真犯人フラグ考察!真犯人予想NO1はあの人だった!

ドラマ「真犯人フラグ」の真犯人を考察してみました!

真犯人フラグ無料で見る

ドラマ真犯人フラグ考察犯人は誰か?

ドラマ「真犯人フラグ」犯人は誰なのか?予想してもらったところ、2名が犯人ではないか?と予想されています!

考察犯人1位

亀田運輸・東京支社 カスタマーサービス部・二宮瑞穂(芳根京子)

見た目感じがよく、優秀な社員ということなので、何かしら裏の顔があるのではと感じました。主人公と同じ会社なのでいろいろな情報を握っていそうです。また、3番手でお名前が掲載されており、主要人物として関わりがありそうだなと思いました。ある程度知名度があり、演技力のあるキャストの方が犯人として見ごたえがある感じました。(30代女性)

真犯人は芳根京子さんかなと予想します。理由は西島さんの近くにいる人で、よく家族のことを知っていそうだからです。西島さんは信頼しているような気がします。
でもいい人のふりをして、本当はとても憎んでいたりするのかなと思います。表と裏の顔があって、周囲にはバレないようにいろんなことを自ら探っていく気がします。(20代女性)

予想もしなかった人が実は犯人で、衝撃的な展開になると予想しますが、後から考えると、実は伏線があったんだ、と思うところが要所要所にあったりしそうなので、その点で主人公の会社の中の人物はかなり怪しいのでは、と予想しました。中でも芳根京子さん演じる女性は、犯人だった場合になんだか豹変しそうな感じがして、怖そうだなあと思いました。(50代女性)

真犯人フラグの真犯人予は、二宮瑞穂(芳根京子)だと予想します。その理由は、瑞穂が主人公・相良凌介(西島秀俊)の頼れる部下というポジションで、冷静な判断で凌介を支える相棒の役割になっているからです。こういったミステリーものの真犯人は「近くにいる良い人」が一番怪しくて、衝撃を受けます。また、瑞穂の頭の回転が速く普段からどんなクレーム処理も迅速にこなす、明るくノリがいい完璧な女性なところも、怪しいです。(20代女性)

事件が起こり、またその犯人が主人公ではないかと疑惑が向けられることで追い詰められていくストーリー展開が見られるようで、そん中でも職場の部下である二宮が助けてくれる、頼れる存在となっていくようです。明るくノリが良い性格ながら持ち前の冷静さで事件を推理していくという二宮の人物像から、二面性を感じます。主人公の前では叱咤激励しながらも、妻と子供たちを失った主人公の動向を見張っているのだと感じます。(40代女性)

考察犯人1位

情報提供を呼びかける雑誌:週刊追求・河村俊夫(田中哲司)

河村俊夫が真犯人だと推理しました。凌介の親友ではあるが真帆とも仲が良いということから嫉妬からの誘拐じゃないのかと予想しました。もしくは真帆と協力の上での失踪劇を作りあげて凌介を陥れようとしていると踏みました。俊夫が失踪を記事にしているというのも週刊誌を売るためと凌介を苦しめるためなど色々と理由として考えられることが多いんで犯人候補最有力だなと感じました。(40代男性)

河村俊夫は、凌介の学生時代からの親友で、妻の真帆とも知り合いという設定が引っかかります。彼は未だに未婚ということなので、実は真帆が好きだったとか、痴情のもつれで凌介から妻子を奪ったという可能性もあります。事件を探るふりをして、凌介を一番近くで監視しているんじゃないかと予想しています。何より、あな番で散々怪しい動きをした田中哲司さんなので、単なるいい人で終わるはずがないと思います。(40代女性)

主人公の親友という立ち位置が一番怪しいと思う。週刊誌の編集者ということで情報を操作することもできると思うし、協力するふりをしていて主人公から情報を聞き出したり油断させたりできる人物だと思う。妻と子供たちの失踪なので主人公を陥れるためにやっているとしか思えない。そうした場合主人公のことをよく知っていて過去に何か恨みを買っている旧知の友人が怪しいと思う。(20代女性)

主人公の凌介と奥さんとも旧友で、よく二人を知る人物で、週刊誌の情報を作るために自ら時間を起こしたのではないか。昔から奥さんが好きで、どこかにかくまっているんじゃないかと推測します、田中さんは意外に犯人だったというドラマも多いのでそのイメージもあります。だいたい一緒に事件を解決していく人の中で、仲間から犯人が出てくることが多いので、今の情報だけでは、私の中では、田中さんやる役があやしくなってます。(20代女性)

主人公の学生時代からの親友というのが、一番胡散臭く犯人ではないかと予想しました。主人公の奥さんとも親しくしたいるようですので、まずは周囲の方からの信頼を得ていて実は裏ではとんどもないことも計画していたのではと感じたのと家族の失踪を聞きつくて、すぐに手を貸し編集長という肩書をりようした記事を書き協力しており怪しさ満点です。(30代女性)

考察犯人2位

相良真帆(宮沢りえ)

相良家の外野にいろいろ怪しそうな人がちりばめられています。例えば、田中哲司さんとか、柄本時生さんとか。でも、まわりでいろいろなことが起こりながらも、最終的には一番の味方だと思っていた宮沢りえさんが、タンカ切りながら、真犯人であるが故の理由を説明するところを想像してしまいます。「マイホームパパなんて笑わせないでよ」的な。楽しみです。

行方不明となってしまう相良真帆と夫の凌介は仲の良い夫婦関係と思えてしまうのは、おっとりし過ぎている凌介だけに妻の真帆の気持ちに気が付かないだけで、更に凌介のインドア思考と凌介が家族のためと建築を依頼したマイホームの完成が近づいたため、常にベッタリとした家庭内の環境に息が詰まりそうな精神状態となった真帆は自ら子供を連れて自宅を出ているのが真相で、家族とはいえ密過ぎると耐えられない物語に思えました。

考察犯人少数派

相良家の周辺の人々日野渉(迫田孝也)

怪しそうでない感じの人物像ではあるが、凌介の親友であり、真帆とも旧知の仲ということだが、妻と子供が「行方不明」でその行方を探すのが軸になっているので連れ去られた上の「行方不明」と妻が自身の思惑で何も告げずに家を出たとしても旦那にしたら状況は「行方不明」になるのではないかと考えられる。
妻が旦那に隠し事をしていてその隠し事に実は日野も絡んでいて結託して行方不明になった協力者という見解。

母・真帆とともに姿を消す子どもたち相良光莉(原菜乃華)

まずは謎だらけの人物や失敗を操る人物などはあまりにもミスリードしすぎていて犯人ではないでしょう。
意外なところからくるこの手の犯人は、やはり主要人物の一番身近なところから来るのが適切であり、そして一番意外性があるのです。そのため相良家の中から犯人が出てくるものと思われます。今後売り出していきたいという事務所の意向などを考えると演技力なども見せ所であり、その点で長女が一番適切であると思います。

ドラマ真犯人フラグ考察まとめ

ドラマ真犯人は原作がないだけに、考察も盛り上がりそうですね。

「あなたの番です」の企画をした秋元康さんの企画・原案ということで今回も考察が止まりません。

真犯人フラグ無料で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です