天国と地獄見逃し動画1話から無料フル視聴方法!再放送情報も!

綾瀬はるかさんと髙橋一生さんが出演するドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」ですが、見逃し配信している動画サービスを紹介します!

「天国と地獄~サイコな2人~」を1話から見逃してしまった

「天国と地獄~サイコな2人~」見逃し配信状況を知りたい

\今なら2週間無料/

無料でお試paravi

\初回31日間無料/

無料でU-NEXT

天国と地獄公式情報

ドラマ「天国と地獄」公式情報は以下になります。

公式サイト 公式サイト
ウィキペディア ウィキペディア
公式SNS 公式Twitter/公式Instagram/公式LINE
スタッフ 脚本:森下佳子
キャスト情報 綾瀬はるか/高橋一生/柄本佑/溝端淳平/中村ゆり/迫田孝也/林泰文/野間口徹/谷恭輔/木場勝己/岸井ゆきの/馬場徹/井上肇

天国と地獄見逃し配信動画状況

動画サービス 見逃し配信状況
〇見放題
〇見放題
Tver

paravi

「天国と地獄~サイコな2人~」の見逃し配信は動画配信サービスparaviで配信しています!

初回2週間無料なのでその期間に解約すれば料金はかかりません!

以下作品も見放題できます!

綾瀬はるか出演

元彼の遺言状

白夜行

ホタルノヒカリ

雨鱒の川

あいくるしい

義母と娘のブルース

JIN-仁-

わたしを離さないで

世界の中心で、愛をさけぶ

白い春

高橋一生出演

凪のお暇

カルテット

マリッジリング

僕らは奇跡でできている

3月のライオン

夜のせんせい

ペテロの葬列

モザイクジャパン

浪花少年探偵団

池袋ウエストゲートパーク

\今なら2週間無料/

無料でお試paravi

\今なら2週間無料/

無料でお試paravi

U-NEXT

ドラマ「天国と地獄」は動画配信サービスU-NEXTで1話から見逃し配信しています!

月額2189円ですが初回31日間無料でお試しできます!

\初回31日間無料/

無料でU-NEXT

以下綾瀬はるかさんの作品もすべて見放題!

・今夜ロマンス劇場で

・奥様は取扱注意劇場版

・おっぱいバレー

・僕の彼女はサイボーグ

・本能寺ホテル

・義母と娘のブルース

・ひみつのアッコちゃん

\初回31日間無料/

無料でU-NEXT

天国と地獄再放送情報

「天国と地獄~サイコな2人~」は、現在再放送の予定はありません。

天国と地獄再放送 再放送状況
Yahoo!番組表
TBS番組表

天国と地獄主題歌

天国と地獄動画ネタバレ

1話動画ネタバレ

正義感が強い刑事・望月彩子(綾瀬はるか)は、あまりに強い上昇志向のせいで失敗も多く周りの刑事たちからも煙たがられる存在です。

出勤ギリギリに目が覚め急いで電車に乗り込む彩子は、自分だけがマスクをしていなかったことに動転してしまいます。

その窮地を偶然居合わせた男性(高橋一生)に自社製品だというマスクをもらい助けてもらいました。

その後、殺人事件の発生を聞いた彩子は手柄を立ててやるという一心で現場へと向かいます。

そこには口の中にパチンコ玉を詰められた遺体が。

その凄惨な現場の中で部屋が掃除されていることに気が付いた彩子は、犯人が現場を完璧に掃除したのではと考えます。

彩子は清掃のアルバイトをしている同居人の渡辺陸(柄本佑)の助言から使用されていた洗浄剤を特定します。

その特別な洗浄液を取り扱っていたのは、電車の中でマスクをくれた男・日高陽斗(高橋一生)が社長を務める創薬ベンチャー企業のコ・アース社でした。

事情を聞く彩子は日高が口にした言葉が気になり、犯人なのでは?と考え始めますが、捜査から外され一人で捜査を始めることになります。

そして、日高がボストンで起きた連続殺人事件の重要参考人であったことを突き止めました。

その頃、彩子の天敵である先輩刑事・河原三雄(北村一輝)は日高の映る防犯カメラの映像を確認していました。

捜査会議で相棒の八巻英雄(溝端淳平) が、彩子だけが知る日高に関する情報をうっかり漏らしてしまったことに腹を立てる彩子ですが、河原はそんな彩子を自分のことしか考えていないとたしなめます。

彩子は散歩をしていたという日高がシェアバイクに乗っている映像を河原に渡し、自身は直接日高に会いに行くことにしました。

自首を勧めようとする彩子でしたが、証拠となるはずの手袋を歩道橋の上から捨てられてしまいます。

不法投棄で逮捕しようとした瞬間、二人は階段を転げ落ち、目が覚めてみると彩子は日高になっていました。

そして、目の前に立つ彩子<日高>は不敵な笑みをこぼしたのでした。

公式サイト YouTube Tver

2話動画ネタバレ

※<>の中は心の中の人物名で表現します。

階段から転げ落ちた衝撃で魂が入れ替わってしまった望月彩子(綾瀬はるか)と日高陽斗(高橋一生)。

彩子<日高>は、日高<彩子>に対して、自首して一生刑務所の中で暮らすか、容疑から逃れる手助けをするか二者択一を迫りました。

仕方なく容疑から逃れるために協力することを選んだ日高<彩子>は、日高のマンションから段ボールを持ち出すように指示されます。
その中には、連続殺人事件の証拠にもなる品物たちがごっそり入っていました。

しかし、体が入れ替わっているため警察に届け出るわけにはいきません。

何とか家宅捜索から段ボールを隠すことができた日高<彩子>ですが、次は河原の事情聴取を受けることになります。

その様子を彩子<日高>と共に見守る八巻英雄(溝端淳平) は、彩子の異変に気が付いていました。

一方、入れ替わった後のそれぞれの場所で生活を始めた二人でしたが、日高<彩子>は限界を感じ、再び階段を転げ落ちたら元に戻れるのではないかと考え、彩子<日高>を呼び出しますが再び入れ替わりが起こることはありませんでした。

日高<彩子>が帰宅しスマホを触っていると、入れ替わりが起きた直後からロケーション履歴がONになっており、彩子<日高>に監視されていることを知ります。

そのことに怒りを覚えた日高<彩子>は、彩子<日高>の家に向かいました。

そして、大好きだったナッツを差し出され思わず口にすると、体に異変が起き始めました。

激しく苦しむ日高の体は重度のナッツアレルギーでした。

その様子を見ていた彩子<日高>は、「自殺してもらうのが最善だ。」と言って助けようとしません。

なんとか非常ボタンを押し、薬を手に入れ助かることができましたが、日高という人間の恐ろしさを痛いほど理解したのでした。

自分が日高という人間に勝てないと落ち込む日高<彩子>の前にやってきたのは、八巻でした。

二人しか知らない河原たちのあだ名や思い出を知っていたことなどから、今の日高の中身が彩子だと確信した八巻は、彩子<日高>が「月と太陽が入れ替わる伝説」について話していたことを伝えます。

そして日高<彩子>は、日高の家に奄美大島のチケットがあったことを思い出し、入れ替わりの原因が隠されているのではと考えるのでした。

公式サイト YouTube Tver

3話動画ネタバレ

※<>の中は心の中の人物名で表現します。

八巻英雄(溝端淳平) という味方を得た日高<彩子>(高橋一生)は、奄美大島の伝説に出てくる「シヤカナロー」という花を見つければ入れ替わりが元に戻ると考えますが、その前に日高が捨てた手袋を河原三雄(北村一輝)よりも前に見つけなくてはなりません。

もしも、自分よりも早く見つけられ日高の指紋と被害者のDNAが検出されれば日高<彩子>は一貫の終わりです。

河原によって大量に集められた革の手袋の鑑定が始まり、八巻に日高のものと思われる手袋を別のものとすり替えてもらおうと画策しますが、八巻は左手と右手のラベルを間違えてしまいます。そのことに勘付いた彩子<日高>(綾瀬はるか)は、八巻が日高<彩子>と通じていることに気づき揺さぶりをかけてきました。

その攻勢をなんとかかわし、手袋を手に入れた日高<彩子>は、奄美大島へと向かい、海岸に落ちている丸い石を見つけます。

日高が隠していた凶器と思われる石とよく似た石でした。住民はその石は持っていると呪われると教えてくれます。

そして探している「シカナヤロー」という花は、日高が以前に緋美という集落を訪れていたことから夏にしか咲かないサガリバナではないかと言われました。

東京に戻った日高<彩子>は、こんどこそ本物の手袋が見つかったことを知ります。

彩子<日高>の助言が強力な手掛かりとなり発見につながったのですが、日高<彩子>はなぜそんなことをしたのか理解できせんでした。

しかし、見つかった手袋からはDNAは検出されませんでした。DNAがバクテリアに分解されており、科捜研もなぜこんなことになったのか頭をかしげる中、日高<彩子>も助けられたのかどうか判断することができずにいました。

元に戻って必ず日高を逮捕するという思いを強める彩子の元に、動画が送られてきました。

差出人は彩子<日高>。

動画には彩子の体で、逆さづりにされた人をゴルフクラブで殴打する映像が映っていました。

彩子<日高>は、「私はあなたです。」と、これでもう元に戻っても両方とも犯罪者なのだとメッセージを残していました。

その頃、清掃のアルバイトで壁に大きく書かれた「4」の文字を消す彩子の同居人・渡辺陸(柄本佑)。

その数字は彩子<日高>が目にし、「終わりじゃなかったんですか。」とつぶやいた文字でした。

文字を消した後、彩子の部屋に帰宅した陸はゴミ袋の中から大量の血の付いた服を見つけ呆然としたのでした。

公式サイト YouTube Tver

4話動画ネタバレ

※<>の中は心の中の人物名で表現します。

彩子の体で殺人を犯した日高。

翌日、彩子<日高>(綾瀬はるか)は河原三雄(北村一輝)から事情聴取を受けますが、証拠不十分で釈放されます。警察署で彩子<日高>の姿を見つけた日高<彩子>(高橋一生)は、思わず胸ぐらをつかんでしまいます。

その様子を見ていた河原は日高にさらなる疑惑の目を向けることになりました。

日高の狂気を知った八巻英雄(溝端淳平)は、彩子に協力することにしり込みしてしまいます。

彩子<日高>は、その後も精力的に動き、捜査本部用の情報のデータ化を買って出ます。

一方、日高としてコ・アース社に出社し続ける彩子ですが、社内での信用を失いかけていました。そこで、自分が記憶を失って仕事に支障が出ていると説明することにします。

その説明を聞き、社員たちが日高のことを心底心配する姿を見て、彩子はますます日高という人間がわからなくなっていきました。

そんな中、日高<彩子>に連絡を取ってきた妹の日高優菜(岸井ゆきの)は、兄は優しい人間なのだと語ります。

その頃、血の付いた服を見つけた渡辺陸(柄本佑)は、バイト先の師匠・湯浅和男(迫田孝也)に相談していました。師匠は彩子が二重人格なのでは?と答えます。

思い切って彩子<日高>に服のことを尋ねますが、鑑識の実験に使った服だとはぐらかされてしまいました。

そして、手袋のすり替えやバクテリアの混入について彩子と日高の二人に疑惑の目を向ける河原はある目撃情報を掴んでいました。

被害者宅に侵入するところをミン・グエンという外国人労働者が見ていたというのです。

その目撃者の身を案じた日高<彩子>は、手袋と引き換えに目撃者を殺害しないように彩子<日高>に詰め寄ります。元の自分を捨ててでも殺人を止めようとする彩子の気持ちを感じた日高は「だから、あなただったんですね。」と妙に納得するのでした。

しかし、目撃情報は不法就労をしていたグエンが河原に買収され、うその証言をしていただけでした。

そのことが明らかになり河原は捜査を外されていきました。

その後、日高という人間を知りたいと強く感じるようになった彩子は、なぜ殺人を繰り返すのか電話で本人に尋ねます。

日高は、突然そうしたくなるのだと答えました。

彩子は、誰かを助けることを厭わない日高と殺人を犯す日高は二重人格なのかと思うのでした。

そして、電話を切った彩子<日高>はコインロッカーに何かを入れるところを陸に目撃されていました。

公式サイト YouTube Tver

5話動画ネタバレ

※<>の中は心の中の人物名で表現します。

日高(高橋一生)が誰かを守るために殺人を犯しているのではないか、犯人ではない可能性までも頭の中に浮かんでくる彩子(綾瀬はるか)。

その頃、彩子の同居人・渡辺陸(柄本佑)が師匠・湯浅和男(迫田孝也)に頼んで彩子<日高>が利用しているコインロッカーの合鍵を作ってもらい中を確かめていました。

そして見つけたのは、日高宛の手紙でした。

手紙を手に日高<彩子>の元に向かった陸は、日高<彩子>の所作に彩子を重ねます。深く話をする前に、コ・アース社の社長である日高が連続殺人事件の容疑者であることが世間に広まり、大騒ぎとなっている会社へと戻らなくてはならなくなりました。

情報が警察から漏洩していると感じた日高<彩子>。

同じころ、捜査を外され捜査情報のデータベース化の作業を続けている河原三雄(北村一輝)は、日高と彩子の関係をまだ疑っていました。

その後、再び陸に連絡を入れた日高<彩子>は、入れ替わりのことを打ち明けます。

驚きながらもその事実を受け入れた陸。真相に気が付いたと日高に知られれば陸が危ないからと、彩子の家を出るように指示します。
そして、陸は手紙に子供の字で「明日3時 学校のそばの歩道橋で待ってます」と書かれてあったと教えてくれました。

一方、コ・アース社の騒動を引き起こしたのは九十九(中尾明慶)という男でした。九十九はコ・アース社の信用を下げ、共同で持っている特許を独り占めするために情報を拡散させていました。

