【公式見逃し】青天を衝け見逃し配信無料視聴方法!再放送も!

大河ドラマ「青天を衝け」を見逃してしまったという方に1話から見逃し配信している動画サービスを紹介します。

大河ドラマ「青天を衝け」を無料でみたい

大河ドラマ「青天を衝け」の再放送情報を知りたい

\31日間無料/

無料でお試U-NEXT

目次

青天を衝け公式情報

公式サイト 公式サイト
関連サイト ウィキペディア
公式Twitter 公式Twitter・公式インスタグラム
キャスト情報 吉沢亮/小林薫/和久井映見/成海璃子/岡田健史/上白石萌音
放送時間 総合 毎週日曜日 20時から20時45分まで

青天を衝け見逃し配信状況

動画サービス 見逃し配信状況
NHKオンデマンド △課金

U-NEXT

大河ドラマ「青天を衝け」の見逃し配信ですが、動画サービスU-NEXTで見逃し配信しています!

動画配信サービスU-NEXTでは無料お試し登録時に1000ポイント付与されますが、そのポイントを使うとNHKオンデマンド見放題パック(990円)が無料でお楽しみいただけます。

\31日間無料/

無料でお試U-NEXT

他の大河ドラマ、朝ドラも見逃し配信中!

・麒麟が来る

・西郷どん

・おんな城主

・江

・篤姫

・天地人

・功名が辻

・八重の桜

・おかえりモネ

・半分、青い

・花子とアン

・カーネーション

べっぴんさん

\31日間無料/

無料でお試U-NEXT

NHKオンデマンド

大河ドラマ「青天を衝け」ですがNHKオンデマンドで見逃し配信しています。ただしNHKオンデマンドでは見放題パックが990円かかります。また単品ですと1話につき220円発生します。

NHKオンデマンド

青天を衝け再放送情報

大河ドラマ「青天を衝け」ですが再放送は以下の日程で再放送しています。

再放送 総合 毎週土曜日 13時05分から

基本的には大河ドラマ「青天を衝け」の再放送は上記の日程になりますが、諸事情により再放送時間が異なることがあります。最新の再放送時間は下記番組で確認してください。

NHK番組表

青天を衝け見逃しあらすじ

第1週あらすじ

武蔵国血洗島村で養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれた栄一(小林優仁)。人一倍おしゃべりの強情っぱりで、いつも大人を困らせていた。ある日、罪人が藩の陣屋に送られてきたことを知った栄一は、近くに住むいとこの喜作(石澤柊斗)らと忍び込もうとたくらむが…。一方、江戸では、次期将軍候補とすべく、水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人)の息子、七郎麻呂(笠松基生)を御三卿の一橋家に迎え入れる話が進んでいた。

第2週あらすじ

栄一(小林優仁)たちは、年に一度の村祭りで獅子舞を舞うことを楽しみにしていた。しかし大人の事情で祭りは中止に。落胆した栄一だが、ある計画を思いつく。一方、一橋家の養子に入った七郎麻呂(笠松基生)は名を慶喜と改め、将軍・家慶(吉幾三)に実子のように慕われていた。隠居の身の斉昭(竹中直人)は、息子を頼みの綱に政界に返り咲こうとする。そんななか、ペリー(モーリー・ロバートソン)が日本にやって来る…。

第3週あらすじ

市郎右衛門(小林薫)と初めて江戸へ行った栄一(吉沢亮)は、江戸の華やかさに驚くとともに、父の姿に商売の難しさを知る。その年の藍葉の不作により窮地に陥った父を助けるため、自ら藍葉の買い付けに行きたいと考える栄一だが…。一方、黒船が襲来した江戸は大騒ぎ。将軍・家慶が亡くなり、次期将軍候補に慶喜(草なぎ剛)の名が挙がるも、慶喜は反発する。そんな慶喜の家臣にと、平岡円四郎(堤真一)に白羽の矢が立つ。

第4週あらすじ

栄一(吉沢亮)は仕事により励み高品質の藍を作るため試行錯誤しあるアイデアを思いつく。江戸では斉昭(竹中直人)が慶喜(草なぎ剛)の家臣にと平岡円四郎(堤真一)を小姓に据える。そしてペリー再来航を巡り幕府は混乱ついに日米和親条約を締結。そのうわさは血洗島にも届き惇忠(田辺誠一)たちは、がく然とする。そんな中、市郎右衛門(小林薫)の名代として多額の御用金を申し渡された栄一はその理不尽さに怒りをおぼえる。

第5週あらすじ

栄一(吉沢亮)は淳忠(田辺誠一)が薦めた本から、アヘン戦争で清が英国に負けた顛末を知り、開国した日本の行く末を危惧する。そんな中、なか(村川絵梨)の縁談が相手の家に憑(つ)き物がいるという理由で反対され、破談になってしまう。ふさぎ込んでしまう、なか。江戸では幕府の方針に納得いかない斉昭(竹中直人)を、阿部正弘(大谷亮平)と藤田東湖(渡辺いっけい)は必死にいさめる。そんなとき江戸を大地震が襲う…。

第6週あらすじ

栄一(吉沢亮)は、長七郎(満島真之介)や喜作(高良健吾)と共に剣術稽古に励んでいた。そんなとき突然千代(橋本愛)から思いを告げられ、胸がぐるぐるしてしまう。さらに、道場破りの真田範之助(板橋駿谷)が現れて…。一方、江戸には美賀君(川栄李奈)や篤君(上白石萌音)がやってくる。東湖(渡辺いっけい)を失った斉昭(竹中直人)は暴走し、慶喜(草なぎ剛)は引退を勧めるが…。慶喜と栄一の偶然の出会にも注目!

第7週あらすじ

長七郎(満島真之介)が江戸へ武者修行に行き栄一(吉沢亮)は千代(橋本愛)と気まずい関係が続いていた。さらに喜作(高良健吾)が千代を嫁にもらいたいと言いだし栄一は動揺する。一方江戸では、老中・阿部(大谷亮平)が亡くなり、幕府は大混乱。慶喜(草なぎ剛)を次期将軍に推す声が日増しに高まる。そんな中、惇忠(田辺誠一)と藍売りに出かけた栄一は、山道で漢詩を読み歩く中で真の思いに気づき山頂で青天を衝(つ)く!

第8週あらすじ

ついに栄一(吉沢亮)は自分の思いを千代(橋本愛)にぶつけ、結婚を申し込む。と、そこに待ったをかける喜作(高良健吾)。栄一と喜作は剣術で勝負をすることに。一方幕府では、大老になった井伊直弼(岸谷五朗)が「日米修好通商条約」を結ぶが、調印は違勅だと大問題に発展。井伊に意見した慶喜(草なぎ剛)や斉昭(竹中直人)には処分が下される。この安政の大獄が、攘夷(じょうい)の志士たちの怒りに火をつけていく…。

第9週あらすじ

井伊直弼(岸谷五朗)により、ちっ居を命じられた斉昭(竹中直人)や慶喜(草なぎ剛)は無言の抵抗を続ける。しかし井伊は桜田門外の変で暗殺され斉昭も突然の死去。父の死を耳にした慶喜は、どうこくする。そして京では和宮(深川麻衣)を徳川に降嫁させる話が進む。一方江戸から戻った長七郎(満島真之介)に感化され尊王攘夷の心に傾き始めた栄一は喜作(高良健吾)の後を追い江戸へ行きたいと市郎右衛門(小林薫)に懇願する。

第10週あらすじ

再び江戸を訪れた栄一(吉沢亮)は尊王論者・大橋訥庵(山崎銀之丞)や門下生の河野顕三(福山翔大)に出会い尊王攘夷(じょうい)の風を感じ草莽の志士に目覚めていく。一方幕府は老中・安藤信正が孝明天皇(尾上右近)の妹・和宮(深川麻衣)の将軍・家茂(磯村勇斗)への降嫁を進め、朝廷との結びつきを強めようとしていた。そのことは尊攘派の怒りに火をつけ、長七郎(満島真之介)は安藤暗殺計画に命を捨てる覚悟を決めるが…

第11週あらすじ

栄一(吉沢亮)と千代(橋本愛)に待望の子が生まれるが、すぐに亡くなり渋沢家は悲しみに暮れる。そんな中、惇忠(田辺誠一)の横濱焼き討ち計画を秘密裏に準備する栄一。攘夷決行のための武器や仲間を集め始める。一方、謹慎を解かれた慶喜(草なぎ剛)は、将軍・家茂(磯村勇斗)の後見職となり政の表舞台に復帰するも、薩摩の島津久光(池田成志)らから「一刻も早く攘夷の決行を」と迫られる始末…公儀の弱体化に悲嘆する。

第12週あらすじ

役人に追われる栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)をボロ屋に引き込んだのは、円四郎(堤真一)だった。円四郎は一橋家に仕えないかと勧めるが、栄一たちは断る。血洗島村に戻った栄一は、惇忠(田辺誠一)らと高崎城乗っ取り計画の準備を進める。そこに京都から長七郎(満島真之介)が戻り、涙ながらに中止を訴える。計画を断念した栄一と喜作は、八州廻りから逃れ、再起をはかるため、村を離れ京に向かうことを決意する。

第13週あらすじ

栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)は江戸で円四郎(堤真一)の妻・やす(木村佳乃)からご証文を受け取り、無事京へ辿り着く。京では参与会議が開かれ、薩摩藩などが国政に影響力を持ち始めるなか、“一度全てを捨て、新しい世を作ろう”と語る松平春嶽(要潤)に、慶喜(草なぎ剛)は静かに怒りを募らせる。一方、栄一からの文を喜んだ長七郎(満島真之介)は京へ向かう。しかし道中で誤って人を斬ってしまい捕えられてしまう…。

第14週あらすじ

栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)は、円四郎(堤真一)から一橋家に仕官せよと迫られるが、栄一は慶喜(草なぎ剛)に意見を建白することを条件に出す。円四郎は遠乗り途中の慶喜に二人を対面させ、屋敷で謁見させることに成功、一橋家に仕官することになった。一方慶喜は、薩摩藩が中川宮(奥田洋平)を取り込んでいることに気づき、中川宮を問い詰め、島津久光(池田成志)らに“天下の大愚物、天下の大悪党だ”と言い放つ…。

第15週あらすじ

栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)は武士として初俸禄をもらい、円四郎(堤真一)から「篤太夫(とくだゆう)」「成一郎(せいいちろう)」と新しい名を授かる。篤太夫の初仕事は、摂海防禦の要職に就く薩摩藩士・折田要蔵(徳井優)の隠密調査だった。そこで出会った西郷吉之助(博多華丸)と鍋を囲み世の行く末を話す中、“先の時代が読める優秀な人材ほど非業の最期を遂げる”と聞かされた栄一は、円四郎の行く末を心配する…。

第16あらすじ

篤太夫(吉沢亮)と成一郎(高良健吾)は円四郎(堤真一)に命じられ、一橋家の兵を集めるため関東に出張する。その頃、水戸藩は天狗党の対応をめぐって大きく揺れていた。その余波は、血洗島の尾高家にも及び、惇忠(田辺誠一)と平九郎(岡田健史)は捕らえられる。一方、京都では土方歳三(町田啓太)ら新選組が池田屋を襲撃。攘夷(じょうい)派志士の怒りは、慶喜(草なぎ剛)と側近・円四郎に向かっていく。

第17週あらすじ

円四郎(堤真一)の死を江戸で知り、衝撃を受ける篤太夫(吉沢亮)と成一郎(高良健吾)。その頃、京では慶喜(草なぎ剛)が、御所に迫る長州藩兵と戦っていた。そこに、西郷吉之助(博多華丸)率いる薩摩藩兵も加勢する。篤太夫は、集めた兵を引き連れ京に戻る途中、岡部の代官・利根(酒向芳)が現れる。水戸では、耕雲斎(津田寛治)と小四郎(藤原季節)が率いる天狗党(てんぐとう)が、慶喜を頼って京を目指していた。

第18週あらすじ

篤太夫(吉沢亮)は、天狗党討伐のため慶喜(草なぎ剛)とともに京を発つ。一方、成一郎(高良健吾)は、慶喜の密書を耕雲斎(津田寛治)に届け、天狗党の惨状を目撃する。慶喜を苦しめていたことに心を痛めた耕雲斎は降伏を決めるが…。京に戻った篤太夫は新たな兵の招集を建白。慶喜の命により一橋領のある備中へと向かう。江戸では京に向かうことになった家茂(磯村勇斗)が、和宮(深川麻衣)との別れを惜しんでいた。

第19週あらすじ

篤太夫(吉沢亮)は一橋の木綿の販売手法を変え商品の価値を高めることに成功、さらに紙幣の流通にも取り組む。その成果が認められ勘定組頭に抜擢(てき)される。一方、薩摩では欧州から帰国した五代才助(ディーン・フジオカ)が大久保一蔵(石丸幹二)と密談を交わしていた。ついに幕府は2度目の長州征伐へ…しかしひそかに薩長同盟を結んだ長州を前に、幕府は大苦戦。そんな中、大坂城で指揮を執る家茂(磯村勇斗)が倒れる。

第20週あらすじ

家茂(磯村勇斗)が亡くなった。慶喜(草なぎ剛)の将軍就任が確実視される中、篤太夫(吉沢亮)は「今将軍になっても、国中の非難を一身に背負うだけ」と慶喜に進言する。一方、薩摩の大久保一蔵(石丸幹二)は岩倉具視(山内圭哉)と共謀し、王政復古を画策していた。慶喜が徳川宗家を継ぎ、篤太夫は、嫌っていた幕臣になってしまう。そんな中、新選組副長・土方歳三(町田啓太)とともに謀反人の捕縛に向かうことに…。

第21週あらすじ

篤太夫(吉沢亮)は、慶喜(草なぎ剛)の弟・昭武(板垣李光人)の随行でパリ行きを打診され、その場で快諾する。一方、慶喜は第十五代征夷大将軍に就任。篤太夫を呼び出し、昭武の未来を託す。その後、横浜で初めて勘定奉行・小栗忠順(武田真治)と対面した篤太夫は、幕府復権のための密命を知らされる。旅立ちの前、成一郎(高良健吾)と再会した篤太夫。二人は牢(ろう)に囚われている長七郎(満島真之介)と再会するが…。

第22週あらすじ

パリに到着した篤太夫(吉沢亮)は早速万博会場を視察。最先端の西洋技術を体感し度肝(どぎも)を抜かれる。そして日本の展示ブースに掲げられた薩摩の旗。幕府使節団は薩摩に抗議するが、五代(ディーン・フジオカ)とモンブランが裏で手を引いていた。そんな中、昭武(板垣李光人)はナポレオン三世の謁見式に出席し、堂々と慶喜(草なぎ剛)の名代としての役目を果たす。その頃日本では、慶喜が次々と幕政改革を断行していた。

第23週あらすじ

フランスからの借款は消滅したが、篤太夫(吉沢亮)が当面の資金繰りに奔走し昭武(板垣李光人)は留学を続けていた。昭武の家庭教師のヴィレットの教えに従い篤太夫たちは髷(まげ)を落とし、刀も外し、洋服を着ることに。同じ頃、日本では西郷(博多華丸)が軍備を整え、岩倉(山内圭哉)と大久保(石丸幹二)が王政復古への動きを進めるが慶喜(草なぎ剛)は先手を打って“政権を帝(みかど)に返上する”大政奉還を宣言する。

第24週あらすじ

新年早々、昭武(板垣李光人)一行は、慶喜(草なぎ剛)が政権を朝廷に返上したとの知らせを受け大混乱する。篤太夫(吉沢亮)は留学費用を捻出し、更なる節約策を講じる。そんな中、篤太夫はエラールと証券取引所を訪れ債券の仕組みを教わる。一人一人の小さな力が合わさり、この世を変えられることを知り、新たな決意を抱く。一方日本では、成一郎(高良健吾)、惇忠(田辺誠一)、平九郎(岡田健史)が、新政府軍と戦っていた。

第25週あらすじ

帰国した篤太夫(吉沢亮)は杉浦(志尊淳)らと再会し、幕府が薩長に敗れた経緯や、慶喜(草なぎ剛)や幕臣の動向を聞かされる。さらに、恵十郎(波岡一喜)と虎之助(萩原護)から、成一郎(高良健吾)、惇忠(田辺誠一)、平九郎(岡田健史)のその後を知らされる。成一郎らは新政府軍と戦うも敗戦。激闘の中、平九郎の行方は分からなくなり、成一郎は箱館へ向かったという。頭の整理がつかない中、篤太夫は故郷・血洗島へ戻る。

第26週あらすじ

久々に故郷・血洗島に戻った篤太夫(吉沢亮)は、千代(橋本愛)、市郎右衛門(小林薫)、ゑい(和久井映見)ら家族と再会を喜びあう。そこで尾高家に起こった悲しい出来事を知り、大きな衝撃を受ける。その後、昭武(板垣李光人)から預かった書状を届けるため、駿府に向かう篤太夫。駿府藩の中老・大久保一翁(木場勝己)に、パリでの収支を報告し、宝台院で謹慎している慶喜(草なぎ剛)との謁見を願い出る。

第27週あらすじ

篤太夫(吉沢亮)は、駿府藩の勘定組頭を命じられるが、水戸の昭武(板垣李光人)のことを思い、辞退する。しかしこの命令が慶喜(草なぎ剛)の配慮であることを大久保一翁(木場勝己)から聞かされ、駿府に残る。篤太夫はパリで学んだ知識を生かし、武士と商人が力を合わせて商いを営む商法会所を設立、財政改革に乗り出す。一方箱館では、成一郎(高良健吾)や土方歳三(町田啓太)らが新政府軍に最後の抵抗を続けていた。

第28週あらすじ

明治政府から大蔵省への出仕を求められた篤太夫(吉沢亮)は、直接断りを入れるため東京へ向かう。伊藤博文(山崎育三郎)の案内で大隈重信(大倉孝二)を訪ねた篤太夫は、早速辞任を申し出るが、“新政府には、君こそが必要だ”と力説する大隈に完全に言い負かされる。そして慶喜(草なぎ剛)は、ようやく謹慎を解かれ宝台院を出た。慶喜は篤太夫に「自分のことは忘れて日本のために尽くせ」と最後の命を下す。

第29週あらすじ

栄一(吉沢亮)は、各省の垣根を超えた特命チーム“改正掛(かいせいがかり)”を立ち上げ、杉浦譲(志尊淳)や前島密(三浦誠己)を静岡から呼び寄せる。改正掛は租税の改正、貨幣や郵便制度の確立など、新たな国づくりのためまい進するが、旧幕臣の活躍を快く思わない一派と対立する。そんななか栄一は惇忠(田辺誠一)と再会。新政府に平九郎を殺され心に傷を負っていた惇忠に、栄一は密(ひそ)かに温めていた提案を切り出す。

第30週あらすじ

青天を衝けの見どころ

大河ドラマ「青天を衝け」の見どころをまとめました。

農家の出の渋沢栄一が銀行の神様と呼ばれる立場まで上り詰めていく

「青天を衝け」の最大の見どころは、農家の長男坊だった渋沢栄一が、銀行の神様と呼ばれる立場まで上り詰めていくストーリーです。次のお札になる人で銀行の神様と呼ばれた人くらいしかイメージが無かった渋沢栄一が、こんな考え方をしてこんな性格の持ち主だったのかと驚く展開が毎回楽しめます。おじいちゃんの写真のイメージしかない人ではあったけれど、若いころにさまざまな人と出会い成長し、考えに影響を受けることで銀行の神様がどのような方だったのかと知る機会が得られる作品です。

出演者の美しさ

まず、出演者の美しさです。主演の吉沢亮さんをはじめ、見惚れます。
時代は明治に突入し、物語も後半です。
前半の、渋沢栄一さんがどのようにして幕府と関わっていたか、友人や家族がどのように船倉に巻き込まれていったか、という幕末の辛い時期を終えたところです。
新政府の財政不足のために、会社や郵便、株など何人かのブレインが国内初めて発案し実現する、という、スカッとする展開になってきました。この後、日本がどのように経済や教育の基礎を作って行くか、より今後はスカッとする展開になっていくと思います。

渋沢栄一の物語!徳川慶喜との接点にビックリ!

大河ドラマ「青天を衝け」の見どころは、渋沢栄一の物語です。
渋沢栄一は次の紙幣で10000円になる偉人で今まであまりよく知られていない人物です
しかし日本の近代史にはなくてはならない人で世界遺産にもなった富岡製紙工場や国立銀行の創設東京商工会議所など
たくさんの功績を残したにもかかわらず知名度がないです、大河ドラマで彼の人となりを知って今後彼をたたえていきたいと思います。徳川慶喜との接点は知りませんでした

栄一が慶喜に手紙を送り慶喜が愛しそうに手紙を読む姿

明治を迎え旧幕府だった渋沢栄一も率先して新しい国づくりのために邁進しています。駿府で慶喜と共に骨を埋める覚悟をしながらも大隈重信の説得に負けて手伝うことになりました。口では負けない栄一が意志を曲げてまで頑張るのは世の中を良くしたい一心だったと思います。現代に繋がる郵便の制度を作り上げ手紙が杉浦の手元に届いた時の喜びは圧巻でした。このように色々整えた事で現代があるのだと実感しました。栄一が慶喜に手紙を送り慶喜が愛しそうに手紙を読む姿は二人の信頼関係の強さを改めて感じる場面でした。

いろんな人との出会いをきっかけに世の中を変えようとする商売人の視点

このドラマの見どころはいろんな人との出会いをきっかけにして世の中を商売人の視点からよくしていこうとするところです。しかも意思が頑固そうでありながらも周囲の状況をよく観察して、途中で方針転換してでも敵だったはずのところへ仕官するあたりは柔軟な思考な持ち主なのも好意的な見どころの1つだし、その一員として子供のころから培った商売経験と知識をもって組織の内部から改革していくといったあたりが痛快で面白いなと思います。

商人の目で明治の初期時代を駆け抜けた大物偉人の考え方

渋沢栄一が江戸末期に生まれ明治初期を駆け抜ける物語ですが、江戸末期には徳川家に召し抱えられ江戸幕府の財政を立て直す努力をして、慶喜に認められてその後、慶喜の弟の補佐としてヨーロッパに渡り経済の勉強と政治を学び帰国する。その後、明治政府の大蔵省に召し抱えられる。栄一の強みは幼いころから父親の商売の方法を身近で体験して、それを実践したところにある。商人の目で明治の初期時代を駆け抜けた大物偉人の腹の座った考え方や財政の立て直しが見所です。

幕府側から描いた物語と言う事が注目すべきポイント

幕末から明治にかけてのドラマはどちらかと言うと倒幕派からの目線で描かれる物語が多い中で、この大河ドラマは幕府側から描いた物語と言う事が注目すべきポイントだと思います。その一端が幕臣を務めた事のある日本資本主義の父とも呼ばれる渋沢栄一を主人公に据えた事で、今までにない新たな目線で描かれる幕末史と言う所が最大の見どころであると思います。明治初期の混乱した日本を近代的な国家に作り上げるために尽力した最大の功労者の物語は今までにない大河ドラマだと思います。

経済面から日本の建て直しに粉骨砕身した大変さが伝わる!

幕末から明治・大正・昭和にかけて数々の産業を興し、工業国日本の礎を築いた偉人「渋沢栄一」を主人公にした大河ドラマだが、動乱期にあって自らの信念を失わず
経済面から日本の建て直しに粉骨砕身した大変さがよく伝わってきて見ごたえがある。
今まで幕末といえばどうしても「薩長をめぐる動き」や「黒船来航による幕府のうろたえぶり」や「戊辰戦争」といったお決まりの描かれ方ではあったが、本作ではそれらは
全て「枝葉末節」に過ぎないという点も斬新だったと思う。

武士が権力を持っていた時代から今の政治的な時代への変化

荒々しい戦いや武士が権力を持っていた時代から、今の日本に通じる政治的な時代への変化が渋沢栄一を通して見られます。
栄一自身の気持ちの変化とともに日本も周りの人の気持ちも変化していて、その中心を見れている気持ちになります。
近代的な場面もある中、同じ時期のはずなのに戦国時代のような場面もあり、まるで2つの時代を同時に見ているようです。
日本を良くしたい、変化した未来を見てみたいと願った若者の行動力や仲間の死、それを経て日本がこれからどうなるのか希望のある話になっていると思います。

渋沢栄一さんの先見性と素直に受け入れる人間性が魅力的

激動の時代、様々な考えを受け入れて、時代の流れと自分の選択で、幕府軍から討幕派、武士から商人と自分の人生を選択している渋沢栄一さんの先見性と、素直に受け入れる人間性が魅力的です。その中で、日本の為には商いで稼ぐことで、社会的に貢献していくことを選択して、のめり込む姿と、刻一刻と変化していく時代の流れが見どころです。激動の時に、時のチャンスを掴んだ人が成り上がる、戦国時代も明治維新創成期も、不安定な中のビッグチャンスを片田舎の染め物場に生まれながら、感性で感じとっている姿が、印象的です。

青天を衝け見逃し配信無料まとめ

大河ドラマ「青天を衝け」の見逃し配信しているのはU-NEXTとNHKオンデマンドです。

動画配信サービスU-NEXTなら登録時にポイントがもらえるのでそのポイントを使えば視聴できます!

見逃してしまった方はぜひお楽しみ下さい。

\31日間無料/

無料でお試U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です