【公式見逃し配信】ナイトドクター見逃し1話から無料フル視聴方法!

ナイトドクターを見逃してしまったという方に見逃し配信している動画サービスを紹介します。

\2週間無料/

無料でお試FOD

ナイトドクター公式情報

公式サイト 公式サイト
ウィキペディア ウィキペディア
公式Twitter 公式Twitter
公式インスタグラム 公式インスタグラム
キャスト情報 田中圭/波留/岸優太/岡崎紗絵/北村 匠海/沢村 一樹/竹財 輝之助

ナイトドクター見逃し配信状況

動画サービス 見逃し配信状況

 

FODプレミアム

ドラマ「ナイトドクター」の見逃し配信は動画配信サービスFODプレミアムで配信しています!

FODプレミアムは月額976円ですが初回2週間無料!!

無料期間に解約すればお金は一切かかりません!

\2週間無料/

無料でお試FOD

以下作品も見放題できます!!

\2週間無料/

無料でお試FOD

さらにキャストの作品もすべて見放題です!

アンサングシンデレラ(田中圭)

不倫食堂(田中圭)

・ディスカバーデッド(田中圭)

・びったれ!(田中圭)

・恋の時価総額(田中圭)

\2週間無料/

無料でお試FOD

Tver

Tverではナイトドクターを期間限定で見逃し配信しています。

ナイトドクター再放送情報

ナイトドクターですが再放送は現在行われていません。

ナイトドクター見逃しネタバレ

1話見逃しネタバレ

柏桜会グループ「あさひ海浜病院」は八雲の発案で夜間勤務専門の救命チームを立ち上げることになった。朝倉美月(波留)は就職先にナイトドクターを選んだと彼氏に伝える。しかし恋人佐野(戸塚純貴)は不満気。そんな中美月は階段から落ちたホームレスを発見、現場には内科医深澤がいたが、美月が対応し息を吹き返した。勤務初日。スタッフステーションには美月の他に深澤、成瀬、桜庭、高岡などがいた。そして事件が発生。工事現場の崩落事故で3名の重症者が出たという。さらに新たな重症者が発見された。成瀬(田中圭)は使えない医師ばかりだから無理だろと断ろうとするが本郷が搬送を受け入れた。新たに搬送された患者重野は重度のクラッシュ症候群を起こしていたのだった。本郷は美月に切断を指示。美月は切断、心臓マッサージをする。心臓は動いたが意識は戻らなかった。そんな中救命センターの長嘉島は日勤の医師が一軍、夜勤は2軍、3軍だと言い放つ。日勤と夜勤の医師の間に溝ができてしまった。昼間、重野は亡くなってしまった。恋人に責められる美月。そして後日、花火大会で火災事故が発生。デート中だった美月は彼氏の手を振りはらい現場に駆け付けた。

ナイトドクター公式サイトより

2話見逃しネタバレ

夜、あさひ海浜病院に急患が運ばれてくる。奥さんに浮気がバレて足を刺されたようだった。
美月は大輔が浮気したことを思い出した。
深澤たちは美月の異変に気付き、美月は失恋の1歩手前だという。
成瀬は職場に私情を持ち込むなと美月を叱責。
夜、深澤と高岡は本郷にウォークイン当番を命じられる。
ナイトドクターは重症者だけでなく昼の診察に行けない外来患者も来る。実は緊急性がない患者が多く、いわゆるコンビニ受診だった。

そんな中急患が入ってきた。美月が担当するが子供は何でもなかった。
母は救急車呼んでもタダじゃないというのだった。
美月はスタッフルームで愚痴を言うが本郷はどんな患者も受け入れるそれが大事だと伝えた。

そして本郷の指示で美月もウォークインに入る。帽子をかぶった男性、よく見るとそれは美月の父哲郎だった。
父の症状は軽症だったので美月は声を荒げ、たいした症状じゃないのに来られると困ると伝える。
スタッフルームでは深澤たちがコンビニ受診について話す。
待合室では桜庭は父哲郎に声をかけた。父は埼玉から神奈川まで受診しに来ていた。娘に会いたかったのではないかと話す。
実は父は美月が夜間に働くことを反対していた。普通の病院で働いて欲しかった。しかしそのことで娘美月と音信不通になっていた。

ある日美月がウィークインしている日希実が玲生を連れてやってきた。
美月が診察するとただの風邪だと診断。
しかしその後、玲生の排泄物を確認した美月は便が白いことを確認。すぐに希実に連絡するが出ない。
あさひ海浜病院に搬送された玲生は結果胆道が破裂してるかもしれないという状態だった。
危険な状態で成瀬は小児外科医に連絡をと伝えるが本郷はまかされているのは俺たちだ。何が普通なのか俺たちが決めるといい自ら執刀を申し出る。
美月もサポートに入った。

ナイトドクター公式サイトより

 

3話見逃しネタバレ

美月(波瑠)が患者の斎藤(赤ペン瀧川)に襲われた。桜庭は斎藤を突き飛ばすが刃物で傷つけられる。桜庭は軽症で斎藤は成瀬、深澤たちに取り押さえられた。そんな中成瀬は桜庭が免疫抑制剤を飲んでいることを知る。桜庭が傷つけられたこの事件は「柏桜会」の会長である母親麗子(真矢ミキ)も知ることととなった。早速息子を傷つけたとして本郷に文句を言う麗子。麗子は息子にイギリス留学を提案。本郷も合意するが本人は救命医になりたいと伝える。しかし本郷から足手まといになるようなものはいらないと言われてしまう。

ナイトドクター公式サイトより

4話見逃しネタバレ

美月、桜庭、高岡たちはレストランの2階から転落した女性患者花園詩織を受け入れる。救命隊員は女性患者の恋人が付き添っていると聞くが、その付き添い相手は高岡の恋人青山北斗だった。北斗は詩織をインフルエンサーとして利用しようとしていたが、詩織からは付き合っていると思いこまれてしまった。そんな中詩織が病室からいなくなった。高岡は仕方なく探すと詩織は暗闇の中手元の電気をつけてメイクしていた。就寝前にインスタの写真を撮るためだった。その後も高岡は詩織に度々呼び出しをくらい、高岡は対応に疲れていた。ホットラインが鳴った。成瀬が受けると、本郷が3名のガス中毒患者を受けいれる。桜庭も休みで高岡もいない状況を心配する深澤。成瀬と美月は覚悟を決める。しかしそんな中一人の患者が重篤な状態になる。成瀬は患者がかつてこの病院を受診していたことに気づき、記録を見た。すると甲状腺機能亢進症の疑いと記載してあった。美月は治療法をすぐに変更、患者は快方に向かった。次の日、勤務に戻った高岡。回診中詩織がすすり泣いているところを目撃してしまう。

ナイトドクター公式サイトより

5話見逃しネタバレ

朝倉美月(波瑠)は、成瀬暁人(田中圭)が訴えられている事を知った。しかし、訴訟の詳細を成瀬が美月に話す事は無い。以降、成瀬の態度は以前にも増して美月に冷たくなる。患者の治療も、少しでも美月がもたついていると成瀬が奪ってしまう。美月だけでなく深澤新(岸優太)たちも成瀬の変化を感じていた。本郷亨(沢村一樹)は後輩を育てるつもりは無いのかと成瀬に聞くが、自分が処置した方が確実だと譲らない。これでは救急医としての腕を磨けないと美月は焦る。そんな時、夜はキャバクラで働いているが昼は会社員をしているという患者の話を聞いた美月は、昼間の非常勤救急医の応募病院を調べ始めた。そこに、ホットラインが鳴り、母親の越川法子(紺野まひる)に付き添われた子供、日向(正垣湊都)が運び込まれる。美月と高岡幸保(岡崎紗絵)が処置に迷っていると、またも成瀬に奪われてしまった。日向は一命を取り留めたが、法子を安心させようと「絶対に助ける」と言った深澤にも、成瀬は患者や家族の前で二度とその言葉を口にするなと手厳しい。

ナイトドクター公式サイトより

5話を見て一番に思ったことは、話がきれいにまとまり過ぎたのではないかと思います。医療訴訟の話でしたが、現実世界では被害を受けたとする側が納得して訴訟を取り下げることはないはずです。難しい話を1話で片づけるには無理があると思います。もう少し丁寧に扱ってもいい題材だと感じました。しかし、やっとナイトドクターチームが一つにつながった気がするため、次回からのチームプレイには期待が持てます。(20代女性)

「ナイトドクター」5話を見た感想ですが、医療事故の話でしたが、どこの病院にも現実に起こり得ることだと思います。他人事ではないのかもしれません。見ていて、もし自分の家族や、自分の周りの人たちに、起こったとしたら、私も冷静ではいられないと思います。ですので、このドラマをみて、共感しました。
障害が残っても、命が助かってよかったって思えるのか、私は冷静でいられないと思います。(30代女性)

医療訴訟というのは難しいテーマだなと思った。
患者側からしたら、ベストの治療をしてもらえているのかというのは常に不安に思うことだし、医師側からすると、訴訟のリスクがあるのに難しい治療にチャレンジするのはとても怖いことだと思う。そのために同意書を書いてもらうのだろうけど、同意書には万が一のリスクというか、本当に怖いことが書いてあり、簡単にはサインできない。
誰も悪くないのがよく分かる構成になっていた。(30代女性)

患者や患者の家族に絶対に助けるといった言葉は掛けていけないなと感じました。何かあったら先生の責任になり、訴訟に発展してしまうケースがあり人ごとではないと感じました。医療の面で救えない患者がいて原因が分かりにくいことがあり、医療現場ではいつでも緊張した現場で働いている姿を見て改めて大変な仕事だと感じました。
同僚がかばってくれるわけもなく孤独になってしまうこともあると思います。(30代女性)

過去の手術で患者家族に訴訟を起こされている、医師の(田中圭さん演じる)成瀬先生が、「常に完璧な医療を求められるが医療に完璧など無い」という事で葛藤している姿が見ていて辛かったです。訴訟を起こされていたり、波留さん演じる美月先生が過重労働で倒れてしまったりと、あまりにも同時にいろんなことが起こりすぎているので、5話全体でいまいちまとまりのない印象を受けました。(30代女性)

成瀬暁人が訴訟を起こされているというところから始まり、成瀬がどうなるのか波乱の展開を予想していたのですが、成瀬のために動いた他の4人のチーム思いな気持に感動しました。5話では、手術の際の同意書一つで色んな人の思いを背負うことになり、決して単純なものではないということを知りました。同意書にサインをする側と医師側の気持のズレが問題なんだと思いました。最後、息子の言葉で成瀬は救われたと思います。(30代男性)

成瀬先生が訴えられていましたが、責任を自ら背負う成瀬の姿がカッコよかったです。
でも、美月に冷たい態度をとるのは良くないと思います。
結果的に訴訟が取り下げられて良かったですが、ラストのシーンで美月が倒れてしまって心配になりました。
それにしても、医療チームの人間関係が悪いように見えて仕方がありません。
美月は仕事を頑張りすぎているように見えるので、みんなでカバーし合うことが大切だと思います。(30代女性)

今回は成瀬先生の訴訟問題が仲間に知られる事となります。
訴訟を起こしたお母さん、自分が手術同意のサインをした事で子供が障害を持ったという苦しい気持ち、わかる気がするんです。
成瀬先生が謝罪に行く場面の表情が胸に突き刺さります。
成瀬が書いた手術の内容を見た子供の表情や、ダンナさんの言葉でお母さん、やっと自分を許せたのではと思うんです。
お互いの誤解が解けた後のお母さんと成瀬先生の笑顔が素敵でした。(30代男性)

本当にナイトドクターは大変だなぁと見ていてハラハラします。緊急手術が必要な場合も多いし、6歳の男の子が運ばれて気管挿管するかしないかとか医師は迷ってる暇もないなと思って見ました。今回はなす先生が訴えられているという問題でした。でも過去のトラブルで彼は彼なりに最善を尽くしたけど患者の家族から訴えられて家族の気持ちも分かるけどなす先生のせいにし過ぎではといつもより考えさせられました。(20代女性)

6話見逃しネタバレ

工場での事故へ駆けつけた美月(波瑠)達だが、深澤(岸優太)は相変わらずたじろぐばかりで、美月を呼びに行く。

現場でケガ人の処置にあたる美月だったが、過労で意識を失い高所から落下。肋骨を折る重傷を負ってしまい、あさひ海浜病院に運ばれ、成瀬(田中圭)らが対処したのだった。

深澤は自分の無力さ故に美月に無理をさせてしまったことに責任を感じ、成瀬もまた、美月を止められなかったことに責任を感じていた。新人救命医時代、成瀬は美月によく似た、負けず嫌いの同僚救命医を過労で亡くしており、美月に「救命医やめろ」と冷たくあたっていた理由は、亡くなった同僚と美月が重なって見えたからだという。

二週間後、美月はまだ痛む体を押してなんとか復職。バリバリと働こうとする美月に、深澤は美月が患者を想うように、仲間も美月を大事に想っているからこそ、自分を大事にしてほしいと強く言った。

そんな中での救急依頼。美月も自分が行くと志願したが、まだ治りきっていないために却下され、成瀬は深澤を連れて現場へと向かう。
現場に到着した成瀬と深澤。またしても尻込みする深澤に、成瀬が「お前が診ろ」と指示。深澤は恐怖心を押し込め、猛勉強を思い出しながら患者を診察。成瀬は「完璧だ」と深澤を褒め、深澤は少し自信をつけた。

美月は深澤に「自分を大事にしてほしい」と伝えられたことで、深澤に倒れたのは自分のせいであり、深澤の責任ではないと謝罪をした。
その際、美月は深澤の影の努力の跡を見つける。深澤は同僚の桜庭(北村匠海)から医療雑誌を借り、さらに幸保(岡崎紗絵)からもオペのDVDを借りて勉強を重ねていたのだ。

さらに美月は、成瀬もセミナーに参加して独自に勉強していたことを知る。皆、働き方改革のせいで勤務時間を削られながらも、それぞれが出来ることを頑張っていた。

そんな中、入院しながらも仕事をしていた友田は心筋梗塞で倒れてしまったが、処置の後も「自分がやらねば従業員が」と起き上がろうとする。
しかし、それを見た美月は、自分ひとりで背負い込むのではなく、職場にいる一人一人を頼ることが大事だと話したのだった。

公式サイト

7話見逃しネタバレ

美月(波瑠)は幸保(岡崎紗絵)から公務員との合コンに誘われるが興味がない、と断っていた。
しかし、元カレ・大輔の結婚をインスタで知ったショックで急きょ合コンに参加することに。

高岡らは自分たちを看護師として紹介していたが、途中から参加した美月は自分がナイトドクターであることを明かしてしまう。すると、男性陣の態度が変わり、看護師である益田(野呂佳代)のみが連絡先を交換できた。

その夜、以前美月が助けたホームレスの男性が緊急で運び込まれる。どこの病院でも拒否され、たらいまわしになっていたのだ。

続いて搬送されたのは風見まどか(藤嶋花音)、という学生であった。父親は「昼勤のベテラン医師にオペを頼みたい」と言ってきた。父親は”夜勤医師はレベルが低い”という偏見を抱いていたのだ。

しかし、まどかの血圧が下がってしまい、緊急手術の必要性を伝えるも父親は「昼間の医者を呼べ」と言う。そこに本郷(沢村一樹)が現れ、「私は日勤の医師です」と嘘をついて父を説得。オペは無事成功したが、納得いかない幸保はイライラしていた。
夜間勤務の医者への偏見はナイトドクターの現実である、と本郷は美月らに対して突き付けた。

そんな中、昼間の合コン相手であった赤松(佐伯大地)が発熱により外来にやってくる。熱も高く、関節痛もすることからインフルエンザを疑い検査をするも陰性。念のために入院することとなった。

美月は仲間が出会った頃とは違う印象になったことから、「レッテルを剥がすことが出来たのは、一緒に働くうちに皆の事を知ったから。私たちの仕事もちゃんと理解してもらえばイメージを変えられる」と言った。

一方、赤松の手や足に湿疹が出ており、体調が悪化。保険証をチェックすると公務員というのは嘘で、保育士だったことが判明。これにより赤松が勤務先の保育園で「りんご病」に感染していたことが発覚、大事には至らず済んだ。

ホームレスの濱辺は、10年前に妻子を事故で亡くし、それ以降仕事を辞め、ホームレスへとなったのだという。
なぜ助けたのか、生きていても煙たがられるという濱辺に、「私は必ず何度でもあなたを受け入れます」と美月は伝えたのだった。

そして、美月は病院前で成瀬が医大の後輩・里中(古舘佑太郎)から「脳外に来ませんか?」とオファーを受けているところを目撃した…。

公式サイト

8話見逃しネタバレ

成瀬(田中圭)は里中(古舘佑太郎)から脳外科へ誘われているところを美月(波瑠)は目撃してしまい、成瀬が行ってしまうのでは、と話を聞いた。

成瀬は脳外科の高梨部長(益岡徹)からも脳外科医の道を勧められていると話すが、本郷(沢村一樹)や八雲院長(小野武彦)らがナイトドクターとして自分を受け入れていたことにも恩を感じていた。

美月は高岡(岡崎紗絵)、深澤(岸優太)の部屋で成瀬の事情を話すと、高岡は成瀬がいなくなったらナイトドクターの質が落ちると慌てた。

くも膜下出血で倒れた患者が搬送されてきた。成瀬が執刀するも、解離性動脈瘤の疑いが浮上しオペを中止。専門の脳外科医が出勤する明朝まで待機することになった。

患者は、里中が執刀し成功。成瀬は、後輩がオペをできるほどの成長をしていることにショックを受けた。

週末、美月は心美(原菜乃華)に誘われたダブルデートへと参加する。深澤もいいところを見せようとするもうまくいかない。しかし、心美が美月のおかげで兄が仕事に前向きになったことを伝え、これからもよろしく、と頼んだ。

後日、有名な料理人・安西尚道が脳卒中の疑いで病院に搬送。受け入れをした嘉島センター長(梶原善)は「脳外の高梨部長が学会から戻るまで指一本触れるな」とナイトドクターたちに指示を出す。

そんな中、安西の様態は悪化していき、本郷が許可を出して成瀬が執刀するが、オペ中止を決断。
最低限の処置をしたのみだった。

その頃、高岡、深澤、桜庭(北村匠海)の3人は救急搬送されてきた2名の患者を治療。「成瀬抜きでもやれるようにならないと!」という強い思いが3人を奮い立たせ、患者は無事命をとりとめた。

夜が明けて、高梨・里中が病院へ到着。高梨の執刀にて手術は成功した。

実は昨夜、成瀬はただオペを中断したのではなく、患者の脳圧を下げる処置をしていたのだ。このことを知った脳外の里中は成瀬に「優秀な医者が夜にいてくれて良かったです。」と言った。

目覚めた安西は礼を言うが、礼なら夜通し全身管理をしてくれた医師へ、と言われる。

こうして、成瀬はナイトドクターを続けることにした。そして時々脳外科には研修に行くと決断した。

公式サイト

9話見逃しネタバレ

心美(原菜乃華)の容態が急変してしまい、なんとか手術は無事に終えることができたが、間もなく退院も望めそうな時に起きた心美の異変に深澤(岸優太)は衝撃を受け、心美のそばにいようと休職することを決心する。しかし、深澤の思いとは裏腹に心美はガッカリしてしまう。医者としての仕事を続けてほしいと願っていたのだ。

そんな中、美月(波瑠)たちが心美の見舞い行くと深澤と揉めていた。心美が臓器提供ドナーの登録がしたいと深澤に同意を頼んでいたのだ。深澤は心美のドナー登録に大反対。成瀬(田中圭)は2人が話し合って決めることだと美月たちと病室を出るが、目の前で繰り広げられたドナー提供問題に美月と桜庭(北村匠海)の心境は複雑だった。

そして、病院近くで総合格闘技の試合があり、負傷した選手らが運ばれてきたことで、美月たちはあわただしかった。

美月と高岡(岡崎紗絵)が休憩していると深澤が来て、美月に心美を説得して欲しいと頼む。だが、美月は母親がドナーだったことを話して断る。入れ替わりに桜庭がやってきて、深澤は桜庭にも心美のことを話すが、桜庭は自分自身が心臓移植を受けたことを告白した。

深澤が心美の元に行くと、心美は自分も誰かの役に立ちたかったと話し、深澤に仕事に戻るように促す。

こうして、深澤はまたナイトドクターとして働きたいと戻ると、運び込まれた急患の輸血パックが不足していたため、センターへとドクターカーを走らせた。

深澤は心美のドナー登録にサインをし、輸血で人が助かったことから、人は多くの助けのもとで生きていることに気付いたのだという。そして「俺が頑張れるのは心美がいるからなんだから!」と、すでに心美は役立っていると伝えた。

全員が医局に揃った夜、美月の元に受け入れ先の見つからない患者の受け入れ要請が来る。

しかし、本郷は「断れ」とだけ言う。受話器の先からは「朝倉先生!」と呼びかける声だけがしていた…。

公式サイト

10話見逃しあらすじ

どんな患者も受け入れるという理念のあさひ海浜病院。

しかしこの理念が崩れてしまう。

美月は救急隊員星崎から腹部大動脈解離が疑われる男性の受け入れを要請。

男性は発症から2時間以上経過していた。

しかし本郷(沢村一樹)は断るように指示。

次に美月は高所から転落した女性を受け入れる。しかし油断できない状態。

本郷は15分以内に運べるかと美月に聞く。本郷は受け入れを許可した。

しかし搬送が遅れてしまう。本郷は救急隊員に怒鳴り散らす。

その結果美月たちが対応するが女性は亡くなってしまった。

悔しい・・・美月は幸保の腕の中で涙を流した。

勤務明け、本郷は会長の麗子、院長の八雲に呼び出された。

経営的に赤字だということだった。

次の夜、美月はシフト通り出勤。しかし雷雨で病院は大規模停電に・・・・

深澤たちはいつものように患者を受け入れる。しかし停電になってしまう。

本郷は院内の節約を呼びかける。

そんな中人工心肺の患者が1名、呼吸器の患者が3名、呼吸器プラスCRRTの患者1名と計5名の受け入れ要請が。

さらに10名の透析患者の受け入れもきてしまった。

そこに休日だった美月がやってきて受け入れましょうという。

そこに星崎がやってきた。実は昨日の患者は亡くなったということだった。

2階の廊下も満員。電気はいつまでもつかわからない。

星崎は電源車というものを用意、本郷から頼まれたという。

そして本郷は「その悔しさ忘れるな」と2人に告げた。

そして星崎が要請した1件目の病院は当直が研修医。2件目も担当医は一人だった。

近くの病院に美月のようなナイトドクターがいれば助かったのだ。

そういうことから、本郷は美月たちが成功例となりどこの病院にいても当たり前になるようにと言う。

次の日。本郷が柏桜会からの報告を伝達。

それはナイトドクターチームの解散決定だった・・・

公式サイト

11話見逃しあらすじ

朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸優太)、高岡幸保(岡崎紗絵)、桜庭瞬(北村匠海)たちは、本郷亨(沢村一樹)から『あさひ海浜病院』のナイト・ドクターチームの解散を言い渡される。すでに柏桜会理事会の決定事項で会長の麗子(真矢ミキ)から本郷に通達された案件だった。突然の知らせに、美月たちナイト・ドクターは衝撃を受ける。しかし、本郷はこの解散を喜んでいると言うのだ。その真意とは…。解散が通達された夜、3件の事故が同時に発生し、ナイト・ドクターたちはそれぞれの現場に向かう。本郷の指示で現場に向かったのは、美月、深澤、幸保の3人。美月は電車の車両基地、深澤はゴミ処理場、幸保は高層オフィスビルで発生した事故だった。自分が出動しなかった事に疑問を持つ成瀬に、本郷は救命センターの指揮を任せる。桜庭は麗子にナイト・ドクターチーム解散の事情を聞こうと電話するのだが繋がらない。そんな時、桜庭はトイレで倒れている患者を発見。急を要する患者の病状に、桜庭は自ら治療することを決意する。成瀬は自らも運び込まれた患者の処置をしながら、美月たち現場や桜庭の状況を確認していた。事故現場で、それぞれに治療の判断を迫られる美月、深澤、幸保。病院のICUでは、桜庭も成瀬や本郷の手を借りずに患者のオペを進めようとしている。そして、ナイト・ドクターたちそれぞれが現場で治療にあたる医師は自分一人という厳しい夜を過ごす中、目の前にいる重症者に対して、大きな決断を迫られようとしていた。美月たちは長く、孤独な暗闇に立ち向かっていく。

ナイトドクター動画見どころ

今まで取り上げてこなかった夜間救急

夜間の救急専門部で働く医師たちのドラマです。夜の病院の様子や、救急車で運ばれてきた患者を治療や手術し、リアルな演技が見どころです。田中圭さん演じる成瀬は、腕は確かですが、前の病院で患者から訴えられていました。波瑠さん演じる朝倉は、子供の時の体験から、どんな患者も受け入れるという信念を持っています。若手医師の北村匠海さん演じる桜庭、岸優太さん演じる深澤、岡崎紗絵さん演じる高岡も、自分や家族に事情を抱えています。始めは意見が合わず衝突しましたが、しだいに理解し合い協力して治療する姿に感動します。

夜間救急専門の医療チーム「ナイトドクター」を活躍を描いた作品となります。ナイトドクターのために5人の医師が集められますが主人公の朝倉美月と先輩医師である成瀬以外は研修医上がりの経験の浅い医師達で、序盤は不安を感じさせる展開が多くなりました。救急だけでなく夜間医療ならではの問題も扱っておりストーリーは硬派な内容となっていて見ごたえがあります。多くの経験を重ねて徐々に頼もしくなっていき、チームワークも良くなっていくのが素敵だと感じました。しかしこれから本当の山場が来るようで見逃せません。

ナイトドクターの見どころは、今までいろんな医療系のドラマを見てきましたが、今回は夜に働く医療ドラマで、初めてこういう仕事もあるんだって知れましたし、実際働いてる人たちがいるってかんがえたらすごいなっておもって感心しました。医療系のドラマって毎回ドキドキする場面があって、おもしろくていいなと思います!このドラマもどうなっちゃうの!?っていう事があっておもしろいです!出ているキャストさんたちも中々豪華な人たちなので最終回まで楽しみにしています!

まず、ドラマ名でもある、ナイトドクターという夜間専門の医師の仕事というものの過酷さを知る事が出来るドラマです。もちろん、日中に働く医師も大変だとは思いますが、夜は夜で日中とは違った大変さがある事、思った以上に医師の人手不足があるのだという事に驚かされます。そんな中で、ナイトドクターである医師達にも注目で、持病を持ち苦しむ人、患者家族から訴えられて悩む人、過去のトラウマに縛られる人等、皆それぞれに事情を抱えながらも目の前の患者と向き合っていて、その姿にも胸を打たれます。

医療物では今まで取り上げられてこなかった夜間救急を題材にしていて、ドラマの中では珍しいのと医療に従事していた経験がある身としてどういった視点で病院を描いているのか興味があり、続けて観ています。やはり日中とは違う雰囲気や動き方などがあるんだなと思い、リアルな描写と考えさせられる内容に興味深く観ています。病気はいつ起こるかわからないもので、夜に具合が悪くなると患者は心細くて不安で仕方ないと思います。だからこそその不安を楽にしてあげるために夜間救急はなくてはならないと感じました。

田中圭さんの演技が凄い!

ナイトドクター、何といっても田中圭さんの演技が凄いですね!毎回引き込まれている人続出です。

以前も医者の役をやられてましたが、今回のドラマは夜間勤務救急の病院で的確な判断とテキパキと仕事をこなし、職場のメンバーとは深く関わらない理由もあって、それには自分が関わった患者さんで訴訟を起こされていた。でも、職場のメンバーの協力と患者さんの気持ちが田中さんの感情言葉でその訴訟は取り下げられ、少し笑顔を見せる田中さんが素敵です。表情と、テキパキと指示をこなしている田中さんがとっても魅力的で、最高のドラマです。

訴訟を取り下げられたときの泣く?泣かない?っていう絶妙な表情の成瀬さんが大好きでした 田中圭の表情の演技にはいつも驚かされる

本当に、圭さんのお芝居が素晴らしくて、ずっと ドラマの世界に引き込まれっぱなしでした。また、圭さんのお芝居が 観られるのを楽しみに 待っています(30代女性)

正直言ってナイトドクターの話の運び方は毎回力技の無理矢理感あるけど、今回は田中圭演技に全て浄化された感がある。突飛に思える展開も圭くんが丁寧に感情をつないで表現してくれるから、見てるこちらの満足感すごい。場面では描かれない隙間を表情で表現して埋める田中圭すごい。

救命病棟24時を思い出す人続出?!

ナイトドクターを見ていて救命病棟24時を思い出してる人が多かったですね!

波瑠みてたら救命病棟の松嶋菜々子のイメージに似てる。ナイトドクターはどちらかというとコードブルーよりも救命病棟に近い描写。
ナイトドクターを観たら、救命病棟24時が頭の中に浮かんだわ。 ナイトドクターの”朝がまたやってくる”みたいなセリフが、どうしてもドリカムの朝がまた来るにかぶる。

ナイトドクターの初回を観ていた。救命病棟24時やコードブルーと比較してしまう。救急医たちの日常生活のシーンが多すぎるように感じちゃったのだけど、これが今風な描き方なのかな。

実際はない?でも良いチームになってる!

最初はチームワークもなく、こんな医療体制で大丈夫か?と思っていました。成瀬先生、後輩の成長とか考えずに自分でテキパキやってしまうし、「もっと任せて欲しい」と言った美月先生に対して「自分でやった方が早い。」って言い出してしまうし。でも、成瀬先生が患者の家族から訴えられていると知ったとき、周りは責めずにこの病院にいられなくなったらどうしたらいいかとか調べてあげていて、いいチームになってきてると思います。

なんの接点もなかった5人のドクターが最初は皆バラバラだったのが段々とお互いの事情などを知ることによって一致団結していく所が見所だと思います。
次の話で波瑠ちゃんが怪我をしてしまうのだと思うけど、それによってこの5人の関係性がどう変わるのか?
また、どれくらい大きい怪我なのかすごく気になるポイントです。
1人の悩みをみんなで一緒に乗り越える感じが、
最初はあんなに仲良くなかったのに今ではこんなにいいチームになってきてるんだなぁと回を重ねる事に思っています。

メンバーそれぞれの課題と情熱

見どころはナイトドクターのメンバーそれぞれが、人生の課題、あるいは仕事に対する情熱を秘めているものを、一話ごとに開示して行く面白さだと思います。田中は本来なら医療事故ではないが、患者の家族からの訴えに苦しみます。一人の無力な人間だけれど、一歩一歩信頼を勝ち取って行く姿に感動します。波瑠も優秀だけれども、患者とのやり取りの中で、本当の医療に目覚めて行きます。若手もそうです。手術などしたことのない人間が成長する姿は秀逸です。

青春群像医療ドラマ

働き方改革を目指す柏桜会グループが「あさひ海浜病院」に“365日24時間、どんな患者も断らない”医療を目指して、夜間勤務専門の救命医チーム「ナイト・ドクター」を立ち上げる。医師の朝倉美月(波瑠)は新たな就職先にナイト・ドクターを選ぶ。指導医の本郷亨(沢村一樹)の下、美月のほかに、深沢新(岸優太)、成瀬暁人(田中圭)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)が集まった。年齢も性格も価値観も全く異なる医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら絆を紡いでいく青春群像医療ドラマ。

5人がどう進んでいくのか

内科だった深澤(岸優太くん)がナイトドクターに配属されて、どんどん成長していきます。自分で初めて俺は救急医になりたいと事故現場へと初めて行きますが、その悲惨な状況に圧倒されてしまいます。そんな時、朝倉(波瑠さん )が目眩がして高所から落ちてしまいます。深澤が自分がもっと周りを見ていれば……あの時、声をかけてれば……と自分を責めてしまいます。最初はバラバラだった5人も色んな事を乗り越えやっとひとつのチームになった所に朝倉が怪我をしてしまいます。今後の5人がどう進んでいくのかが見どころです。

このドラマでは、田中圭さん演じる成瀬暁人の活躍があり、とても感動のあるドラマだと思いました。成瀬たち5人のメンバーが、無理難題に感じてしまう中でも夜間救急専門の医師として一生懸命に負けずに頑張っている姿に感動しました。5人のメンバーの、仲間と協力すること、励まし合うことで業務に取り組めているシーンを見て、素晴らしいと思いました。人の命に真剣に向き合っているシーンは見どころだと思いました。これからもナイトドクターとして患者さんと向き合っていく姿は、見どころだと考えられました。

年齢も経験も動機も全く違う5人が、ナイトドクターとして過ごしていく中でお互いに刺激し合い、時にはぶつかり合ったり、支え合いながら成長していくところが見どころです。特に経験豊富なナイトドクターの成瀬の存在は、このドラマの軸になっていると思います。新しい制度であるナイトドクターだからこそ直面する問題や、現代の医療の現場がリアルに抱えている問題をテーマにしてあるところもあって、とても見応えのある内容になっていると思います。

ナイトドクター見逃し動画まとめ

ナイトドクターの見逃し配信しているのはFODプレミアムだけ!

初回無料なのでぜひお試しください!

\2週間無料/

無料でお試FOD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です