ローマの休日無料視聴できる動画サービス!

オードリー・ヘップバーンの代表作といったらやっぱり「ローマの休日」。見逃してしまったという方に見逃し配信している動画サービスを紹介します。

ローマの休日を見逃してしまった

ローマの休日の再放送が見たい

\31日間無料/

無料でお試U-NEXT

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

\30日間無料/

Amazonプライムビデオ

ローマの休日公式情報

目次

映画「ローマの休日」の公式情報をまとめてみました。

公式サイト 公式サイト
ウィキペディア ウィキペディア
キャスト情報 グレゴリー・ペック/オードリー・ヘプバーン/エディ・アルバート
関連 金曜ロードショー

ローマの休日見逃し配信動画サービス

映画「ローマの休日」は以下の動画配信サービスで見逃し配信されています。

動画サービス 見逃し配信状況
〇見放題
〇見放題
〇見放題
〇見放題
△課金

Hulu

ローマの休日は見逃し配信は動画配信サービスHuluで見逃し配信しています!

初回2週間無料なのでその期間に解約すれば料金はかかりません!

以下作品も見放題できます!

・ティファニーで朝食を
・シン・ゴジラ
・ダークナイト

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

U-NEXT

ローマの休日は動画配信サービスU-NEXTで配信しています!

初回31日間無料でお試しできます!

\31日間無料/

無料でお試U-NEXT

TSUTAYAディスカス

「ローマの休日」ですが、動画配信サービスTSUTAYATVディスカスで配信しています!

月額2052円ですが初回30日間無料となっています!

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

以下キャストの過去作品も借りられます!

・ティファニーで朝食を
・マイ・フェア・レディ
・パリの恋人

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

Amazonprimeビデオ

「ローマの休日」ですが、動画配信サービスAmazonプライムビデオで配信しています!

月額500円ですが初回30日間無料でお試しできます!

\30日間無料/

Amazonプライムビデオ

以下キャストの過去作品も見放題になっています!

・シャレード
・麗しのサブリナ
・パリで一緒に

\30日間無料/

Amazonプライムビデオ

Tver

「ローマの休日」はTverでは見逃し配信はありませんでした。

以下作品が見逃し配信しています。

ローマの休日再放送情報

ローマの休日」の再放送は以下の通りです。

Yahoo!番組表
フジテレビ番組表

「ローマの休日」は5/13(金)の21:00~22:54に日テレの金曜ロードショーで再放送予定です。

オリジナル新吹き替え版となっています。

ローマの休日主題歌

映画「ローマの休日」のサウンドトラックで劇中音楽を聴くことができます。

ローマの休日ネタバレ

映画「ローマの休日」のネタバレをまとめました。

ネタバレ

ヨーロッパの古い歴史や伝統を持つ王位継承者であるアン王女は、ヨーロッパ各国を表敬訪問中の最後の滞在国・イタリアのローマで忙しい日々に忙殺されている生活への不満からヒステリーを起こしてしまう。

その後、城を抜けだしたアン王女は、ヒステリーの際に打たれた鎮静剤の影響で路傍のベンチで寝かけてしまう。そこへ通りかかったのが、アメリカ人新聞記者のジョー・ブラッドレー。女性の様子を心配して介抱していると、女性はいつの間にかジョーのアパートまで来て就寝してしまう。

翌日ジョーは女性の正体が王女だと気付き、王女の秘密のローマ体験という内容の記事を書いて一発当てようと自分の職業に嘘を付き、友人のカメラマン・アーヴィングとアン王女を連れ歩き街を散策する。

そんな時間の中、自由に楽しむアン王女と新聞記者のジョーの気持ちが、次第に両想いになっていく。

そして夜になり、アン王女とジョーがダンスを楽しんでいると、とうとう探偵が現れてしまう。その場は何とか逃げたが、そういった状況も重なりお互いの気持ちに気付く。しかし、身分が違う二人の恋が叶わないことは2人は分かっていた。ジョーはアン王女を大使館まで送って今まで書きためていた原稿を破り捨てる。