その情報源は、八巻英雄(溝端淳平) でした。九十九にうまく利用され情報を漏らしてしまっていたのです。

その話を聞いた日高<彩子>と彩子<日高>は協力して九十九を追い込むことにします。違法賭博の常連だった九十九を逮捕した彩子<日高>の姿を見て「やっぱりいいなぁ、刑事」と日高<彩子>はつぶやきます。

陸は一度彩子の家を出ましたが、彩子自身を守るために家に戻る決意をしていました。

その日高<彩子>は日高が連続殺人の犯人ではないと結論付けていました。犯人はあの手紙の差出人。

歩道橋の彼女(?)をかばっていると感じたのでした。

一人で捜査を進めている河原は、発端となった一ノ瀬殺人事件の関係者・戸田一希を見つけ声をかけていました。

公式サイト YouTube Tver

6話動画ネタバレ

※<>の中は心の中の人物名で表現します。

事件の手がかりになると考えた日高<彩子>(高橋一生)は、彩子<日高>(綾瀬はるか)がずっと大切に持ち続けているラブレターの差出人を捜すことにしました。

秘書・五木樹里(中村ゆり)や妹の日高優菜(岸井ゆきの)に聞いてみますが、どちらも心当たりがなく、反対にこのラブレターがノートの切れ端に書かれていることに疑問を持ちます。しかし、ガサツな女子だった彩子には目からうろこの視点でした。

その頃、河原三雄(北村一輝)は一ノ瀬殺害事件の目撃者である戸田一季(橋本真実)に話を聞いていました。
個人情報を売買していた戸田は、自分がつかまることを恐れて嘘の犯人の目撃情報を捏造していたのでした。

被害者の情報を売った相手は面識がなく、ネット上ではφ(クウシュウゴウ)と名乗っていたことがわかりました。φは事件現場に残されていたマークと同じものでした。

警察では、八巻英雄(溝端淳平) が、九十九(中尾明慶)から司法取引を持ち掛けられ、日高が事件を起こす日が新月だと教えられます。
今日が新月だと気が付いた八巻と日高<彩子>は、欠勤していた彩子<日高>を探し始めました。二人は例の歩道橋に向かいますが、壁には「9」の文字が書かれていました。

その頃、彩子<日高>の姿は久米の邸宅にありました。清掃業者と偽り、侵入していたのでした。

日高<彩子>は渡辺陸(柄本佑)を使い、彩子<日高>が使っているコインロッカーを捜し中を確認させます。中には、φという人物がミスターXに命令されて悪い奴らを始末していくマンガの他に、人の名が書かれたリストもあり、その中で「9」に関係する名前は久米でした。

久米宅の前で見張る日高<彩子>と八巻は、秘かに家から出てくる彩子<日高>を見つけますが逃げられてしまいました。
翌朝、久米が何事もなく玄関から出てきたことを見届けた日高<彩子>は、殺人が行われなかったことに安堵しました。

一方、「クウシュウゴウ」を捜す河原は、十和田元(田口浩正)の元へと向かっていました。

しかし、不動産屋によると十和田は3か月前に自殺しており、遺品は特殊清掃の業者に処分してもらったのだと言います。
その時に、マンガだけは東という業者の人が持って帰っていったという証言を得ることができました。

クウシュウゴウという名前に聞き覚えにある陸は日高<彩子>の元にやってきて、今回の「9」だけでなく、前回と前々回の数字の落書きも消してほしいとクウシュウゴウに依頼されたのだと教えてくれました。

そんな時、奄美大島の民宿の主人から日高<彩子>に、以前日高のことが「アズマサクヤ」と名乗ったという証言が届けられました。

そして、彩子<日高>も警視庁のデータベースで「東朔也」の死亡届が出ていないか確認をしていたのでした。

公式サイト YouTube Tver

7話動画ネタバレ

※<>の中は心の中の人物名で表現します。

河原三雄(北村一輝)はクウシュウゴウと名乗っていた十和田元(田口浩正)にたどり着きましたが、十和田はすでに亡くなっていました。

十和田のマンガを持ち帰っていたのが「アズマ」という男だったことを突き止め、何者なのか探り始めます。

一方、日高<彩子>(高橋一生)も奄美大島で日高がアズマサクヤと名乗っていたことを聞き、この男と日高が共犯なのではと考え始めました。

クウシュウゴウから「9」の文字を書くように依頼された男性から、その男には右の手のひらにホクロがあったと聞かされます。

同じころ、「東朔也」の死亡届が提出されていないか確認したり、身元不明の遺体の右手を確認する彩子<日高>(綾瀬はるか)の姿がありました。その後、医療ソーシャルワーカーの千田から東朔也という人物が膵臓がんを患っていることなどを教えられます。

歩道橋にやってきた日高<彩子>は、同じ場所にいた彩子<日高>に「東朔也」とは誰なのか問いただします。明らかに動揺する彩子<日高>。

その時、日高の父・満(木場勝己)から連絡が入ります。息子が記憶喪失だと聞き、心配をして連絡をしてきましたが、あの手紙のことで話があるということでした。

クウシュウゴウの捜索を一旦、渡辺陸(柄本佑)と八巻英雄(溝端淳平)に頼み、実家に行くことにします。

日高<彩子>に命じられて、通行人の右手のホクロを確かめたり歩道橋を見張っていた陸と八巻ですが、クウシュウゴウを見つけることはできませんでした。

落胆した陸が日高の家に戻るとそこには彩子<日高>がいて、突然キスされ呆然としている隙に朔也が使っていた薬の名前を確認して逃げられてしまいました。

そして、陸は数字を消している作業をしているときに師匠の湯浅和男(迫田孝也)に声をかけられたことを思い出し、湯浅を飲みに連れ出します。

湯浅は右手に包帯をしており、ホクロを確認することはできません。何とか包帯を取ろうと画策していると、湯浅は苦しみだして救急車で運ばれていきました。

一方、日高の実家で父・満に会えた日高<彩子>は、手紙の差出人が実父である東貞夫(浅野和之)に引き取られた日高の双子の兄・東朔也だということを聞かされます。

そして、日高<彩子>は真犯人が東朔也で、日高は東の指示で行動しているのだと考えました。

同じように東朔也を捜す河原も日高と東の接点にたどり着きつつありました。

その頃、彩子<日高>は東朔也の候補者が救急搬送されたと千田から連絡を受けますが、久米の息子が殺害されたと一報が入り現場へと向かうことになります。

彩子<日高>「リストにないやつ狙うって、もう反則だろ。」

殺害現場から指紋が出たと聞いた彩子<日高>は、あきらめの表情を浮かべたのでした。

公式サイト YouTube Tver

8話動画ネタバレ

※<>の中は心の中の人物名で表現します。

病院に運ばれた湯浅和男(迫田孝也)の右手にホクロを見つけた渡辺陸(柄本佑)が湯浅が東朔也であると確信していると、湯浅からある頼まれごとをされ、病院をこっそり抜け出すことになります。

一方、日高(高橋一生)と東朔也の関係を知った彩子(綾瀬はるか)は、八巻英雄(溝端淳平) にもすべてを伝えます。

日高<彩子>にコ・アース社の社長を辞任するように迫る彩子<日高>に、日高ではなく兄の朔也が事件を起こしているのに、なぜ逃げなくてはならないのかと日高<彩子>は反発します。

彩子<日高>は、兄のことをかばうのはあきらめるから、社長を辞任してほしいと言って帰っていきました。

言われたとおりに社長を辞任した日高<彩子>。

証拠品を回収して、犯人の東朔也が川に飛び込み自殺をしたように見せかけた彩子<日高>。

しかし、そんな細工の目をくぐり抜けて河原三雄(北村一輝)は、日高と東、そして彩子がこの事件に大きく関わっていると狙いを定めていました。

東朔也が殺害された久米の父(元々のターゲット)の警備会社から不当に解雇されたことも河原はつかんでいました。

さらに、鑑識から久米の事件現場にいた犬のふんから日高の乳歯が出てきたことが伝えられます。

東と日高を逮捕するために緊急配備されることになり、急いで日高<彩子>は逃げる準備をします。そんな中、日高<彩子>は秘書の五木樹里(中村ゆり)に入れ替わりのことを伝えると、日高ならきっと彩子を助けてくれると思うと言って逃げる手伝いをしてくれました。

その時、彩子<日高>から日高<彩子>に歩道橋に来るように連絡が入ります。そして、彩子<日高>は以前の事件の凶器となった丸い石を日高<彩子>に手渡し、「日高陽斗、あなたを緊急逮捕します。」と言って階段から転落したのでした。

その頃、湯浅に頼まれて陸は奄美大島を目指していました。

公式サイト YouTube Tver

9話動画ネタバレ

最初の入れ替わりが起こった時の条件をすべてそろえたことで、彩子(綾瀬はるか)と日高(高橋一生)はもとに戻ることができました。

しかし、彩子は主犯の東朔也(迫田孝也)を逮捕しに行くからと日高を逮捕することはありませんでした。

現在、奄美大島へ渡るために福岡にいるという朔也と日高を会わせる時間を作ろうと考えていたのでした。その様子を見ていた河原三雄(北村一輝)が疑惑の目を向けてきますが、隙をついて日高は逃亡を始めます。

彩子は渡辺陸(柄本佑)に連絡を取り、日高と東を会わせるために奄美大島で落ち合うことにします。

日高は、自分たち兄弟のために彩子が迷惑を被るのではと心配しますが、彩子は「二人を捕まえて戻れば、何とでもなる」と言い放ちます。

彩子は八巻英雄(溝端淳平)にも日高のカードを使っておとりになり捜査をかく乱するように指示します。

八巻が北へ向かっている中、そのすきに車で熊本に向かった二人。

その頃、河原は彩子の部屋へ向かい、奄美大島行きのチケットを見つけ彩子たちの行き先に検討を付けていました。

フェリー乗り場に向かう途中、彩子は日高から朔也と再会した時のことを聞かされていました。

朔也がコ・アース社の清掃員をしていた時に、偶然再会した二人だったが、最初は兄弟だとは気が付いていませんでした。仲が良くなるにつれ手のホクロから兄だと気が付いた日高。

母の故郷・奄美大島でゆっくり話をしようと朔也を誘っていましたが、朔也が来ることはありませんでした。

一人で飛行機に乗り込んだ日高はパンフレットの中で見つけた、奄美の<太陽と月の運命が入れ替わった話>が気になっていました。

日高は旅行から帰り、朔也の家へ向かうと、旅行の前日に長い間認知症を患っていた父・貞夫(浅野和之)が亡くなっていたことを知ります。貞夫は別れた妻の故郷へと息子が行こうとしていることに腹を立ててケンカとなり階段から転落してしまったのでした。

母に引き取られた弟と、父に引き取られた兄。

たった15分早く生まれたために、自分の人生がこんなにも苦しいものになったのだと嘆く兄の姿を見て、日高はクウシュウゴウの共犯になることを決めたのでした。

膵臓がんに侵されている兄が亡くなるまで捕まらないように、そして次の殺人を犯さないように。

そしてフェリーの上で再会した4人。

自分が犠牲になってでも兄を守ろうとした日高の心に触れた彩子は思わず朔也のことを殴ってしまいます。

朔也は日高のことは守ってほしいと告げます。久米の殺人で日高の乳歯が見つかったのは、小さいころに交換してから大事に持っていたのに現場で発作が起きて落としてしまったものでした。

日高と朔也は二人きりで話をし、二人で彩子に逮捕してほしいと結論づけますが、朔也は急変してフェリーの中で亡くなってしまいました。

奄美大島にフェリーが到着すると先回りしていた河原たちが乗り込んできました。

日高は彩子の首筋にナイフを立てて、小声で「僕を追ってください」と話しました。

彩子が逃げる日高を捕まえて手錠をかけると、河原が犯人隠匿の罪で彩子に手錠を掛けました。

その頃、警察では管理官の五十嵐(野間口徹)に八巻が声をかけていました。

公式サイト YouTube Tver

10話動画ネタバレ

河原三雄(北村一輝)によって逮捕された望月彩子(綾瀬はるか)でしたが、日高陽斗(高橋一生)と八巻英雄(溝端淳平)の証言によって容疑が晴れました。

しかし、日高の方は自分が単独で犯罪を犯したと主張しており、彩子は驚きます。が、彩子を守るためにそう言い張っているのだと気が付きました。

日高の供述に乗っかる河原ですが、本心では日高が主犯ではないことを確信していました。

一方、渡辺陸(柄本佑)は東朔也(迫田孝也)が遺したSDカードを手にしていました。

彩子から防犯カメラのデータが入ったSDカードを知らないかと聞かれた陸もまた、彩子を守るために持っていないと嘘をつきます。

どうにか本当のことを話してもらおうと証拠を再鑑定したり、日高本人を説得しようとする彩子ですが、日高は犯人であると認める供述書にサインしようとします。

これにサインしたら死刑台域決定だと伝える河原。そこで、河原は部下に調べさせた東朔也の過去を話し始めました。

殺害された四方に債権を押し付けられ、その後、就職した会社で田所によるパワハラでうつ病を発症し解雇され、再就職した久米の会社では濡れ衣で解雇され、挙句の果てに父が認知症になり、自分も余命半年だと宣告されたことを聞かされます。

そして、河原は犯罪を犯すことは許されることではないが、日高がすべての事件の責任を背負うことで、兄が世間に伝えたかった声を消してしまうことになるのだと訴えます。

そこへ、鹿児島県警から送られてきた動画を手にした彩子が取調室に乗り込んできました。

そこには、久米殺害の翌日に朔也がネットカフェで録画した1時間にも及ぶ映像が残されていました。

全ての殺人を自分一人で行い、その動機から方法までもが語られていました。

それでも認めようとしない日高に、彩子は「私の正義を守らせて。私を守りたいと思うなら、私のために本当のことを言うべきでしょう!」と訴えます。

とうとう自分が犯人ではないことを認めた日高。

その後、彩子は警察学校へと異動になりました。陸は彩子のもとを去り、日高は3年の刑期を終えて出所してきました。

日高にあの歩道橋へと呼び出された彩子は、凶器となった石を見せられます。母の形見だからともらってきたのでした。

あの日、自分たちが入れ替わったのは、間違って道を進んでいく息子たちを正してほしいと願った母の思いだったのではないかと話します。

そして、別れを告げて立ち去ろうとしたとき、石が光り再び入れ替わりが起こってしまったのでした。

公式サイト YouTube Tver

天国と地獄キャスト

望月彩子(綾瀬はるか)

本作の主人公。幼いころから正義感が強い。あだ名は望月ベッキー。

綾瀬はるか

ウィキペディア

日高陽斗(高橋一生)

ベンチャー企業。コアースの社長。望月彩子と入れ替わってしまう。

高橋一生

ウィキペディア

出演作品

カルテット

凪のお暇

恋せぬふたり

天国と地獄動画見どころ

「天国と地獄~サイコな2人~」の動画見どころをまとめてみました。

二転三転するストーリーに深みのある人間像が素晴らしい!

なんと言っても、主演2人の圧倒的な表現力による入れ替わりの演技です。堅物で猪突猛進の捜査一課の女刑事望月彩子を綾瀬はるか、IT企業の創業者の青年実業家でサイコパスの連続殺人犯日高陽人を高橋一生が超絶技巧で演じます。特に入れ替わり後の望月(日高)の妖艶さと、日高(望月)の可憐さが炸裂しています。謎解きとしても一級の出来栄えで、意外にも重厚なヒューマンドラマでもした。二転三転するストーリーに深みのある人間像が魅力的な脚本はさすがでした。亜流に見えて王道の「日曜劇場」でした。ラストもを見逃しなく!

スピード感ある展開がこのドラマの一番面白いところ!

相手と心と体が入れ替わるドラマや映画は幾つかありますが、このドラマのポイントの一つが女性刑事とサイコパスな殺人者の心と体が入れ替わるという善と悪の両極端にいる人間のドラマであるのが見所の一つです。
殺人者として追われる立場になってしまった女性刑事の彩子と殺人者の日高が刑事になり事件捜査の現場で、自分が犯した事件の真相を追っていく展開が毎回ドキドキする内容になっていて、徐々に事件の真実が浮かび上がってきます。
そのスピード感ある展開がこのドラマの一番面白い所です。

最後まで結末が予測できない!

スリリングでとても面白い、最高のドラマです。最後まで飽きることなく楽しめました。テンポ良く話がすすむので、細かいエピソードも見逃さないように見ていました。綾瀬はるかさんと高橋一生さんが入れ替わった時がすごい!表示、話し方、動きまでそっくりです。脇役も豪華です。大好きな北村一輝さんが出ていて嬉しかったです。溝端淳平さんと綾瀬はるかさんの掛け合いも良かったです。謎が多いストーリーでサスペンス要素が強いですが、笑えるシーンも多いです。推理が好きな方にもおすすめ。私は最後まで結末が予測できませんでした。

綾瀬はるかさんと高橋一生さんの凄まじい演技力

本作最大の見どころは綾瀬はるかさんと高橋一生さんの凄まじい演技力です。入れ代わり、つまりは2役をこなすという極めて難しいスキルを問われる役柄をふたり共々見事に演じていました。とりわけ、高橋一生さんの女々しさ満載の演技はこれまでどの作品でも見たことがない新境地であり、今後の彼の俳優人生に大いなる期待を持つことができます。また、綾瀬はるかに関しては持ち前のスタイルの良さ故に、惚れ惚れするような男前感が様になっていて最高でした。

女性刑事と殺人鬼が入れ替わるという前代未聞なストーリーになっています。捕まえるべき相手に成り代わってしまった主人公がどのような行動に出るのか、そして2人はなぜ入れ替わる運命にあったのか、見逃せない内容になっています。そして男女の入れ替わりを見事に演じきっている綾瀬はるかさんと高橋一生さんの言動にも注目してもらいたいです。ちょっとした仕草からも入れ替わりが感じられ、さすがだなと思わずにはいられないと思います。

今まで綾瀬はるかさんは雰囲気が大好きで数々のドラマ作品を見てきましたが、これほどに演技力が高かったのかと再確認させてくれました。
また、日高と入れ替わった後の走り方が凄くかっこよかったのも印象的でした。
お相手となる高橋一生さんも素晴らしく、彩子であった時の綾瀬はるかさんの動きを完コピしていたのには驚きました。
とにかく主演のお二人の演技力の高さに見惚れる作品ですが、ストーリー自体も過去を含めて謎が次々と出てくるのでサスペンスとしてとても楽しめる作品でした。

出てくる人全てが怪しく見えてしまう

綾瀬はるかさん演じる望月彩子と、高橋一生さん演じる日高陽斗の人柄がとてもよく描かれていてよかったです。主人公が入れ替わるドラマは今までにもありましたが、2人が入れ替わってからの、互いが今まで知らなかったことに気づいていくところの表現が、最高によかったです。先の展開が見えなくて、回を増すごとにドキドキとワクワクも増していくドラマでした。出てくる人全てが怪しく見えてしまって、最後の最後まで楽しめました。

正義感が強い捜査一課の女性刑事の彩子が、逮捕しようとした殺人鬼の容疑者でベンチャー企業の社長の日高と入れ替わるというありえないことが起こります。入れ替わりながら、綾瀬はるかさん演じる彩子は、殺人の証拠を集め始め、高橋一生さん演じる日高は、おしゃれを楽しみながら捜査をします。戸惑いながらもお互いに連絡を取るのがコミカルです。さらに、苦難を乗り越えて真実を追求するのが緊張感があります。怪しい人が多く、犯人と日高とに関係は最後までわからず、毎回、想像するのが見どころです。2人の演技も見事です。

2人の空気感や、だんだん変わっていく心の繊細さに注目!

オープニングはコメディ?と思わせる感がありますが、シリアスドラマです。綾瀬はるか演じる彩子と高橋一生演じる日高に、後半だんだん芽生える信頼感のような愛情?が見どころ。謎な犯罪者のようで実は誠実さもある日高、高橋一生の端正な顔立ちが謎さを深め、味あります。柄本佑演じる陸の行動もいいんです。彩子と日高の入れ替わり時の演技はスゴイ。2人にしかわからない空気感が魅力です。だんだんと変わっていく心の繊細さを、しっかり見続けて欲しいです。

警察官と殺人鬼が入れ替わってしまうというのが見どころ

男女の中身が入れ替わってしまうというのはドラマや映画で良くありがちな設定ですが、このドラマはそれに加えて「警察官と殺人鬼」が入れ替わってしまうというのが見どころとなっています。正義感の強い警察官・彩子はあともう少しで殺人鬼を捕まえられそうなところで魂が入れ替わってしまうしまうため、そこからどうやって状況を巻き返していくのかに注目です。そして警察官の見た目をした殺人鬼というかなり危険なシチュエーションがどう転じていくのかにも期待できます。

綾瀬はるかさんと高橋一生さんのお互いを追い詰めるやりとり

女性刑事と殺人鬼の魂が入れ替わってしまうことから、人生が逆転してしまった男女のお話で、結末も事件の真相も見えず、頭をフル回転させて推理するのが、楽しかったです。綾瀬はるかさんと高橋一生さんの魂が入れ替わるので、主演のお二人も2人分の演技をしないといけなくて、入れ替わった瞬間に仕草や発言も変わって、役作りがすごいなと思います。その中でもちょっとした失敗から、お互いを追い詰めるやりとりは、見ていてとてもワクワクしました。

北村一輝さんの緊迫感を生む演技に注目してほしい!

綾瀬はるかが演じる望月と高橋一生が演じる日高が入れ替わってしまうということから綾瀬はるかと高橋一生の演技に注目してほしいです。どちらかというと高橋一生の方が女子言葉を使わなければいけないわけで難しかったんじゃないかと思います。個人的には警視庁捜査一課河原の高圧的な態度で事件解決の為には何でもするという捜査ぶりが見ものだなと評価しています。河原を演じる北村一輝の緊迫感というのを生む演技というのを是非見てもらいたいです。

最後には涙を誘われ、誰を憎むべきか考えさせられるところ

とにかく、高橋一生さんと綾瀬はるかさんの演技力の高さに驚かされます。男女で入れ替わることは設定上他のドラマなどでもありますが、あまりにも性格の違い過ぎる2人の入れ替わりが、本当に魂ごと入れ替わったとわかるほどの演技で、特に高橋一生さんの女の子ぶりにはため息が出るほどです。ストーリーも面白く、最後までどんな展開になるのか、誰が犯人なのかわからずはらはらさせられます。最後には涙を誘われ、誰を憎むべきか考えさせられるところも見どころです。

人格が入れ替わり、互いに感情移入していく様が感動的

人格が入れ替わってしまうというストーリーは、よくあるものかもしれませんが、こちらのドラマは主要キャストを演じた二人が入れ替わる前と後の顔つきまで変わっていて、立ち居振る舞いを見ただけでどちらの人格なのかが分かるほどだったので、見ていてゾクッとしました。刑事と容疑者という相反する立場にあった二人ですが、入れ替わってからの期間が長かったこともあり、相手の立場や信念などを知り、互いに感情移入していく様が感動的でした。

天国と地獄動画見逃し配信まとめ

「天国と地獄~サイコな2人~」の動画見逃し配信ですがparaviで見逃し配信しています!!

初回2週間無料なのでぜひお試しください!

\今なら4週間無料/

無料でお試paravi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA