凪のお暇見逃し配信1話から無料フル!再放送情報も!

黒木華さん主演ドラマ「凪のお暇」を見逃してしまったという方に1話から見逃し配信している動画サービスを紹介します。

paravi

 

凪のお暇公式情報

公式サイト 公式サイト
関連サイト ウィキペディア
公式Twitter 公式Twitter
キャスト情報 黒木華/高橋一生/中村倫也/吉田羊/唐田えりか/

凪のお暇見逃し配信状況

ドラマ「凪のお暇」を1話から見逃し配信している動画サービスをを紹介します。

動画サービス 見逃し配信状況
Tver

paravi

ドラマ「凪のお暇」の1話からの見逃し配信は動画配信サービスparaviで配信しています!

paravi

話題のドラマも見放題!!

paravi

本ページの情報は22年時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

TSUTAYAディスカス

ドラマ「凪のお暇」ですが1話から動画配信サービスTSUTAYAディスカスでも見放題になっています!

こちらはレンタルDVDとなりますが、初回30日間無料!!

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

下記作品も見放題できます!!

黒木華主演

・おおかみこどもの雨と雪

・バケモノの子

・小さいおうち

・母と暮らせば

・天皇の料理番

高橋一生主演

・嘘を愛する女

・ロマンスドール

・スパイの妻

・空飛ぶタイヤ

・億男

・民衆の敵

・世界の中心で愛を叫ぶ

・だから荒野

中村倫也主演

・木曜日が消えた

・私をくいとめて

・人数の町

・サイレントトーキョー

・俺は君のためにこそ死に行く

・ファーストラブ

・ピースオブケイク

・先生!、、、、好きになってもいいですか

・初めて恋をした日に読む話

・この恋あたためますか

・新宿セブン

スマホで注文後、自宅にDVDが届きます。返却は自分の家の近くのポストへ。延滞金はかかりません。

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

下記も見放題!

貴族探偵

フリーター家を買う

HERO

・プライスレス

・失恋ショコラティエ

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

Tver

Tverでは見逃し配信していません。

凪のお暇主題歌

凪のお暇再放送情報

ドラマ「凪のお暇」ですが再放送は現在行われていません。

TBS番組表
Yahoo!番組表

凪のお暇ネタバレ

1話動画ネタバレ

家電メーカーで働く28歳のOL・大島凪(黒木華)はいつも人の顔を伺いビクビクしてる。今日も同僚の足立心(瀧内公美)の気持ちを読み、のミスを自ら被って、謝罪して残業。

そんな凪の彼氏は営業部のエース我聞慎二(高橋一生)。

凪は内緒で彼と付き合っている。

慎二はモラハラ彼氏。しかし結婚したいためずっと耐えていた。

そしてくせ毛を毎日1時間もかけてストレートに直す。すべては彼の為に。

今日も足立から仕事を押し付けられ残業。

そこに慎二から連絡はいる。lineのメッセージ。

凪が慎二のところにいくと、彼は同僚に、凪と付き合ってるのはカラだの相性がいいからだと言いふらしていた。

ショックだった凪は過呼吸になってしまう・・

その後、大決心で会社を辞め、すべて断捨離、家賃3万のアパートで新生活スタート。

隣の部屋のゴン(中村倫也)は腕にタトゥーがあった。

翌日図書館へ行く。

その後落ちていた洗濯物を吉永に届ける。

そして彼女は凪を自分の部屋へ招待する。そこはゴミ屋敷ではなくシアタールームだった。

さらに彼女が薦めてくれたパンの耳は予想以上に美味しかった。

翌日、ナギは近所の八百屋に行く。

その後、アパートの部屋に出ると隣にはゴンがいた。

ゴーヤがあり、食べないのかと聞くとゴーヤなの?と聞き返すゴン。

そしてゴンが黄色のペンキがついた凪のほっぺたに手をかけたその瞬間、慎二がやってきた。

慎二は図々しく、凪の部屋に上がった。そして扇風機しかない部屋に対して大笑い、馬鹿にした。

さらに凪のくせ毛を変だと馬鹿にしながら首筋にキス・・・

そんな慎二に「したら帰って。会社の人に話してたの知ってる」という凪。

慎二はあれは冗談。そういう雰囲気という。

帰宅途中、ひどいことを言った慎二だが実は号泣してた。

凪に酷いことばかり言った慎二だが、帰り道は号泣していた。

実は慎二は、凪が1時間以上かけてストレートにするのを目撃して以来、凪のことを一生守るとしていたのだった。

いつものbarで泣き崩れる、慎二、ママ(武田真治)はただ話を聞いていた。

翌朝、ゴンさんがゴーヤーのお皿を返しに凪の部屋に来て、いきなりふわっと凪を抱き締めて「ゴーヤ御馳走様」。

凪は、そのまま倒れてしまうのだった。

公式サイト YouTube gyao Tver

2話動画ネタバレ

家賃や光熱費、年金、その他もろもろ、生きてるだけでおカネがかかる、そう感じた凪はハローワークへいく。

そこで出会った坂本龍子という女性と仲良くなる。意気投合して2人はお茶をしに行く。すると彼女は開運の石ブレスレットを売ろうとした。

過去の慎二の言葉を思い出す凪。凪は断れなさそうだから騙せそう…

勇気を出して断る凪だった。

一方、スナック「バブル」いる慎二、相変わらず凪に対して冷たい言葉でぼやく。その姿を見てママはまるで好きな子に意地悪する小学生だという。

その後慎二が凪を訪ねてやってくるが凪はいない。そこにあの吉永がやってくる。2人で映画を見ようという。

ふたりで恋愛映画を見ている慎二と吉永。内容は好きなのにすれ違う男女。ダメ出しをする慎二。

吉永は「男女の悲劇の引き金は、いつだって言葉足らず、彼はただ好きって伝えるだけでよかったのよ」と言う。

その頃凪はゴンとバーベキューをしていた。

バーベキューのあと、寝転がっている凪とゴン。ゴンは凪の上に覆いかぶさり、上から見下ろすと、かわいいと顔を近づけてくる。ふたりの周りに人が輪を作っていく。

慎二が吉永の部屋から出てくると、凪とゴンが帰ってきた。

凪は慎二に冷たく当たった。その態度を見てまた慎二も冷たくする。

部屋に行こうとする慎二にうららとトランプの約束があると断るが、なぜかいっしょにすることになってしまう。

ババ抜きをする凪、うらら、ゴン、慎二、吉永の5人。連敗してしまう凪。

そんな凪を見て慎二はババを引く人は、ババを引いてしいたげられた悲惨な自分にうっとりしているのだと持論を繰り広げる。

しかし凪は逃げなかった。いつもとは違う凪。そしてその様子に今度は慎二がくるってしまう。ババを引いてしまった。

さらに慎二が何時間も待っていたと吉永から聞かされ、慌てて後を追うと外にいる慎二。

吉永の言葉を思い出し、「好き」と言おうとする慎二。出てきて「バイバイ」と手を振るゴンをうっとりした目で見る凪に嫉妬、突然キスする。

慎二は俺のこと好きだろ?と聞く。しかし凪は思いっきり慎二をひっぱたいた。

通りを歩く慎二が坂本とすれ違う。すれ違いざまに落とした凪へのお土産を拾う慎二はまたしても号泣していた。

翌朝、外に出た凪に大声で声を掛けてきたのは、川向こうのアパートに引っ越してきた坂本だった。

そして、郵便受けにあったハガキは上京するという母のはがきだった。

公式サイト YouTube gyao Tver

3話動画ネタバレ

凪と母親が電話しているのを聞いて母が苦手と悟ったゴンは、9月に上京してくるまでに戦い方を身につけなきゃと言う。凪の母親は、ちゃんとした路線を歩かなければ許さない人だった。

慎二は、仕事でいっしょだったカナの部屋へ行く。ご馳走を用意していたカナだったが、思い出すのは凪の作ったドレッシングや節約料理のことばかり。凪の工夫や優しさに溢れた料理にあらためて想いを寄せる慎二はカナに謝りながら食べずに帰ってしまう。

ハローワークの帰りに婚活パーティに龍子に強引に参加させられた凪は、元同僚の足立に出くわす。パーティー後、いつもの足立のマウンティングにサンドバック状態の凪。しかし、勇気を出し、「参加者の男たちの職業や年収に文句をつける足立に、肩書きによっては抱かれちゃうような足立はちょろそうな女に群がる男と同じように浅ましい」と一蹴した。しかし、気がつくと自分も慎二に対して同じように肩書きに惹かれていたのでは?と感じる。

親類の結婚式で両親と出席した慎二。周りの空気を読み、明るく接する慎二だったが実は父親には外に4人の愛人と子供、母は整形依存で兄は失踪しているのだった。結婚式が終わった途端にバラバラに帰っていく家族。

スナック「バブル」で愚痴を吐く慎二。一見バリバリひとりでやっていけそうな慎二も、実は空気を読んで自分を殺して相手を気持ちよくさせているだけの透明人間のようなものだった。しかし空気を読む凪の前でだけはそういう風に振る舞えない慎二。ママは、「あっちがいいだけ」という凪の誤解を解いて謝るようアドバイスする。

営業に出かけようとしていた慎二を会社の前で待っていたのは凪だった。凪は気づいた本当の想いを伝えに来たのだった。慎二もママのアドバイスを実行するチャンスと考えた。レストランに場所を移し、向き合うふたり。

謝ろうと切り出した慎二の言葉を遮り、「私も慎二の外側だけ見てた。営業部のエースで、出世頭で、みんな大好き我聞慎二くん。どこ見たってちゃんとしてて、間違いなくて、親に紹介したらきっと喜んでくれて・・・そういう慎二の肩書きに惹かれてたんだと思う。そういう慎二に乗っかりたいだけだったんだと思う。その証拠に慎二のどこを好きだったのか思い出せない。空気を読むのが上手で群れの中で先頭切って泳いでいけるような人には、一匹だけはぐれたイワシの気持ちは分からないよね。でも脱線してもいいから、群れに戻れなくてもいいから、これからは誰かに乗っかって泳いでいくんじゃなくて、ちゃんとひとりで泳いでみたいの。私、慎二のこと好きじゃなかった。別れてください」と言う。先にそう言われてしまった慎二は、「何様だよお前。おれらとっくに別れてっていうか、元々付き合ってた記憶ないけど。せいぜい婚活パーティーで男漁りがんばってください」と言ってしまう。黙って帰っていく凪。がっくりする慎二。

ショックな凪は、アパートに帰ると思い切ってゴンの部屋を訪ねる。お酒をふるまうゴンに、喜ぶ慎二のために飲めないふりをしていたと話す。そんな凪を抱きしめ、優しい言葉をかけるゴン。「ちゃんとしようとがんばってきたんでしょ?もっと力抜いていいと思うんだよ。せっかくのお暇なんだしさ」。そう言って唇を近づける。凪も応じ、キスするふたり。

慎二が路上でまた泣いている。通りかかったエリィが気づき声をかけ、イベントのフライヤーを渡して誘う。その中にゴンを見つけた慎二は、イベントへとついて行く。

「ゴンてどんなやつ?」。エリィに聞く慎二。「一言で言うなら、メンヘラ製造機。あいつクソだから、特に女の子は関わったらおしまいだね」。「あいつヤベェ奴じゃねえか?」と感じる慎二。

しかしその頃、凪はすでにゴンに抱かれていた。

公式サイト YouTube gyao Tver

4話動画ネタバレ

凪はゴンとの出来事を坂本(市川実日子)に話した。

ゴンが正式に交際を申し込んでくれない悩みだった。

「聞けばいいんじゃない?」と坂本は言うが、凪はそんなことは言えないという。

そういえばあの慎二ですらもきちんと「つき合おう」と言ってくれたのだった。

二人の出会いは会社の帰りが一緒になったあの時からだ。

二人は近所だった。

それから凪は、ゴンのことを考えすぎておかしくなっていく。

誰かと会っているんじゃないか、など気になって仕方ない。
うららと遊ぶことはなくなり、ハローワークにもいかなくなった。

そしてゴンにはモルちゃんという美大生がいた。
モルちゃんは明らかにゴンに惚れているのだった。
その様子を見て落ち込む凪だった。

ゴンは凪がいながら、他の女性を部屋に連れ込んだ。

坂本はゴンの危険性を見抜き、凪に注意を促す。

しかし凪はゴンしか見えていない・・・

ある日凪は、ゴンの部屋でご飯を作って待っていると約束する。
しかしゴンの部屋に現れたのはエリィ(水谷果穂)だった。

そこで知ってしまうゴンのこと。誰にでも鍵を渡していた‥

さらにやはり危ない奴だった。誰にでも可愛いというゴン。

そして誰でもウエルカムだった。

一方、慎二はサラサラストレートヘアの市川円 (唐田えりか) との距離が近くなっていく。

しかし、どうしても凪のことが頭が離れない。
円との食事をキャンセルして慎二は凪のアパートへ向かう。
凪の部屋のチャイムを鳴らすが出てこない。

そこで慎二はゴンの部屋で待たせてもらうことになる。
「俺ら我聞くんの心配するような仲じゃないから安心して」
そう言いつつ、凪が部屋に出入りしていることを匂わすゴン・・。

さらに、ゴンのこの一言で、バトルがはじまる・・・・!!!

2人はテレビを前にマリオカートでデットヒートを繰り広げていた。
テレビゲームで楽しく遊びながら、ゴンは慎二の懐に入り込んでくる。
聞き上手でめちゃくちゃ優しい。そして気も効く。
【こんなん隣に住んでたらやばい】
慎二はゴンの人タラシぶりに危機感を覚える。

ゴンが仕事の時間となり、慎二はゴンの部屋で1人で凪を待せてもらうことに。
そこで慎二は『冷蔵庫にロールレタスが入っています』という凪の置き手紙を見つける。
冷蔵庫にはちゃんと凪の手作りロールレタスが入っていて、ショックを受ける慎二。

そして慎二は雨の中、帰路につく。
帰り道で凪がコンビニから出てくるところと遭遇。
慎二を見て傘もささずに逃げる凪・・・。

「俺、今日お前の隣の男の家上がったぞ」
「嘘・・・今日ゴンさん家にいたの?今日は帰らないって言ってたのに・・なんで?だって物音とか・・そっかわたし耳栓して寝てたから・・あああ!!せっかく会えたかもしれないのに!!私ばか!まだいる?もう出ちゃった?」

完璧にメンヘラの出来上がりだ。
凪の慌て具合を見て、慎二は唖然とする。
「マジなのか・・・あいつとつるむようになってお前がおかしくなったって話は」
うららから聞いた話が本当だと知った慎二。

「誰から?私は元気だよ?」
「どこがだよ!?
なんだこの自堕落の飯のチョイスは。
節約魔のお前がコンビニでこんな散財ありえないだろ!
なんだよ、その顔。ゾンビみたいにやつれて・・・
お前も見ただろ!あいつのユニットバスの洗面台!!!」

ゴンの部屋の洗面台には別の女性のスキンケアがあった。

慎二は、ゴンのことをバラす。そして泣き出す慎二。

公式サイト YouTube gyao Tver

5話動画ネタバレ

ゴンにハマってる凪を心配する慎二。しかしそのことを言えない。

雨の中凪を徹底的に罵った。その凪を助けるうらら。

一方その頃、慎二は自宅に戻り、凪との現実に改めて気づいた。そして思い出の写真など捨てようとする。

一方自宅に戻る凪。そこにゴンが来た。ゴンは凪を抱きしめた。

さらに料理を作って待っていた凪を忘れて帰らなかったことを詫びる。

散歩に誘うゴン。戸惑う凪。

そして部屋に戻るとそこにはモルちゃんという美大生だった。

ゴンと連絡がとれないことを一方的にまくし立てるモルちゃん。

ゴンの姿が見えると嬉しそうにいっしょに帰っていく。

買い物の帰り、凪はハローワークいる坂本に電話、しかしいうことを聞かない凪に坂本は不満なのか出ない。

凪は自立に向け、以前ゴンと行った海へ部屋の鍵を捨ててに行こうと自転車で出かけるが迷ってしまう。

そして目に入ったのはスナック「バブル」2号店だった。

店に入るとお客第1号と歓迎されるが、客でないことを知ると素っ気なかった。

しかし怪我をしているとわかると手当をし、ご飯までご馳走してくれた。

そんなママに凪は今までのことを話す。

帰宅した凪は、部屋を綺麗に片付けた。

鍋でちぎりパンを焼いた。

そしてそれをゴンの部屋に持って行く。そして鍵を返す。

仲良くなる前の隣人に戻ろうという。

「青春おしまい」とハローワークへと出かけて行った。

しかし凪にそう言われたゴンはどこか寂しくなった。

一方、慎二はタクシーで仕事に向かおうとしていたが、横に座った円に八方美人について聞かれる。

そして指を絡ませてくる円。慎二はそんな円にドキッとする。

大学の先輩に紹介された職場に来た坂本。副業を斡旋する会社らしいが、どうも詐欺まがいの怪しげな匂い。そんな匂いを感じながらも「よろしくお願いします」と頭を下げる坂本。

ハローワークに来た凪に電話が入る。バブルのママからだ。そして、突然凪はバブルでボーイとして働くことになる。

賑わう店内で雑用をこなす凪。

街を手を繋いで歩く慎二と円。ふたりが向かった先は・・・スナック「バブル」2号店だった。

公式サイト YouTube gyao Tver

6話動画ネタバレ

うまく言葉のキャッチボールができない凪は、今まで人に興味を持っていなかったことにママや慎二から気づかされる。

ある夜、店にやって来た坂本と仲直りをし、新たに就職したという会社の名刺をもらった凪。

慎二が「バブル」にやって来た日、店に来た上司の悪口ばかり言う別の客と意気投合した慎二と送り出すため外へ出た凪は、その客が坂本の会社と同業と知り、坂本からもらった名刺を見せると、そこは詐欺まがあいの勧誘で有名な所だと聞かされる。

慎二が帰る時、やってきた円。慎二は凪をボーイさんと紹介し、円を彼女と紹介出来ず同僚と言って誤魔化す。

みすずとうららの協力で坂本の会社を調べてみると、被害者の会があったり、給料未払いの元社員の書き込みがたくさん出てきた。

心配になった凪は、出勤しようとする坂本を呼び止め、忠告しようとするが坂本は聞く耳を持たない。それっきり連絡がつかなくなってしまう。坂本は、東大出の高学歴ながら今まで人に必要とされず、自分をみじめに思っていた。ヤバそうな会社と知りつつ、必要としてくれることがうれしくがんばろうとしていたのだった。

凪はみすずに自分に興味をもってくれた坂本を放っておけないと言う。「大人になると、そういう相手ってなかなか会えないですよね」と言うみすず。

翌日、部屋を飛び出し、坂本の会社へ向かう凪。坂本の会社に行くと、慎二から電話がくる。バブルのママから番号を聞いたらしい。坂本の会社が相当ヤバイとセミナーのURLをメールで送ってよこす。「ありがとう、行ってみる」と言うとセミナーの場所へ向かう凪。説明の担当には坂本の名前が・・・。

セミナー会場では、坂本が壇上で説明を始めていた。そこへ入ってくる凪。驚きながらも説明を続ける坂本。凪は坂本の所へ行くと、坂本の手をつかみ、連れ出していく。会場を出たところで待ち構えていたのは慎二だった。慎二は会場のドアを開かないようにし、3人で逃げ出す。

バブルへ逃げ込んだ3人。

凪はヤバいのを承知で働いていた頑固な坂本を説得する。凪は坂本に興味がある、友達だから話をちゃんと聞きたいと言う。「空気読めない友達でも?」と坂本。「空気は吸って吐くものです」と凪。

凪の話を聞きながらその変化を感じている慎二は帰ろうとする。坂本は慎二を見て、立川で白い恋人食べながら泣いていた人だと思い出す。「俺じゃないです!」と否定して出ていく慎二。それを聞いてママと杏は慎二と凪の関係に気づき楽しそう。

一方、緑から初恋だと指摘されたゴンは、「ご愁傷様、今度は自分が壊れる番ね」と言われる。

慎二に書類に付けた付箋紙でランチの連絡をしていた円。足立が机の上の書類に付いた付箋を見てしまう。

実家の母が寄合いの中、凪に電話するが出ない。

公式サイト YouTube gyao Tver

7話動画ネタバレ

慎二は、足立の様子から円との関係が足立達にバレていることを悟る。そんな慎二は坂本がいたヤバい会社・ドリームランナーズに兄の慎一がライフスタイリングコンサルタントとしてゲストになっていることを知り、窮地に。

一方凪も母との電話でおばあちゃんの100年物の糠床を引っ越しの際に捨ててしまったことを思いだし窮地に。

ウィリッシュリストに何も書けない凪。「大きな夢を書きたい。でも・・・実現の可能性を考えてしまう」と言う。そんな凪を見ているみすず。そして、ゴンもまた何も書けないでいた。

慎一と連絡がつかない慎二は、慎一の動画サイトがゴンがいるクラブで撮影されていることを発見し、ゴンやエリィに慎一が来たら連絡をくれるよう頼み込む。親戚の間では、慎一は出来が良く、アメリカの投資会社でバリバリ働いていることになっているので本名と顔出しで活動されると困るのだ。慎二の願いを引き受けたゴンは慎二に突然「ウィッシュ」ってある?と聞く。ゴンは、目の前の女の子の望みが自分の望みだったから自分の望みは今までなかった。でも今は、望まれなくても凪の喜ぶことをしてあげたい。こんな気持ちは初めてだと告白する。「ふーん」と気にしてない素振りで出て行った慎二だったが、ゴンの言葉は心に刺さっていた。

みすずの部屋でみすず、うららといっしょに食事をしている凪は、コインランドリーの経営者から聞いたドラッグストアに変わる話をしている。「何か力になれたらよかったんだけど、でも・・・現実的には・・・」と言う凪をみすずはドライブに誘う。

翌日、みすず、うららとドライブに出かけた凪。途中、みすずは凪と運転を交代しようとする。自信のない凪は拒むが「大丈夫です」と強引なみすず。「でも・・・」と言う凪に「もしかして”でも”って口癖になってません?今日は”でも”は無しでいきましょう」と説得する。運転を楽しむ凪。みすずは、「車でしか行けない場所もある。選択肢が増えると胸が沸きませんか?ブワーって」と。と言って”でも”を理由に行動範囲を狭めている凪の背中を押す。

凪は坂本とのコインランドリー経営を前向きに考えてみることにした。坂本も同じ考えでしっかり事業計画書を書いてくる。

スナックバブルへやってきた慎二。凪は買い物へ行っていてちょうど留守だった。ママと杏は慎二が諦め切れない元カノが凪だとわかっていて、凪の本当の気持ちを慎二に聞かせようと帰ってきた凪の死角に慎二を隠す。そして慎二へのいい返事を聞き出すよう凪に質問するが、「慎二と寄りを戻すなんて300%ない」と言い切る。それを聞いた慎二は姿を見せ、自分は800%ないと言い、勢いで彼女が出来たと言ってしまう。しかし凪は「そうなんだ、よかったね」と冷ややかに答える。捨てゼリフを残して帰る慎二。

円が足立たちに誘われたランチの席でマウンティングを受け、慎二の元カノの話をされる。写真を見せられ、それがバブルのボーイと紹介された凪だとわかる。

一方、慎二はイベントで使う商品の空気清浄器が、事情で届かないという連絡を受けパニックに。いろいろな社員に頭を下げるが、「ガモちゃんならなんとかなるでしょ」といい返事をもらえない。

共有スペースでコインランドリー経営の夢を絵に描きながら寝てしまった凪。通りかかったゴンがその絵を見る。すると何か思いついたように絵を描き始める。

翌日、その絵を凪に見せる。コインランドリーの外観と、そこに併設されたCAFEスペースでくつろぐ人が描かれた絵。凪が感動する。「凪ちゃん、おれね・・・」と言いかけたゴンとの間に割って入ったのは坂本だった。坂本は凪の手を引き、いっしょにコインランドリーの経営者親子を説得しに行く。

経営者の息子は、縁もゆかりもない人間が継ごうとすること自体無理なことと言うが、縁もゆかりもない人たちが自分を救ってくれた。だから今この縁を大事にしたいと説得する凪。息子が「でも・・・」と言いかけた途端、それを遮り、「”でも”って言ってやらない理由を並べて、新しいことをしない方が楽だけど、ずっとそうしてきたけど、それじゃあ見られない景色があると思うから」とゴンの描いた絵を見せ、みんなの憩いの場所を作りたいと夢を語る。息子は「断ってあげたほうがこの子たちのため」と父親に言うが、そこで助け舟を出したのは緑だった。緑は、自分たちの世代が若い世代に夢を残してあげなければと説得。父親は折れるが、息子はまだ折れない。しかし、坂本の事業計画書に入っていた坂本の履歴書を見て、東大卒と判ると考えを変える。

こうして凪と坂本は、コインランドリーの共同経営を継ぐことが現実になる。心配ながらも大喜びで抱き合う凪と坂本だった。

イベント用の商品をなんとか確保し、ホッとする慎二。すると同僚が、円が休みを返上して大阪時代の営業先に頭を下げて回ったからと教える。

円にお礼を言って頭を下げる慎二。すると円は「同僚じゃないですか」と言って通り過ぎていく。

イベント準備する慎二にエリィから連絡が入る。慎一がいるバーに向かった慎二。本名での活動をやめてと言う慎二に、「相変わらず仮面被って生きてんだ。ヘド出るわ。お前いくつよ。お前が明るく楽しく冗談飛ばして、いい空気醸し出して、いくら誤魔化そうとしたって、あの家根っこから腐ってんじゃん。なのに今でも空気読んで生きてんだ。家でも、職場でも、女の前でも。何をそんなに守りたいの?俺は好きな名前でやりたい時にやりたい事をやる。お前もさあ、一人でもいいから本当の顔晒せる相手がいたら、もう少し楽に生きられんじゃね?」と言って出ていく慎一。何も言い返せない慎二。

イベントが始まり、空気清浄器の説明を始めた慎二だったが、様子がおかしい。次第に呼吸が出来なくなり倒れてしまう慎二。

バブルで仕事中、ひょんなきっかけで糠床を小分けにしたことを思いだす凪。

部屋で休みながら電話をする慎二。相手は円。今から来るらしい。イベントのことを謝り、「はんとするあ、俺たちのこと。ちゃんと話そう」と言う。電話を終えるとすぐにピンポン。ドアを開けるとそこにいたのは凪だった。凪は謝りながらまっすぐに冷蔵庫へ。奥から入れ物に入った糠床を見つけ、捨ててなかったことに礼を言う。

すると慎二は泣きそうな顔で謝る。「あの時はごめん。お前が倒れたの俺のせいだ。分かってやれてなかった。追いつめた。(泣き出す)好きだった。幸せにしてやりたかった。できなかった。ごめんな・・・ごめん」号泣する慎二。唖然と見つめる凪。らせん階段には、伸び放題の豆苗。

自分が同じ経験をして始めて凪の辛さを理解した慎二だった。

公式サイト YouTube gyao Tver

8話動画ネタバレ

慎二の元へやってきた円だったが、糠床を取りに来て帰る凪を見かけてしまい寄らずに帰る。

会社をサボってゴンと朝食を共にした慎二は、そのままゴンの部屋でしばしのお暇をすることに・・・。

凪の部屋で餃子の仕込み中の面々は、慎二の態度に困惑した凪の相談に乗るが、慎二の気持ちに気づいてないのは凪だけで、全員が慎二の号泣を目撃しており、その本心をわかっていた。うららにさえ、「凪ちゃんの、元カレ凪ちゃんのこと大、大、大好きだよね」と言われる始末。

ベランダで慎二と遭遇し、驚く凪に一週間の夏休みを取ってゲームをしに来たと言い訳する慎二。そんな慎二は、ゴンの部屋に凪の豆苗をしっかり持ってきていた。

その頃、台風が凪の故郷、北海道に接近していた。

龍子と凪は契約を管理人親子と交わしていたが、凪の頭の中はみんなに言われた慎二のことで上の空。

一方、慎二は緑の部屋で映画を見ながら凪とどう接したらいいのかわからないと緑に泣きついていた。

ゴンはバブルのママに慎二が弱っていたから凪の顔を見せて元気づけようと連れてきて、凪のことを本当に好きになったという自分の相談もしていたと打ち明ける。その矛盾を指摘するママ。「あの二人の歯車、ようやく回りだした気がする」と言う。

アパートの共同スペースで龍子によりを戻すつもりはないと言い切っている凪。その横を通り過ぎる慎二。行き会ってもなぜか気まずそうなふたり。ゴンが部屋から出てきて、コインランドリーの話に話題が及ぶと、耳に入った慎二が「思いつきでうまくいくわけない」と口をはさむ。「慎二に言われる筋合いないから。始めて自分から何かやりたいって思えたの。思いつきじゃないし、ちゃんと考えてるから」と反論すると、「ごめん」と引き下がる慎二。いつもと違う慎二に戸惑う凪。

バブルで杏から慎二は確実に弱っていると聞かされる凪。ママからは天パのことを付き合い始めから知っていたと聞かされ、「私、慎二の何を見てたんだろう」とさらに戸惑ってしまう。

母からたくさんのとうもろこしが届いた。凪と一緒に皮むきを手伝うゴンと慎二。その時、母から電話が入る。会社の同僚に分けてあげたなどと嘘をついている凪。慎二はゴンから凪が母との対決をひかえていることを聞かされる。凪は昔からつぶが並んだとうもろこしが苦手だったことを話す。幼い頃、もろこしを食べない凪に怒り、目の前でゴミ箱に捨ててしまう母に気を使って母の前では美味しそうに食べるフリをするようになった凪の気持ちがよくわかる慎二だった。

凪にどう接していいかわからないでいる慎二はうららに、「そんなの簡単じゃん。友達になればいいんだよ」と言われる。

コインランドリー契約の前日、龍子は管理人から緑が有名な旅館の跡取り娘だったと聞かされる。管理人は、なぜ緑が好き好んで貧乏暮らしをしているのかわからないと言う。

その夜、たまたま凪と慎二はそれぞれの部屋の窓辺でビールを飲んでいた。顔は見えないが、お互いがいることはわかっていた。話しかける慎二。親のために空気を読んで自分をなくしてしまう気持ちがわかると言う。様子がおかしかった慎二に何かあったかと聞く凪。兄や仕事のことでいろいろあってぶっ倒れたと話す慎二に、つまみの糠漬けを差し出す凪。懐かしい味に微笑みあうふたり。その時、母から台風で家に被害があったと電話。

母を安心させるため、翌日の朝一番の便で北海道に行くことにした凪。契約の50万円は北海道から振り込むと龍子に話す。そんな会話を慎二も聞いていた。

身なりにうるさく、天然パーマをみっともない頭と言っていた母の言葉を思い出す凪。

翌日の早朝、部屋から出てきた凪は、ワンピースにストレートヘアだった。外で待ち受けていた慎二がその姿を見て「やっぱり」と言う。

「話が通じる相手じゃないから」と言う凪に、「そんなんで勝てんの?タイトルマッチ。そんな恰好してる時点で負けてねえ?また空気読むんだ」。親に気を使う凪の気持ちがよくわかる慎二は「行くな」と引き止めるが、それを振り切って出ていく凪。

実家に着いた凪。被害の状況は大したものではなかったが、母に気を使い言葉を選びながら慰める。もろこしを出す母。以前聞いた彼氏のことなどを話す中で、家のリフォームの話を持ち出す。ふと見ると、すでに見積書が出ている。その金額は約69万円。勇気を振り絞って、やりたいことがあるから金が必要だと言うが、これみよがしに、ならみんなに頭を下げて金を借りると言う。「みんなが心配してくれて見積もりまで出してくれた。今さら断ることは出来ない。こんな小さな町で生きていると」と怖い目で睨む母。そして、「凪はやりたいことがんばって。凪の幸せがお母さんの幸せだもん」と言う母の言葉にまた空気を読んでしまう凪。もろこしにかぶりついて「美味しい」と言うと、「ちょっと言ってくるね」と出かけていく。

ATMで50万円を引き出すと、銀行で振り込みの手続きをする凪。その振込用紙の振込先には、母・大島夕の名前があった。

しょんぼりと銀行から歩いて帰ってくる凪。坂本からの電話が鳴るが出ることができない。

雨が降りだし、ストレートに伸ばした髪が元通りのくるくるに戻ってしまう。

バス停のベンチに座り、坂本へ電話する凪。家の被害は大したことがなかったと報告すると、「振り込みの件なんですが・・・ごめんなさい。坂本さんとのコインランドリー、出来なくなりました」と泣き出しそうになりながら何度も謝る。見つめる先の残高は93958円。

そんな凪に近づく人物・・・慎二だ!

「慎二の言った通りだったね・・・私・・・変われない。私は絶対変われないんだなって・・・」

「俺が好きだったのは、サラサラのストレートと、貧乏くさいけど染みる飯と、俺の顔色ばっかり伺ってる控えめな性格。でも今は・・・モジャモジャの方がいい」

躊躇しながらもそっと凪の頭に手を置く慎二。泣いている凪。

そばに止めた車の中でそんな二人を見ているゴン。複雑な表情を浮かべ、クラクションを叩く。

夕が道の方までやってくると、ちょうど凪が慎二と車に乗るところ。いぶかしげに見つめている夕。

共同スペースで坂本が帰ってきた凪にコインランドリーに別の買い手が見つかったと報告している。

「ご迷惑をおかけしました」と頭を下げる凪に「楽しかったです。自分にもこんなワクワク出来ることってまだあるんだなって、子供の頃に戻ったみたいで。だから、次はもっと楽しい夢が描けますよ」と坂本が凪を元気づける。

そこに来たのはなんと母・夕。「何そのみっともない恰好は」といきなりの言葉。

驚く凪。「住んでるとこってここ?会社はそうしたの?今日、平日よね。北海道まで来てたあの男性たちは?どういうお付き合いなの?」

凪が返事に困っていると、ゴンの部屋から慎二が出てくる。「お母さん、申し遅れました。僕、凪さんと同じ会社で凪さんとお付き合いさせていただいている我聞慎二と申します。僕たち今、有給消化中なんです。このアパートに引っ越したのは、凪さんお金を貯めたいって言ってくれてまして、その~・・・僕たちの結婚資金を」

えっ?と驚く凪、坂本、そして部屋から顔を出したゴン。

「そうだったの」と納得する夕。「ご挨拶が遅れて大変申し訳ありませんでした。どうかご心配なさらないでください」

と、なんとか誤魔化せそうに見えたが、

「で、いつお会い出来ますの?そちらのご両親には」

と、夕の一言で固まってしまう凪と慎二だった。

公式サイト YouTube gyao Tver

9話動画ネタバレ

部屋を出ていく慎二にゴンは、好きならもう一度やり直そうとか言わないの?と問いかける。

しかし強がる慎二。するとゴンは、「じゃあ泣かないでね。」と言う。

一方ゴンは、エリィに言う。本気を出してみると宣言。

母になんとか結婚の話を説明しようとした慎二だったが、意気投合。結婚に乗り気満々になっていた。楽しみにしている母に何も言えない慎二。

一方、凪も夕に本当のことを言えないでいた。

共有スペースで緑と話している坂本。緑が老舗旅館の娘なのになぜこんな生活をしているのかズバリ聞く。そこへ弁護士が現れ、妹が病気だと聞かされる。跡取りだった緑は、実家も許嫁も妹に押し付け、逃げてきた。今さら会わせる顔がないと、坂本に打ち明ける。

円は会社で大阪時代の先輩に会い、円が取ってきた契約がみな円がいなくなったあと契約を切られたと聞かされる。「要は、あのおっさんらはあんたの顔が目当てだったっちゅうことや」と言う言葉にショックを受ける。しかも、大阪時代に円が”空気クラッシャー”と呼ばれていたことを聞きつけた足立たちの噂話を聞いてさらにショックな円。

バブルを訪れた円が、凪と慎二の両家顔合わせという言葉を聞いてしまう。強い酒を注文する円。酔った円は昔からがんばっても自分がいると周りの人間関係がギスギスしていくことを愚痴る。「きっと分かってくれる人がいます」と励ます凪。「わかってくれてるって思ってたから、まだ可能性あるのかなって思いたくて・・・でも」と慎二を見て泣く円。「ごめん」と頭を下げる慎二。それ見て驚くママや凪。「つまみ食いして放置、最低」とママや杏に言われる。

円のあとを追ってきた慎二。「少しは私のこと好きでした?」と問いただす円。「もちろん」と答える慎二。「どこが好きでした?」とさらに聞かれると答えられない慎二。そんな慎二の顔にビンタし、去っていく円。

ママにふたりは似ていると言われている凪。「全然似てないですよ」と否定するが、自分の家族はまるで同じ方向を向いて泳ぐイワシのように滑稽だと慎二が言っていたと聞かされ、考えてしまう。

凪がゴンとふたり、小さなBBQで昼食をとっている。慎二の家族のことを何も知らなかったと言う凪に、慎二が兄のことを探していたと教え、動画を見せる。「大丈夫?」と母のことで悩む凪を気遣うゴン。その顔にはいくつか絆創膏が貼ってあり、凪が逆に気遣って冷やした方がいいと保冷剤を渡そうとする。その手を握るゴン。「凪ちゃん、前言ってたよね。私は変われないって。俺ね、凪ちゃんにどんな風にギュッとしてたか、どんな風にキスしてたかもう思い出せない。今はそんなこと出来ない、恥ずかしくて。これが限界。前の俺と今の俺、全然違う奴みたい。だから、人って変われると思うよ。本当に変わりたいって思ったら」とゴン。

ゴンの部屋にやってきたエリィが「そういうことだったんだ」と何か納得している。そして「これで全部」とゴンに何かを手渡し、「がんばれ」と出ていく。

両家顔合わせの日がやってきた。

髪の毛をストレートにしようとした凪だったが思い止まり、そのままの頭で出かける。

会場にやってきた夕は案の定、みっともない頭となじる。慎二が出迎え中へ案内し、両親を紹介する。ニコニコの父親だったが、母の顔色は悪い。

席に着くとお祝いの品を母親に渡そうとする夕。しかし、それを受け取らない慎二の母。病気で亡くなったという父親が実は借金を作って蒸発していることや、凪がすでに会社を辞めてスナックで働いていることを調べていて、怒っている。夕を責め結婚話をとりやめようとする母親をなんとか取り持とうとする慎二。

そこへ兄の慎一が現れる。親戚の手前ではアメリカで働いていることになっている慎一だったが、みんなの前で「ずっと日本にいる」と暴露。それだけではなく、母親の整形や父親の愛人と子供のことまで隠すことなくしゃべりだす。必死の作り笑顔で誤魔化そうと奮闘している慎二を見て初めて自分と慎二が同じだと感じる凪。

すべてを聞いていた夕は、「みっともないご家族」と慎二一家をなじり、それを選んだ凪を責める。そんな夕に凪は、罪悪感をあおって言うこときかそうとする所や、外ではいい人ぶる所や、自分も出来ないようなことを凪に期待する所が嫌いと言う。そして、ひとりぼっちで本当の気持ちをこぼせる人が周りにいないから自分が必要なんだと続ける。本質をつかれ、凪を連れて帰ろうとする夕の手を振りほどき、「ごめん、私お母さんのためには生きられない。自分で何とかして。私も自分で自分をなんとかするから。期待に応えられなくてごめん、でも期待に応えない自分の方が、みっともない自分の方が、私、生きてて楽しいんだ」と言うと、慎二に駆け寄り、「もうやめよう、空気読むの。行こう、慎二」とふたりで会場をあとにする。

会場の外の公園で話をするふたり。

子供の頃、理想の家族と思っていた家族の現実を知り、その全部が嘘じゃなかったって思いたかったのかな、バカだなと、泣きながら話す慎二。

凪も、帰りを待ちわびたお母さんが帰って来た時が一番幸せだったと言う。

「うまいこと破断になったな」「やったね」とちょっぴり笑顔を見せ合うふたりだったが、「お母さんにひどいこと言っちゃった」「ばあちゃんにおめでとう言うの忘れた」と同じようにしゃがみこんで泣くふたり。

持ってきた手土産を持って帰路に就く夕。

荷物を持って「ちょっくら旅に出てきます」と出かける緑に石のブレスレットを「お守りに」と貸す坂本。

人気のない夜、佇むゴン。通りを凪と慎二が帰ってくる。二人の前に飛び出してきたゴンが突然、凪が好きだと宣言。

さらにこれからは凪ちゃんだけを見ると伝える。

その告白に唖然とする慎二。そしてとまどう凪だった。

公式サイト YouTube gyao Tver

10話動画ネタバレ

四国から緑(三田佳子)が帰ってきた。
緑は実家の四国へ帰るという。

そこでみんなで緑の送別会をすることになった。
みんなで歌を歌うことになった。

さらにある事実を知る。実はゴンもみすずも引っ越し準備をしていた。

そしてアパートは取り壊しが決まっていた。

凪は新しい家探しと、職探しを始める。

一方、会社に復帰した慎二。
円と顔を合わせるが、円はと吹っ切れた様子だった。

ある日、ゴンはエレガンスパレスを出た後に住む予定の部屋に凪を案内した。

そして一緒に住もうと提案。

しかし凪は断った。

ゴンは凪に感謝の気持ちを伝える。そして好きだという。

泣きながら、新しい部屋の合鍵を渡すゴン。

しかし「ごめんなさい」再度断る凪。
そんな凪に抱きつくゴン。
凪はゴンの背中に手を回すが、そっと引き剥がす。

その夜、凪は坂本と近状報告をしあった。
凪は坂本との夢を諦めていなかった。
修行のためにコインランドリーの全国展開をしている会社に就職することにしたという。

坂本も就職が決まっていた。

そして凪は、慎二に電話をかけて呼び出す。
凪は慎二に報告があると、新しい仕事と部屋が決まったことを話す。
凪がゴンからの告白を断ったと知った慎二は凪をデートに誘う。

水族館にやってきた凪と慎二。

そして凪は感謝の気持ちを慎二に伝える。

慎二とつき合っていた頃の凪は結婚したい、それだけだった。

すべては逃げたかった。

そう言って慎二にウィッシュリストを見せる凪。

「認めてやるよ。お前はもう1人でしっかり泳いでるよ。
だからお暇卒業すんだろ。
だから俺もお前を卒業してやる。
俺が話したかったのは、お前は絶対に大丈夫ってこと」

「好きになってくれてありがとう」

こうして凪は独り立ち。
慎二は凪を卒業した。

とりあえず仕事に向かうのだった。

公式サイト YouTube gyao Tver

凪のお暇見どころ

ドラマ「凪のお暇」の見どころをまとめました。

価値観を変えてくれるドラマ

今の時代、空気を読まないといけない、周りに合わせなければいけないと言う風潮を、一新してくれるような作品です。見どころは、なんと言っても、女性ファンにはたまらない、高橋一生、中村倫也の共演。黒木瞳という、あまり冴えない役柄が多い彼女ではありますが、黒木瞳ではないと出せない独特な吸い込まれていきそうな雰囲気にギャップも重なり、どんどんとのめり込んでいきます。ドラマ中の、高橋一生と、黒木瞳の掛け合いに特に注目しながら、自分自身のリセットの効かない人生を考えさせられる作品となっております。

登場人物全員に魅力があるドラマ

主人公凪が感じていた生き辛さから開放されて自分らしい生き方を見つけていく姿を見ていると、自分が日々の生活で感じている息苦しさまでも浄化されるような気分になれます。凪の周りの人々にもそれぞれ抱えていることがあり、主人公だけでなく登場人物全員に魅力があるドラマです。個人的には元彼の慎二が最初はすごく嫌いだったのですが、いつのまにかちょっと感情移入してしまったりして、本当に人物の描き方が上手いドラマだなって思いました。また、出てくるご飯が決して豪華ではないのにとても美味しそうなのも魅力です!

役者の演技が素晴らしい!

まずは役者方の演技力です。私は漫画を全て読破していて我聞役が高橋一生さんだと聞いた時イメージ違うと思ったのですが、ドラマを見た瞬間「えっ!すごい我聞くんじゃん、号泣しててかわいい!」と思ってしまいました。凪役の黒木華さんもゴン役の中村倫也さんもみんな役のイメージを大切に演じて下さっています。不器用な3人のラブストーリーも見所なのですが、空気読みすぎて倒れてしまった凪がゆっくりだけど自分らしく再生していくのが本当に素晴らしく見ていて励まされました。ちょっと疲れた心を撫でてくれる最高の夏ドラマです。

原作のコピーっぷりがすごい

まずは、キャスト陣の原作のコピーっぷりがすごいです!!演技で売れた俳優さんばかりがキャスティングされているためそれぞれがキャラをうまく落とし込んでくれています。
凪のお暇はもともと原作も大好きだったのですが好きな原作の実写化で失敗したものをみるとストレスがすごいと思いますが、そこの点については全く問題なく、むしろ本当にこの子たちは存在するのでは?くらい違和感なく観られます。
あとはなんといってもゴンさん役の中村倫也さんがたまらないです!!今回はどんな素敵なシーンがあるんだろうとワクワク楽しめます。

主人公の変貌ぶりに共感!

凪ちゃん、慎二のために朝早く起きて髪セットして尽くす女子だったのが自分の意思で会社を辞めて、髪の毛も天然パーマで自分探しの旅に出たのはカッコ良いです。お隣さんのゴンさんの魅力的な空気に呑まれてしまい、なぁなぁな関係をズルズル続けてもこれじゃいかんと関係を断ち、あんなに気のみ気のままに生きているゴンさんが凪ちゃんのことしか考えられなくなるくらいになってしまうところも見どころだし、凪ちゃんの大切さに気づいた慎二の恋の行方も見どころです。

このドラマでは、大島凪が仕事も恋もSNSも全て捨ててから、凪がどう変わっていくのかが見どころだと思いました。自分の人生は本当にこのままで良いのかと考えて悩むことは良いことだと考えられました。自分が将来どうなりたいのか考え、行動していくことがとても大事であると思いました。新しく出会った人たちと過ごしていく中で、自分自身がどう変われるかが重要だと感じました。凪が人生をリセットすることでどう変わっていくのか見どころだと考えられました。

黒木華さん高橋一生さんがハマり役!

主人公の凪はその場その場で空気をよんでまわりに気を遣い続けてしまい、精神的にも身体的にも疲れきってしまう。仕事でも、モラハラな彼氏の慎二との関係にも。心機一転、全て捨てた凪の新たな日々は出会う人や起こることも新鮮。人生を見つめなおし、やり直す物語。主演の黒木はなさんの天然パーマも可愛いし、さすがの演技力で観ていて苦しくなってきたりします。スマートで知的な高橋一生さんの演じる、外面は良いのにモラハラな彼氏も意外にもとてもハマり役。なんといっても中村倫也さんのゴンさんも魅力的でした。

凪が解放されていくところ!

このドラマは凪が何もかもから解放されて、自由に暮らしていくのが見どころです。ゆっくり時間が流れて、アパートの人たちと交流していきます。仕事から離れて、いろんな経験をしていくのです。そして隣人のゴンのミステリアスなところも見どころです。いつも穏やかでゴーヤを育てています。凪に対して優しくて、つい素敵に感じてしまうところもわかります。
さらに凪が歌を歌っていたのも見どころです。みんな仲良しなのがほっこりします。

高橋一生の演技が本当に面白い

1番の見どころは、高橋一生の演技が本当に面白くて良かったです!!不器用すぎる男性で、よく泣く姿が最高に面白かったです。中村倫也と高橋一生と黒木華、この三人の組み合わせが絶妙なバランスでとても良かったです。中村倫也の、のほほんとした雰囲気や、黒木華の真面目でおだやかな雰囲気が、お似合いで可愛くてほっこりしました。ラストシーンは意外でしたが、私はあの結末で良かったと思います。最初から最後まで夢中になれるドラマでした。

凪のお暇見逃し動画まとめ

黒木華さんの天然パーマが愛らしいドラマ「凪のお暇」の見逃し配信しているのはparaviだけ!

見逃してしまった方はぜひお楽しみ下さい。

paravi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA