Nのために見逃し配信動画サービス最新情報!

榮倉奈々さんと賀来賢人さんが出演し、話題となったドラマ「Nのために」を見逃してしまったという方に1話から見逃し配信している動画サービスを紹介します。

paravi

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

\30日間無料/

TSUTAYAディスカス

Nのために公式情報

ドラマ「Nのために」の公式情報まとめました。

公式サイト 公式サイト
関連サイト ウィキペディア
スタッフ 原作:湊かなえ/脚本:奥寺佐渡子/プロデュース:新井順子/演出:塚原あゆ子
公式Twitter 公式Twitter
キャスト情報 榮倉奈々/窪田正孝/賀来賢人/小出恵介/原日出子/モロ師岡/葉山奨之/光石研/山本未來/徳井義実/小西真奈美/三浦友和/柴本幸

Nのために見逃し配信状況

ドラマ「Nのために」は以下で見逃し配信しています。

動画サービス 見逃し配信状況
Tver

paravi

「Nのために」ですが1話からの見逃し配信は動画配信サービスparaviで配信しています!

paravi

話題のドラマも見放題!!

paravi

さらに以下作品もすべて見放題です!

・ヒトヤノトゲ

・僕たちがやりました

・今日から俺は!!劇場版

・ROOKIES

paravi

本ページの情報は22年時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Hulu

「Nのために」の見逃し配信は動画配信サービスHuluで配信しています!

初回2週間無料なのでその期間に解約すれば料金はかかりません!

以下作品も見放題できます!

東京タラレバ娘

ヒトヤノトゲ

ラストコップ

僕たちがやりました

JIN-仁-

あなたの番です

夜行観覧車

中学聖日記

真犯人フラグ

死神さん

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

TSUTAYATVディスカス

「Nのために」ですが見逃し配信している動画サービスはTSUTAYATVディスカスです!

初回30日間無料でお試しできます!!

\30日間無料/

TSUTAYAディスカス

無料お試しプランの特徴!

・旧作は動画見放題!

・CDやDVDは新作以外借り放題!

・ネットで注文後、自宅に届き、返却はポストでOK!

・延滞金はかかりません

\30日間無料/

TSUTAYAディスカス

さらにキャストの作品もすべて見放題です!

榮倉奈々出演作品

東京タラレバ娘

・メイちゃんの執事

・黒の女教師

・余命1ヶ月の花嫁

・プロポーズ大作戦

・99.9-刑事専門弁護士-

・テセウスの船

窪田正孝出演作品

・東京喰種

・ボクの初恋を君に捧ぐ

・ST 赤と白の捜査ファイル

・THELASTCOP

・MARS~ただ君を愛してる

・僕たちがやりました

・ヒトヤノトゲ

・ヒモメン

・デスノート

アンナチュラル

ラジエーションハウス

賀来賢人出演作品

今日から俺は!!

・スーパーサラリーマン左江内氏

・グッドパートナー 無敵の弁護士

・アスコーマーチ

・シャッフル

小出恵介出演作品

ストロベリーナイト

・ただ君を愛してる

・恋空

・のだめカンタービレ

・僕の彼女はサイボーグ

他の動画配信サービスでは見れない作品が見放題できるのがTSUTAYATVディスカスの魅力です

\30日間無料/

TSUTAYAディスカス

Nのために再放送情報

「Nのために」ですが1話からの再放送は現在行われていません。

再放送状況
Yahoo!番組表
TBS番組表

Nのために主題歌

Nのために動画あらすじ

ドラマNのためにのあらすじをまとめました。

1話動画ネタバレ

2004年、高層マンション・スカイローズガーデンで、野口貴弘(徳井義実)とその妻・奈央子(小西真奈美)が殺害されるという野口夫妻殺人事件が起きた。現場には大学生の杉下希美(榮倉奈々)、希美の高校時代の同級生・成瀬慎司(窪田正孝)、希美と同じアパートに住む安藤望(賀来賢人)と西崎真人(小出恵介)が居合わせた。そして、逮捕されたのは西崎。「不倫関係にあった奈央子を貴弘が刺したため、カッとなって殴った」と自供したためである。その後西崎には、殺人罪で懲役10年が言い渡された。またその際、西崎は「すべては、Nのために。俺たちがやったのはそういうことだ。」という謎の供述をしていた。

2014年(事件から10年後)。西崎が出所したところへ元警察官の高野茂(三浦友和)が突撃する。高野は野口夫妻殺人事件を、10年が経った今でも独自に追いかけていた。なぜなら高野は、西崎さんが犯人ではないと踏んでいるからである。また、高野は事件現場に居合わせた人のうち、希美と成瀬を以前から知っている。実はこの二人が事件現場に居合わせることは初めてのことではなく、2回目のこと。二人はただの偶然というが、高野は何か裏があると疑っている。また、この事件は15年前の夏、希美と成瀬が起こした別の事件から始まっていると高野は確信していた。

1999年(事件の15年前)。希美は、瀬戸内海にある青景島で、父親・杉下晋(光石研)、母親・杉下早苗(山本未來)、弟・杉下洋平(葉山奨之)の4人で裕福な暮らしをしていた。しかし、そこへ突然、晋が愛人の宮本由妃(柴本幸)を連れてきて、希美、早苗、洋平のことを家から追い出してしまう。

山奥のボロボロの家に住むことになった希美たち。晋の迎えを待つも、晋は一向に現れず、次第に早苗の精神が崩壊していき、生活が厳しくなってしまう。

そんな希美のことを、同級生の成瀬や青景島の駐在所に勤務していた高野は心配していた。

その後希美は進級し、成瀬と同じクラスになる。二人は将棋をきっかけに仲を深めていく。希美が、大変な日々を送っている一方で、成瀬もまた、親が経営する旅館『さざなみ』が破綻寸前であるという大きな問題を抱えていた。二人は野望リストを作り、将来やりたいことを考えることで今を必死に乗り切ろうとしていた。

ある日の夜、早苗の奇行についていけなくなった希美は落ち着くために外に出る。希美の家の近くまで来ていた成瀬は、朝日の見えるバルコニーへ希美を連れて行く。そこで希美は「私、杉下希美は1人で正々堂々と生きていく。誰にも頼らん。欲しいものは全部自分で手に入れる。最後まで諦めず上を目指す!全力で戦うことを近います。」と成瀬に宣言した。

公式サイト:Nのために1話

2話動画ネタバレ

2000年、青景島に住む、杉下希美(榮倉奈々)は、大学に進学のための奨学金制度を受けることが出来ないと言われ悩んでいた。一方、成瀬慎司(窪田正孝)は親が経営する旅館『さざなみ』が閉店する影響で、進路変更を余儀なくされていた。

そこで、希美と成瀬は参考書や奨学金の資料を集めに本土の本屋に出かけた。二人は久しぶりの本土を楽しんだ。

その後、希美が家に帰ると、一緒に暮らす母・早苗(山本未來)が、服や鞄を大量に購入していた。お金が払えず困った希美は、父・晋(光石研)のもとへお金を工面して欲しいと頼みに行くが、断られてしまう。希美は、こうなってしまったのは晋と晋の愛人・由妃(柴本幸)のせいだと二人のことを恨む。

そして、希美は、晋と由妃の家を燃やすために、ライターオイルを購入し、二人の家へと向かう。すると、その途中で島の駐在所に勤務している高野茂(三浦友和)と遭遇する。高野に、ライターオイルを持っていることを見られてしまい、希美は慌ててその場を去る。

その後、希美は、晋の家に到着し、オイルを撒き始める。するとそこへ成瀬が現れ、希美のことを止めにかかる。それでもやめない希美に対し、成瀬は、「俺がやる、杉下を犯罪者にしたくない」と言い、代わりにオイルを撒こうとする。今度は希美が成瀬のことを止める。

成瀬は、「卒業したら一緒に島を出よう」と、希美のことを励ました。そして、二人は泣いた。

次の日の朝、高野が民生委員の池園を連れて、希美の家に来た。そこで、高野は希美に「昨日晋の家に来たか」と聞くが、希美は否定した。

一方、成瀬は、『さざなみ』の引っ越し作業をしていた。途中で、成瀬の父親・周平(モロ師岡)が買い出しに行った。一人になった成瀬は、部屋の隅に置いてあった、昨日のライターオイルを持って立ち上がる。

その数時間後、駐在所に『さざなみ』が火事だという連絡が入る。高野が不在のため、妻・夏恵(原日出子)が現場へ駆けつけ、『さざなみ』の中に助けに入る。周平を助けることが出来たが、夏恵は重症を負った。そして、成瀬は中にはおらず、外から燃える『さざなみ』を眺めていた。

その後、現場に到着した高野が成瀬のことを見つけ、「こんなところでなにしてる!?」と詰め寄るが、成瀬は黙っている。『さざなみ』に火をつけたのは成瀬だと思った希美は、さっきまで一緒にいた、と嘘をついた。高野はそんな二人を疑った。

2014年、高野は、安藤望(賀来賢人)の元を訪れる。事件のことは何もしらないという安藤。高野が『Nのために』とはどういう事かと聞くと、「あの時あの場所にいた全員に大切なNがいた、自分にとってのNは杉下希美でした。」と安藤は答えた。

公式サイト:Nのために2話

3話動画ネタバレ

2014年、高野茂(三浦友和)は安藤望(賀来賢人)に会っていた。別れ際に、高野が安藤に「西崎さんは誰も殺していない、違いますか?」と聞くと、「あなたは一体誰なんですか」と言い、質問には答えてくれなかった。

そして、その後、高野は杉下希美(榮倉奈々)が働いている職場に電話を掛けた。しかし、希美は既に会社を辞めていた。職場の所長に、希美が辞めた理由を知らないかと言われるが、高野には心当たりが無かった。また、個人情報にあたるため、希美の連絡先を知ることは出来なかった。

一方、安藤は、希美との再会を果たしていた。また、成瀬慎司(窪田正孝)は、西崎真人(小出恵介)と連絡をとっており、高野が動き始めたことをきっかけに、野口夫妻殺人事件の事件関係者4人も少しずつ動き出していた。

2000年、香川県青景島、成瀬は県で一人しか受からない奨学金制度に受かり、東京の大学に進学することが決まった。

一方、希美は、奨学金制度に受かることが出来なかった。その上、密かに集めていた大学の資料が母・早苗(山本未來)に見つかってしまい、「一人にしないで」と泣きつかれ、部屋に閉じ込められてしまう。

進学を諦めようとしていた時、鞄の中から、1枚のフェリーの切符が出てきた。裏には、「がんばれN」というメッセージが書かれていた。これが成瀬からのメッセージであることに気づいた希美は、上に行く決心をし、父・晋(光石研)の元へ、大学進学のための資金を工面してもらうように頼みに行く。希美の熱意に押し負けた晋は、希美の大学進学のだめの援助を許可し、希美は島を出て、東京の大学に進学できるようになった。

一方で、高野は「さざなみ荘」の放火犯を見つけるため奔走していた。

そして、希美は高校の卒業式を終え、上京し、「野ばら荘」というぼろアパートで暮らすことになった。そこで出会ったのが西崎と安藤である。三人は、「野ばら荘」での暮らしを通して徐々に仲を深めていった。

しかし、その一方で、「野ばら荘」は存続の危機に立たされていた。近くに地下鉄が通る影響で、不動産から土地を売って欲しいと頼まれていた。しかし、「野ばら荘」の大家・野原兼文(織本順吉)は、長年親しんできた、この土地を手放したくないと考えており、西崎もまた「野ばら荘」を守りたいと考えていた。

そんな西崎が、希美と安藤に提案したのが「N作戦」である。この名前は、「野ばら荘」のNから付けられた。三人は「野ばら荘」を守るために緻密な計画を立て始めた。

公式サイト:Nのために3話

4話動画ネタバレ

2014年、高野茂(三浦友和)は、野口夫妻殺人事件の真相を調べるために弁護士事務所に訪れていた。そこにあった資料には、事件関係者の証言内容が記載されており、杉下希美(榮倉奈々)、成瀬慎司(窪田正孝)の二人は共に、お互いが現場に居合わせたのは全くの偶然であると証言していた。しかし、高野は偶然ではないと疑っていた。

一方そのころ、希美と安藤望(賀来賢人)は二人で会っており、野口夫妻殺人事件についての話をしていた。その中で、安藤は「俺があの場にいなかったら二人は死んだりしなかった」と口にした。

2002年、希美は大学に通いながら、バイトを掛け持ちし、多忙な日々を送っていた。

そんな中、希美が通っていた高校から同窓会のお知らせが届く。希美は同窓会へ出席するために島へ帰った。島へ帰ると、今までろくに働いた経験のない、母・早苗(山本未來)が立派に働いていた。その姿を見た希美は思わず笑顔になる。

しかし、その後、高校の友人から、「同窓会が中止になるかもしれない」という連絡を受ける。理由は、成瀬の父親・周平(モロ師岡)が亡くなってしまったから。

当の成瀬は、その知らせを聞き、父の元へ急いで駆けつけているところだった。父親の葬儀が終わり、東京に戻ったが、自暴自棄になってしまい、大学に通わず、パチンコ店で遊んだり、怪しいバイトに手を出すようになってしまった。

一方、希美が暮らす「野ばら荘」では、土地を売って欲しいと頼みに来る不動産屋が頻繁に訪れるようになっていた。そのため、希美、安藤、西崎は「N作戦」について計画を立て始めた。

「野ばら荘」を売って欲しいと言われているのは、新しい都市計画のせいであった。3人は、都市計画に反対している、みどりビルの所有者、野口一家を味方につけることが出来れば、「野ばら荘」を守れるのではないかと考える。そこで3人は、野口一家に近づくために、野口家の長男・野口貴弘(徳井義実)が開催するパーティーに参加した。

そして、西崎がパーティー中に貴弘に接触することに成功。貴弘は、安藤が入社する予定の企業の社員であることが分かった。そして、後日沖縄で行われる、貴弘主催のボランティアに参加することになった。しかし西崎は「水着姿になりたくないから」といって一人東京に残ることを決めた。

一人、アパートに残った西崎は着替え始める。その西崎の体には複数のアザがあった。これは西崎が子供の頃、母親からの虐待のせいでついたものであった。

公式サイト:Nのために4話

5話動画ネタバレ

2003年、杉下希美(榮倉奈々)と安藤望(賀来賢人)は、野口貴弘(徳井義実)に近づくために、貴弘が主催する沖縄でのサンゴを守るボランティア活動に参加していた。二人は、何度も貴弘に話しかけようと試みるが、貴弘がほかの人と話しているため、なかなか近づくことが出来なかった。

しかしその後、二人にチャンスが訪れ、貴弘と、貴弘の妻・奈央子(小西真奈美)と一緒に海に潜ることになる。そしてその途中で奈央子が溺れてしまった。奈央子が溺れてしまったのは、スキューバダイビングの初心者であったためだと思われたが、実はそれは希美が仕掛けたことであった。何としてでも野口夫妻に近づきたかったのである。そしてその後、希美と安藤は、奈央子のことを助け、野口夫妻と急接近することに成功する。

また、沖縄でのボランティア活動をしていく中で、安藤は希美に対して恋心を抱くようになっていた。

そして、東京に戻った希美たちは、野口夫妻の家に招かれた。野口夫妻の家は高層マンションのスカイローズガーデンだった。四人は、食事をしたり、将棋をして楽しんだ。

その後、貴弘からみどりビルは売却しないという話を聞き出すことができ、安心する希美。結果として、「N作戦」を成功することができ、「野ばら荘」を守ることができた。

そしてある日のこと、奈央子が希美に会いに、「野ばら荘」に訪ねてきた。

一方その頃、成瀬慎司(窪田正孝)は詐欺まがいのアルバイトに手を出してしまっていた。そして、それが警察に見つかってしまい、捕まってしまう。

青景島では、高野茂(三浦友和)が、「さざなみ荘」の火事の影響で声が出せなくなった妻・夏恵(原日出子)のことを治そうとたくさんの病院を回り、奮闘していた。

2014年、安藤と高野は再び会った。高野が野口夫妻殺人事件の真相を追及している間に、安藤も事件の真相を知ろうと、西崎や希美に会っていた。そして、安藤は「西崎さんは野口さんを殺していないと思います。」と発言した。

そう安藤が発言したのは殺人に使われた凶器が関係している。殺人の凶器で使用されたのは、野口夫妻の家に置かれていた、火のついた燭台である。しかし、犯人とされている西崎は、子供の時のトラウマのせいで、火を極度に恐れていた。そのため、西崎がたとえ感情的になっていたとしても、火のついた燭台を手に持つのはおかしいと安藤は考えた。

一方その頃、西崎は、希美に謝罪文と共に、多額のお金を送っていた。

公式サイト:Nのために5話

6話動画ネタバレ

2003年、野口貴弘(徳井義実)の妻・奈央子(小西真奈美)が、杉下希美(榮倉奈々)に会いに、「野ばら荘」へ訪れた。しかし、希美が不在だったため、隣の部屋に住んでいる、西崎真人(小出恵介)は、自分の部屋に奈央子を招いた。

奈央子は、西崎の部屋に置かれていた、西崎が書いた小説を読んだ。西崎は小説家志望だった。そして、奈央子は、他の人が読み取れなかった小説の真意に気づき、西崎が子供の頃に母親から暴力を受けていたことを知る。そこから、奈央子と西崎はどんどん距離を縮めていき、今度は、奈央子が貴弘から暴力を受けていることを西崎が知る。お互い同じ境遇であることを知った二人は抱きしめあった。

一方その頃、成瀬慎司(窪田正孝)は詐欺まがいのアルバイトに手を染めてしまったことが原因で警察に捕まっていた。身寄りがない成瀬は、高野茂(三浦友和)に助けてもらい、出所することができた。そしてその後、成瀬は心を入れ替えてやり直すため、大学を辞めて、レストランでバイトを始めた。

一方、希美は就職活動で忙しい日々を送っていた。そんな希美には水平線が見たいという野望があった。安藤望(賀来賢人)はそんな希美を、清掃用のゴンドラに乗せ、高いところに連れて行った。野望が叶い、高いところからの景色を見た希美は、徐々に価値観を変えていった。

そして、安藤は社会人になったため、「野ばら荘」から引っ越していった。貴弘と同じ会社に入り、希望の部署に配属され、順調な社会人生活のスタートかと思われたが、貴弘がリーダーを務めるプロジェクトが撤退を余儀なくされ、厳しい状況になっていた。それに加えて、貴弘の妻・奈央子が不倫をしているという告発メールが社員全員の元に送られてきた。

野口夫妻のことが心配になった、希美と安藤は野口夫妻の家へ訪れた。玄関には、外側から鍵をかけるためのチェーンが取り付けられていた。以前、野口夫妻の部屋に遊びに来た時にはなかったものである。これは、貴弘が奈央子を監禁するために取り付けたものであった。また、奈央子は貴弘に携帯の解約をさせられていた。

2014年、安藤は高野に、「野口夫妻殺人事件当日、玄関の外側についているドアチェーンは閉まっていた。」という新情報を話した。犯人とされる西崎は「ドアチェーンはかかっていなかった。」と事件当時、供述しており、二人の発言には矛盾が生じた。

そして、希美は高野と会い、がんを患っており余命宣告を受けていることを高野に伝えた。仕事を辞めたのはがんのせいであった。

公式サイト:Nのために6話

7話動画ネタバレ

2004年、杉下希美(榮倉奈々)と、安藤望(賀来賢人)は、野口貴弘(徳井義実)から、貴弘の妻・奈央子(小西真奈美)が流産してしまったことを聞いた。流産のせいで、奈央子は、精神的に不安定になってしまい、一人で裸足のままふらふらと外に出てしまうようになったという。そのため、貴弘は、外側からドアにチェーンをつけ、奈央子を監禁することにしたそうだ。

奈央子の流産のことを心配する希美に対し、安藤は本当に流産なのか疑っていた。希美がなぜそう思うのかと尋ねると、安藤は、奈央子に不倫の噂があることを希美に伝えた。

その後、希美の部屋に西崎真人(小出恵介)が現れ、奈央子と不倫していると告白した。西崎は、奈央子が監禁されているという事実を知り、なんとか助け出したいと言う。しかし、高校生の時に、父親の不倫のせいで家族をめちゃくちゃにされた経験がある希美は、人妻と不倫した西崎のことを責めた。

そして、その後、希美は友人の結婚式に出席するために青景島に帰った。結婚式には成瀬慎司(窪田正孝)も出席しており、二人は久しぶりの再会を果たすことができた。そこで希美は慎司があるレストランで働いていることを知る。そのレストランは、野口夫妻のお気に入りのレストランだった。成瀬はそのレストランで出張サービスを行っていた。出張サービスとは、料理をお客様の家まで運び、おもてなしをするというものであった。

結婚式が終わり、希美と成瀬は学生時代によく行っていた思い出の場所に行った。そこで、学生時代の思い出話を語ったり、今の近況を報告しあったりして、久しぶりの再会を喜んだ。

一方、奈央子は助けを求めて貴弘の目を盗み、こっそり西崎にメールを送った。どうしても奈央子のことを助け出したい西崎は、成瀬が、野口夫妻のお気に入りのレストランで働いていることを希美から聞き、成瀬を紹介してくれと頼む。成瀬が行っているレストランの出張サービスに、従業員として紛れ込むことで、奈央子の部屋に忍び込めないかと考えたためである。

その後、成瀬が「野ばら荘」へ訪れ、西崎と顔を合わすことになる。そして、西崎は奈央子救出作戦、「N作戦2」を計画する。

2014年、高野は妻・夏恵(原日出子)と共に久しぶりに青景島に戻ってきた。「さざなみ荘」の放火事件の時効は残り一年をきっていた。二人が、墓参りに向かうと、そこには成瀬がいた。

一方、希美は、西崎に会うために「野ばら荘」へ訪れた。

公式サイト:Nのために7話

8話動画ネタバレ

2014年、高野茂(三浦友和)は、成瀬慎司(窪田正孝)と話をした。その際、高野は15年前に起きた、「さざなみ荘」放火事件について、成瀬と杉下希美(榮倉奈々)を疑う心が晴れないと口にした。それに対して成瀬は、「杉下は何もしていない。火をつけたのは俺じゃない」と答えた。

2004年、西崎真人(小出恵介)は、野口貴弘(徳井義実)の妻・奈央子(小西真奈美)を救出するため、成瀬に協力を依頼するものの、そういうのは警察に頼んだ方がいいと断られてしまった。

しかし、その後、成瀬から12月24日なら出張サービスの予約ができるため協力することができるという連絡を受ける。「大事な人がひどい目にあってて、いてもたってもいられない気持ちはわかる。だから協力する。」というメッセージも一緒に届いた。

希美と安藤望(賀来賢人)は、野口夫妻の家へ訪れた。貴弘と安藤は将棋の対局をしていた。その途中で、貴弘が安藤に出世を賭けて勝負をしようと持ち掛けた。しかし、その日のうちに決着はつかず、続きは次回に持ち越されることになった。

そして、12月24日に野口夫妻はシャルティー広田(成瀬が働くお店)の出張サービスを予約することになり、希美と安藤も同席するよう奈央子に招待された。

その後、希美と成瀬と西崎の3人は「N作戦2」を立てるため集まった。安藤はこの作戦のことは何も知らなかった。作戦の内容は、まず、成瀬が行う出張サービスに、西崎も店員のふりをして参加し、野口夫妻の部屋へ侵入する。そして、部屋の中では、希美が貴弘のことを書斎に引き留める。その間に、部屋へ侵入した西崎が奈央子のことを外へ連れ出すというものだった。

しかし、その後、西崎は奈央子が本当に助けてほしいと思っているのか不安になり、作戦を決行するべきか悩んでいた。すると、その後、奈央子から「助けて、連れ出して」という連絡がきた。奈央子が助けを求めていると知ることが出来た西崎は「N作戦2」を決行することに決めた。

一方、奈央子は、西崎に電話をしているところを貴弘に見られ、殴られてしまった。

2014年、高野が部屋へ戻ると、妻・夏恵(原日出子)の姿がなかった。その代わり、机の上には手紙が置いてあった。そして、そこには「さざなみ荘」に火をつけた人物を知っていて今まで隠していました。と書かれていた。

一方、希美は癌の緩和セミナーに出席していた。希美の癌はかなり進行してしまっているようだ。そこへ成瀬から電話がかかってきた。

公式サイト:Nのために8話

9話動画ネタバレ

2014年、高野茂(三浦友和)は、東京に戻るために青景島を出発しようとしていた成瀬慎司(窪田正孝)のことを、急いで引き留めた。理由は、成瀬に謝るためであった。

高野の妻・夏恵(原日出子)が書いた手紙には、「さざなみ荘」放火事件の真相が書かれていた。「さざなみ荘」に火をつけたのは成瀬の父・周平(モロ師岡)であった。そして、周平のことを可哀そうに思った夏恵は、その証拠を隠し、犯人隠避の罪を犯してしまった。それがばれてしまうと、たくさんの人が取返しつかなくなるうえに、高野も職を失ってしまうと考えた夏恵はずっと隠し続けていた。

高野は、「さざなみ荘」の事件は、成瀬が犯人だとずっと疑っていた。そのため、事件の真相を知り、疑って悪かったと成瀬に謝った。

一方、杉下希美(榮倉奈々)は癌と戦いながら、医師からの余命宣言を誰にも話さないまま一人で生きていく決心をしていた。

安藤望(賀来賢人)は、希美が病気にかかっていることを知らないものの、希美の顔色が悪く元気がなさそうだと心配をしていた。

西崎真人(小出恵介)は希美の病気のことを知っており、どうするべきか悩んでいたが、希美を救えるのは成瀬しかいないと考え、成瀬に、希美の病気のことを伝えた。

それを聞いた成瀬は、希美に会いに行った。二人は10年ぶりに会った。そしてそこで成瀬は島へ帰ってお店を開くと言い、一緒に帰らないか?と希美のことを誘った。

2004年、「N作戦2」の作戦変更が行われた。新しい作戦は、希美が野口貴弘(徳井義実)と書斎で将棋をしている間に、西崎が花屋のふりをして、貴弘の妻・奈央子(小西真奈美)を連れ出すというものだった。成瀬が出張サービスは、奈央子を外に連れ出した後に行うことになった。

そして事件当日17時、希美は野口夫妻の家に向かった。希美は、貴弘を引き留めるため、書斎で将棋を始めた。

一方、西崎は、17時半に花屋のふりをして、野口夫妻の部屋へ侵入する計画であったため、その準備をするために近くの花屋に足を運んだ。しかし、クリスマスイブのため、どこの花屋も込み合っていた。そのため、西崎は17時半に野口夫妻の家に到着することが出来なかった。

その間、希美が必死に貴弘の足を引き留めていた。

すると安藤が予定より早く到着してしまう。貴弘は安藤にラウンジで待っていてもらうように指示した。

そして17時45分、予定より15分遅れて、西崎が野口夫妻の家に到着した。西崎は部屋へ侵入し、奈央子を抱きしめ、外へ逃げようとした。

公式サイト:Nのために9話

10話動画ネタバレ

2004年、野口夫妻殺人事件当日。西崎真人(小出恵介)は、花屋のふりをして、野口夫妻が住むマンションまでたどり着いた。そこから、野崎夫妻の部屋へ行こうとしたところ、安藤望(賀来賢人)とばったり会ってしまう。安藤は、「N作戦2」のことは何も知らないため、西崎がいることに驚く。そして何か企んでいると不審に思った。

そしてその後、西崎は野口夫妻の部屋へと向かい、貴弘の妻・奈央子(小西真奈美)を外に連れ出そうとした。すると、奈央子はそれを拒み、希美を連れ出してほしいと西崎にお願いする。奈央子が助けてと言った真意は、自分を外に連れ出してという意味ではなく、貴弘のことをたぶらかす希美を外へ連れ出してという意味だったのである。

一方、安藤は、成瀬慎司(窪田正孝)が今回の騒動に関わっていることを知り、杉下希美(榮倉奈々)が本当に困った時、誰に助けを求めるのか確かめたくなった。そのため、野口夫妻の家の外側からチェーンをかけ、希美たちを中に閉じ込めた。

野口夫妻の家の中では、書斎から出た貴弘が西崎を見つける。そして、西崎に殴りかかった。西崎は外に逃げようとしたが、外側からチェーンがかかっており、外に逃げ出すことは出来なかった。

そしてその後、貴弘はリビングに逃げ込んだ奈央子を追いかけ、俺を裏切るのかと、奈央子の首を絞め始めた。それを見た、西崎が包丁をもって、リビングに行くが貴弘に包丁を奪われてしまう。そしてそのまま貴弘は西崎のことを刺そうとした。すると今度は奈央子がそれを止めようと、近くに置いてあった燭台で貴弘のことを殴って死なせてしまった。

その後、奈央子は「貴弘と一緒にここを出ていく」と言い、自分のことを包丁で刺し、自殺してしまった。

野口夫妻殺人事件の真犯人は奈央子であり、歪んだ愛と、嫉妬が引き起こした事件であった。

西崎は、愛する奈央子を犯罪者にしたくない一心で、自分が罪を被ることを決心した。

2014年、希美はずっと会っていなかった母・早苗(山本未來)の元へ会いに行く。早苗は、昔の自分の行動を反省し、希美に謝った。希美は早苗に自分の病気のことを伝え、死ぬのが怖いということを伝えた。それを聞いた早苗は、希美のことを優しく抱きしめた。

また、希美の病気のことを知った成瀬は、希美に一緒に島へ帰ろうと誘った。誘いを受けるか悩んでいた希美であったが、最後は島へ戻る決心をした。

そして、フェリーに乗り、島へ戻った。島では成瀬が待っており、成瀬は希美の手を握り抱きしめた。

公式サイト:Nのために10話

Nのために動画見どころ

Nのためにの見どころをまとめました。

怒涛の展開の連続で息つく暇がない!

榮倉奈々さん演じる杉下を中心に巻き起こる本格ミステリードラマです。
タイトルの「N」は主要な登場人物の名前に掛かっており、それがどう意味しているかは見ていくうちに判明するでしょう。
一体誰が誰のために事件を起こしたのか、怒涛の展開の連続で息つく暇もありません。
とても見ごたえがあるので、ミステリー好きは絶対にハマるドラマだと思います。
そして恋愛要素もあるので、緊迫感溢れるミステリーの中にもキュンとできる場面もあります。

瀬戸内の美しい山並みを背景に実力派の役者が揃っているという所がすごく見やすく、そして音楽もうドラマとマッチしているため心地よく感じられました。良い話だけではなく悲劇につながってしまう動機などは残念に思うところもありましたが、クライマックスへ向けて犯人が誰だか分からずストーリーに引き込まれる感じはすごく楽しかったです。展開の予想がつかなくハラハラと見られるという物語と家族の絆や苦しい恋愛などといった人間模様も織り交ぜながら最終話に向けて怒涛の速さで進んでいくストーリーに魅せられていました。

みんなの想いが交錯していくのが印象的

ここドラマはみんなの想いが交錯していくのが印象的です。杉下はいろんな過去がありながらも、前向きに頑張っていたのが良かったです。そして出てくる人みんなが怪しい感じがハラハラしました。
野口のどこかミステリアスな雰囲気がリアルでした。妻への態度、杉下たちに何か企んでいるのがヒヤヒヤしました。
それでも成瀬たちはなんとかして、部屋に乗り込んでいたところが頼もしかったです。みんなで作戦を考えていくのが面白いです。

タイトルに込められた意味、それこそが本作最大の衝撃!

タイトルに込められた意味、それこそが本作最大の衝撃であると共に見どころとなっています。最初は、「なるほど。杉下希美を始めとする登場人物のイニシャルがNなのか」とその程度の驚きしか感じません。しかしながら、話が進むにつれて彼ら彼女らが誰かを思い、時には罪の共有をしてまで守ろうという心理が絡み合うことによって、ようやくタイトルの真の意味を汲み取ることができるのです。また、事件の真相を知っていた人物と表面的な部分しか知らなかった人物とが判明するのも注目すべき点として挙げられます。

 登場人物たち全員が大切だと思う人のために様々な行動をします。ちなみに、みんな、Nが名前についています。いくつか、みどころがあると思いますが、誰が、誰のために何をするかが一番の見どころだと思います。見ているうちに、段々過去の殺人事件の真実がわかっていきます。あとは、ヒロインが大学生になるまでのところと、小出恵介さんが演じている西崎真人と野口奈央子のラブストーリーのところが興味深くて見どころだと思います。

今回紹介するドラマは、2014年に放送されたTBSドラマNのためにです。
このドラマは、湊かなえの推理小説で榮倉奈々が主役で放送されました。タイトルでわかるようにNがカギになるドラマです。
Nっていったい誰なのかが見どころだと思います。このドラマは4人カギを握っているNがいてそれぞれ隠し事をもっているドラマだと思います。被害者の夫婦もNとN祭りです。
このドラマは決してハッピーな終わり方をしないドラマです。

つい先の話が気になってしまう!

主人公希美と慎司のピュアな青春時代に通じ合う心から始まるストーリー。ふたりの恋模様が気になるも、周囲で起こる事件に人生を翻弄され、事件の真相に焦点が移っていく。慎司の実家の放火がきっかけで離れ離れになるふたり。そして東京では希美は楽しい生活を送るも、野口夫婦の死に関わるふたり。放火したのは誰なのか、野口夫婦を殺害したのは誰なのか、主人公二人は幸せになれるのか。つい先の話が気になってしまう、そんなドラマです。

窪田正孝さんの演技が素晴らしい!

期待を裏切らない作品で、最後までハラハラ見てしまいました。希美の母が出てくるとこっちまで恐怖を覚えました。
事件の真相とともに、希美が安藤を選ぶのか成瀬君を選ぶのかもとても気になりました。
陽気な気分にさせてくれる安藤、哀しい部分をさらけ出せる成瀬君。希美が最後に選んだのは成瀬君でしたが、現実の女性で死期が迫っていなかったら安藤なのかな、と思ったり。
成瀬君はエールの窪田さんと全く違っていて、神秘的でした。

湊かなえさんの小説が原作ということで、どこか謎めいた、また哀しさ漂う独特な雰囲気のドラマでした。窪田正孝さんの魅力を存分に味わえる作品だとも思います。どこか謎めいていて、醸し出す雰囲気やオーラに目を奪われてしまいました。最後の最後までどのような展開になるのか全く予想がつかず、毎回続きが気になって仕方ありませんでした。全ての伏線が回収された時、すっきりもしましたが、同時に悲しく、そして切なくなりました。

ミステリードラマ好きの方にぜひおすすめ!

このドラマでは、窪田正孝、榮倉奈々さんの活躍があり演技力が見どころだと思いました。成瀬、希美がどのように出会って愛し合い、どんな罪を犯していたのか考えながら観るとドラマが面白くなると考えられました。大切な人、愛している人とであれば、罪を一緒に共有することができるものだと感じました。現在と過去を観る事で事件の真相を掴んでいくところは見どころだと思いました。ミステリードラマ好きの方にはおすすめできるドラマだと思いました。

2004年、12月24日スカイローズガーデンの48階に住む野口家の野口弘貴(徳井義実)と妻奈央子(小西真奈美)が、殺害されていた事に、一体犯人は、誰なのか?後、ヒロイン杉下希美(榮倉奈々)が、幸せだった家庭だった家が、ある日、希美達の目の前に、父親の愛人が現れてしまい、家を追い出さられてしまい、違うに家に引っ越しをされてしまったのだった。夫婦の中に何があったのか?ミステリーな所が、見どころな作品です。

湊かなえさん原作らしく、登場人物の心情が丁寧に描かれている

湊かなえさん原作らしくそれぞれの思いを丁寧に描いており、ミステリー要素としてもおもしろく楽しめます。Nのために、というタイトル通り、登場人物がNの頭文字がある人のことをどこかで気にかけているというところが明かされていきながら、高級マンションで起きた過去の殺人事件の謎についてもどんどん深まっていきます。過去と現在が交差しながら進んでいくストーリーがとても見ごたえがあります。実力派の俳優さんの演技が皆さん素晴らしいです。

希美と成瀬の未来が気になる!

一番の見どころはやっぱり希美と成瀬の未来です。2人がどんな風に将来過ごすのか、一緒にいられるのか、別々に生きていくのか、ワクワクと不安な気持ちでみていました。他にも登場人物みんなの気持ちがそれぞれ自分の大切な人のことを想っていて考えさせられました。誰かの憎い人は誰かの大切な人だったりします。みんな自分の大切な人に幸せになってほしくて一生懸命なところが良かったです。
あと、2人がまだ島にいる頃の島の景色がすごく素敵でした。こんなとこで青春したかったなと思いながら観ていました。

登場人物それぞれの人生に重みがある

この作品は、野口夫妻がなぜ、そして一体誰に殺害されたのか、そしてNとは誰なのかに迫っていくところが見どころなんですが、この物語に登場してくる人物たちの過去がなんといっても、若いながらに重い十字架を背負ってしまっている感もあるし、誰かが誰かのために守ろうとしているところには、愛情を感じます。血の繋がりなど関係なく深い愛情を感じれるし、けれども、深い愛情がゆえに事件につながってしまったのかもしれません。

Nのために動画1話~まとめ

「Nのために」を1話から最終回まで見逃し配信しているのはparavi、Hulu、TSUTAYATVディスカスでした。

見逃してしまった方はぜひお楽しみ下さい。

paravi

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

\30日間無料/

TSUTAYAディスカス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA