【公式見逃し動画】ようこそ、わが家へ動画配信サイト紹介!

相葉雅紀さんのドラマ「ようこそ、わが家へ」。見逃してしまったという方に1話から最終回まで見逃し配信している動画サービスを紹介します。

\30日間無料/

TSUTAYAディスカス

ようこそ、わが家へ公式情報

公式サイト 公式サイト
ウィキペディア ウィキペディア
キャスト情報 相葉雅紀/沢尻エリカ/有村架純/佐藤二朗/山口紗弥加/眞島秀和/堀内敬子/足立梨花/藤井流星/竹中直人/南果歩/寺尾聰
スタッフ 原作:池井戸潤

ようこそ、わが家へ動画見逃し配信サービス

動画サービス 見逃し配信状況

 

TSUTAYATVディスカス

「ようこそ、わが家へ」ですが、見逃し配信している動画サービスはTSUTAYATVディスカスです!

初回30日間無料でお試しできます!!

\30日間無料/

TSUTAYAディスカス

無料お試しプランの特徴!

・旧作は動画見放題!

・CDやDVDは新作以外借り放題!

・ネットで注文後、自宅に届き、返却はポストでOK!

・延滞金はかかりません

\30日間無料/

TSUTAYAディスカス

さらにキャストの作品もすべて見放題です!

・貴族探偵

・三毛猫ホームズの推理

・ぼくらの勇気 未満都市 2017

・MIRCLEデビクロくんの恋の魔法

・ヘルタースケルター

・新宿スワン

・ファースト・クラス

・タイヨウの歌(TV版)

・1リットルの涙

・僕だけがいない街

・ストロボ・エッジ

SPECシリーズ

失恋ショコラティエ

他の動画配信サービスでは見れない作品が見放題できるのがTSUTAYATVディスカスの魅力です

\30日間無料/

TSUTAYAディスカス

ようこそ、わが家へ再放送情報

「ようこそ、わが家へ」は、現在再放送の予定はありません。

ようこそ、わが家へ動画あらすじ

1話動画あらすじ

とある郊外の一軒家には長男の倉田健太(相葉雅紀)、父親の太一(寺尾聰)、長女の七菜(有村架純)、母親の珪子(南果歩)の家族4人が暮らしていた。平凡な家族の日々は、突然終わりを告げる。ある日の朝、家の花壇の花がすべて引き抜かれていた。そんな中、太一は会社で不正の疑惑を見つける。

2話動画あらすじ

ポストに傷つけられた猫が入れられ、不気味なFAXを自宅に送りつけられた健太(相葉雅紀)は、警察に通報する。やってきた警官に父の太一(寺尾聰)は、家に届いたFAXから犯人を突き止められないかと頼んだ。健太は、偶然知り合った記者・神取明日香(沢尻エリカ)に会うため、勤めている出版社へ行き、自宅に起こった不可解な出来事を話すのだった。

3話動画あらすじ

倉田家の自動車が深夜、何者かに傷つけられ、健太(相葉雅紀)は、神取明日香(沢尻エリカ)と、自宅に取り付けておいた防犯カメラの映像を検証する。すると、自動車に近寄る人物が映っており、カメラの存在を知っていたかのように体を隠している。さらに、映像を見ていると、明け方に不審な車が倉田家の前に停まっていたことも判明した。

4話動画あらすじ

相次ぐ嫌がらせに悩む倉田家。さらに、全員が留守の間に、何者かが家の中に忍び込み、飼い猫の首輪に「おじゃましました」というメモが巻かれていた。健太(相葉雅紀)は、防犯カメラの映像を確認するも、何者かが忍び込む姿はどこにも写っていなかった。健太は神取明日香(沢尻エリカ)に、そのことを話し、あることに気づく。ストーカーは、家に誰もいないことを知っていたのではないだろうか。家の中に、盗聴器が仕掛けられているのではないだろうか。

5話動画あらすじ

倉田家で、また金が盗まれる。リビングに仕掛けた防犯カメラの映像から健太(相葉雅紀)は、意外な犯人に驚く。そして、その人物と話した健太は、何者かに脅されての行動だったことを聞かされた。そんな時、神取明日香(沢尻エリカ)が、誰かに階段で突き飛ばされて落下した…。

6話動画あらすじ

神取明日香(沢尻エリカ)とともに手がかりを探す倉田健太(相葉雅紀)へ、タクシー会社から、当日、倉田家付近で怪しい人物を乗せたと情報が入る。健太たちは、その人物が降車した場所へ行くと見覚えのある人物を発見、それは七菜(有村架純)の元カレ、辻本正輝(藤井流星)だった。健太と明日香は、倉田家への嫌がらせと七菜へのストーカー行為をやめるよう辻本に詰め寄るが、辻本は意外なことを健太に告げた。

7話動画あらすじ

健太(相葉雅紀)は、家に仕掛けられた盗聴器を逆に利用し、家族全員の留守を装ってストーカーをおびき出し、顔を確認しようと考えた。当日。健太が七菜(有村架純)と身を潜ませていると、ストーカーが現れるが、健太たちは気づかれてしまう。そして、逃げるストーカーを追う健太は刺され、様子を見に来た神取明日香(沢尻エリカ)の通報で、健太は病院に搬送。ストーカーは逃走してしまった。

8話動画あらすじ

倉田家では、健太(相葉雅紀)の退院祝いが行われる。パーティーには神取明日香(沢尻エリカ)も参加した。しかし、刑事の枚方(乃木涼介)と尾村(俵山峻)が来て、住居侵入と窃盗の容疑で、珪子(南果歩)を警察署で取り調べると告げる。明日香の機転で珪子の警察への出頭は回避され、取り調べは自宅で行われることとなった。倉田家周辺の所轄管内で空き巣被害が連続しており、狙われた中嶋家には、珪子の指紋がついたペットボトルと波戸清治(眞島秀和)からもらったブローチが落ちていたということだった。

9話ドラマあらすじ

倉田健太(相葉雅紀)は、下村民子(堀内敬子)が危険な人物であることを伝えようと珪子(南果歩)に電話するが、珪子は民子と一緒にいると言い、通話は切れてしまう。健太が急いで自宅に戻ると、民子に殴られた珪子がリビングに倒れており、室内には灯油がまかれていた。健太が珪子に駆け寄ると、目の前に火のついたライターを突きつけられる。

10話動画あらすじ

ようこそ、わが家へ動画見どころ

相葉さんの演技が素晴らしい!

このドラマでは、相葉雅紀さん演じる倉田の活躍があり、演技力が素晴らしく見どころだと思いました。主人公であり倉田が、仕事の帰りに出くわした出来事で割り込み乗車をしようとした男を注意したことがきっかけとなり、身の回りで様々な嫌がらせが起こってしまったシーンからが見どころだと思いました。割り込み乗車を注意していなければ嫌がらせなどは起きなかったのか疑問に感じましたが、一つの注意が大きな被害になってしまったと思いました。池井戸さんの作品であることもあり、とても面白い企業ドラマでした。

人間の心の機微が細かく描かれた見応えのあるドラマ

月9の作品としては大変意外な、おどろおどろしいサスペンスドラマです。起きた事件は一つだけなはずなのに、問題が解決しないまま次から次と新たな危険な出来事が登場するため、気が休まらない緊迫感。犯人が一体誰なのかは容易には推理しがたく、サスペンスやミステリーが好きな人には満足の出来るストーリーかと思います。その一方で、どんなに辛い目に遭っても倉田家がバラバラになることはなく、その姿には感動に近い感覚も。犯人をはじめとする人間の心の機微が細かく描かれた見応えのあるドラマです。

原作がしっかりしている本格サスペンス

月9でありながら本格サスペンスが見れたのが良かったです。原作がしっかりしているだけあって、それぞれのキャラクターや伏線が見事に配置されており、緊張感のあるシーンも要所要所にあることで締まりのあるドラマでした。
ストーカーが誰なのか、分からないまま日常的に接している誰かがその犯人かもしれないという緊迫感が漂っていました。月9の概念がいい意味で壊されたドラマでサスペンスが好きな人ならきっと惹かれると思います。

単純な事件ではなく、複雑に絡み合うところが面白い

最初は電車の割り込みを健太から注意されたことを恨み、男が逆恨みし、健太たち家族に嫌がらせをしていっているのかと思いきや、それだけではない色々な人物がこの事件に関わってきます。健太と同様に臆病者なお父さん。最初はこんな総務部長嫌だなと思っていましたが、西沢さんと真瀬さんの不正を暴こうと奮闘している姿がとてもカッコいいし、最後の最後には真瀬さんの天狗になった鼻をへし折り、ギャフンと言わせるところにスカッとします。

この作品の見どころは、倉田健太が駅のホームで割り込み乗車をした男に注意をして、自宅まで、つきまとわれてしまったが、果たして倉田家で起こされる一連の嫌がらせは、全部その男のしわざなのか。そして数々の嫌がらせを受けながら健太や明日香が犯人は一体誰なのか、真実に迫っていくところです。かなり、スリリングでハラハラドキドキな展開には目を離せなくなってしまうほどですし、倉田家が最後、どうなってしまうかも必見です。

シリアスな雰囲気だけじゃなくて、倉田家のほのぼのとした笑いが楽しい

倉田家に嫌がらせをしてくるストーカーがいったい誰なのかと言うミステリーがおもしろく、なかなか犯人が分からなくて一体だれなの?とずっと悩んでしまったし新たな犯人候補が出てくるたびに惑わされました。一話ごとに変わる展開には目が離せないです。そういったミステリー要素も見どころですし、ミステリー独特のシリアスな雰囲気だけじゃなくて、倉田家のほのぼのとした笑いが楽しくて、それぞれの個性的な登場人物も見どころのひとつです。

倉田家に嫌がらせをする犯人が誰なのかと探っていくところが一番の見どころだと思います。毎回犯人らしき怪しい人物が登場し、視聴者も予想しながら観れるところが良いと思います。倉田家への嫌がらせは健太が犯人を探っている途中でも何度も起こり、観ている側もハラハラします。目を覆いたくなるようなスリリングな部分も見どころだと思います。また、倉田家の家族それぞれの仕事や恋愛、趣味に関わる人間関係が複雑で面白いです。

健太が犯人を捕まえようと奮闘する姿がかっこいい!

このドラマは健太の家に、イタズラをされてしまうのが怖かったです。健太は誰なのか調べようと、カメラをつけたり対策していたのが印象的です。家族みんなも怖い日々を過ごしていたのがハラハラしました。家の中まで犯人が入って来ているかもなのは複雑です。
そして犯人がカメラに映っていたのはヒヤヒヤしました。かなり大胆に動いていくのがびっくりです。なんとか健太は犯人を突き止めようと、必死なところが健太らしかったです。

毎回見ていてハラハラドキドキが止まらない展開

『ようこそ、わが家へ』は、毎回見ていてハラハラドキドキが止まらない展開で、一度見始めたら止まらない今話題の月9ドラマです。原作は人気ドラマ『半沢直樹』の作者でもある池井戸潤さんによって書かれた小説で、今後のストーリー展開にも期待が持てます。また、主人公を演じるのは嵐の相葉雅紀さんという大物俳優なだけでなく、その周囲のキャストも豪華な女優・俳優陣がズラッと勢揃いしているのもこのドラマの見どころです。

見どころはラストまで犯人がわからないことです。常に恐怖感があってハラハラドキドキです。私たちも、人に対して何か厳しいことを言ったりすることで、怨まれたりすることがありますが、人によっては考えられないようなことが起こるので気をつけたいと思います。相葉雅紀さんはとても好青年の役でしたので、つい可哀想になりましたが、最後のどんでん返しでほっとすることができて良かったです。キャストも魅力的な人ばかりで飽きませんでした。

相葉雅紀さんが演じるライターには有村架純さん演じる妹がいるのですが、その妹がストーカー行為にあい、家族もさまざまな問題に巻き込まれていくというストーリーです。ストーカーが家にはいっているのでないかというところではとても緊迫した感じになっているので、見ていてとてもハラハラします。また、食事を家族団らんで囲んでいる温かい感じとは裏腹に、家族それぞれが問題を抱えているのが深く描かれていてとてもおもしろいです。

出演者がとにかく豪華で見応えある

半沢直樹ブームの頃に、月9の池井戸作品とのことで話題になりました。
出演者がとにかく豪華です。相葉正樹をはじめ沢尻エリカや有村架純、個人的には南果歩の少しマヌケなお母さん役がすごく良かったです。
え?こんなことも?と、知らず知らずのうちに誰かに恨まれていることはあるのではないか?そんなことを気づかせてくれるドラマになってます。サスペンス、ミステリー要素の中に、クスッと笑えるような場面もすごく多いです。

現実世界にも起こりそうなリアルな恐怖感

普通の日常を送っていた家庭が突然恐怖に巻き込まれるということで、もしかしたら現実世界にも起こりそうなリアルな恐怖感がこのドラマの見どころとなっています。犯人の予想を立ててもエピソードが終わるたびにまた違う犯人を考察したり、全然予想ができない展開が連続します。普通サスペンスだとどこかで落ち着くパートがあるはずですが、このドラマは終始緊張感に溢れていて、常に集中して見ていないと内容を見落としてしまう作品です。

謎解きだけでなく、家族の絆を深めていくところ

相葉さん演じる青年の視点を主としたサスペンスものです。最終回までの流れの中に舞台は二つあって、相葉さん扮する健太らが過ごす倉田家と、健太の父・太一の勤務先であるナカノ電子部品です。健太が巻き込まれたトラブルを発端に倉田家に対する嫌がらせ行為が連続します。一方、太一は出向先となった会社で不正行為が常態化しているのではとの疑いを抱きます。会社の不正をいかに白日の下にするのか、倉田家に嫌がらせする犯人は誰なのか、謎解きと並行して家族が絆を深める過程にも是非注目してほしいです。

ようこそ、わが家へ動画まとめ

「ようこそ、わが家へ」動画配信サービスはTSUTAYAディスカスだけ!

初回無料なのでぜひお試しください!

\30日間無料/

TSUTAYAディスカス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です