あなたのひとくちが、ニッポンを元気にする。

ニッポンの「おいしい」がピンチです。コロナウイルスに伴う自粛の影響で、国産の生鮮食材が大量に余っています。 牛肉、魚介類、果物や野菜など、生産者が心を込め、手間暇かけて育てたニッポンの食材たち。これらは毎日生育を続けているので、お届けしたい「いま」を逃すと、その価値を失ってしまいます。ニッポンのいまを食べることは、食のこれからを救うことになるのです。 いただきます。は、日本の誰かを元気にできる。いただきます。は、自分や家族を元気にできる。食べることが大切になった、いまだから。ニッポンに元気が欲しい、いまだから。 さあ、育てる人も、獲る人も、料理する人も、届ける人も、催す人も、そして、もちろんモリモリ食べたい人も、みんな集まって、おおきなひとつのチームになって、 食べてニッポンを元気にするプロジェクト、はじまります。

プロジェクトへの参加方法はいろいろ

どの食材を食べて元気になる?支援プログラム対象品目