その後アンは公式で記者会見を開き、大勢の記者たちに囲まれていた。そしてその中にはジョーの姿があり無言で見つめ合う2人。アンはジョーのに協力していたカメラマン・アーヴィングから、自身がローマの街で楽しそうにする写真を受け取った。しかし、2人はしばらく見つめ合った後に無言で別れの言葉を目でかわした。

公式サイト YouTube gyao Tver

ローマの休日キャスト情報

映画「ローマの休日」のキャスト情報を調べました。

ジョー・ブラッドレー (グレゴリー・ペック)

アメリカ人の新聞記者。

グレゴリー・ペック
エルドレッド・グレゴリー・ペック(Eldred Gregory Peck/1916年4月5日 – 2003年6月12日)。アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身の俳優。ウィリアム・ワイラー監督による『ローマの休日』の新聞記者役を演じた際にはオードリー・ヘプバーンの才能をいち早く見抜き、ヘプバーン本人を含めスタッフに様々な助言をし、映画を大成功に導き、ヘプバーンにとって最高の共演者となった。
ウィキペディア

出演作品
・夜の人々
・灰色の服を着た男
・白鯨
・無頼の群
・勝利なき戦い
・悲愁
・アラバマ物語
・オーメン

アン王女/アーニャ・スミス(オードリー・ヘプバーン)

ヨーロッパ最古の王室の王位継承者。分刻みのスケジュールと、用意されたスピーチを披露するだけのセレモニーにいささかうんざり気味。

オードリー・ヘップバーン
オードリー・ヘプバーン(英: Audrey Hepburn/1929年5月4日 – 1993年1月20日)は、イギリス人女優。ヘップバーンとも表記される。ハリウッド黄金時代に活躍した女優で、映画界ならびにファッション界のアイコンとして知られる。アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)の「最も偉大な女優50選」では第3位にランクインしており、インターナショナル・ベスト・ドレッサーにも殿堂入りしている。映画作品ではアカデミー賞のほかに、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞を受賞し、舞台作品では1954年のブロードウェイ舞台作品である『オンディーヌ』(en:Ondine (play))でトニー賞を受賞している。さらにヘプバーンは死後にグラミー賞とエミー賞も受賞しており、アカデミー賞、エミー賞、グラミー賞、トニー賞の受賞経験を持つ数少ない人物の一人となっている。
ウィキペディア

出演作品
・麗しのサブリナ
・戦争と平和
・尼僧物語
・ティファニーで朝食を
・シャレード
・ マイ・フェア・レディ
・暗くなるまで待って
・ニューヨークの恋人たち

アーヴィング・ラドビッチ(エディ・アルバート)

ジョーの同僚のカメラマン。

エディ・アルバート
エディ・アルバート(Eddie Albert, 本名Edward Albert Heimburger, 1906年4月22日 – 2005年5月26日)は、アメリカ合衆国の俳優。アマチュア歌手、ラジオの声優、保険のセールスマン、サーカスの空中ブランコ乗りなど様々な仕事を経てニューヨークに移り、ブロードウェイに進出。1933年にエディ・アルバートと改名し、1938年に映画デビュー。以後、存在感のある脇役として活躍。第二次世界大戦中は海軍で従軍した。映画『ローマの休日』のカメラマン役で広く知られている。
ウィキペディア

出演作品
・オクラホマ!
・抱擁
・悲愁
・史上最大の作戦
・荒野の女たち
・ふたり自身
・マックQ
・ブレンダ・スター

ローマの休日動画期待する見どころ

映画「ローマの休日」見どころをまとめました。

おとぎ話のような内容ではあるが、それが分かっていてもつい見てしまう

まずはオードリー・ヘプバーンの可愛らしさ、美しさ。それと同時にイタリアの風景。この映画のおかげもあり、さらなる観光名所ともなる「真実の口」など。約70年前の変わらぬイタリアの姿ともしもイタリアへ行く機会があるのなら変わってしまったイタリアとを見比べるためにも見ておくべきだと思う。ストーリーそのものは少し出来過ぎと言うちょっとおとぎ話のような内容ではあるが、それが分かっていてもつい見てしまう。視聴後「とても良い時間を貰った」と思える。タイムスリップ旅行のような映画です。

最後は本当に切なくなりました

主演のオードリーヘップバーンがとても可愛いです。
画面越しに見て相当顔が小さいし、可愛いし、本物はどれだけすごかったんだろうと惚れ惚れします。
グレゴリーペックもハンサムで目の癒しになります。
昔の白黒映画は小難しい映画ばかりだと勝手なイメージで思っていましたが、全然そんなことはなく、普通に楽しいコメディーでした。
よくある話なのですが、自然に物語に引き込まれて、楽しい場面ではこちらも楽しい気持ちになれるし、後半の寂しい場面では本当に悲しいような寂しいような気分になり、最後は本当に切なくなりました。

王女アンのある1日をドラマチックに描いた名作

オードリー・ヘップバーンが演じる王家の王女アンのある1日をドラマチックに描いた名作です。王女としての公務で訪れたイタリア・ローマでアン王女は夜にこっそり街に繰り出します。初めて1人で自由に行動できていることに感動しながらアン王女は一生忘れることはできないような出会いと体験をしていきます。お茶目なアン王女に微笑ましい笑いもありながら、最後は切ないラブストーリーに感動します。美しいローマの街並みと美しいオードリー・ヘップバーンにも釘付けになります。

何といってもオードリー・ヘプバーンの可愛らしさ

何といってもオードリー・ヘプバーンの可愛らしさでしょう。彼女がプリンセスのドレスを着ている姿、ローマの街中で活発に動き回る姿、色々な表情を見せる演技力、彼女なしでこの映画は成り立ちません。さらに新聞記者の大人な対応が見所です。現代のパパラッチのように、私生活を暴こうという下品なジャーナリズムではなく、人間性あふれるジャーナリズム。そして王女が自分に好意を持っていると気づいても、それをそっと見守る大人の優しさ。古き良き時代をこの映画から感じとることができます。

自分も旅行している気分になってしまいます

ローマの休日の見どころは2つあります。一つは、アン王女を演じるオードリーヘップバーンの衣装です。ブラウスにふわっとしたスカートなど現在でもおしゃれなコーディネートが楽しめます。オードリーの細く引き締まったウエストが強調されるスタイルは女子でも見とれてしまいます。スペイン広場でのシーンでは、フラットシューズを可愛らしく着こなしており、真似しやすく親しみやすいコーデに注目です。2つ目はロケ地である、ローマの町並みです。美しい建物や食べ物を見ているだけで自分も旅行している気分になってしまいます。

とてもはかなくてロマンチックで素敵

アン王女を演じるオードリー・ヘプバーンの可愛らしさが一番の見どころ。王位継承者として付き人の監視を窮屈に思ったアン王女はある日滞在先からローマの街に飛び出してしまう。身分がばれないように美容院で髪をバッサリ切ってショートヘアを満足げに見つめるシーンは有名。アメリカの新聞記者ジョーの案内でローマの観光地を巡り、スペイン広場ではソフトクリームをほおばる。アン王女とジョーの恋もとてもはかなくてロマンチックで素敵だった。

オードリーヘップバーンを、見るだけでも、価値がある映画

とにかく、オードリーヘップバーンが、きれいでかわいいです。オードリーヘップバーンを、見るだけでも、価値がある映画だと思います。「ローマの休日」は、非常に完成度の高いおもしろい映画です。笑いがあり、涙があり、恋愛がある素晴らしい映画だと思います。この素晴らしい映画の中で、一番際立っているのが、オードリーヘップバーンのかわいさです。たとえば、有名な真実の口のところは、いい場面ですね。慌てている姿も、きれいです。当時、オードリーヘップバーンのブームがあったそうですが、納得の存在感があります。

身分が全く違う男女の恋愛が楽しめる

この映画の見どころは、身分が全く違う男女の恋愛が楽しめるところや、オードリーヘップバーンの美しさが堪能できるところです。最初は王女らしい気高いオーラを放っているものの、打ち解けていくと普通の女の子としての可愛らしさやお茶目さがどんどん表に出てくるところにも注目です。二人とも身分が全然違うということで、すれ違いがあったり周りからの目もあったりして、スムーズな恋愛ができません。ですが様々な困難があるからこそ、二人の愛が深まっていくところもこの映画の見どころとなっています。

古さを感じさせないで逆にカッコいい

小国の王女がローマを訪れて王女として自由に過ごせない日々に不満を覚えて、ちょっとした事件を起こしてしまう物語です。モノクロ作品でかなり昔の作品ですが、とにかく古さを感じさせないで逆にカッコいい感じがしてしまう映像が見どころです。オードリーの無邪気さがとにかく際立っていて、可愛いですしローマの観光地を紹介してくれる映画にもなっています。自由がない王女が、束の間の自由時間を思い切り楽しむ姿を見る所も見どころです。

わかりやすいストーリーが人々の心に深く突き刺さる

映画史上最高の美女であると言われ誉れ高いオードリーヘップバーンの多くの出演作の中でも代表的な作品であり、わかりやすいストーリーが人々の心に深く突き刺さり、今でも懐かしいと共に多くのCMなどでも利用されるような映画である。話は単純明快でロミオとジュリエットのような身分の違う男女の恋模様を描いている。この一言で片付けられるのですが、そのストーリーとは裏腹にかなり映像が美しく、当時の白黒の映像でありながらその美しさが今の時代にもわかるようなイマジネーションを豊かさせてくれる。

劇中のローマの美しい街並みも見どころ

白黒映画の中でも名作として残る傑作で、今は亡き大女優オードリー・ヘプバーンの出世作でもあります。イタリア・ローマを舞台に主役アン王女が訪れた街でこっそりと屋敷を抜け出し、一般人と同じように街を楽しもうとしている道中に、新聞記者ジョーと知り合い仲良くなっていきます。無邪気にバイクに乗ったり、アイスクリーム食べ、買い物をし、思い切って美容室でショートカットへにしたり、劇中のローマの美しい街並みも見どころです。そして、エンディングではごく普通の楽しい時間を過ごた2人はお互い違う立場で再会します。

過ごす時間の中で両想いになっていく様子が素敵

自由を求めてイタリア旅行に行く王女が、自由を手に入れ、恋愛をして…とても素直な女性になっていく過程が良かったです。記者の心の動きも分かりやすくてキュンキュンしました。最初は記事のために接触していたものの、過ごす時間の中で両想いになっていく様子が素敵でした。実際に付き合ったりは出来ないものの、これからの二人を応援したいと思える作品でした。オードリーヘップバーンの可愛さと、当時のイタリアの街並みが魅力的です。

オードリー・ヘップバーンの可愛らしさと純粋な演技

この映画の見どころは、何といってもオードリー・ヘップバーンの可愛らしさと純粋な演技にあると思います。例えば、有名な真実の口のシーン。グレゴリー・ペック演じる新聞記者ジョーがその口に手を入れて、挟まれたと騒ぎ、手が無くなったとアン王女に見せかけて、その後スーツの袖に手を隠してただけと種明かしするのですが、あれは打ち合わせなしで行った演技だそうで、つまりあのアン王女の驚きはオードリーの素直なリアクションそのままのものだそうです。共演者も彼女の色んな表情を引き出したくなったのでしょうね。

ヘプバーンの美貌に見惚れます

語彙の量が少ないと言われても構いません。とにかく、ヘプバーンの美貌に見惚れます。ヘプバーンは様々な作品に出演しましたが、”王女”役である今作は、ひと際彼女の麗しさが引き立っているのではないでしょうか。
日頃は自由がない王女が、ひとときのトキメキと戯れを楽しむというストーリーが、本当にロマンチックでうっとりとします。同じ立場になることはないけど(苦笑)、この甘~い時間は、見ている側も共に感じることができるはずです。往年のハリウッドらしくないラストも胸に沁みます。やはり不朽の名作ですね。

ローマの休日動画まとめ

「ローマの休日」は、U-NEXT、Hulu、アマゾンプライムビデオ、TSUTAYA ディスカスで配信しています!

初回無料なのでその期間に解約すれば料金はかかりません!

ぜひお試しください!

\31日間無料/

無料でお試U-NEXT

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

\30日間無料/

無料でお試TSUTAYA

\30日間無料/

Amazonプライムビデオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA