逃亡医F見逃し配信1話から無料と再放送!見どころ情報!

日本テレビで放送される成田凌さん主演のドラマ「逃亡医F」。この記事では「逃亡医F」1話からの再放送と見逃してしまったという方に1話から最終回まで見逃し配信の動画サービスを紹介します。

・逃亡医Fを1話からうっかり見逃してしまった

・逃亡医Fを1話から録画し忘れた

・逃亡医Fの1話からの再放送が知りたい

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

逃亡医F公式情報

目次

ドラマ「逃亡医F」の公式情報まとめました。

公式サイト 公式サイト
ウィキペディア ウィキペディア
キャスト情報 成田凌/森七菜/桐山照史/桜庭ななみ/堺小春/古屋呂敏/和田聰宏/酒向芳/前田敦子/安田顕/松岡昌宏
関連 Twitter/インスタグラム

逃亡医F見逃し配信サービス

ドラマ「逃亡医F」を1話から見逃し配信している動画サービスをまとめました。

動画サービス 見逃し配信状況
Tver 〇期間限定

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

Hulu

逃亡医F見逃し配信は動画配信サービスHuluで1話から配信しています!

初回2週間無料なのでその期間に解約すれば料金はかかりません!

以下作品も見放題できます!

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

さらにキャストの作品もすべて見放題です!

成田凌出演

アリバイ崩し承ります

森七菜出演

この恋あたためますか

前田敦子出演

Q10

リモートで殺される

安田顕主演

アオイホノオ

重版出来!

小さな巨人

下町ロケット

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

Tver

ドラマ「逃亡医F」はTverで期間限定見逃し配信しています。

・Tverは期間限定で見逃し配信しています。

無料でお試Tver

さらに以下作品も見逃し配信中

無料でお試Tver

逃亡医F再放送情報

ドラマ「逃亡医F」の再放送は未定です。

日本テレビ番組表
Yahoo!番組表

逃亡医F動画あらすじ

ドラマ「逃亡医F」あらすじをまとめました。

1話動画ネタバレ

逃亡医・藤木圭介

天才脳外科医・藤木圭介(成田凌)は同僚で恋人の研究医・八神妙子(桜庭ななみ)の殺害容疑で指名手配されていた。

妙子の兄で元自衛官の八神拓郎(松岡昌宏)は調査本部に乗り込み、藤木が容疑者になっていることを知る。藤木を犯人だと決めつける拓郎は復讐に燃えるのだった。

観測船に潜入する藤木

藤木は偽名を使い、逃亡先でアルバイトとして海洋観測船・第一海風丸に乗り込む。先輩の沢井美香子(森七菜)から指導を受ける中で、藤木の手が異常にきれいなことに美香子は気付く。

そんな時、美香子は指名手配犯のポスターを見て、船に乗っている鳴海健介が容疑者・藤木圭介だと気付く。

夜、藤木の荷物を漁っていた美香子は藤木に見つかってしまう。会わなければいけない人物がいる、という藤木は次の港で降りるまで黙っているように美香子に依頼するが美香子は動揺し、明日は部屋から出るなと言い残して藤木の部屋を出て行ってしまう。

一方、拓郎は刑事の筋川二平(和田聰宏)の弱みを握り、調査情報を横流しする約束を取り付けていた。

妙子の家では親友の烏丸京子(前田敦子)が親族に依頼されて遺品の整理をしていた。整理するふりをして何かを探していた京子は花瓶の中からFと書かれたカセットを発見する。

そんな時、藤木の目撃情報が警察に入り、船にも藤木について問い合わせが来ているのを美香子は知る。

甲板での作業中、役に立とうとやる気が空回りした美香子は左腕に大けがを負ってしまう。

部屋に待機するように言われていた藤木は甲板で騒ぎが起こっていることに気付く。美香子の怪我を見てとっさに応急処置をする藤木だったが、処置中、美香子から疑われていることを知らされた藤木は今すぐに逃げるよう言われる。

船が港に着くまで時間がかかり、美香子の左腕はだめになってしまうかもしれないと船員たちが話していると、藤木がやってきて美香子の左腕を切断する。左腕を冷蔵庫で保管し、港に到着次第縫合するために切断したという藤木は美香子を救うために逃げずに残ったのだった。

美香子の腕を手術し、逃亡する

氷で作った即席の顕微鏡を使って驚異的なスピードで手術を行い、無事手術は成功した。

港には警察が待ち構えており、藤木は待っていた拓郎に殴られる。拓郎に絞殺されそうになる藤木だったが、拓郎に麻酔を打ちなんとか助かる。真犯人を必ず見つけ出すと言って藤木はボートに乗って逃げ出すのだった。

公式サイト YouTube gyao Tver

医者の手は綺麗なんだなぁと感じました。指名手配犯の紙を見て、沢井美香子さんは、仕事の後輩、鳴海さんが、犯罪をしたかもしれないと分かった時、どう対応すればよいかわかんなくなって、沢井美香子さんが、藤井圭介さんが鳴海になりすましている時、疑って色々お医者さんが言うような言葉を言ってもらうようにしていたのが、面白いなぁと感じました。沢井さんが怪我をして、処置している姿から、逃亡医だとみんなにわかってしまった時も逃げずにちゃんと処置していて、やっぱり医者の仕事がしたいんだなぁと感じました。(30代女性)

今回最も印象に残ったのは八神拓郎だった。彼の妹を溺愛する姿はヤバいと感じられた。思い込むと猪突猛進の性格のようなところが怖いと思えるところだ。さらに優秀な元レンジャーだったとのことなので手の付けられない暴れん坊なところもヤバい。次に印象に残ったのは主人公・藤木圭介が沢井美香子の左腕の手術をする場面。彼女の腕を縫合するために一旦斧で彼女の腕を切断する件は衝撃的だった。また、機材など何一つない船上で、代用品を作ってしまうというのも驚いた。トドメはクセの強い佐々木世志郎の登場がインパクトが大きかった。(50代男性)

亡くなった妙子の誕生日に兄の拓郎と恋人の藤木がプレゼントに選んだのが腕時計という共通点には驚いてしまい、妹思いの拓郎は可愛らしい時計で、恋人の藤木はブランド物の時計となっている立場の違いが愉快で、妙子がそれぞれに渡して仲良くするように仕向ける巧みさには感心させられ、どちらも妙子が亡くなった後も身に付けている所も同じだけに2人が協力し合えば真犯人に早く辿り着けるのにとイライラしてしまい、拓郎の暴走は真犯人ではと疑いたくなる程で冷静になって欲しいなと思いました。(30代男性)

天才医と言われていた藤木が、なぜ指名手配されなければならなかったのかとても気になりました。信じてもらえたことで、逃げずにあの船の中で難しい手術をやってのけるなんて、藤木は間違いなく天才だと思いました。そんな藤木を執拗に追い詰める拓郎が怖かったです。大切な妹が亡くなった悲しみの深さを思い知らされました。なぜ藤木が殺人犯として追われなければならないのか。なぜ妙子は藤木に誰も信じるなと言い残したのか、とても気になりました。(40代女性)

指名手配されている逃亡医が大怪我している沢井さんを急遽助けるというところは見応えがありました。突然取り出したカセットで懐メロがかかってきたのはびっくりでした。婚約者のお兄さんとの対決もドキドキしましたが、まさか麻酔撃って逃げるとは!なかなかやりますね。婚約者の妙子さんの死の真相は闇がありそうですが、安田顕さんが率いる社長がめちゃくちゃ怪しそうでしたね。社員に対してもちょっと気持ち悪い対応してたので、変わった人のようですね‥。(30代女性)

警察よりも何よりも拓郎の迫力が凄く、追いつめられた圭介がよく逃げられたものだと、かなりホッとしました。圭介の素性が美香子にすぐにバレてしまった事から、今は船から逃げ出せれたけれど、今度行きつく先でもまたすぐに身元がバレそうで心配です。バイオネオという企業の佐々木がとっても怪しく、そこで働く京子の動きもまた不信感たっぷりで、妙子の周りでいったい何が起こっていたのか気になっています。まだまだ圭介の逃亡は始まったばかりで、次に行く目的地でまた新たな情報を得られることを期待しています。(50代女性)

見ていて強引な場面が多かったのですが、スピード感がありすぎる展開で細かい事はどうでも良くなります。それにしても主人公・藤木が自分から天才脳外科医を名乗ってしまうなど逃亡者としての境遇を完全に振り切って、医者として手術に没頭してしまうのはびっくりです。被害者の兄・八神も非常に派手に動き回り見せ場の多い内容でした。海洋観測船である程度まで逃げるのかと思っていましたが、あっけなく下船し全容もほぼ分からないままの1話は終わりとなります。今後がどうなるのか非常に期待できるドラマです。(40代男性)

元レンジャー部隊・八神拓郎の傍若無人さが半端じゃなく藤木を捕まえる為には手段を選ばない容赦のなさが目に付きました。ただちょっと拓郎のオーバーアクションが目立ったんで繊細さがこのドラマには足りないなとも感じてしまいました。ストーリー的には藤木が美香子の腕の手術をする場面が第一話の最大の見どころでした。しかしこの場面でもあまり美香子が痛がっていないのが引っかかりました。わざと大袈裟な痛がり方をしないようにしたかも知れないですが違和感しかありませんでした。ストーリーは面白いのに所々、雑さを感じました。(40代男性)

2022年新作ドラマの中でも注目のひとつで、実際に見て素直に面白かったです。成田凌演じる天才外科医が、殺人犯の汚名を着せられ、警察や被害者の兄に追われながら、真犯人を探すというストーリーです。原作はハリウッドの金字塔映画「逃亡者」ですが、そもそも逃亡者のプロットはどの時代、どの場所でも通用するもので、現代の日本でも上手く表現されていました。もともとは2時間に詰められたサスペンスを、冗長にせずに連続ドラマとしてどう展開させていくか。その第一話としてまずまずの立ち上がりだと思いました。(30代男性)

恋人の妙子が殺され、殺人者にされ逃げる主人公の藤木がかわいそうでした。警察にも妙子の兄の拓郎にも追われます。犯人は用意周到に準備して藤木を犯人にしました。拓郎に嘘のメールを送り、妙子が落ちる現場に呼んだのです。妙子は藤木が知らない秘密を持っていたのだと思いますが、今は全くわかりません。手がかりの写真を持って藤木がこれからたった1人でどのように解明するのかとても気になります。美香子の腕をつなげる手術が成功してよかったです。美香子がこれから味方になってくれると良いです。(60代女性)

何故、恋人は死ぬ運命にあったのか、そして藤木さんが何に巻き込まれて殺人犯として追われる羽目になったのか、気になることが山積みでした。一方、船内にて医師としてのメンツを保った姿は凄くかっこよかったです。天才と言われる所以が手術から見て取れました。また、私自身も彼は絶対に犯罪に加担しているとは思えない、そう確信しました。しかしながら、追われる状況が好転したわけではないため、この先もヒヤヒヤさせられるのかと思うと些か不安です。(20代女性)

指名手配の写真を見ただけで圭介の正体に感づく美香子はかなり鼻が利く人物だと思いました。船内で正体がバレて警察にマークされながらも動じない圭介には逃げ切って必ず犯人を見つけるという強い意志を感じました。美香子がケガをするシーンは目を覆いたくなりました。ひどいケガの状態でしっかり意識があるものなのか、しゃべって大丈夫なのか気になりました。設備が整わない状況で音楽を聴きながらオペをする圭介の姿はまさに天才肌だと思いました。(30代女性)

主人公の藤木圭介のキャラクターに注目して見ていました。どこか闇を抱えているのと、天才的な技術を持っている医師とのギャップに魅力を感じて見ていました。物語は船上の中での沢井美香子とのやり取りが印象に残りました。特にみんなの役に立ちたいと絡まっていた網を切ろうとして、腕を失うかも知れない事故は衝撃的でした。そして主人公の藤木には治療をしていた時の経緯には驚かされました。前例に無い考え方で治療したり、印象に残るのは音楽を流しながらやっていたシーンでした。(40代男性)

恋人の妙子はどんな状況で屋上から落ちたのだろうか、藤木もその場にいたのだから確かに怪しい。写真に丸印をした都波教授も逃げてるっぽいから、この人が真犯人かもしれないけど、あまりに藤木に不利な状況だから、捕まったらもう犯人にされてしまいそう。それより兄の拓郎が危険すぎて、逮捕される前に復讐で殺されてしまうのでは。疑い始めた沢井さんが大怪我をしたのを目の当たりにして、逃げるよりオペするのを選んだのは医者としての性なのかなと思ったけど、「逃げて」と今の自分を信じてくれた人を助けたい思いが勝ったのね。(50代女性)

その他「逃亡医F」Yahoo!感想

2話動画ネタバレ

逃げ続ける藤木

逃亡中、雪山で落ちてしまった藤木(成田凌)は少年・健太(白髭善)に見つけられ、喫茶店店主・香川(升毅)の車で病院に連れられる。指名手配中であることがばれるのを恐れて診察を嫌がり香川と揉めていると突然、美香子(森七菜)が現れ嘘の説明をする。

藤木を追ってやってきたと言う美香子と一緒に香川に泊めてもらうことになった。

 

雪山に来た目的

藤木は、香川の店にあった登山客の荷物を見つける。その中には亡き恋人・妙子(桜庭ななみ)の共同研究者・都波(酒向芳)のものがあった。妙子は死ぬ直前、藤木に「自分に何かあったら都波教授に会え」と言っていたことを思い出し都波に会うためしばらく喫茶店で働くことにする。

一方、拓郎(松岡昌宏)は刑事の筋川(和田聰宏)と共に藤木の部屋に調査に入る。警察でも都波と妙子の関係に気付き調査を進めていた。

喫茶店にやってきた健太の父・松田(林泰文)はアナウンサー・島崎(馬場ふみか)と喫茶店の取材にやってきていた。そこにあった雑誌を見て松田は藤木が指名手配犯だと知り、スクープをとろうと藤木に近づく。

藤木が都波を探していると健太がせき込む場面に遭遇する。両親の負担になりたくない健太は大丈夫だと言う。そこに島崎が現れ藤木を撮影しようとしてくる。何とか回避した藤木だったが疑われていることを知り急いで喫茶店から逃げて美香子と共に都波を追い始める。

都波を追っている途中、雪に埋もれた健太を見つけた藤木は近くの小屋に健太を連れていく。折れた肋骨が肺に刺さっている可能性があると急いで小屋にあったもので応急処置を始めようとする。その時、追ってきた松田達も急な雪に小屋に避難やってきて藤木を見つけてしまう。健太を見て慌てる松田だったが、藤木の説得を聞き手術を依頼する。松田の助けを借りながらなんとか手術は成功し、その一部始終を島崎がビデオで撮影していた。

 

再び逃亡する藤木

手術が終わり、救助隊が来る前に逃げようとする藤木は一瞬の隙をついて島崎のビデオを取り上げそのまま逃走した。

一方、都波の自宅を捜索した拓郎たちは都波と藤木の本当の合流地点を見つけ出し、その場所へ筋川と共に向かっていた。

公式サイト YouTube gyao Tver

3話動画ネタバレ

都波を待つ藤木

藤木(成田凌)は逃亡し、美香子(森七菜)は香川(升毅)の店で藤木からの連絡を待っていた。指定された路線バスで落ち合った二人。美香子から新しいスマホを受け取った藤木は秘密を知っているはずの都波教授(酒向芳)が店に来たら教えてほしい、と言っていなくなる。美香子から受け取った香川の弁当を食べて藤木はあることに気付く。

 

香川の病気

弁当の味がおかしかったことや会話が聞き取りづらい様子から香川が何かの病気だと気付いた藤木は香川の店に戻る。通院するべきだと説得するが手術で味覚障害が治るとは限らない、と治療を拒否する。

一方、藤木の聞き込みを続けていた拓郎(松岡昌宏)は筋川(和田聰宏)の仲間に拘束され倉庫へ置き去りにされてしまう。

翌日、考え直した香川は手術を受けることを決意。ただ離婚して絶縁状態の娘・空見子(夏子)の結婚式があることを知った香川は知り合いに頼んで結婚式の料理を作る、と言ってきかない。結婚式は明日行われるため、藤木は明後日に病院へ行くならと香川を手伝うことにする。

香川の離婚した妻・晴枝(朝加真由美)の家へ変装をして向かった藤木たちは事情を伝えるが空見子からは拒否されてしまう。晴枝が持っているはずの香川のレシピも手に入れることができなかった。

警察に戻った筋川は藤木の潜伏場所を警察内部に漏らしてしまう。香川の元にも警察がやってきて香川は藤木の正体を知るが警察には藤木が潜伏していると伝えないでいてくれた。

そんな時、晴枝がやってきてレシピを香川に渡す。空見子と仲直りしてほしいという晴枝に感謝し、香川は料理を練習する。

結婚式当日、ホテルの厨房に潜り込んだ香川と藤木だったか調理中に香川が倒れてしまう。緊急手術が必要な状態と言われ、藤木の正体を知った香川は天才医師の藤木に手術を依頼する。

そんな中、藤木を見て不審に思ったスタッフが警察に連絡し、ホテルは警察に包囲される。

留守番をしていた美香子だったが都波がやってきたため急いでホテルに都波を連れて向かうが警察がいるのを目撃し、藤木に連絡する。

包囲されている状況を知りながら藤木は香川の手術を始めるのだった。

 

再び逃亡する藤木だったが…

手術は成功し、香川の状態についてのメモを残して藤木は逃走する。

空見子は香川が料理を作っていることを気づいていた。感謝の言葉を述べる空見子の言葉を聞いて美香子は安堵する。

一方、拘束を解いた拓郎に見つかった藤木は警察官の変装でホテルを脱出。拓郎から激しく問い詰められるが藤木は無実を主張する。

そんな中、あるバイオベンチャー企業の一室で妙子(桜庭ななみ)は眠り続けていた。

公式サイト YouTube gyao Tver

4話動画ネタバレ

東京へ向かう藤木

拓郎(松岡昌宏)から暴力を受けながら妙子(桜庭ななみ)殺しについての尋問を受ける藤木(成田凌)。隙を見て逃げ出した藤木は変装して逃亡を続ける。

後輩の長谷川(桐山照史)から都波教授(酒向芳)の居場所を聞き出した藤木は東京へ向かう。

 

トラックに潜り込むが…

藤木から奪ったスマホを調べた拓郎は美香子(森七菜)へ会いに行く。嘘をついて藤木の味方だと勘違いさせ、情報を聞き出した。

東京へ向かおうとしていた藤木は警察に気付かれないために慌てて飛び乗ったトラックが発進してしまう。車に乗っていた犬たちを人質にとって運転手の間宮(渡辺いっけい)と昌明(森永悠希)を脅迫し東京へ向かうよう指示を出す。

一方、美香子と東京へ戻った拓郎は都波のアパートへ向かう。出てきた都波を気絶させて拓郎は美香子と一緒にある場所へ向かう。

トラックが検問に引っかかってしまい藤木は焦るが自分以上に焦っている間宮たちを見て不審に思う。

なんとか検問は突破するが、昌明が母犬・ジェシカの具合が悪いことに気付く。殺せと言う間宮に反論する昌明はすぐに犬の名前を憶えて優しくしていた藤木の態度を見て藤木が冤罪だと信じジェシカの診察を藤木に依頼する。

都波を筋川(和田聰宏)の部屋で拘束し、美香子も縛った拓郎は妙子についての秘密を聞き出す。妙子が死ぬ前に今まで嫌っていたバイオネスというバイオベンチャー企業と手を組んで金儲けの道に走ったと聞いて拓郎は驚く。

藤木はジェシカを触診し病院へ連れていくべきだと伝えるが、昌明は病院に行くことはできないと藤木にカッターを向けて何とかするよう脅迫する。

そんな中、バイオネスでは妙子が眠ったまま管理されていた。研究者の佐々木(安田顕)は警察にわいろを渡し、藤木を逮捕次第バイオネスへ引き渡す約束をつける。

昌明からジェシカは盗んできた犬であることや間宮から過去のトラブルでゆすられていることを聞いた藤木。そんな時、警察の捜索おびえる間宮に車を降りるよう言われるが我慢の限界が来た昌明は間宮ともみ合いになり、崖から落ちてしまう。そんな時ジェシカが吐血し、藤木は手術の準備を始める。さらに足の骨を折ってしまった間宮の手術も同時にこなしていく藤木は二人とも救うと約束する。

手術を無事に終えた藤木に昌明は犬を元の飼い主に戻すといってトラックにとどまり藤木を逃がす。

 

一方、バイオネスでは

妙子の親友のふりをしていた烏丸(前田敦子)はバイオネスの執行役員だった。佐々木に妙子の部屋についての報告をする烏丸は特に何もなかったと言ってFと書かれたカセットの存在を佐々木には伝えなかった。

公式サイト YouTube gyao Tver

5話動画ネタバレ

シンポジウムへ向かう藤木

2日後に帝都医大で開かれるシンポジウムに参加する都波教授(酒向芳)に会うため藤木(成田凌)は八王子にやってくる。

予定日まで身を隠すためにやってきた廃墟の団地で外国人から食料を買う。

食事を終え、ベンチでうたた寝をしているとチュンヤン(森迫永依)という女性が藤木のカバンを盗もうとしてきた。チュンヤンは逃げ出すが、倒れ込む様子を見てチアノーゼの症状だと気付いた藤木は彼女を追いかけるが仲間の外国人たちに囲まれてしまう。

リーダー格のモー(中村蒼)から団地の様子や外国人たちは不法滞在者で病院に行けないことを知った藤木はチュンヤンの疾患について調べ始める。

 

藤木を狙うバイオネオ

筋川(和田聰宏)の部屋に監禁していた都波と筋川がいなくなっていることに気付いた拓郎(松岡昌宏)は美香子(森七菜)と行方を捜す。

拓郎を襲った雀荘の店員・吉見(寺井義貴)と前田(趙珉和)にさらわれたと知った拓郎は後輩の自衛官・今野(山根和馬)と一緒に二人を救出する。

都波から妙子(桜庭ななみ)が亡くなる前の様子を聞いた拓郎は藤木への疑惑を強めるが、美香子に説得される。筋川が事件を整理し、この事件にはバイオネオが絡んでいることに気付いた拓郎は都波と妙子の研究結果を狙いに真犯人がやってくるのではないかと考え、都波に大学内を捜索させる。妙子の部屋にやってきた拓郎とはベッドの上にあった謎の欠片を見つける。

一方、指名手配中の藤木を匿えば自分たちも捕まるのではないかとおびえる外国人たちをモーが説得してくれ、藤木は外国人たちを助ける代わりに都波と会う協力をしてもらう。

必要な薬を後輩の長谷川(桐山照史)に送ってもらった藤木。そんな時、廃墟に烏丸(前田敦子)がやってくる。藤木を訪ねてきたという烏丸に今回の事件で恨んでいる藤木をバイオネオに所属する烏丸がなぜ訪ねてきたのかと疑う。藤木に妙子の部屋にあったカセットを渡した烏丸は藤木の無実を私だけは信じる、とほほ笑む。

研究者の佐々木(安田顕)をつけていた拓郎だったが、気づかれてしまい待ち伏せしていた佐々木から邪魔をするなと釘を刺されてしまう。

シンポジウム当日、都波に会いに行くため変装して藤木は会場へ向かう。途中で出会った外国人労働者からチュンヤンがまた倒れたことを聞いた藤木は団地へ引き返す。

目的を果たせと藤木を追い返そうとするモーに誰かの好きな人を救いたい、と妙子を失った悲しみを説明した藤木はチュンヤンの手術を始める。

長谷川に用意してもらった医療器具を使って手術を成功させ、バイクに乗って会場へ向かった。

 

現れない藤木

シンポジウムが終了し藤木が現れなかったことから美香子は藤木へ直接電話を掛けようとする。しかし、知らない番号から電話がかかり出てみると藤木だった。

携帯を取り上げられたと話す藤木の話を聞いて今まで拓郎と一緒に調査をしている様子などを逐一メールしていた美香子は一体だれが返信していたのかと疑問に思う。

そして藤木の「助けてほしい」という言葉を聞いてやる気になるのだった。

公式サイト YouTube gyao Tver

6話動画ネタバレ

都波と会えず引き返した藤木

都波(酒向芳)に会いに行った藤木(成田凌)だったが、美香子(森七菜)と拓郎(松岡昌宏)が一緒にいると知ってモー(中村蒼)たちが暮らす廃団地に引き返す。

一方、烏丸(前田敦子)を追っていれば藤木にたどり着くと考えた拓郎は烏丸を尾行することを決意。その時、左肩に違和感を覚えるのだった。

 

妙子のカセットテープの謎

烏丸からもらった妙子(桜庭ななみ)のカセットテープの曲にある「Fの文字」という部分が気になる藤木は廃団地にやってきた烏丸に直接尋ねる。烏丸は複製したカセットを藤木に手渡していた。藤木の質問をはぐらかす烏丸を藤木は疑い始める。

一方、烏丸を尾行していた拓郎と美香子、都波は廃団地に侵入するが外国人労働者たちに拘束されてしまう。美香子が藤木に情報を流しており、拘束された2人の前に藤木が現れる。

妙子のことについて都波に尋ねるが、都波は何も知らないと謝る。しかし、バイオネオとの関係がよくなかったとの情報は得られた。

落ち込む藤木に美香子は治療してもらった腕を見てもらいながら拓郎はバイオネオを疑っており藤木も仲間だと思われていることを告げる。

何とか拓郎を説得する藤木はかつて妙子の研究を酔ったはずみで誰かにしゃべってしまったと告白する。研究結果が誰かに伝わり、それが原因で妙子が殺されたかもしれないと懺悔する藤木だったが、拓郎は納得しなかった。

一方、モーが妙子のカセットテープを解析し、入っていたデータを発見する。都波にデータを見せようとしたときに拓郎が割って入る。2人きりになった藤木と拓郎はカセットテープから妙子の研究結果が発見されたことを説明し、それを餌にして犯人を見つけるため協力しようと説得する。それでも納得しない拓郎は藤木を殺そうと窓から藤木を吊るすが美香子に説得され、藤木を殺すことをあきらめる。

そんな時に外国人労働者たちが住む棟とは別の棟に住む日本人ホームレスが外国人に襲いかかる。止めに入った拓郎も襲撃されるが、その時藤木は拓郎がけがを隠していることに気付く。

そんな中、妙子のデータを解析していた都波だったが、突然侵入してきた佐々木(安田顕)の部下・幹こずえ(堺小春)にデータを奪われてしまう。

 

拓郎との和解

外で乱闘が続く中、藤木の治療を断る拓郎を何とか説得し藤木は拓郎の手術を始める。激痛に耐えながらなんとか治療は無事終わる。不器用ながらも拓路は藤木に感謝した。そんな時、外の乱闘現場に警察が到着し、藤木に緊張が走る。

一方、盗んだデータを佐々木に手渡す幹。データが手に入り眠る妙子の体は必要なくなったと佐々木は妙子の処分を検討し始め…。

公式サイト YouTube gyao Tver

7話動画ネタバレ

廃団地からの脱出

廃団地でモー(中村蒼)たち外国人労働者とホームレスの日本人たちが騒ぎを起こす。駆けつけた警察官に敵対した外国人労働者を見て警察は応援を要請。データが何者かに盗まれたことも判明し、藤木(成田凌)と拓郎(松岡昌宏)は団地から脱出する方法を考える。

しかし、ホームレスのノム(六平直政)ともみ合いになり藤木は鉄骨が腹に刺さってしまう。

 

自分の手術をする藤木

拓郎は刑事の筋川(和田聰宏)から時間稼ぎの方法を聞き出す。自分の手術をすることになった藤木は美香子(森七菜)の助けを借りて麻酔をかける。

そんな中、拓郎から立てこもり犯を演じることを依頼された美香子は藤木のためにノリノリで演じる。美香子が何とか時間稼ぎをしている中、藤木は痛みに耐えて手術をする。

藤木の手術を手伝うことで一致団結したホームレスと外国人労働者たちは無事手術を終える。

一方、研究データ「DDSη」を手に入れた幹(堺小春)は妙子(桜庭ななみ)を処分しようとするが佐々木(安田顕)からデータが不完全だったと聞かされる。そこに居合わせた烏丸(前田敦子)は佐々木に妙子の体の有効活用を提案する。

廃団地では拓郎が自衛隊時代の後輩・今野(山根和馬)を呼び出し、全員を脱出させようと画策する。全員での脱出は難しいと判断したモーは藤木達だけで逃げるよう言うが、藤木はそれを拒否する。

そこに突入してきた警官を見てホームレスと外国人労働者たちはおとりになって藤木達の脱出を助ける。

仲間の犠牲に涙する藤木たちは脱出用の車に乗り込み都波を探しに向かう。

一方、廃団地を抜け出した都波(酒向芳)は長谷川(桐山照史)と会っていた。都波の自宅に来た都波は長谷川に今までの経緯を話す。それを聞いた長谷川は自分のパソコンにある「DDSη」のデータを見せる。妙子から預かっていたという長谷川は都波が担当した部分のみ削除されていると指摘しデータはどこにあるのかと聞く。

しかし、団地でデータに細工していた都波は長谷川のデータは団地から持ち出されたものだと指摘する。佐々木とつながっていることを白状した長谷川は、データはどこにあるのかと都波につかみかかり、彼を拘束。佐々木に指示された幹と共に都波の部屋を探すがデータはどこにも見当たらない。データは研究室にあると判断した幹は都波の部屋を燃やす。

 

都波を救出した藤木達だったが…

都波の家にやってきた藤木達は部屋の中で倒れている都波を発見し保護する。満身創痍の都波を病院に運ぶ途中、間に合わないと藤木は車内で手術を行おうとするが、何かを告げようとする都波に阻まれる。

都波は隠し持っていたカセットを手渡し、残りのデータについて藤木に言い残すと息を引き取った。

情報を引き出すために手を止めてしまったから都波は死んだのだと藤木は自分を責める。

公式サイト YouTube gyao Tver

8話動画ネタバレ

都波の死にショックを受ける藤木

都波(酒向芳)は死に、さらに筋川(和田聰宏)の自宅で妙子(桜庭ななみ)の遺骨と会った藤木(成田凌)は自分を責める。

都波の最後の言葉「マメノサカ」の意味を調べる美香子(森七菜)と拓郎(松岡昌宏)だったが手掛かりがない。

佐々木(安田顕)を調べるため、裏で繋がっていると思われる長谷川(桐山照史)から情報を聞き出すべく長谷川の妻・浩子(大後寿々花)に会いに行く藤川だったが、自宅には帰ってはおらず浩子も何も知らない様子だった。

 

都波のデータを見つけた3人は…

そんな中、美香子が「マメノサカ」の意味を突き止める。古書店の名前だと判明し店に向かった3人は都波が取り置きしていた本から「DDSη(イータ)」の研究データと研究日誌を手に入れる。

一方、佐々木からデータ奪取の失敗を責められていた長谷川は何とかして佐々木と手を切ろうとしていた。だが、浩子の病気の治療のためには佐々木の力が不可欠ということで佐々木に脅されてしまう。

カセットテープの妙子のデータを復元し、藤木は妙子の遺言である「都波さんと合わせて…」という言葉から妙子と都波の研究結果を合わせて研究結果を完全なものにする。

研究日誌を読んでいた美香子は「被験者」という言葉に気づく。それを見た藤木は自分が一昨日に受けた手術を思い出し、主治医の富樫(福田悠太)に会いに行く。何かを隠している富樫に「DDSη」を自分は投与されたと仮定し、データと自分の体の検証をすることで完全な研究結果になると佐々木に思わせる計画を思いつく。

長谷川に会いに行った藤木たちは佐々木に会おうと交渉するが、浩子の難病を告白される。データを奪おうと長谷川ともみ合いになっている時、突然浩子が倒れてしまう。

焦った長谷川は佐々木に連絡し浩子の手術を依頼しようとするが、浩子は拒否し藤木に手術を依頼する。

大がかりな手術に準備が整った場所でないと、と手術をためらう藤木。都波を亡くしてから人の命よりも犯人を探し出したいという気持ちが大きくなっている自分を止められなくなっていた。それを知った美香子に一喝され医師として大切にしていた気持ちを思い出した藤木は大学に潜入し、手術を開始する。その場面を烏丸(前田敦子)の放ったスパイが目撃していた。

 

妙子は生きている

長谷川の力を借りて浩子と胎児の命を救った藤木は病院を逃げ出す。そこに駆け付けた烏丸の車に乗せられ、ある場所へと向かう藤木たちは車内で烏丸から妙子は生きている、と真実を告げられるのだった。

公式サイト YouTube gyao Tver

9話動画ネタバレ

妙子が生きていると知った藤木

烏丸(前田敦子)から妙子(桜庭ななみ)が生きていると聞かされ、藤木(成田凌)と拓郎(松岡昌宏)、そして美香子(森七菜)は動揺する。

佐々木(安田顕)の元にいる妙子を救うには「DDSη(イータ)」と佐々木の開発した「ガイスト」という薬を併用するしかない、と烏丸から聞いた藤木。

「ガイスト」の副作用で被験者が死に至ることで妙子と佐々木が揉めていたことも判明。

混乱する藤木を落ち着かせるために拓郎は筋川(和田聰宏)のアパートへと連れていく。

 

妙子を救うために

長谷川(桐山照史)をアパートに呼び出した藤木は皆で作戦を練る。長谷川は都波(酒向芳)殺害の罪で筋川とともに自首することになり、藤木は明日の朝、佐々木に正面から会いに行くことを決意する。

翌日、烏丸の手引きでバイオネオに潜入した藤木は佐々木と対面。「DDSη」と引き換えに「ガイスト」を提供することを持ち掛ける藤木は、副作用を無毒化する方法である第3のデータ、つまり自分の体内で起きた無毒化の理由があってこそ実験は完成すると佐々木を揺さぶる。その結果、バイオネオの中で妙子の治療を行うという条件で「ガイスト」の提供が認められた。

妙子の治療の準備を待つ間、3つ目のデータは自分の血液だと気づいた藤木は何とかして妙子に自分の血液を輸血する方法を考える。

一方、逮捕された長谷川のもとに幹(堺小春)が面会にやってくる。一瞬の隙をついて長谷川の首に薬を打ち込んだ幹は長谷川の口封じをするためにやってきたのだった。

薬が効き、長谷川は妻と子供のことを考えながら死亡する。

妙子の治療が始まり、外で待機する拓郎たちは「ガイスト」が投与され次第、突入するために準備を始める。

眠る妙子と対面した藤木は佐々木から第3のデータの提供を指示される。佐々木は「DDSη」と「ガイスト」の被験者が藤木だと気づいていた。輸血が必要だと判明してしまい、「ガイスト」の提供がまだのまま輸血が始まる。ようやく2つの薬の投与が始まり、拓郎たちも潜入を開始する。

 

佐々木の罠

妙子の体内に薬を投与し終え藤木は妙子を連れ帰ろうとするが、佐々木に麻酔を打たれてしまう。烏丸も裏切っていたことがばれ、追い詰められてしまうがそこに拓郎たちが侵入し佐々木を返り討ちにする。

妙子を助け出した一同はバイオネオから逃げ出すことに成功するのだった。

公式サイト YouTube gyao Tver

10話動画ネタバレ

妙子を奪還した藤木

妙子(桜庭ななみ)をバイオネオから奪還した藤木(成田凌)たち。目を覚まさない妙子を見守りながら佐々木(安田顕)の追手から逃げるために相談を始める。

一方、筋川(和田聰宏)から長谷川(桐山照史)が死んだと連絡が入る。長谷川の妻・浩子(大後寿々花)に会いに行った美香子(森七菜)と筋川(和田聰宏)は長谷川が隠していたUSBを発見する。

 

佐々木との最終対決

USBの中身は佐々木が行った違法な臨床試験の内容だった。データを確信していた時、突然妙子が目覚める。喜びをかみしめる藤木と拓郎(松岡昌宏)。

一方、留置所内で長谷川を殺したことで警察や政府から見放された佐々木は幹(堺小春)に「DDSη(イータ)」と「ガイスト」、そして藤木の血液サンプルを守るよう伝える。

妙子から屋上から飛び降りた日のことを聞いた藤木は無断でガイストを投与し、結果的に事件に巻き込むことになってしまったことを謝罪される。

2週間が経過し、幹は逮捕され佐々木は指名手配されていた。事件について説明するために出頭する決意をした藤木だったが、佐々木から連絡が入る。追い詰められた佐々木に脅されて直接対決のために拓郎と指定の場所へ向かった藤木。

佐々木はガイストを待っている患者のため薬を完成させるべく協力してほしいと藤木に頼み込むが藤木はそれを拒否する。藤木は佐々木の誰かの生死を操作したいという根源的欲求を卑しいと否定する。藤木の答えを聞き、ガイストとともに消えるという佐々木は「すべて君の責任だ」と藤木に言い残い、飛び降りてしまう。

重症の佐々木を見て藤木は佐々木を助けることを決意。病院に向かい待ち構えていた警察を説得し、手術を始める。

一方、佐々木が持っていたDDSηとガイスト、そして藤木の血液サンプルを奪った烏丸(前田敦子)は自室の荷物を運び出し、逃亡の準備を行っていた。

手術が終わった藤木は駆け付けた妙子と別れを告げ、出頭していく。

 

半年後

半年後、海外で災害ボランティアをすることになった拓郎と筋川を見送る妙子と美香子、そして藤木。

烏丸はDDSηとガイスト、そして血液サンプルを法外な値段で売りつけていた。

DDSηとガイストを揃って投与された藤木と妙子には楽しい記憶だけが思い出せなくなるという副作用が現れ始めていた。

美香子は藤木の記憶から自分との逃亡生活が忘れられていないことにショックを受けつつ、自分との思い出のある一部分だけ忘れている藤木を見て少しうれしくなるのだった。

公式サイト YouTube gyao Tver

逃亡医Fキャスト情報

藤木圭介(成田凌)

帝都医科大学付属病院の脳外科医。同僚で恋人の女性医師に対する殺人未遂容疑で指名手配中。

成田 凌

1993年11月22日、埼玉県出身。高校卒業してから芸能界に入る前までは日本美容専門学校に通い、美容師免許を取得。美容室で働く前に芸能界入りした為、実際に店に立ったことはない。

ウィキペディア

出演作品

逃げるは恥だが役に立つ
大貧乏
人は見た目が100パーセント
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season
民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜
わろてんか
おちょやん
アリバイ崩し承ります
アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋

沢井美香子(森七菜)

藤木が潜伏する海洋観測船「第一海風丸」に乗る駆け出しの海洋観測士。

森 七菜

2001年8月31日、大分県出身。2016年、中学3年生だった夏休みに、大分市内で家族と食事をしていた際、アーブルのマネージャーにスカウトされた。

ウィキペディア

出演作品

先に生まれただけの僕
獣になれない私たち
3年A組-今から皆さんは、人質です-
ニッポンノワール-刑事Yの反乱-
SUITS/スーツ Season2

エール
あのコの夢を見たんです。
この恋あたためますか

長谷川輝彦(桐山照史)

帝都医大の脳外科医で藤木の後輩。

桐山 照史

1989年8月31日、大阪府東大阪市出身。男性アイドルグループ・ジャニーズWESTのメンバー。

ウィキペディア

出演作品

ごくせん 第3シリーズ
流れ星
鍵のかかった部屋
頭に来てもアホとは戦うな
ゲキカラドウ
流れ星

八神妙子(桜庭ななみ)

八神拓郎の妹で藤木圭介の恋人。帝都医大・研究医だった。

桜庭 ななみ

1992年10月17日、鹿児島県出身。2020年後期放送のNHK連続テレビ小説『スカーレット』に戸田恵梨香演じるヒロイン・喜美子の妹・直子役で出演(連続テレビ小説初出演)。

ウィキペディア

出演作品

医龍 Team Medical Dragon3
二十四の瞳
スカーレット
ホーム・ノット・アローン
13

幹こずえ(堺小春)

『バイオネオ』で佐々木に心酔する研究員。

堺 小春

1994年3月10日、東京都出身。父方の祖父は喜劇役者の堺駿二、母方の祖父はタレントのE・H・エリック、父はタレントの堺正章、母はタレントの岡田美里。

ウィキペディア

出演作品

夏雲あがれ
いつまでも白い羽根
いだてん〜東京オリムピック噺〜
この恋あたためますか
プロミス・シンデレラ

野末考正(古屋 呂敏)

刑事であり、筋川の相棒。

古屋呂敏

1990年6月2日、京都府出身。2019年からは呂敏(ろびん)名義でも活動している。日本人の母とハワイ出身の日系アメリカ人三世の父を持つ日本人。

ウィキペディア

出演作品

黒蜥蜴
シャーロック
ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜
家政夫のミタゾノ
仮面ライダーセイバー
らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜 

筋川二平(和田聰宏)

妙子の死の謎を追う刑事。

和田 聰宏

1977年3月25日、福島県岩瀬郡天栄村出身。2004年、連続ドラマ初出演作のフジテレビ系ドラマ『東京湾景』で、仲間由紀恵の恋人役に選ばれ、注目される。

ウィキペディア

出演作品

下町ロケット
グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜
コンフィデンスマンJP 
あなたの番です
おしい刑事
知らなくていいコト
私たちはどうかしている
警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜
顔だけ先生

都波健吾(酒向芳)

帝都医大で妙子と新薬の共同研究をしていた大学教授。

酒向 芳

1958年11月15日、岐阜県出身。役者のみで食えるようになったのは50歳になってからだといい、2018年の『検察側の罪人』での怪演で脚光を浴びる。

ウィキペディア

出演作品

軍師官兵衛
青天を衝け
梅ちゃん先生
花子とアン
まれ
ひよっこ
半分、青い。
イノセンス 冤罪弁護士
おいしい給食
絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜
美食探偵 明智五郎
MIU404
最愛

烏丸京子(前田敦子)

バイオベンチャー企業『バイオネオ』に所属するキャリアウーマン。

前田 敦子

1991年7月10日、千葉県市川市出身。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバー。元夫は俳優の勝地涼。

ウィキペディア

出演作品

花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011
毒島ゆり子のせきらら日記
民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜
コンフィデンスマンJP 
リモートで殺される
バイプレイヤーズ 〜名脇役の森の100日間〜
イチケイのカラス
東京放置食堂

佐々木世志郎(安田顕)

藤木の恋人と共同で脳の再生に関する研究を行っていた世界的な薬品開発研究者。

安田顕

1973年12月8日 、北海道室蘭市絵鞆地区出身。愛称は「ヤスケン」、「ケンちゃん」。

ウィキペディア

出演作品

下町ロケット
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
重版出来!
嘘の戦争
小さな巨人
正義のセ
白衣の戦士!
俺の話は長い
アリバイ崩し承ります
誰も知らない明石家さんま「笑顔に会いに行く道」
きよしこ
ドラゴン桜 第2シリーズ 
らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜

八神拓郎(松岡昌宏)

元自衛官であり、藤木に殺されたと見られる女性の兄。

松岡 昌宏

1977年1月11日、北海道札幌市出身。バンド形態のアイドルグループ・TOKIOのメンバー(ドラム担当)。所属芸能事務所は株式会社TOKIO(前所属事務所はジャニーズ事務所)で、同事務所の取締役副社長・広報担当。

ウィキペディア

出演作品

サイコメトラーEIJI
ナースのお仕事2
ナースマン
マンハッタンラブストーリー
必殺仕事人
怪物くん
家政夫のミタゾノ
大恋愛〜僕を忘れる君と
死役所
サムライカアサン

逃亡医F動画期待する見どころ

ドラマ「逃亡医F」見どころをまとめました。

謎が多いドラマに期待!

逃亡劇と医療が合わさった物語で、なかなかない組み合わせであると思うのでどのように展開していくのか楽しみです。また、成田凌さんが番宣でご本人もストーリー展開を教えてもらっておらず、「逃亡医F」の”F”の意味すら知らないとおっしゃっていたので、本当に謎が多いドラマなんだなと思いました。また、主演の成田凌さんをはじめ、森七菜さんや松岡昌宏さん、安田顕さんなど演技派で豪華なキャスト陣の織り成す展開に注目したいと思います。

愛する人を殺された哀しみと憎しみを抱えた復讐への執念が見どころ!

殺人犯の濡れ衣を着せられ、容疑者として指名手配されてしまった、天才外科医・藤木圭介のハラハラするような逃亡劇と、真犯人は誰なのか?という謎解きを軸に、藤木の医師として放っておけない目の前の怪我人を救う鮮やかな手腕と、愛する人を殺された哀しみと憎しみを抱えた復讐への執念が見どころ。警察以外にも、恨みの炎を燃やす恋人の兄、そして見えない敵が藤木をどこまでも追ってくる。藤木は患者を助け、復讐する真犯人をみつけ、最後まで逃げ切れるのだろうか?

ヒューマンドラマとしても楽しめる展開が多く目が離せない!

医療、サスペンス、アクションと、ドラマツルギーの中でも惹かれる人が極めて多いジャンルが見事に融合したドラマです。また、ヒューマンドラマとしても楽しめる展開が盛り込まれており、とても目が離せません。そして、これまでに幅広い役柄を難なくこなしてきた紛れもない実力派俳優の成田凌さんが本作で主演を務めるというところも見どころとして挙げられます。彼演じる天才外科医に降り掛かる手に汗握るハラハラ感がクセになること間違いなしです。

今までにないスリリングな展開に期待

天才医師・藤木圭介は、恋人を殺した疑いから指名手配となってしまいます。
濡れ衣を晴らし、恋人を殺した犯人に復讐をするため逃亡する藤木ですが、
そんな中でも医師としての信念から、リスクを負いつつも目の前の患者を救い続けるのでした。
無実の罪で逃亡する主人公のドラマは多くあると思うのですが、逃亡中の医療環境の整ってない中で手術もしてしまうのは、
今までにないストーリーでスリリングな展開が期待できそうですよね。
危険を顧みず、目の前の命に向き合う藤木の人物像もまた魅力的なので応援しながら楽しむ事ができそうです。

成田凌さんの複雑な役どころに期待

まず、見どころの一つといえば、成田凌さんが、プライムタイム連続ドラマ初出演、そして、天才外科医でありながらも、突然指名手配犯になってしまうという、医者でもあり、逃亡者でもある複雑な役どころです。そして、成田凌さんの演じる藤木圭介は、逃亡中でも患者が、自分の目の前にいたら、その場にあるものを使ってでも命を助けようとするので、患者を助けながら逃げ切れるのか、真犯人を見つけだせるのか、ストーリーの展開に注目です。

指名手配犯になってしまって、どのような日々を過ごすのかポイント

このドラマは成田凌さんが天才外科医を演じるのが楽しみです。そんな中いきなり指名手配犯になってしまうのが気になります。なぜそのようなことになったのか、過去にどんなことがあったのか見どころです。
また指名手配犯になってしまって、どのような日々を過ごすのかポイントです。逃げながら生活していく心境や、メンタルの変化など注目です。
さらに復讐をしようとするのも見どころです。どんな復讐をしていくのか気になるところです。

真実を追う主人公の行動が気になる!

天才外科医である主人公・藤木が恋人が殺されたという悲劇と共に容疑者とした指名手配されてしまうという展開に天才である藤木を容疑者にできるだけの証拠を残した真犯人がだれなのか、真実を追うために逃亡した藤木の解明していく経緯が見どころです。なぜ恋人は殺されたのか、そしてなぜ自ら真実を追及することを選んだのか。天才だからこその選択に目が離せないと感じ、また天才と対等に戦えるだけの真犯人は誰なのか、登場人物の言動に目が離せないと感じます。

成田凌さんの緊迫感のある演技に期待!

恋人を殺され濡れ衣で容疑者扱いにされてしまった天才脳外科医・藤木。逃亡中の藤木が不慮の事故に巻き込まれた女性を助けるのか、それとも警察から逃げることを選ぶのかどんな決断をくだすのかが序盤の見どころになりそうだなと踏んでいます。ドラマ「逃亡者」と似たストーリーではありますがどのようにリメイクして面白くしてくれているのかに注目したいです。かなり演技力を要される藤木役を演じる成田凌がどれだけ緊迫感を伝えてくれるのか見ものです。

楽しめる要素がたくさんあるのが楽しい

人気コミックが原作の医療ドラマの主役は成田凌さんです。藤木は腕の良い外科医ですが、恋人の妙子が殺され、濡れ衣を着せられ指名手配されてしまいます。藤木は犯人を突き止め復習するために逃亡しながら医師を必要としている人たちを助けていきます。松岡昌宏さん演じる妙子の兄の拓郎が鬼気迫ってくる中、緊急手術もあり、手に汗握る緊張の場面も多いと思います。医療ドラマとしてのリアルさと、人間の温かさや複雑さを描き、さらに大きな陰謀が渦巻くサスペンスの要素もあるので楽しめる要素がたくさんあるのが見どころです。

逃亡するしか選択肢がない圭介の結末が気になる

同じ医大で研究医として働く恋人・妙子を何者かに殺された上、その犯人が自分だと疑いを掛けられたために、海洋観測船に潜伏して真実を追求しようとする天才外科医の圭介が、警察からも妙子の兄からも行方を追われるなか、不慮の事故で腕に大ケガを追った海洋観測士の美香子を助けるべきなのか、葛藤するところが見どころだと思う。妙子はその天才的な腕で患者を助ける圭介が好きだったはずだし、かといって、助けている間に警察や妙子の兄に見つかってしまえば、真実にたどり着けない。逃亡するしか選択肢がない圭介の結末が気になる。

目の前の命を救う為に、どう活躍していくのか

このドラマでは、天才外科医である藤木圭介が目の前の命を救う為に、どう活躍していくのか見どころであると考えています。容疑者として指名手配されてしまい、どうなってしまうのか注目して観ていきたいです。愛する人を殺した真犯人を突き止めて復讐していくシーンは観ておきたい場面であると思いました。成田凌さんが医療ドラマでどんな演技力を発揮していくのか見どころであると考えています。今までに観たことがないような医療ドラマになることを期待しています。

逃げながらどうやって真相に近付いていくのか気になる

このドラマの見どころは如何にミステリアスの部分が出てくるかだと思っています。主人公の男が恋人を亡くしてしまった事で、自身が容疑者になってしまい逃亡していく事が、メインになっていくのですがどうやって逃亡していくのかと、逃げながら真相に近付いていき攻めるのかが鍵になるんじゃないのかなと思います。そしてもう一つの見どころは主人公の男が医者としての姿をどうやって見せていくのだと思っています。そして主人公を演じる成田凌さんにも期待したいです。

主人公はなぜ疑われるのか

恋人を殺したという濡れ衣を着せられた藤木医師が、疑われたのはどうしてなのでしょう。逃亡する中で、医療が必要な人に会い、人々を助けていく成田凌さん演じる藤木医師の腕前も見どころです。海洋観測船に乗る経緯は森七菜さん演じる沢井が藤木を助けたのでしょうか。被害者の兄で藤木を追い続ける松岡さん演じる八神との攻防戦が見られるのか、恋人を殺した犯人がわかり濡れ衣をはらすことができるのか見ものです。有名なバイオベンチャーに所属する安田顕さん演じる佐々木と藤木の恋人との関係がきになります。

三重苦からどうやってぬけ出していくのか

タイトルの如く逃亡する医者が主人公だが、彼の置かれている状況はまさに絶体絶命のようなものです。追いかけてくるのは妹を殺したと思い込んでいる松岡であり、犯人を摘発したい警察です。こんな状況下でも、彼が天才的な手術を施さなければならない状態に追い込まれます。まさに三重苦のようなものでしょうか。そこからどうやってぬけ出していくのかがこのドラマの一番の見どころでしょう。ハラハラドキドキしながら成田を応援したい。

逃亡医F初恋動画まとめ

ドラマ「逃亡医F」はHuluで見逃し配信中です。

初回2週間無料でお試しできます!

ぜひお試しください!

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA