【公式見逃し配信】W杯ワールドカップアジア予選放送見逃し配信無料視聴方法!

9月8日にサッカーワールドカップ最終予選が放送されますね。ワールドカップ最終予選はカタールですが、見逃してしまった方に見逃し配信している動画サービスを紹介します。

10月13日まで!

\初回無料/

お試しDAZN

W杯ワールドカップアジア予選公式情報

公式サイト 公式サイト/
ウィキペディア ウィキペディア/
関連情報 Twitter/インスタグラム/line/YouTube/

W杯ワールドカップアジア予選放送日は?

ワールドカップアジア最終予選放送日は下記の日時放送されます。

9月8日(水)0時~

ワールドカップアジア予選見る方法は?

ワールドカップのアジア予選を無料で見る方法を調べました。

地上波テレビ放送

BS、CS

DAZN 放送あり

9月7日火 メインチャンネル 23時30分配信

9月7日火 裏チャンネル 23時45分から

W杯ワールドカップアジア予選無料動画サービス

動画サービス 見逃し配信状況
DAZN
Tver

DAZN

カタールのワールドカップを見逃してしまった場合、スポーツ特化の見逃し配信サービスDAZNで独占見逃し配信してます!

無料お試し期間中に解約すればお金はかかりません!!

10月13日まで!

\初回無料/

お試しDAZN

10月13日まで!

\初回無料/

お試しDAZN

Tver

ワールドカップアジア最終予選ですがTverの見逃し配信はありません。

W杯ワールドカップアジア視聴者の声

2021年9月8日最終予選の視聴者の声まとめました。

ラストサバイバル負けられない戦い

絶対に勝たないといけない試合だというのが見どころです。最終予選の初戦はオマーン相手にまさかの敗戦をしたので、2戦目でも引き分け以下の結果になるとW杯出場の道が極めて難しくなりフランスW杯から連続出場を続けていて観客として日本がいないW杯は観たくないので是非2戦目は勝って勢いづけて欲しいです。個人的に応援したい、結果を出してもらいたいのは久保建英選手です。若い選手ですが、技術が優れていて日本を勝利に導いて欲しいです。(30代男性)

2022年のカタールW杯本大会出場をかけたラストサバイバル。森保一監督率いるサッカー日本代表は、最終予選第2節で中国代表と対戦する。
初戦でオマーンに敗れてしまった日本にとって決して負けられない試合ですし、負けられないどころか勝ち点3を取っておきたい試合。中国にとっても初戦でオーストラリアに負けたため、負けられない試合となるでしょう。そのため、両者が相当な気持ちをぶつける熱い試合になっていくところに注目していきたいです。初戦で1点も取ることができなかった日本は前半での得点を意地でも狙っていくでしょう。海外で実績を積み上げた代表メンバーが底力を見せてくれると思うので期待したいです。(20代男性)

古橋と追加招集されたオウイウでゴールを取れると予想

初戦、黒星スタートだっただけに必勝態勢で臨むはず。
DFラインにはCBに冨安が入る為、吉田とのコンビもよく、中央は簡単に崩される事はないと予想する。
問題はサイドバックで初戦でクロスを多くあげられたので、両サイドに蓋をするサイドバックが誰になるのかがカギ。
右サイドバックは酒井が離脱の為、室屋に期待。
攻撃陣は初戦で少ない出場時間だった久保と堂安の五輪世代に活路を見出して欲しい。
ワントップは初戦で封じられた大迫は中国も研究していると思う為、古橋と追加招集されたオウイウでゴールを取れると予想する。(50代男性)

南野拓実が怪我、酒井宏樹が離脱!得点の期待

南野拓実が怪我、酒井宏樹がオーバーワークで離脱し追加召集で呼ばれたFWオナイウ阿道には得点の期待がかかっている。又、FWにはヴィッセル神戸へ加入した大迫勇也、今夏セルティックFCに移籍した古橋亨梧も選ばれているためスタメンにも注目が集まると予想している。前回オマーン戦では古橋亨梧がサイドで起用され上手く機能していなかったのではとの声も多かった。そのため森保監督の采配にも注目したい。東京五輪世代では堂安律、久保建英、谷晃生が選ばれているが次世代のA代表のエースともなるべく活躍を期待したい。

いかにして攻めの形を得点に繋げることができるか

ワールドカップ最終予選の初戦は、格付け的には問題なく勝って欲しかったオマーンを相手に残念な負けを喫してしまいました。相手のサッカーが良かったことは理由のひとつですが、それ以上に日本代表チームの動きがぎこちなく、具体的にどのようなプランで点を取るのかが曖昧だった点がよくなかったと思っています。ズバリ中国戦で期待するのはそのポイントをどう調整してくるか、いかにして攻めの形を得点に繋げることができるかです。(30代男性)

若手に期待!久保選手、堂安選手の活躍

第一戦に敗れた後なので、中国戦は是非勝ち点3を勝ち取ってほしい所です。今回は、若手選手にチャンスがありそうなので、東京五輪でも攻撃の中心だった久保選手、堂安選手の活躍を期待しています。2人のコンビネーションと個人技できっと得点を取ってくれることでしょう。また、セルティックで活躍中の古橋選手もそろそろ爆発するのではないでしょうか。得点感覚の優れた3人の選手がうまく組み合わせれば、中国戦では良い結果になると思います。

中国の攻撃力と日本の守備力、どちらが上回るのか

ワールドカップの最終予選は毎回注目して見ていますが、特に日本代表戦は気になります。
初戦のオマーン戦ではまさかの敗北を喫していますので、第2戦目の中国戦ではどういった戦術で立て直してくるか期待しています。
近年、中国代表は非常に力をつけていますし、ブラジルからの帰化選手もいますので攻撃力も警戒しなければなりません。
2戦連続で敗れるようなことがあれば、日本のワールドカップ出場に黄色信号という状況になってしまいます。
中国の攻撃力と日本の守備力、どちらが上回るのか注目の一戦です。

W杯ワールドカップアジア予選感想

2022年のカタールW杯本大会出場をかけたラストサバイバル。森保一監督率いるサッカー日本代表は、最終予選第2節で中国代表と対戦する。
良い連携の元、点をとり、失点を0に抑える展開に期待します。大迫選手、久保選手、堂安選手の活躍に期待します。森保監督はどの選手を先発に起用するか、また、交代選手の起用をどのタイミングでするのかについて興味があります。負けられない戦いということで、ディフェンシィブにいくのか、勝ち点3を狙い、オフェンシブにいくのかにも注目しております。中国選手はエウケソン、ブラウニングの外国人選手に期待しております。中国は初戦、オーストラリアに敗戦しており、お互いにディフェンシィブな戦いになると予想しております。

ワールドカップ最終予選中国戦を見てまず率直にとても難しい試合になったと思いました。サッカー内容的には終始圧倒していたかもしれませんが、結果的にはどちらがかってもおかしくない結果だったと思います。異国の地で試合をしたとはいえど今後の最終予選に不安が残る試合だったと思います。その中でもやはり久保選手の個人技がとても目立つ試合であったと思います。久保選手の決定力の向上と久保選手に合わせられる同等の選手が出てくるとこれからの日本サッカーを救ってくれるのではないかと感じました。

ライブで観られなかった事はとても残念でしたが、まずは、勝利し、連敗しなかった事はとても良かった。一番若い、久保建英もポスト直撃のシュートを打っていたみたいですし、ボールキープも70%位あり、ゲームコントロール自体はできていたのかなと思います。メディア露出度がアジアの他国よりも多く、とても研究されやすいので、例え1点差であっても勝ちきり、勝ち点を積み上げていく事が最終予選ではとても大事なので、良かったです。得点を大迫が取ったのはいいと思いますが、若手に得点を取ってもらい、勢いを付けて欲しい。

前半は中国がかなり引いた布陣だったため、圧倒的に押し込むことができた。
おそらく初戦よりコンディションがあがり、球離れも良く、ワンタッチ、ツータッチで翻弄できていた。
しかし中央を固められて、サイド攻撃だけではこじ開けられず、またシュート精度の悪さが目立ったため、1点止まりは物足りたい。
後半は出てきた相手だが、決定的なチャンスは作らせず、なんとか勝ったとの印象だけが残った。
攻撃のアクセントをつけた久保、守備の要に冨安が入り、チームとしては機能しつつあるが、更にフレッシュなメンバー投入が欲しい。

中国にブラジル人が2~3人混じっているという前フリで恐怖していましたが、ひとまずほっとしました。
しかし、サウジとオーストラリアはこんな風には済まないでしょう。

五輪前にA代表と五輪代表が対戦した際、2-0で負けた五輪代表がつかみどころがなかったまのの、五輪後は、すっかり久保&堂安&谷のファンとなっていました。
チャイルディッシュな見た目の久保は、実は「硬派な兄貴」、トレンドボーイ風な堂安は、ベンチで構える久保の隣で、ニコニコペチャペチャ女の子みたいで、面白。
二人の活躍が早く見たいです。

中国にブラジル人が2~3人混じっているという前フリで恐怖していましたが、ひとまずほっとしました。
しかし、サウジとオーストラリアはこんな風には済まないでしょう。

五輪前にA代表と五輪代表が対戦した際、2-0で負けた五輪代表がつかみどころがなかったまのの、五輪後は、すっかり久保&堂安&谷のファンとなっていました。
チャイルディッシュな見た目の久保は、実は「硬派な兄貴」、トレンドボーイ風な堂安は、ベンチで構える久保の隣で、ニコニコペチャペチャ女の子みたいで、面白。
二人の活躍が早く見たいです。

日本のサッカーの技量レベルはアジアではトップクラスと思っていましたが予想外に苦しむ姿に唖然とさせられ、ワールドカップの予選という緊張感があったとはいえ得点を決められる位置に選手が必ずいてボールに触れられていたのにシュートを決められない所には理解ができませんでした。何とか勝って勝ち点を得たのは良かったのですが、まだ序盤なのに疲れきった表情には安心感がなく、様々な面で作戦を練り直さないと選手の疲労困憊な試合が続いていき、見ているこちら側もヒヤヒヤするばかりだなと感じました。

正直、日本代表はメンバーが揃っているが、毎度同じように連携がイマイチで、『絶対にワールドカップに出るんだ』という強い気持ちを感じない。多分、それは選手自体にもっともっと海外の選手のような個の強さがないからだと思います。
それはゴール前で特に感じます。ドリブル得意で突破力も練習のニュースでは見られるのに試合となると急に攻めない。失敗してもいいからとりあえず、相手と勝負してシュートまではいかないとボール回しだけでは世界の方が格上。もっとできると信じているので応援はこれからも続けます!頑張れ日本!

W杯ワールドカップアジア予選放送まとめ

ワールドカップ最終予選の見逃し配信動画配信サービスはDAZNのみです!

現在ワールドカップ予選最終配信中です!!

今なら初回6か月980円キャンペーン中!!!

10月13日まで!

\初回無料/

お試しDAZN

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です