恋です!見逃し配信1話無料フル!再放送も!

杉咲花さん主演ドラマ「恋です!」。「恋です!」を見逃してしまったという方に1話から最終回まで見逃し配信している動画サービスを紹介します。

・恋です!を1話から見逃し配信している動画サービスを知りたい

・恋です!を1話を録画し忘れた

・恋です!の1話からの再放送が知りたい

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

恋です!公式情報

ドラマ「恋です!」の公式情報まとめました。

公式サイト 公式サイト
ウィキペディア ウィキペディア
公式SNS 公式Twitter/公式Instagram
キャスト情報 杉咲花/杉野遥亮/奈緒/岸谷五朗/鈴木伸之/生見愛瑠/ファーストサマーウイカ

恋です!見逃し配信状況

ドラマ「恋です!」を1話から見逃し配信している動画サービスを紹介します。

動画サービス 見逃し配信状況
Tver
日テレ無料DATA

Hulu

恋です!(恋です!ヤンキー君と白杖ガール)の1話からの見逃し配信は動画配信サービスHuluで配信しています!

初回2週間無料なのでその期間に解約すれば料金はかかりません!

以下作品も見放題できます!

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

さらにキャストの作品もすべて見放題です!

杉咲花

校閲ガール

杉野遥亮出演

アプリで恋する20の条件

新しい王様

兄に愛されすぎて困ってます

アキラとあきら

ゼロ一攫千金ゲーム

福岡恋愛白書

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子

鈴木伸之出演

眠れぬ真珠

俺たちはあぶなくない

あなたのことはそれほど

G線上のあなたと私

ボクの殺意が恋をした

岸谷五朗出演

アウトリミット

夜明けの街で

テミスの求刑

恋空

監査役野崎修平

中学聖日記

脳にスマホが埋められた!

HIGH&LOW THE MOVIE

クローズZERO

タイヨウのうた

アルカナ

サムライ・ハイスクール

着信アリ

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

Tver

ドラマ「恋です!」はTverで期間限定見逃し配信です。

・Tverは期間限定で見逃し配信しています。

Tver

さらに以下作品も見逃し配信中

Tver

日テレ無料DATA

恋です!の見逃し配信ですが日テレ無料DATAでも1話から見逃し配信しています。

日テレ無料DATA

恋です!主題歌

ドラマ「恋です!」の主題歌は、 JUJUさんの『こたえあわせ』に決まりました。

恋です!再放送情報

ドラマ「恋です!」は、現在再放送の予定はありません。

番組表 再放送状況
Yahoo!番組表
日本テレビ

恋です!動画あらすじ

ドラマ「恋です!」のあらすじまとめました。

1話動画あらすじ

光と色がぼんやりわかる程度の弱視の盲学校高等部3年生の赤座ユキコ(杉咲花)と、顔にけんかでつけた傷を持つ、喧嘩上等だが根は純粋なヤンキーの森生(杉野遥亮)は、運命の出会いをしたことでお互いを知り、惹かれ合っていく。

公式サイト YouTube Tver

障害テーマなのに明るい

弱視のユキコが主人公のドラマとなりますが、障害をテーマにしているのにかなり明るいノリの内容で驚きました。恋愛の相手となるのがヤンキーの黒川森生。喧嘩は強いけどそれ以外はからっきし。ですがまっすぐな生き方をしていて古臭い設定なのにうまく嵌ったストーリーとなっています。登場人物もそれぞれ役割がしっかりしていて、ストーリーが進むにつれてもっと個性を発揮してくれる気がします。ちょっとコメディが入っていますが、純粋な恋愛ドラマとして見所盛沢山のドラマとなりそうです。

ほっこりするドラマ

今回は赤座がぼやけた世界ながらも、前向きなところが良かったです。そして黒川はヤンキーだけど、とても不器用で天然なのが笑えました。
赤座のことを気にかけて、声をかけたりするのが優しいなと感じました。いつの間にか赤座のことを惹かれて、手紙を渡したところが印象的です。その手紙に、恋ですと書いていたのは思わず笑えました。黒川らしさがつまっていました。
赤座もそんな黒川のことを、受け入れていくところがほっこりしました。

コメディだけど感動した

初めはラブコメ要素満載ですごく楽しんで視聴していました。特に案内人の濱田祐太郎のシーンはコメディ要素満載で面白かったです。しかし、ユキコが黒川を探して、「黒川は本当は不器用なだけで良い奴」って言うシーンだったり、ラストシーンのマリーゴールド畑で、目が見えないのに「普通の世界に住んでいる」と黒川に言われるシーンは感動する要素もあり、大満足の内容でした。姉のイズミが心配性で、今後のユキコと黒川の関係性を遮る課題にもなると思うのでどう説得するかが見どころだと思います。

今後が楽しみ

女優の奈緒さんが好きなのでなんとなく見てみましたが、思いの外面白かったです!
杉咲花さん演じるユキコさんが弱視なんですが、こんな風に見えるのか、なるほど。という視点もありました。
そんなユキコさんに恋するヤンキーの黒川くん。
恋してすぐに弱視の事を勉強してみたり、敬語を使ってみたり、憎めなくてかわいいやつです!
視力が弱くて杖を持っていてもなんの偏見も持たず、ストレートに告白してくれる綺麗な心の持ち主です!
きっとこれからお姉さんなど、色々な障害があると思いますが、ハッピーエンドを楽しみにしています!

「弱視」の世界がわかりやすい

「視覚障害」と一言で言っても、いろいろな種類があることを、初めて知った。「弱視」の世界を、とても分かりやすく描いているなと感じた。目が見えない世界の大変さだけではなく、そのよさもきちんと描かれていたところに、好感が持てた。ユキコも森生も、それぞれに悩みや葛藤を抱えていて、そのせいで一歩踏み出せない感じがあって、それがとても切なく感じた。対照的な立場に見える二人だが、心の中では似た者どうしな印象を受けた。二人とも、根が純粋そうで、とても応援したい気持ちになった。これからの展開が、とても楽しみだ。

期待してなかったけど心温まった

最初は正直そこまで期待せず見ていました。が、ヤンキーくんたちがゆきこさんに出会ってから心の変化があり、こんな早い段階で距離が縮まったことに少し無理矢理感を感じました。でも、心温まるほっこり展開ばかりで見ていて安心が多いドラマだと感じます。ですが、1話の段階でこんなに大きく進んだことや、予告ですでにライバルが出てきたこと、デートをして縮まる物理的な距離以外の予想ができてしまうので、ここからの展開はやはりそこまで期待できないかなという印象です

2話動画あらすじ

映画を観に行くため、待ち合わせ場所に向かっていたユキコ(杉咲花)は、いつもの道で森生もりお(杉野遥亮)に再会する。すっかりユキコになつき、嬉しそうな森生。そんな中、一緒に行くはずだった同級生のそら(田辺桃子)から風邪をひいたと電話が入り、急遽予定はキャンセルに。家に帰ろうとするユキコに、森生は自分と一緒に映画に行こうと提案する!男子と2人で映画を観ることに抵抗を覚えつつ、森生に押し切られたユキコは2人で映画館へ。カップルたちに混ざり、売店で飲み物を注文するユキコ。メニューの読めないユキコが周囲に迷惑をかけないよう素早く定番メニューを注文する中、森生は意外な方法でユキコの世界を広げて行く……!
その頃、森生から約束をドタキャンされた花男はなお(戸塚純貴)草介そうすけ(堀夏喜)は、いつもの喫茶店に集合。あかね(ファーストサマーウイカ)の姪・ハチ子(生見愛瑠)は、森生がユキコと映画に行ったことを知り、面白くない態度を見せる。花男はハチ子の恋心を確信するが……。

一方、映画館ではユキコの大好きなゾンビ映画が始まる。ぎこちない2人の映画初体験には、想像を超えるドキドキと胸キュンが詰まっていた!
その帰り、すっかり打ち解けた2人は、なんだかいい感じに。先入観のない森生と過ごすうち、ユキコにも自然に笑顔が溢れる。しかし、森生から連絡先を交換したいと言われてスマホを出したその時、2人の様子を影から見ていたハチ子が割って入る!ハチ子の心無い言葉によって森生との間に再び壁を感じたユキコは、「私の気持ちなんてわかるワケないんだよ!」と、森生に告げると、その場を去ってしまう。
さらに、森生をよく思わないイズミ(奈緒)は、妹を心配するあまり、ユキコに近づかないよう森生に釘をさす。動き出したかに見えた2人の恋。その先には高い壁が立ちはだかっていた!

