャラクターがいまいち良く分からなかったのも気になった点でした。もっと話に絡んで欲しかったです。

https://twitter.com/motokare_cx_/status/1516387666627117057

 

 

理由⑧遺言状の内容にリアリティがない

そもそも「自分を殺した人に全財産を渡す」という内容の遺言状を公証人が断らないのも不思議ですし、親族だけでなく、元カノにも遺産を分けるという栄治の考え方に共感できないとの理由で「つまらない」と感じたようです。栄治は、自分の周囲にいる強欲な人間たちが遺産目当てに争っている姿を想像しながら遺言状を遺したのかもしれませんね。

死んでしまった人の遺言状に、自分を殺した人に遺産をあげるなんてかくのがそもそもありえないし、そんなこと書いたがために、自分が犯人だ!と名乗り出る人が多くて、実際には誰が殺したかなんて分かんない感じだし、身内がワイワイ騒いでいるだけのような感じがしました。また、元カノにも遺産を分けるなんて、そんな遺言状自体あり得ないだろうと感じました。

理由⑨遺言状の目的がはっきりしない

2話では、犯人が分かり、事件は解決しましたね。2話で原作の結末まで一気に進んだのですが、まだ謎が多く残されているような気がします。例えば、栄治はなぜあのような遺言状を遺したのでしょうか。犯人とその動機はわかりましたが、遺言状の”目的”が解明されていません原作では、遺言状の真の目的にたどり着くまで多くの謎がでてきたそうなので、これからのストーリー展開が楽しみです!

元彼の栄治が残した遺言状が不思議だったので、どんな秘密があるのかと思ったら、目的がはっきりしないまま殺した犯人がわかってしまいました。しかも犬が吠えなかったという理由なので、すぐに堂上だとわかりました。簡単すぎて気が抜けました。多額の遺産ももらえません。栄治の暗号も簡単で「しのだをたのむ」で、このために麗子を呼んだのでしょうか。綾瀬はるかさんの魅力だけで突き進んでいるドラマだと思います。

理由⑩人間関係が難しく、ストーリーにメリハリがない

登場人物が多く、人間関係が複雑なため、まずは誰が栄治とどのような関係なのかを理解するのに時間がかかるとの声がありました。”犯人予想・考察”をする上で人間関係を理解することは重要なのですが、ドラマ「元彼の遺言状」ははじめから登場人物同士の関係が複雑なため、犯人予想も難しいと感じるようです。それに加え、ストーリーも法律的で難しく、メリハリがないように思うのかもしれません。

先ずは犯人候補になった人達の関係がややこしいんです。亡くなった英治とどういう関係なのかから始まり訳が分からなくなってしまいました。1話で沢山の女性が集まったり必要の無い場面が多くストーリーの展開もダラダラ感が凄いです。そしてこれはフォローになってしまうかもしれませんが綾瀬はるかと大泉洋が出演していることからハードルが元々高くなってしまったというのもあると思っています。

 

元彼の遺言状つまらない理由まとめ

ドラマ「元彼の遺言状」がつまらないと言われる10つの理由をまとめてみました。「つまらない」「面白くない」と言われていますが、物語の最初はこのような始まりかもしれません。3話からオリジナルストーリーや短編集「剣持麗子のワンナイト推理」を基にしたエピソードが描かれるので、これから新たな展開が待っていて、どんどん面白くなってくると思われます。今後のストーリー展開に期待しましょう!

元彼の遺言状無料で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA