【公式動画フル】おもひでぽろぽろ動画フル無料視聴!

ジブリ作品「おもひでぽろぽろ」を無料フル視聴できる動画サービスを紹介します。

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

おもひでぽろぽろ動画公式情報

公式サイト 金曜ロードショー/スタジオジブリ/ジブリ作品/
ウィキペディア ウィキペディア
キャスト情報 今井美樹/本名 陽子/柳葉 敏郎/山下 容莉枝

おもひでぽろぽろ動画フル無料配信状況

動画配信サービス フル無料視聴状況
Tver

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

TSUTAYATVディスカス

ジブリ作品「おもひでぽろぽろ」ですが動画配信TSUTAYAディスカスで見逃し配信しています。

月額2659円ですが初回30日間無料となっています!

この無料期間には以下の作品も借り放題!!

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

無料お試し期間のメリット

・旧作は動画見放題プランで見放題!

・新作以外の作品はDVDレンタル借り放題!

・レンタルDVDはネットで注文後自宅にDVDが翌日届きます!

・返却は近所のポストに投函でOK

・延滞金はかかりません!

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

おもひでぽろぽろ動画みどころ

ジブリアニメ「おもひでぽろぽろ」の見どころをまとめました。

ノスタルジックな風景に失ったものを思い出す主人公

ジブリ作品ですが、高畑勲監督になり宮崎駿監督とは違い人をテーマにノスタルジックを感じる映画となっています。田舎出身の自分にとっては非常に共感できる部分も多かったです。ジブリですが、正直子供が見るよりも大人が見た方が理解も出来て胸にささるシーンも多いかと感じます。この作品を見ると、昔の事や楽しい思い出、悲しい思い出などいろんな感情を感じることが出来ます。特にラストシーンがお勧めです。また声優陣も自然な演技で違和感がなく作品に合っていると思います。

時代は1980年代。社会風刺が多いといわれる高畑勲監督の作品。
物が豊かになってきた時代に、上京して仕事もし、一人前になったはずなのに、なんだか物足りないと感じる主人公が思い付いた旅。
けれど、親戚のいる山形の田舎にいっても、思い出すのは自分が小学生だった頃のことばかり…。
70年代のノスタルジックな日常の風景と、80年代のその当時も実在した生活。美しい風景。
アイデンティティーとは何か、本当に自分や社会がなくしたものは何か。
誰もが、はっきりとは言葉にできないことを考えさせられる作品です。

精神的に自立していく主人公タエ子に共感できる作品

少女と大人の間を旅しながら精神的に自立していく主人公であるタエ子の姿に共感できる作品で、小学生のタエ子が「分数の割り算がすんなり出来た人はその後の人生もすんなりいく」と苦手な分数と人生の関係について語るシーンに考えさせられたり、物事には様々なルールがある中で大人になるとそのルールに対して疑問がだんだんなくなり理由や裏付けが疎かになってしまいがちですが、タエ子が疑問だらけの素直な言葉を投げかけることで見ていて改めてハッとさせられるところが見どころです。

小学5年生のタエ子と27歳のタエ子が共に旅をする

この作品は、小学5年生のタエ子と27歳のタエ子が共に旅をするところが見どころです。同じ人物であっても時が経ち、色々な経験を重ねてきた後と前と、そして年齢とでは変わってきます。色々と経験する前の自分と、もし出会ったら自分だったら、どのようになるのか、タエ子と自分を重ね合わせながら、見ると、より一層、このノスタルジックな世界に惹き込まれるので、この時代の風景もまた見どころの一つだと、私は思っています。

自然と人間が共存していたというセリフが素敵

見どころとしては「実はこの景色も昔から人間が作ってきたものなのですよ!」というセリフが出てくるワンシーンだと思います。自然が多い景色を見たタエ子に対してのセリフになりますが、このセリフに昔の人々も自然と共存しながら少しづつ人間の住みやすい田舎を作っていったんだなと、田舎暮らしの私には共感できるセリフでもありました。

誰もが心に残る作品!他のジブリ作品とも繋がりが!

この作品は、ジブリを一通り網羅している人なら誰もが心に残る作品になっていると思います。ジブリの他の作品とどこか繋がっているような描写もあり、それでいて他の作品とは違った時の流れ方を感じられると思います。
大きく何かが変化する起承転結のストーリーというよりは、日常の一部を切り取った、内容になっており、それぞれのキャラクターにどことなく自分が出会ったような感覚を得る気がします。青春時代に体験した誰しもが持っている日常の中の一つの思い出を彷彿とさせる、何かにぶつかった時に是非見て欲しい作品です。

子供の頃と大人になって観るのでは感じ方が違う

子供の頃に観るのと大人になって観るのでは、感じ方が違う作品だと思います。子供の頃に観た時は子供のタエ子(主人公)に、そして、大人になって観ると、子供の頃にはわからなかった内容もわかり、大人のタエ子に感情移入してしまいます。そのどちらの物語にも入り込める点が素晴らしい点だと思います。大事件が起きるわけではないのに、何度も観たくなる作品です。観れば観るほど、深い部分まで理解していき、面白さがわかり、自分の成長もわかるような作品です。

ラストが気になる!監督の思惑は何だった?

この作品はラストが気になる作品でした。主人公タエ子が東京に帰ろうとするとトシオのおばあちゃんが「トシオのお嫁さんになってくれないか」と打診します。しかしタエ子ははっきりと答えられないまま別れの列車に乗ってしまいます。しかし帰り途中に、急に思い立ち田舎に電話します。そして田舎に戻ったタエ子をトシオが出迎えてくれるのですがその背景には相合傘が。そして小学校5年生のタエ子が祝福してくれるという最後が印象的でした。しかし2人が結婚したのかどうかは定かではありませんでした。監督の思惑は何だったのか気になったラストでした。

自分にとって大切なものを思い出させてくれる

20代後半、仕事にも慣れてきつつ日々の生活にマンネリ化する時期。今の仕事を続けるか結婚するかで悩んでいるなら、ちょっと息抜きするような軽い気持ちでこの映画を観てみるといいかも。主人公のたえこが、小学4年生の過去の自分を振り返り、あの頃の真っ直ぐで素直な気持ちを思い出しつつ、現代の擦り切れそうなささくれた気持ちと対峙する。何が正解ではなくて、自分が何をどうしたいのかを問いかける、自分にとって大切なものを思い出させてくれる、心がほっこりと幸せになれる素敵な映画です。

おもひでぽろぽろ動画フル無料視聴まとめ

おもひでぽろぽろはTSUTAYAディスカスで借り放題できます!

初回30日間無料!

返却はポストでOKです!

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です