公式サイト YouTube Tver

杉咲花さん演技が上手い

風邪をひいてしまった友人の代わりに、ヤンキー君と映画に行くシーンで、冒険した飲み物やお菓子を買ったり、ポップコーンを食べる白杖ガールが可愛かったです。ライバル役の女の子が、よく見たらめるるだと気付き、演技もまぁまぁ出来るんだな!という印象でした。目がよく見えていないという杉咲花の演技はとても上手で、本当にそのような障害があるように見えます。
個人的には、ファーストサマーウイカの普段通りのような演技も好きです。

お似合いの2人!バスシーンはキュンキュン

ユキコと森生が2人で映画館へ行って、フードを頼む時、ユキコの心の声が森生に届いているかのように森生が何気なく声に出して迷っている姿が可愛くて映画デートも楽しそうでお似合いの二人に見えました。森生の事が好きなハチ子がそんな2人を邪魔する姿は、ムカつきますねー!ユキコのお姉ちゃんも妹を想って森生との恋を反対していますが、応援してあげたくなりますね。でも、邪魔が入っても反対されてもユキコが勇気を出してバスにのり森生に会いに行った所はキュンキュンしちゃいました。

黒川とユキコふたりの距離が縮まった

今回も黒川とユキコちゃんのふたりの距離が縮まってきくところが良かったです!特に映画デートのポップコーンを手に取ってあげてるところは優しくて胸キュンでした。まさかユキコちゃんがアーンして、というポーズをするとは思いませんでした。それもまたかわいかったです。黒川も本当にユキコちゃんのことが好きで彼女のことを理解したい、という気持ちが伝わってきました。ユキコちゃんも初めてで不安なバスに乗ってまで黒川に会いにいこうとするとは、それはもはや恋です!と言いたくなりました!

黒川とユキコお互いを想ってるところがキュン

最後のししおが空気読んで車に乗り込んですっーと帰って行って、めっちゃ優しい!ヤンキーがみんなデレ過ぎて、心がギスギスしないのが今日余計に心に染みました。その後も、みんなでユキコさんにポップコーンのパフェ出してあげたり、黒川が実況みたいに音声ガイドをしてて、ゾンビ映画だからギャーってなって、その声でユキコさんびっくりするとか見てて癒されました。でも、黒川とユキコさんの2人がお互いの事を考えてるのが良く分かる描き方もキュンとしました!

黒川はユキコが好きなんだな

今回の話はグッときました。黒川のユキコの気持ちを知りたいと言う気持ちにより目隠しをしていろんなことをしていくこと。黒川は本当にユキコのことが好きなんだなと思いました。また、ユキコも黒川にバスまで使って会いに行こうとしていました。お互い両思いなのですがユキコだけが素直になれないんだなと思いました。また、ユキコのお姉さんと黒川の関係がいま波乱を呼んでいます。お姉さんに許してもらえない限り黒川は先には進めないんじゃないかと思いました。

黒川は本当はいいやつ

初めは黒川に付きまとわれる事を嫌がっていたユキコでしたが、黒川の優しさに触れ、その気持ちに徐々に変化が生まれ始めました。差別しないようにと思いながらも、心のどこかで障害者と健常者の違いを感じてしまいがちですが、黒川は分け隔て無く、ユキコに接する事が出来て本当に凄いなと感じます。ヤンキーという外見で誤解されがちですが、黒川は本当に出来た人間だと思います。イズミは、黒川と妹が会う事を良く思っていませんが、黒川の人となりを見て、きちんと判断して欲しいなと思いました。

ユキコも惹かれ、相思相愛

1話は森生の片想いが強かったけど、今回はユキコも惹かれているのがわかって、ニヤニヤしながら見ました。お姉ちゃんには反対されていても、森生のために乗ったことのないバスに乗ったり、新たなチャレンジをするまでになっているユキコを見て恋してるなーと微笑ましく思いました。森生もユキコの勘違いで一瞬落ち込んだけど、見かけによらず真剣に恋をしていて、ユキコの気持ちを理解しようと体を張って努力している様が可愛らしかったです。2人の思いをお姉ちゃんに理解してもらえる日が来ればいいなと思います。

ピュアで真っ直ぐな黒川がとっても素敵

どこまでもピュアで真っ直ぐな黒川がとっても素敵でした。見えないユキコの気持ちを少しでもわかりたいと、目隠しをして過ごしてみる黒川がめちゃめちゃカッコよかったです。一度は黒川が自分に同情していると思って、黒川と距離を置くユキコが、やっぱり黒川のことが気になって、1人で乗ったことのないバスに乗るシーンには恋を感じさせられました。結果、間違ったバスに乗ってしまって失敗しちゃいましたが、今までのユキコよりさらに強くなれてて素敵でした。

黒川くんに胸キュンした!

黒川くん、ヤンキーなのにハイヒール買ってプレゼントするとか王子様ですね。ちゃんと店員さんに聞いて買うとか優しいなぁと思いました。学校にまで一緒に行って先生とか同級生公認になったしお似合いです。獅子王さんは就職が決まって、しかも雇われ店長とかビックリだし、意外にもおばあちゃん子だということが分かってちょっと可愛いなと思っちゃいました。黒川くん、獅子王さんのおばあちゃんの言葉で前向きになれて良かったです。

いろいろ知らなかったことがありました!

まな板を黒にして白い食べものなら切れたりガードを使うことによって目が見えなくても包丁が使えるなんて知らなかったです。人の声が聞こえないというのは目が見えている人でもストレスになるのに目が見えてない人は声や音で情報を得ているのだからもっとストレスに感じてしまって大変何だろうなと思いました。お姉ちゃんはユキコを心配するあまり過保護になっていたけど洋服を選ぶのに一人で店に行くのを見守っていて泣けてしまいました。

3話動画あらすじ

森生(杉野遥亮)と会っているところを見つかり、姉・イズミ(奈緒)の怒りを買ってしまったユキコ(杉咲花)。心配性のイズミは、無職でヤンキーの森生がユキコに近づくことに猛反対。姉妹の間には険悪な空気が流れる。

そんな中、聴覚に頼ることが多いユキコにとって、背の高い自分の声が届きにくいことがストレスになると知った森生は、なんとかユキコとの身長差を縮める手立てはないかと考える。花男はなお(戸塚純貴)たちとの会話からあることを思いついた森生は、早速ユキコの家にプレゼントを届けに行くが……。森生が玄関に置いたプレゼントは、ユキコの父・誠二せいじ(岸谷五朗)が気づいて家に持って入るが、なぜか、別れた元彼からイズミへのプレゼントだと勘違いされてしまう。その中身は、赤いハイヒール。照れながらも嬉しそうなイズミの様子を、何も知らないユキコは微笑ましく思うが……。

翌日。森生に会ったユキコは、ハイヒールが自分へのプレゼントだったことを知る。プレゼントに込められた森生の一途な思いを知り、素直に嬉しいユキコ。なんとかイズミからプレゼントを取り返そうと考える。
そんな矢先、いつもの喫茶店に溜まっていた森生のもとに獅子王ししお(鈴木伸之)が現れる。店内に緊張が走る中、獅子王が切り出したのは、なんと「就職する」という報告で……!?突然の正社員宣言に一同がどよめく一方、獅子王の姿に刺激を受けた森生は、自分もちゃんと働くことを決意!しかし、ヤンキーの森生には厳しい現実が待ち受けていた……。

そして、赤座家では、ハイヒールを巡って新たな問題が勃発!ユキコに危険な思いをさせる森生が許せない心配性のイズミと、森生との出会いで新しい世界を知り始めたユキコ。お互いの幸せを思うが故に、姉妹は激しく衝突してしまい……。

公式サイト YouTube Tver

森生はユキコのことを考えている

森生はユキコのために何ができるかを常に考えているのが素晴らしいです。ハイヒールは危ないから普通は送りません。でも、声が聞きやすいからと送りました。ユキコはそれがとてもうれしくて、似合う服まで買いました。森生のおかげで、多くの経験ができて世界が広がったようです。イズミはいつもユキコを心配して、危ないことを取り除いてきて、愛情深いやさしい姉です。でも、ユキコが自分でやりたいという気持ちがわからなかったのです。森生のおかげで姉妹の仲も深まりました。森生が獅子王のお店でアルバイトができてよかったです。

ラブコメの中にも真面目に障害について取り上げている

今回は障害者の家族にもフューチャーされていて、ラブコメの中にも真面目に障害について取り上げているのはすごくいいと思いました。一番近くで見てるからこそ、あれができないから、これが難しいからと危険を避けたり、失敗しないようにするというのはいろんな親などに当てはまるだろうなと思いました。黒川のまっすぐな視点がいろんな人にいろんなことを気づかせてくれている。それに気づいてない黒川も面白いし、喧嘩ばかりしてたのに獅子王がその視点に気づいて認めているのも面白い。

森生の今後が2人の決め手?!

第3話では、心配性のイズミは、無職でヤンキーの森生がユキコに近づくことに猛反対してしまう様子が伝わってきました。妹がまともな男性とお付き合いするのであれば、不安はないと思いました。ヤンキーということで信用を得ることができていないと考えられました。森生が就職をして立派な社会人になれば、お付き合いの可能性はあるのではないかと考えられました。仕事をきちんとこなしていく男性とユキコに認めて頂ければ、2人の関係がうまくいくのではないかと思いました。

イズミと獅子王がいい感じになる?

ユキコのことを心配するあまりに、ユキコの可能性を塞いでしまっていたイズミが、黒川のことを認めてくれたのが本当に嬉しかったです。ユキコは弱視というハンデ、黒川は顔に傷があるヤンキーのレッテル。でもそれを跳ね除けて進もうとする真っ直ぐな2人が素敵でした。お互いにとってこの出逢いは偶然ではなく必然だったと思える第3話でした。2人の姿を涙しながら見るイズミに、さりげなくハンカチを差し出す獅子王を見て、もしかしてもしかしたらイズミと獅子王がいい感じになるのかも!なんて1人でワクワクしちゃいました。

森生が働くことになった流れにはグッときた

妹が心配で過剰に保護してしまうお姉ちゃんとぶつかってしまうユキコが、一人でお店に入り、もらった赤い靴に似合う洋服を買う様子をお姉ちゃんに見せることで、森生と出会ったことで新しいことにもチャレンジしたくなったんだと行動で示したのは良かった。森生も、獅子王店長のレンタルビデオ屋で、ちゃんと必要とされて働くことになった流れはかなりグッときた。赤い靴でユキコが10cm背が高くなったことで、声も二人の距離感も一気に縮まったみたい!でもよく思わない女子が一人いるのが気になりますね。

4話動画ネタバレ

突然のキスに驚く森生
ユキコ(杉咲花)がいる前で、突然ハチ子(生見愛瑠)からキスされた森生(杉野遥亮)。状況が飲み込めない森生は、ユキコに誤解されたのではないかと焦っていた。一方、レンタルビデオ店で働き始めた森生に触発されたユキコは、自分もアルバイトをする決意を固め、イズミ(奈緒)に面接シュミレーションをお願いする。森生と付き合うために、自分も対等な立場になりたいと思うユキコであった。
勇気を出して受けたアルバイトの面接を受けるも、視覚障害者であるユキコを受け入れられず、ユキコを雇うメリットを問われてしまう。翌日、盲学校の教師にアルバイトの相談をしたところ、障害があるからこそ、自分の好きなことや興味のある仕事に対する「これがやりたい」というパワーが必要だと言われたユキコ。自分がよく通うハンバーガーショップで働けないか問い合わせたユキコに、店長の茶尾(古川雄大)はすぐにユキコを採用した。

ハチ子の想い
そんな矢先、森生への片思いが止まらないハチ子は、鈍感な森生に痺れを切らし、ついに森生に告白する。妹扱いしてきたハチ子の気持ちを知るも、森生は頭の整理がつかず混乱してしまう。そして、アルバイト初日を迎えたユキコは、一所懸命に取り組むが失敗を連発してしまう。同僚からも足手まといだと陰口を言われてしまうユキコ。そんなユキコに茶尾は、やる気があるユキコを歓迎するとともに「新しい風になるんじゃないか」と直感を伝える。やる気を取り戻したユキコは、勤務時間前に店内の位置など、把握するため努力するのであった。森生と対等になって告白するためと意気込むユキコだった。
一方、森生が悩んでいると、陽太(細田佳央太)と偶然出会うことになる。会話の流れでハチ子のことを相談すると、全盲の陽太から「“好き“は一つではいけないのか」と自身の経験から照らし合わせ、森生にアドバイスする。ハチ子は森生との思い出の場所で、森生に助けられたことを思い出していた。「森生は私の居場所だった」というハチ子の想いに対して、森生はきっぱりとユキコが好きだと伝える。

ユキコを心配する森生は…
「BBバーガー」ではユキコに対する不満がある中、紅林はユキコがひたむきに仕事をしている姿を見て、考えを改めていた。そんなある日、アルバイトの欠員が出たことで、ユキコに業務をお願いする茶尾。これまで勉強してきたものの、頭では理解したことがスムーズにできないユキコだったが、様子を見にきた森生は、店外から大声おあげてエールを送るのであった。森生から元気をもらったユキコは、周囲の理解と協力を得ながら、覚えた手順で初めてポテトを作ることに成功した。一方の森生も、ユキコに負けないようにと意気込み働いていると、ユキコから電話があり、「話したいことがある」として、合うことを約束する。その後、待ち合わせ場所に向かうユキコであったが、その背後にはハチ子の姿があった。

公式サイト YouTube Tver

ユキコがバイト頑張る展開が意外だった

ユキコのアルバイトを始めるエピソードは最初のアルバイトはうまくいかずやめることになると予想していたので、アルバイト初日がさんざんだったのにユキコがくじけずに頑張るという展開は意外でした。ユキコ心折れることなく与えられた場所に踏みとどまり努力し続けたのですから、その勇気と根性には頭が下がります。ユキコだけでなく全盲の青野も色の知識を付けたりと努力してますね。ユキコが使っていた「読書拡大器」老眼の人が欲しがりそうだなと思いました。イズミと獅子王の仲が進展するかも気になります。

赤座が一生懸命働いていたのがかっこよかった

今回は赤座が一生懸命働いていたのがかっこよかったです。なかなかうまくできなくて失敗していたところは胸が痛かったです。それでも店長は赤座のことを信じていたのが素敵です。
赤座も機械の場所など音声で録音して、何度も聞いて覚えていたのは尊敬しました。とてもがんばり屋で健気なのが伝わってきます。
また黒川がお店の外から応援していたのが面白かったです。黒川の全力なエールが、ちゃんと赤座に届いていたのが微笑ましかったです。

これ見よがしにキスするハチ子はどうかな?

いくら森生のことが好きでも、ユキコのいる前で、わざとキスをするハチ子のシーンを見ると、やっぱりハチ子のような人って個人的には好きではないなと思うのと同時に、その後、ユキコとイズミが家で、話しているシーンになって、やっぱりユキコが可愛いなと思いました。森生は、ただのアクシデントだと思って、ユキコにバレてなければ良いと思っているけれど、そうゆう森生も可愛いなと思いました。また、ユキコのバイト先の人たちが、最初から嫌な顔するところから、泣けてきそうになりました。

ユキコがアルバイト!感情移入しました

第4話はユキコがアルバイトを始めることがメインでしたが、私も現在求職中なので自分のことのように感情移入して見てしまいました。最初に面接したスーパーの店長に「あなたを雇うことのメリットがあれば良いんだけど」と言われていて、自分には何があるのだろう?と考えてしまいました。新しく何かを始める時に不安はつきものですが、ユキコのように早く出勤して持ち場を確認したり、家に帰ってからもマニュアルを読むなど努力したいなと思いました。

森生はハチ子から告白されて動揺!今後どうなる

森生はハチ子から告白されて動揺しました。妹みたいに可愛がっていたからです。陽太に相談したら、好きにもいろいろあるとアドバイスしてくれました。見えないけれど話を合わせるために、微妙な色の違いを想像しているそうです。頑張っている陽太が素敵です。森生はハチ子にはっきり断ったので、納得したと思ったのですが、ハチ子が怖い顔でユキコの後をついていったので、何か起こりそうで心配です。ユキコはアルバイトで人の何十倍も努力しました。失敗も多いですが、一生懸命さがみんなに伝わったのが嬉しかったです。

姉イズミの恋も気になった

森生に恋するユキコを応援する一方で、姉のイズミにも新たな恋が始まろうとしていました。その相手は、何と森生のライバルである獅子王でした。あんなにヤンキーを毛嫌いしていたイズミが、獅子王に恋を抱く事になるとは意外でした。何とか距離を近づけようとレンタルビデオ店に通うイズミでしたが、獅子王に想い人がいる事がわかりました。イズミにとって、かなりショックな出来事だっただろうと思いました。獅子王の想い人とは一体誰なのか、とても気になりました。

弱視のユキコ!どれだけ大変だったか

弱視でアルバイトをすることがどれだけ大変なことなのか、ユキコを通して知ることが出来ました。中々上手く出来なくて落ち込みながらも、必死に努力を重ねる姿が本当に素敵でした。最初はユキコをお荷物扱いしていたバイト仲間も、いつのまにかユキコを応援してくれていて嬉しかったです。ユキコと黒川の真っ直ぐな姿に毎週癒されまくりです。恋なんてと思っていたユキコの気持ちを、自分から告白しようと思えるまで変化させた黒川はさすがです。どうか2人の恋が誰にも邪魔されませんように。

ユキコと森生互いに良い影響!ハチ子が弊害?

ユキコが森生に良い影響を与えているだけでなく、森生もユキコに良い影響を与えており、バイトという森生と出会えたからこそ挑戦する前向きさを持てたのだと思いました。視覚障害というだけで嫌煙されていましたが、ユキコの頑張りが実を結び、バイト先で認められていく姿は胸が熱くなりました。その影には森生の存在があり、森生に見合うためにと一生懸命なユキコに健気さを感じました。結末では森生に告白を決意したユキコに胸が高まりましたが、森生に思いを寄せるハチ子の弊害を感じさせる展開に次回への期待と共に不安が募りました。

ユキコの初めてのバイト!良かった

ユキコの初めてのバイトで必死に努力して役に立とうとするところは頭が下がる思いでした。でもやはり同僚は気を使いますし、危険もあるのではと思います。店長はいい人だし、彼女を入れたことのメリットもある、といい終わり方にしていましたが、本当は健常者と同じ場所でなくても彼女の良さがいかせる職場で働いた方がよいのではと感じてしまいました。視覚障害者の仕事についても考えさせられます。森生の精一杯の応援も泣けましたね。今回はふたりのシーンが少なかったので来週はもっと見たいです!

働くことの意味考えさせられた

働くことだけでも大変なことなのに、弱視のユキコが働くことは、本当にすごいことだなと実感させられた。働くことの意味について、改めて深く考えさせられた。ユキコが、働くことを諦めず、一生懸命に努力する姿に、とても勇気づけられた。ハチ子と森生の出会いを知り、ハチ子が、森生のことが好きな理由が、少し分かった気がした。ハチ子が、森生にフラれたことで、ハチ子が、森生やユキコに対して、これからどういう行動を取るのか、とても気になる。また、ユキコと森生の恋の行方が、これからどうなっていくのかも、気になる。

いろいろ勉強になるドラマ

弱視の人が普通に働くことがいかに難しいことなのか分かりやすく見れた。好きな人と対等になりたいという思いは健常者や障がい者関係なくある気持ちだろうなと思って普通のラブコメとしても楽しめた。途中の拡大読書器の解説も見慣れないものを分かりやすく説明してくれていて普通に勉強になる。全盲の子の色についての話しは興味深かった。色が分からないけど理解しておかないと話しについていけないなんて、考えても見なかった。毎回勉強になるのでこれからも楽しみ。

ユキコを変えた黒川何気に凄い

ユキコに、ちゃんと対等になってから黒川に告白したい、という気持ちにさせた森生の存在は凄いなと思う。そして弱視のユキコをバイトに雇った店長の、店に新しい風を吹かせたいという願いもちゃんと叶って良かった。最初は、働いてる人たちがユキコに対しての偏見が強くて、ハンバーガーショップなのに酷い職場だなと思ったけど、ユキコの人一倍頑張る姿がちゃんと波及していって、みんなが誰かを思いやる心を持ったのは、サービス業として大成功だなと思った。ユキコを雇って大きなメリットがあったね。

5話動画ネタバレ

ひとりベンチに座っているユキコ(杉崎花)。働きはじめた店でスタッフの一員として認められたら森生(杉野遥亮)に告白しようと決めていました。

そこへ近づいてくる人影、ハチ子(生見愛瑠)です。ユキコの白杖を取り上げようとします。

あわてて助けを呼ぶユキコ。「障害者はずるい」声でハチ子と気づきました。そこへ森生がやってきます。

喫茶店で、嫉妬心を燃やすハチ子へユキコは障害者にとっての白杖は生きるための大事な道具だとさとします。

夜になり、森生に自分で作ったポテトを渡したあと、「好きなんだ」と告白します。

最初ポテトのことだと思った森生は告白と気付いて、腰をぬかして大喜び。

翌日、水族館でデートします。

クリスマスのイルミネーションが光るポスターを見たユキコが、クリスマスにまた来ようと言うと何故か森生の表情はくもりました。

過去の話を聞きたがるユキコに、いやがる森生。

お互いにムードが悪くなったまま帰ります。

そんなユキコを心配した盲学校の同級生、陽太(細田佳央太)と空(田辺桃子)は森生の職場へたずねてきました。

道を間違えながら懸命にやってきた二人のために獅子王(鈴木伸之)は森生の部屋をおとずれ、逃れられない過去と向き合えと言います。

好きな人と思いが通じ合う奇跡をむだにするなと言い部屋を出て行きました。

子供の頃、母親が家を出て行き心を閉ざしたままでした。

母親の物が入った段ボールのガムテープをはがし見てみると、そこには幼いころの森生の写真で埋め尽くされ、どの写真も笑っていました。

一方職場で注文表の文字が見にくく、ミスをしてしまいます。ユキコは文字を大きくする提案をして店長の茶尾(古川雄大)が今日一日トライしてみて決めようと言います。

ユキコも今までとは比べものにならないくらい働きやすくなりました。

印字のスピードが遅くなる反対していた紺野(大友花恋)も同僚の注文ミスもなくなったのはユキコのおかげと認めました。

過去と向き合おうと決めた森生はユキコへ、自分生い立ちを語りました。

大切な人がいなくなるのが怖くなっていたことを告げた森生にユキコは飛びつき

「私はいなくなったりしない。黒川のことひとりぼっちになんてさせない」

ふたりは抱き合いました。

獅子王に気があるユキコの姉のイズミ(奈緒)はジムで獅子王に近づきます。

ロッカーで獅子王が定期入れから一枚の写真を取りだし、いとおしそうに見つめています。

なんと写真には森生の姿が!

大切な人ができた記念の花束を父親の誠二(岸谷五朗)からプレゼントされ微笑むユキコでした。

公式サイト YouTube Tver

初デートの初々しさ!2人の世界

今回は好きな人との初デートの初々しさや、2人で一緒にいるだけで何もかもが輝いて見える幸せを感じられたことが最も印象的だった。今回も森生との間、バイト先で問題が発生するが、2人の周りの人たちは何て清々しい奴等なんだと思えるようだった。ユキコと森生がさらに深い絆を作り上げたようで微笑ましい。それからバイト先で嫌みを言われながらもきちんと受け止め熟考するユキコには人としての素晴らしさを感じた。森生の辛い過去の回想シーンは身を切られるような辛さだが、それを乗り越えた彼の大きな成長も見逃せない。

ユキコと森生のピュアさに癒された

今日もユキコと森生のピュアさにめちゃめちゃ癒されました。珍しくユキコに厳しい口調で話す森生の、辛い過去を知ったときは胸が苦しくなりました。でもユキコの真っ直ぐな愛の力が森生に届いて、森生が前向きな気持ちになれてよかったです。キツイことを言われても、逃げ出さずに向き合うユキコは本当に芯の強い人だと思いました。私ももっと強くて優しい人になりたいと心から思いました。獅子王に想いを寄せるイズミを応援していますが、まさか想い人が森生だったには驚きました。イズミ頑張れ!

2人の会話が可愛い

黒川君が、水族館デートで、ゆきこさんが、チンアナゴじゃない?って聞いた時に、そんな変な名前じゃないっすよって言っていたのが、可愛かったです。黒川君みたいに、健常者が、障害者の人にも、分け隔てなく接するなら、障害者という偏見も無くなるのになぁと感じました。黒川君が、ますます好きになりそうです。黒川君の幼少期の出来事も泣けました。最後に、店長は、黒川君のことが好きなのか?と次回に期待が大きくなりました。

ユキコの告白シーン可愛すぎた

ハチコちゃんとの修羅場もドキドキしましたが、何よりユキコちゃんの告白シーンがかわいすぎてもだえました。ポテトを食べながら喜びまくる森生が本当にピュアでしたね!水族館デートでのお魚実況は笑えました。突然いなくなってしまったお母さんのことを思い出してしまい、デートも上の空の様子で心配でしたが、逃げずに向き合ってユキコちゃんとの未来を描けそうで良かったです。お姉ちゃんと獅子王の関係も気になりますが、まさかそっちなの!?と驚いて仕方ありませんでした。

告白シーンが良かった!黒川の反応も良かった

今回はハチ子が赤座の白杖を奪おうとしたのは、かなりヒヤヒヤしました。赤座は感情をなんとか抑えていたような気がします。ハチ子はいろんな思いを泣きながら話していたのが印象的です。そして赤座が黒川に好きと言ったのが可愛かったです。黒川はドッキリかとパニックになっていたのが笑えました。それくらいびっくりと嬉しさがあったのが良かったです。
また黒川は切ない過去がありながらも、赤座にちゃんと話していたのが心にグッときました。

黒川の過去に、衝撃を受けた

黒川の過去に、衝撃を受けました。昔は荒れていたというので、何かしら原因があったのだろうとは思っていましたが、今の黒川があまりにも笑顔で、ユキコのことも心から好きでいてくれているので、まさか、最愛の母親に捨てられた過去があるなんて思いもしませんでした。しかも、あんなに好きなユキコから聞かれただけで表情が曇るほどの傷だと思うと、心が締め付けられました。ただ、失うことが怖くなるほどユキコのことを愛しているのだということも分かったので、その分、最後のハグは、とても温かいものに思えました。

6話動画あらすじ

マラソン大会の練習をする二人

森生(杉野遥亮)とユキコ(杉崎花)は盲学校のマラソン大会に向けて練習をしていた。「絆」と呼ばれる伴奏用のロープを握りユキコを誘導するが運動嫌いのユキコはやる気がない。ユキコの意外な一面を知り、うれしく思う森生はそろそろ次のステップに進みたいと、ファーストキスのタイミングをうかがっていた。

一方、獅子王(鈴木伸之)と同じジムに通うイズミ(奈緒)は獅子王との距離がなかなか縮められずにいた。

帰る途中、伴走なしで走る空(田辺桃子)を見かける。見えていない空は放置自転車で転んでしまった。心配して駆け寄る2人に強がった態度をとる空の震えた声を聞いてユキコは心配になるのだった。

空の邪魔をする人物がいる

翌日、二人を呼び出す森生。茜(ファーストサマーウイカ)の喫茶店で3人は話し合う。ヤンキーたちに聞き込みをした森生は、わざと障害物を置いて邪魔をした人物がいることを突き止める。悪意のある人物の存在に気付きながら誰にも相談しない空は健常者を「見えるから見えない人を見下す人」だと言い、森生もその一人だと決めつけ頼ることを拒否する。自分の取り柄である走ることを取り上げられたくない、と心配するユキコに対しても冷たい態度をとり喫茶店を飛び出してしまった。

空の言葉にユキコとの間に越えられない壁があるのではないかと森生は不安になる。

ユキコは夜、空との思い出を思い返していた。盲学校に転校し新しい生活になじめるようにしてくれたのは空だった。翌朝、素直になった二人はお互いに謝る。

ユキコは森生に空の伴走を頼むことを思いつく。反発しあう二人だったが走っているうちに共通点に気付いていく。実は二人の会話が弾むものがある道を調べてランニングコースをユキコが作っていたのだ。雰囲気が良くなってきたランニングの途中、空の邪魔をしていた人物が捕まったと森生に連絡が入る。

犯人の正体は

茜の喫茶店に行くと犯人が待っていて、カッとなった森生はつかみかかってしまう。犯人は空の元カレだった。空のサポートを一生懸命していたのに急に別れたいと言われ、納得がいかなかったという元カレに、陽太(細田佳央太)は珍しく声を張り上げて怒りだす。事件が解決したことで森生にも素直にありがとうと言えた空。

マラソン大会では練習の甲斐あって空が優勝した。空の走り姿をほめる森生にユキコは少しやきもちをやく。そんなユキコを見て森生はふいにキスをするのだった。

公式サイト YouTube Tver

空が嫌がらせを受けた!犯人は元恋人だった

盲学校で行われるマラソン大会の練習をする中、空が嫌がらせを受ける被害に遭いました。弱視である空の前に障害物を置くというのは、大変危険な行為です。何故、犯人がそんな事をしたのか理由が気になりました。犯人の正体は、空の元恋人で、一方的に別れを告げられた事による、逆恨みによるものでした。付き合っていた時は、空に対して優しく接しているように見えましたが、それは自己満足のように感じられ、空の気持ちに寄り添っていなかったように思えました。こうして見ると、分け隔てなく接する森生は、素晴らしいなと感じました。

空が一生懸命走る練習をしていたのが印象的

今回は空が一生懸命走る練習をしていたのが印象的です。石や自転車にぶつかっていたのは思わず怖さがありました。それでも空は走りたいという真っ直ぐな気持ちがすごいなと感じます。
黒川が隣でサポートしていたのはハラハラしました。でも赤座が二人の好きなものがあるコースを選んでいたのがさすがです。見えても見えなくても、好きなものに変わりないのは素敵です。
最後黒川が赤座に、優しくキスをしたところがとてもキュンとしました。

弱視の人がマラソンをするのに、伴走者の方と息を合わせて走るのは、想像以上に大変

弱視の人がマラソンをするのに、伴奏者の方と息を合わせて走るというのは、想像以上に大変だろうと思う。黒川の優しさが清々しい。空ちゃんの物おじしない性格で走ることに拘る姿勢も素晴らしいと思う。お姉さんがシシオに恋している想いも微笑ましくて良いです。黒川と空の喧嘩しながらのマラソン伴走で、気持ちが近づいていく2人も微笑ましくて、それを仕組んだユキコの気持ちが温かくて魅力的です。空の元彼問題、黒川の明るい「ありがとうございます」の言葉。すいません!より、ありがとう!の言葉の魔法。黒川とユキコ愛らしい。

空の元カレの優しさは対等な関係性からじゃなかった

空ちゃんのランニング経路に、石を置いたり自転車を置いたりと嫌がらせを繰り返していた犯人が元彼だった展開には驚愕でしたが、あんなに尽くしてあげていたのに、何で俺が振られなきゃいけないんだ?との言い分を聞いていたら、何故空ちゃんが別れたいと思ったのかも納得で、彼が「してあげていた」ことは、空ちゃんが求めていた対等な関係性からではなくて「弱視の障害を持つ彼女にも優しい彼氏」であろうと、優しさと言う名目を利用した差別だったように受け取れました。

空ちゃんの森生への爆発はびっくりした

空ちゃんの森生への爆発はびっくりしたけど、あれは元カレのせいだったのね。彼は彼で空ちゃんのことが好きだったのかもしれないけど、君のためにやってあげてる気持ちとか、席を譲ってくれた人に謝り過ぎてしまうとか、空ちゃんにしたら付き合ってるうちに心の負担が積もりに積もってしまったんだな。絆で一緒に走った森生の明るさに触れたら、目の見える人にこういう人もいるんだと吹っ切ることができたかもね。それにしても、森生を見る獅子王のまなざしが気になる!イズミさんへの想いには応えてくれないのかしら。

7話動画ネタバレ

イズミの誕生会

ユキコ(杉咲花)と森生(杉野遥亮)はおそろいのアクセサリーを身に着けるなどすっかりカップルらしくなっていた。一方で、盲学校で開かれる『就職相談会』を前にユキコは頭を悩ませていた。

そんな中、イズミ(奈緒)の誕生日を祝うため、父・誠二(岸谷五朗)がいない間に森生と獅子王(鈴木伸之)を誘って誕生会を計画していた。迎えた当日、ユキコと準備をする森生はユキコの部屋でいい雰囲気になるが、獅子王に邪魔をされてしまいショックを受ける。さらに誠二の出張が延期になり突然帰ってきてしまった。森生と獅子王はとっさに隠れるがすぐ見つかってしまう。そんな中イズミも帰宅し、気まずいパーティが始まる。

気まずい雰囲気の誠二と森生

森生は誠二にユキコと付き合っていることを報告する。森生を認めたくない誠二は酔った勢いでユキコに関するクイズを出題するなど何かと森生に突っかかってくるのだった。さらに獅子王も酔っ払い、森生の顔の傷は自分のせいだと告白する。森生に生きづらい思いをさせたことをずっと苦しんでいた獅子王は森生に「幸せになってくれ」と涙ながらに伝えるのだった。パーティの後片付けをしながら森生はユキコの夢について聞く。森生の顔が見たいというユキコに森生は何も言い返せなかった。

パーティの後、鍵を忘れていた獅子王に忘れ物を届けたイズミは獅子王に告白する。それに獅子王は「俺の思い人は男なんです」と答えるのだった。

ユキコは学校の帰り、誠二に森生と一緒に来るようにと連絡をもらう。二人で指定の場所に行くと、誠二からユキコが生まれたときから撮り溜めていた写真集を見せられる。そしていつか目が見えないユキコでも見られるような技術ができた日のために写真を残していると話される。そしてアルバムに入れる為に森生との2ショットを撮ろうと言い出すのだった。

ユキコの夢

イズミは獅子王の告白をずっと考えていた。しかしあきらめきれないイズミは獅子王に「“推し”として見守ってもいいですか?」と聞く。自分の正直な気持ちを聞いても引かないイズミに獅子王は自然と笑みがこぼれるのだった。

一方、ユキコも今日行われる就職相談会でどうしたいか具体的なことは浮かんでいなかった。しかし、誠二の話を聞いてユキコも将来に夢を持ちたいという気持ちになっていた。

黒川と一緒に登校するユキコは、学校の前で初恋の相手・緋山(小関裕太)と出会う。就職支援の講師・緋山とはユキコの初恋の相手の緋山くんだったのだ。

公式サイト YouTube Tver

8話動画ネタバレ

ユキコの初恋の相手が登場

就職支援の講師として緋山(小関裕太)が盲学校に現れる。ユキコ(杉咲花)の初恋の相手が登場し、親しげにユキコに接する緋山に森生(杉野遥亮)は嫉妬する。

「つきあってたわけでもないから全然気にしないで」というユキコの言葉に森生は安心するが、茜(ファーストサマーウイカ)の喫茶店へユキコと共に来店し、周りのハートを鷲掴みにする緋山に森生は対抗心を燃やす。

 

イベントの手伝いをすることに

ユキコと空(田辺桃子)は、茜から地域イベントのクリスマスマーケット出店の手伝いを頼まれる。緋山に対抗して森生も一緒に参加を決めるのだった。

イベントのメニュー決めの会議では、緋山の意見で障害者のユキコたちがやりやすいようにメニューが決まっていく。どんどん距離が近づく緋山とユキコを心配する森生は何度も勝負を挑むが完敗する。

イベント前日、森生とユキコを車で送ってくれた緋山に森生は直接ユキコが好きなのかと問う。「正直、わからないな」という緋山の返事に森生は苛立つのだった。

当日、ユキコたちの呼び込みもあって好調に売り上げていく。仕事の合間、ユキコと森生は一緒にイベントをめぐっていた。些細な事でもユキコと一緒にいることで楽しくなる自分に気付き、森生は幸せを感じる。

イベントが終了し、森生は緋山とゴミほりへ向かう。緋山から森生とユキコは合わないと言われ、さらに自分がユキコを幸せにしたいと森生に宣戦布告する緋山。それに対し、森生は何も言い返せなかった。

帰り道、森生はユキコが本当は飲食の仕事に関わりたいことを知る。盲学校からの就職は難しいとあきらめるユキコを応援する森生の言葉を聞いて、ユキコはチャレンジしてみようと思うのだった。

ユキコと別れ、森生は一人で緋山の言葉を考えていた。するとそこへ獅子王(鈴木伸之)が現れる。獅子王の車で帰りながら、森生は緋山について相談する。緋山に勝てるところがない、と弱気な態度の森生を獅子王は一喝する。

 

自分に自信のない森生は…

ユキコは飲食関係の仕事を目指すことを決意する。就職相談会でそのことを報告するとみんな応援してくれた。学校の帰り、森生と会ったユキコは森生がユキコの役に立とうと空回りする姿を見て、話をするため家へ招待する。イベントで食べられなかったユキコ特製のナポリタンドッグを渡し、今まで勇気を出して行動できていたのは森生がいてくれたからだと伝える。森生が思うような強い自分ではないから、森生も無理をして変わる必要はないというユキコに森生は安心するのだった。

公式サイト YouTube Tver

9話動画ネタバレ

慌てて病院へ行くと…

青野(細田佳央太)がホームから転落したと森生(杉野遥亮)から聞いたユキコ(杉咲花)と空(田辺桃子)は慌てて病院へ向かう。しかし、そこにはベンチに座った青野がいた。しかもなぜか病室には足を怪我した森生がベッドにいるのだった。慌てて駅へ行った森生は足をくじいてしまったという。

 

ユキコと森生の将来

森生の退院に付き添うことになったユキコ。しかし、松葉づえをついている森生となかなか歩調が合わない。やっとのことで森生の家に着くが、初めての森生の家に2人きりで緊張する。早速、持ってきたお弁当を一緒に食べようとするが、慣れない森生の家にユキコは失敗ばかりですぐ帰ってきてしまった。

後日、森生の快気祝いが茜(ファーストサマーウイカ)の喫茶店で開かれた。そこで獅子王(鈴木信之)から森生に正社員の誘いが来ていることを聞き、森生たちは喜ぶ。しかし、鹿児島に転勤になると聞いて、ユキコと離れたくない森生は断るつもりのようだった。

一方、ユキコも緋山(小関裕太)の紹介で飲食系会社から見学の誘いがあった。お互いに将来が決まりつつある中で、ユキコは自分が森生の邪魔になっているのではないかと不安になり始める。

ユキコは早速、会社見学へ行く。調理の仕事がしたかったが、事務やコールセンターとしての採用と聞いてユキコは悩む。それでも食に関われるならとユキコは考えるのだった。

森生は獅子王に電話をかけ、正社員の誘いを断る。翌日、ユキコにそのことを報告した森生。しかし、ユキコに必要とされているところへ行くべきだと言われる。ユキコは緋山に紹介してもらった会社で自分がやりたい仕事ではないが必要と言ってくれた事務の仕事を頑張るつもりだった。それを聞いて森生はユキコらしくないと感じる。緋山の影響でユキコが変わっていくことに不安になる森生だったが、ユキコと一緒にいられればそれでいいという。お互いを思うからこそすれ違う二人の気持ちは遠のいていくのだった。

ユキコは緋山に事務の仕事を前向きに検討していることを話す。必要とされている場所を大切にしたいし、森生にも必要とされる喜びを知ってほしいというユキコを緋山は突然抱きしめ、好きだと告白する。その場面を偶然森生は目撃するが、逃げてしまう。

ユキコはどんなことがあっても森生のことが好きだから、と緋山を振るのだった。

 

ユキコの決意

ユキコは森生に会って先ほどのことを説明する。自分はもうユキコに必要ないのか、という森生にユキコは「私たち、別れよう」と告げるのだった。

緋山と付き合うからだと思っている森生に何も言わないユキコ。森生の仕事の邪魔をしないためにわざと別れを告げたユキコは立ち去ってしまった。

森生と別れ、ユキコは一人で泣くのだった。

公式サイト YouTube Tver

10話動画ネタバレ

別れから一年後

ユキコ(杉咲花)が森生(杉野遥亮)と別れてから一年経ち、食品会社に就職したユキコ。花男(戸塚純貴)とハチ子(生見愛瑠)の結婚式で久しぶりに集まったユキコたちを森生は陰から見守っているのだった。

ユキコから隠れる森生

結婚式後、茜(ファーストサマーウイカ)の喫茶店で二次会が行われるが森生はユキコと鉢合わせてしまう。ユキコから逃げる森生はなんとか存在を隠そうとする。就職先が九州から撤退することになり退職して帰ってきた森生だったが、ユキコが緋山(小関裕太)と付き合うためではなく森生の仕事を応援する為に別れたのだと知り、無職のままユキコには会えないと考えていたのだった。

二次会ではユキコ特製のウエディングケーキが振舞われ、おいしいというみんなの声を聞きユキコは満足そうだった。

次の日、ユキコをこっそりつけていく森生。会社まで付いていき、会社員になったユキコの姿に見惚れる。帰りに寄ったBBバーガーでユキコがアイデアを出した商品が好評なことを知る。

そんな時、店長の茶尾(古川雄大)に森生がいることがばれ、ユキコにも見つかってしまう。

久しぶりに出会った二人。森生はユキコが社会人として立派に生活していることをほめるが、今でも「おいしい」と言ってもらえることが一番の幸せなのではないか、と心配する。しかし、「やりたいこととできることは違う」とユキコは自分の気持ちを否定するのだった。

森生に言われたことが気になってユキコは調理師専門学校のオープンキャンパスを調べていた。早速、オープンキャンパスに参加し始める。

一方、イズミ(奈緒)に獅子王(鈴木伸之)から連絡が入る。体調を崩してイズミに助けを求めてきた獅子王の元に急いで駆けつける。

献身的に看病してくれるイズミだったが、そんな時獅子王を心配した森生がやってくる。

看病するという森生に獅子王は「大事な人に来てもらってるから」と断る。獅子王に頼る人ができたことに喜ぶ森生を見て、獅子王は「森生のことが好きだった」と告白する。拒絶されると身構える獅子王に森生は「ありがとう」と答えるのだった。森生に気持ちを伝えたことでイズミのことが大事だと気付くことができた獅子王。イズミにも正直に気持ちを伝え、受け入れてもらうことができた。

オープンキャンパス最終日。人に迷惑をかけるからと入学を諦めているユキコに誠二(岸谷五朗)は誰かに頼ることも必要だと教える。頼る人がいればできることが増える、と言われユキコは笑顔でオープンキャンパスに向かっていった。

 

頼ることでできることが増える

オープンキャンパス終了後、黒川に呼び出されてとある場所へ向かうユキコ。そこには黒川のキッチンカーがあった。キッチンカーで店をすることが夢だという森生は、手伝ってほしいとユキコを頼る。ユキコも自分の夢をかなえる手伝いをしてほしいと森生に言おうとしていた。

一緒にいたいという気持ちをお互い再確認し、森生はユキコを抱きしめるのだった。

ユキコは調理師専門学校に入学した。初登校の日、森生はユキコを誘導して今日も学校へ向かうのだった。

公式サイト YouTube Tver

恋です!キャスト情報

赤座ユキコ(杉咲花)

盲学校高等部3年生。色がうっすらわかる程度の弱視。ヤンキーの森生と出会い、彼の真っすぐさに惹かれていく。

杉咲花

1997年10月2日、東京都出身。

2014年、日経トレンディ主催の「2015年の顔」に選出。2016年、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でヒロインの妹美子を演じる。映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で、日本アカデミー賞ほか各映画賞の助演女優賞を受賞した。

ウィキペディア

出演作品

まるまるちびまる子ちゃん

妖怪人間ベム

家族のうた

黒の女教師

夜行観覧車

こうのとりのゆりかご〜「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来〜

緊急取調室

とと姉ちゃん

おちょやん

花のち晴れ〜花男 Next Season〜

ハケン占い師アタル

映画 桜蘭高校ホスト部

マダム・マーマレードの異常な謎

劇場版 MOZU

スキャナー 記憶のカケラをよむ男

パーフェクトワールド 君といる奇跡

BLEACH 死神代行篇

十年 Ten Years Japan「DATA」

十二人の死にたい子どもたち

楽園

青くて痛くて脆い

99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE

黒川森生(杉野遥亮)

顔にけんかでつけた傷を持ち、喧嘩上等だが根は純粋なヤンキー。ユキコと出会い、恋に落ちる。

杉野遥亮

1995年9月18日、千葉県出身。2015年、第12回FINEBOYS専属モデルオーディションでグランプリを獲得。2016年、ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』に出演し、俳優デビュー。

ウィキペディア

出演作品

アプリで恋する20の条件

新しい王様

兄に愛されすぎて困ってます

アキラとあきら

ゼロ一攫千金ゲーム

福岡恋愛白書

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子

嘘の戦争

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編

花にけだもの

大恋愛〜僕を忘れる君と

ミストレス〜女たちの秘密〜

ハケンの品格(2020)

教場II

東京怪奇酒

僕の姉ちゃん(2022年〈予定〉)

キセキ -あの日のソビト-

覆面系ノイズ

L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。

水上のフライト

羊とオオカミの恋と殺人

東京リベンジャーズ

赤座イズミ(奈緒)

ユキコの姉。かなりの心配性で、母親代わりとして、ついユキコに口うるさく言ってしまう。

奈緒

1995年2月10日、福岡県出身。2016年NHKのCM「変わります。よるのNHK」に出演して注目を集める。『あなたの番です』のストーカー役で注目を集め、同作で第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞を受賞。

ウィキペディア

出演作品

ハルカの陶

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

劇場特別版 カフカの東京絶望日記

事故物件 恐い間取り

みをつくし料理帖

劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班

あなたの番です

草の響き(2021年秋公開予定)

Chef〜三ツ星の給食〜

半分、青い。

まだ結婚できない男

やめるときも、すこやかなるときも

ダブルブッキング

姉ちゃんの恋人

正義の天秤

赤座誠二(岸谷五朗)

ユキコとイズミの父。

岸谷五朗

1964年9月27日、東京都出身。妻は元プリンセス プリンセスの岸谷香(旧姓・奥居)。

中大在学中の1983年に三宅裕司が主宰する劇団スーパー・エキセントリック・シアターに入団。2000年、ドラマ『最後のストライク』で闘病中の津田恒美を演じるため、8日間で約8キロの減量をした。2009年公開の『キラー・ヴァージンロード』で初の映画監督に挑んだ。

出演作品

追いかけたいの!

アウトリミット

夜明けの街で

テミスの求刑

恋空

監査役野崎修平

中学聖日記

脳にスマホが埋められた!

HIGH&LOW THE MOVIE

クローズZERO

タイヨウのうた

アルカナ

サムライ・ハイスクール

着信アリ

大河ドラマ琉球の風

大河ドラマ江〜姫たちの戦国〜

大河ドラマ青天を衝け

みにくいアヒルの子

なにさまっ!

らせん

最後のストライク

神様のいたずら

世界で一番熱い夏

またも辞めたか亭主殿〜幕末の名奉行・小栗上野介〜

夜の終る時

ぼんくら

天 天和通りの快男児

モノクロームの反転

月はどっちに出ている

平成無責任一家 東京デラックス

相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン

私たちが好きだったこと

夜明けの街で

黒執事

藁の楯

ガッチャマン

あの子の、トリコ

恋です!見逃し見どころ

ドラマ「ヤンガル(恋です!ヤンキー君と白杖ガール)」期待する見どころをまとめました。

杉咲花さんの定評ある演技力に注目!

恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜はコミック原作のドラマとなっています。マイノリティを題材にしており、主人公たちはそれぞれ悩みを抱えているのも、他のドラマと違ったテイストに仕上がっていると思います。主人公の「赤座ユキコ」を演じる杉咲花は「弱視」の役を演じます。こういった身体的にバンディがある方を演じるのはとても難しいと思いますから、杉崎花の演技力にも注目が高まると感じます。また、ラブコメという事ですがかなりコメディ要素が多いそうなので、見やすい工夫がされているのかなと期待しております。

この作品は、盲学校に通う弱視の女子高生である赤座ユキコに恋をしてしまうヤンキーの黒川森生が喧嘩っぱやいのに、根は純粋であり、そして互いに惹かれ合うところであったり、盲目の世界やヤンキーの世界を知ることが出来ることが見どころです。盲目やヤンキーではない人から彼らは、どう思われ、そして、どう感じているのか、その心模様など笑って泣いて時々ハッとしながら彼らの生き方と恋、杉咲花さんの盲目の演技にも注目です。

杉野遥亮さんのヤンキー役が楽しみ!

盲学校に通う女子高生と地元で有名なヤンキー。絶対に接点の無さそうな二人の恋愛ドラマというのが概要ですが、正に近年のテーマにもなっている“多様性”を取り入れた作品だと思い、おのずと期待も高まります。視力が弱い彼女だからこそ先入観の無い真意を見抜く力があるのかもしれません。個人的にヤンキー役を務める杉野遥亮さんが降りきれた悪い役を演じる時の冷酷さが清々しく感じるので、今回のラブコメテイストにどう映るか楽しみな点です。

出会った2人の感情の変化に目が離せない

盲目の女の子・ユキコとヤンキー・森生との恋物語のようで、喧嘩上等な森生が恋に落ちることで荒れた生活にどんな変化が見られるのか見どころに感じます。他人から距離を置かれていた現状から勝ち気に自分に向かってくるユキコに惹かれ、隠していたピュアさが見えていく様子もまた見どころになると感じます。ユキコと出会って変化する森生、そしてそんな森生を疎ましく感じならがも徐々に恋愛感情へと移行していくユキコの感情変化も目が離せないと感じ、今から視聴が楽しみです。

このドラマでは、杉咲花さん演じるユキコの演技力が見どころだと考えています。盲学校高等部3年生のユキコが目が悪い中で、どうやって仲間と過ごしていくのか見どころだと思いました。光と色がぼんやりわかる程度だと生活がしづらいと思いますが、応援していきたいです。ヤンキーの森生と出会うことになり、ユキコは好きになっていくのか観ていきたいと考えています。ヤンキーの森生がどうしてユキコに好意を持っているのか注目して観たいです。

このドラマは杉咲花さんが、弱視の女の子を演じるのが注目です。ハッキリと周りが見えない中、どのような生活を送っていくのか見どころです。そして杉野遥亮さんが、ヤンキー役を演じるところに期待したいです。喧嘩早いところもあるけど、意外と繊細で優しいような気がします。二人が出会ってどのように発展していくのかポイントです。お互い正反対な感じはあるけど、いつの間にか惹かれていくはずです。胸キュンに期待したいです。

視覚障害者で、盲学校高等部に通う16歳の白杖を付いて歩いている目の見えないヒロイン赤座ユキコ(杉咲花)の前に、ある日、歩行者専用の道に、ある点字ブロックを、歩いていた時、前にヤンキー18歳の主人公黒川森生(杉野遥亮)が、座っていたしかし、二人は、恋に落ち、距離が縮む所や、後、出演している俳優陣が、ヤンキーと視覚障害者のラブコメディーが、笑いあり、涙ありな所や、漫画らしさが出て、とても見どころです。

今までにないストーリーで新鮮!

弱視の女性とヤンキーが恋に落ちる恋愛物語で、今までにないストーリーで新鮮に感じます。杉咲花さんが演じる弱視の女性が、予告動画を見る限り、とてもリアルな演技をされていて感動しました。パラリンピックが開催された後に放送されるので、以前よりも身近に感じられる場面が多いと思います。一方で、ヤンキー役を演じる杉野さんも、ゴールデンタイムのドラマでメインキャストを演じられるのが初めてですが、深夜帯などで主人公を演じられた経歴もあるので、女性たちをキュンキュンさせられるような演技に期待しています。

4コマ漫画が原作のようですが、私自身この漫画を読んだことが無いので先入観無く見ることが出来そうだと思いました。
注目している杉咲花さんが弱視の盲学校の生徒を、若手イケメン俳優の杉野遥亮さんが純粋な不良少年をどう演じるのか、
そしてどんなラブコメディになるのか、とても楽しみにしています。
今までドラマでは、弱視や盲目といった障害を持つ人が主人公という作品は少なかったように感じています。
ラブコメディということで弱視とは?白杖とは?と沢山の視聴者が理解できるきっかけになるドラマになると期待しています。

主人公の赤座ユキコは盲学校高等部3年生で色がうっすら分かり歩くときは白杖を持っているということです。ストーリー的には目の不自由な女の子ユキコが地元では有名なヤンキーと恋をするということでどんな恋愛が待っているのかが楽しみです。目が不自由ゆえの演出、気づかいなど世界観が違う作品というのが見れそうだなと予想しています。ユキコが大人しそうに見えて口が悪い部分というのがありギャップというのも見ものだなと思っています。

純粋なヒロインとヤンキー男のラブストーリー

この番組に期待している見どころは、ヒロインが弱視で光と色がぼんやりと分かるくらいの視力を持つという設定がラブコメにどうやっていかされるのかということです。目はよく見えてないからこそ、相手の外見ではなく相手の内面のことを本質的に見抜くという展開を期待しています。純粋なヒロインとヤンキー男の組み合わせはラブコメには定番なので、この定番な組合せで他のドラマとどうやって差別化していくのか、ストーリーにどんな工夫をいれてくるのかも見どころです。

優しさや温かさをたくさん感じられるドラマ

盲学校に通う女の子とヤンキーとの恋のドラマです。杉咲花さん演じるユキコは、弱視なので、外では白杖を持って歩きます。偶然、杉野遥亮さん演じる森生に出会い、好かれてしまうのです。けんかっぱやく高校中退の無職で、ヤンキーの風貌の森生を迷惑に思いますが、次第に惹かれるようになるのです。障害があったり、世間から外れたりする人同士の恋を応援する人は少ないと思います。でも理解する人を増やしていきながら、2人で乗り越えていくのが見所です。優しさや温かさをたくさん感じることができるドラマに期待したいです。

外出時に白杖が必要なユキコの生活を知りたい

見どころはやっぱり赤座ユキコと黒川森生の心境の変化や恋模様でしょう。ただ、好きという感情を持ったとしても、弱視で盲学校に通う女の子と、皆が恐れるヤンキーとの恋なんて、正直前途多難すぎます。ハッキリ言って、別世界で、まったく違う価値観で生きてきた2人がお互いを理解し合うのは難しいでしょう。なので2人の関係の変化や仲良くなろう、お互いを知ろうと歩み寄る姿に注目です。もう1つの大きな見どころは外出時に白杖が必要なユキコの生活です。どんな生活を送り、どんなことに気をつけ、どんなことに困っているのかです。

キャストの演技力に期待大!

弱視のユキコを演じる杉咲花と不良少年の森生を演じる杉野遥亮との恋愛を、生見愛瑠が演じる橙野が、阻止する三角関係が、見どころだ。杉咲花は「花のち晴れ」で元社長令嬢を演じた笑顔が可愛い、演技派女優だが、3年経過して、大人の雰囲気もついて、どこまで演技に幅が出てきたのか注目だ。
杉野は、「東京怪奇酒」での主演を務めた印象で、気が弱そうなコミカルな役が、はまっていたが、対照的に、今度は最強のワルを演じるようで、不良ぽっさの中にも、優しさがあふれる演技に期待し、又、生見のワル女キャラも、楽しみだ。

 

恋です!見逃しまとめ

ドラマ「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」の見逃しは、動画配信サービスHuluで見逃し配信しています!

初回2週間無料なのでぜひお試しください!

\初回2週間無料/

Hulu無料お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA